お金の花 第23話(1) 後悔はないですか?

tonko4.jpg

お金の花 第23話(1) 後悔していませんか?

ナ・ギチョル議員が生きているとのクリップが流れています

「私は復帰して、全てのことを明らかにします」
2300_20180207200713814.jpg

ヨチョンは“自殺教唆”の罪のことを思っているのでしょう。

「…」

…居所が分からないままでの映像なので、警察ではビデオの出所を調査しています。

「…」
2300a_20180207200712a5e.jpg

ブチョンはアン秘書に電話して、すぐにでも退院すると伝えました。

「ナ・モヒョンの父親が生きていたとは、信じられないわ。
 ブチョンはきっと大きなショックを受けているわ」

「チョンア病院に行って参ります」
2300b_20180207200711011.jpg

ピルジュと友人の医者

「私もニュースは見た。
 ナ・モヒョンの電話はOFFになっている。
 今、議員の家に来たが、誰も不在だ」

「…」
2300c_20180207200710d76.jpg

名誉会長

「何が問題なのか?」

「私は何もしていません、会長」

「では誰が裏にいるのか?
 私はナ議員が目を覚ましたとしても、
 口を開いてはならないと言ったはずだが?
 チャン・ソンマンを明日にでも訪問する」

「チャン・ソンマン元社長は拘束中です。
 私の会長選挙を妨害したので、
 株主総会の際に検察に引き出しました」

…この下劣な奴が会長の座を引き継いだとは…。

2300d_20180207201212fc9.jpg

「これは持っていろ」

「…」

「会長就任の祝いだ。
 スマンがお前に与えたのは、いつか私に会う時のための、
 きっと何かの証しのためだったのだろう。
 あんなに短命だったとは、誰が知ろうか…?」

「…」

「それに、これはお前の母親の遺書ノートだ。
 良く読んでみろ。
 司法試験に受かった者なら解らないはずがない」

「…」
2300e_20180207201211ad3.jpg

ブチョン

「義理の父親のことだが…」

「事故に遭った時、お前がナ・モヒョンの後を付けて発見した家だが、
 そこに彼の身を匿った。
 議員をナ・モヒョンが初めて見たのもあの日だ」

「今は?」

「どこにいるのか分からない」

「また、俺を騙す気なのか?」

「これはナ議員の安全のためだ。
 家族だけで何とか安全を確保しようとしているようだ」

「葬儀からこれまでの間…、
 俺は遺影を抱えて辛い思いをしたのに、
 誰がいったいこんなことをしたのか?」

「ブチョンや。
 名誉会長は、まだ息がある長男のチャン・スマン元副会長の酸素補給機を取り外した。
 そんな人だ」

「しかし、少なくとも俺には話をして欲しかった」

「知る人が多くなるほどに、議員の命が危なくなる」

「どういうことか?
 俺が義理の父親の命を危険に晒すとでも言うのか?」

「誰も先は読めない。
 危険と言うものは知らないうちに起きるものだ。
 予知は不可能だ。
 …済んだら帰ってくれ」

「検察は見逃すことはない。どうするのか?」

「ははは、ブチョンや。
 俺は“チョンアの犬”として、お前の母親には最終報告を済ませた」

「では他に聞けと言うのだな?」

「…」

「チャン・ソンマン叔父の贈賄の件を覆い隠すなど…」

「ナ・ギチョル議員がこれからどうするのかを見守るしかない」

「ハラボジも落とすつもりなのか?」

「チョン・マラン理事も道連れだろうな」
2300f_20180207201210c3f.jpg

「ピルジュはもはや俺のためでもない、
 オンマのために働いているわけでもないから、ただお願いだ」

「なぜ俺に頼み込むのか?」

「俺が“チャン氏”ではないことは公表しないでくれ。
 会長を辞して、無心園を去るが、
 少なくともチャンの姓だけは残したい」

「…」

「37年もこの名前で生きて来たんだ。
 いまさら、名無しでは生きていられない」

「…」

「お願いだ。ピルジュや…」

「…」

「ハラボジはこんなスキャンダルが一番嫌いだ。
 オンマも…」

「…」
2300g_20180207201209f6d.jpg

ナ・ギチョル議員

2300h_20180207201208370.jpg

「カン弁護士には連絡したのか?」

「後で電話します。
 ピルジュさんはアッパが入院している間に、会長になったわ」

「…」

「私たちは、おそらくピルジュさんとも戦わないといけなくなるわ」

「…」
2300hh_20180207201207831.jpg

これまでの録音記録を文書に起こしているヤン元補佐官

…ナ・モヒョンとチャン・ブチョンとの最初の出会いから、カン・ピルジュが仕掛けたものだ。

…議員さん。簡単な忠告です。これまでお嬢さんの件では騙していたようですが、全てのことを終わらせるためには、命で償うしかないのでは?

「!」

モヒョンはヨチョンの自殺教唆を知ります。

2300k_20180207201852398.jpg

「ハラボジとその孫は同じ罪を犯したということですね」

「モヒョンや。
 お前やお母さん、それに議員とドヒョンも知りたくなるだろうな」

「アジョシはこれまで身を隠していましたが、
 居場所が分かった時に、何も聞かないと心に決めていました。
 しかし、まさかアボジがヤン・サンド補佐官の家にいたとは誰も思いもしなかったでしょうね。
 アボジのためには心の罪を償ってほしい。アボジを守って下さい」

「…」
2300m_20180207201851a8c.jpg

モヒョンは公衆電話からピルジュに連絡して会いに行きます。

2300n_2018020720211179d.jpg

「ビデオはアボジを守るためだったのですね。
 全国に放送されることで、
 チャン・グクファン名誉会長だってアボジには手を出せなくなりますからね」

「モヒョンさんの計画は成功に終わったので、
 おそらく市民は、議員が生きていることの背景を知りたいでしょう。
 名誉会長もおいそれとは動かないでしょう」

「…」

「しかし、モヒョンさんも注意が必要です。
 誰かが後を付けていないか気を付けて下さい」

「ええ。
 そうしていますから、公共交通機関を使っています」

「ナ・ギチョル議員を守るために、良く努力しましたね」

「アボジに強い意志があるからこそ、
 回復して、真実を明かすことにしなったのです」

「凄いですね」
2300p_20180207202110597.jpg

「なぜピルジュさんがアボジを救って、死んだことにしたのか…、
 何度か考えたのですが…?」

「…」

「おそらく、私に負い目がないように、
 私の結婚の裏のことやブチョンさんの浮気のことを秘密にしていた理由も、
 アボジを匿った理由も、
 これ以上私を苦しませないため。
 そして、一方ではピルジュさんが苦悩していたのですよね?」

「…」

「そうでしょう?
 お陰で私もアボジも力を貰って、真実のために新しい人生を始めたのですけど、
 私はピルジュさんから受けた恩を仇で返すように戦いを仕掛けているわ。
 後悔はないですか?」

「…」
2311_20180207202109977.jpg

「…。
 ナ議員は医者に常に診てもらう必要があるから、
 連絡を耐えさないようにして下さい」

「博士はピルジュさんの親友ですよね。
 私はチョンアグループと戦わないといけないから、
 これからもピルジュさんの力が必要です。
 これまで、アボジを助けて貰って…」

「…」

「コマウォヨ」

「…」

「クリゴ…、ミアネヨ ピルジュッシ…」

「…」
2311a_201802072021084d1.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

「後悔はないですか?」

「…」
いつも静かなピルジュです。
でも、ピルジュの笑顔で解るように、お互いがお互いを理解しているようです。

「愛とは決して後悔しないもの」
(Love means never having to say “You are sorry”.)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose