FC2ブログ

お金の花 第18話(3) 殺意

お金の花 第18話(3) 殺意~まるでTVゲームのように

モヒョンの実家

「チャン・ブチョンさんとは別れて、家に戻りなさい」

「…」

「オンマには元気が出て来たわ。
 モヒョンのことを結婚前よりも幸せにするわ」

「…」

「何も未練を残さずに、先に進みましょう!
 すぐに帰って来なさい!」

「でも離婚の前にちょっとやるべきことがあるから、
 ちょっと待っていて頂戴、オンマ」
1833_201801162027057fb.jpg

“どんなに疲れていても夢があるから”と言っていたナ・ギチョル議員。
父親の言葉を噛みしめながら、モヒョンは雪の町を歩いています。

1833a_201801162027048ba.jpg

マランに呼ばれて
「お探しでしたか?オモニ」

「あなたのハラボジが叫んだ件を何とかしたいけど、
 その前に質問があるわ」

「?」

「なぜあの録音を持ち込んだの?」

「この無心斎(ムシンムジェ)との関係が深いからです。
 チョンアグループの真相を知りたかったのです。
 父は正義感が強く、誠実な政治家のアボジでしたが、
 そんな人がなぜチョンアグループのお金を貰ったのかという疑問からでした」

「なぜもっと早く私に質問してくれなかったの?」

「…」

「大統領になりたいという気持ちが本当に強かった。
 それだけだわ。
 その結果、チョンアとの関係を深め、
 自らの夢と、人生まで放棄することになった…」

「…」

「私もブチョンを本当に会長にしたいという夢と目標があるから、
 ナ・ギチョル議員の気持ちは理解できるわ」

「では、チョンアグループの目的と父が大統領になる夢のために、
 チョンアグループのお金を必要としたと…、
 このような意味でしょうか?」

「…」

「アボジが大統領になると、
 チョンアグループは何を得られるのでしょうか?」

「…」
1833b_20180116202703019.jpg

「私は、チョンアグループはアボジの夢を叶えようとはしていなかったと思っています」

「藪蛇になるような質問は不要にして、ポイントは?」

「私の結婚はチョンアグループの目的のために仕組んだものだと、
 ピルジュさんが言いました」

「それで私から何が欲しいの?」

「慰めが欲しいのです、オモニ」

「どうやって?」

「…」

「赤ん坊のように抱きしめるようなことはできないわ」

「お金を下さい。
 弁護士と相談してどれくらいの金額にするか、
 相談してみます」
1833bb_2018011620270205a.jpg

チャン・ソンマン元社長は会長を訪ねて、

「ファン博士と一杯飲んでいたら、
 アボジのことが気になって来ました」

「よく来たな。
 ファン博士はカン弁護士を救うために全力を尽くしてくれて、 
 多忙だった」

「アボジがピルジュのことをとても気にしていた話を聞いて、
 感動しました。
 これまで兄貴と私にはとても厳しかったではないですか」

「…」

「まだ生き返る可能性があったのに、
 スマン兄貴の酸素補給器を取り外した時のように…」

「あんなタフな男が酸素マスクをして生きていくなんて、
 惨めなことだったからだ」

「酸素マスクを取り外した後にも少し回復の兆しが見えたのです」

「?!」

「しかし、私は医者には内緒にしておくようにと言いました。
 ちょっとの回復ではアボジには満足できないと解っていたからです」

「…」

「ところで、回復の兆しくらいでは私にもアボジにも無意味だとは思いますが、
 ブチョンとチョン・マラン理事にとっては、
 それを知ったら希望ではなかったのでしょうか?」

「我々はスマンの苦しむ時間を短くして、
 苦痛を和らげただけだ。 そう思うしかない」

「…」
1833c_20180116202701e96.jpg

「ところで、ヨチョンはあそこで頑張っているのか?」

「ええ、これまではあんな苦労をしていませんが、
 電話の声では何とか元気にやっているようです」

「んん…」

「すっかり成長したようですから、
 こちらに復帰することを伝えたらいかがですか?」

「少なくとも1年は必要だ。
 それでこそ私のチョンアグループの経営が厳しいということを皆が知ってくれる。
 まだ、復帰の用件は満たせてはいない」

「ははは、若い者を遠くに遣るのも経験でしょうが、
 ちょっと急だったので…、アボジ」

「罰というものは厳しいものだ。
 酔っぱらいでもないのに、つまらないことは言わずに、帰れ」

「…」

「疲れた」
1833cc.jpg

ピルジュとブチョン

「ちょっとの間だったけど、よく眠れた。
 いつ帰ったのか?」

「たった今だ。 待っていたのか?」

「ああ、相談があった」

「…」

「俺は徒歩競走には自信があるが、仕事はチョンアバイオだ」

「んん、しかしチョンアバイオでも良くやっている」

「そう思うか?
 それで、副会長になったら、
 チョンアバイオの新しいポストに誰かが必要だと思っている

「…?」
1833d_20180116203634f48.jpg

「今やっているアルツハイマーの薬の計画が成功したら、
 バイオ薬の仕事を国際的に広げたい。
 手助けしてくれるだろうな、もちろん?」

「んん…」

「そこでチョンアバイオに副社長のポストを作っておきたいから、
 次の役員会では助けてくれ」

「確かに…」

「何か他にも言いたいようだが、
 俺にはもうピルジュの助けは要らないだろう?」

「ふふふ…」

「ところで、ピルジュ。
 銃の撃ち方も教えてくれ。
 オ秘書と練習に行ったんだが、集中心を磨くのに良いことが解った」

「…」

「一緒に行くか?」

「ああ…」
1833dd_20180116203633f36.jpg

クレー射撃
ピルジュとブチョンとには腕の差があるようです。

1833e_201801162036325d1.jpg

「…」
1833f_201801162036313e1.jpg

ピルジュが先に休憩に行った際に、

「オ秘書。 ピルジュを殺して下さい」

「え?!」

「へへへ~、冗談です」

「…」

「今日は冗談だ。
 しかし、本当に依頼したら、そうしてくれ
1844_20180115232800f59.jpg

ピルジュはオ・ギピョン秘書に、
「オ秘書…。すぐにでもブチョンは副会長になる。
 そして会長だ」

「…」

「その前に、無心園を去らないか?」

「なぜ私が…?」
1844a.jpg

「オ秘書を見ていて思いついたんだが、
 ブチョンのためにだ」

「私の夢を知っているか?」

「…」

「チョン理事とは一日でも長く一緒に暮らしたい。
 無心園を去ると、彼女が何をしでかすのか分からない」

「もしも、チョン理事が今日死んだら、
 オ・ギピョン秘書は明日にでも死ぬ。
 ブチョンが心配ではないか?」

「どうやっても、
 ブチョンのアボジとしては面倒を見ることができない」
1844b.jpg

ブチョンが来て、
「難しい顔をして話をしているようだな?」

「…」
1844c.jpg

「…ブチョンや、オ秘書はチョンアグループの中で独身として老いていくことを後悔している」

「ははは、今でも結婚できるじゃないか」

「…」

「それに、息子だって作れる」

「…」

「結婚しても無心園を出て行かないでくれ。
 また木馬を作ってやらないといけないじゃないか…」
1844cc.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

これまでのドラマ、最近の『記憶』、『怪しいパートナー』で知った韓国の刑法。
殺人の訴訟時効は10年から20年に延長する議論がなされていること(『記憶』)。
殺人は無期懲役の実刑がる(『怪しいパートナー』)、ただし死刑の論議があること。
また、ピルジュが言ったように、自殺教唆は1年以上、10年以下の実刑。

既に時効(訴訟時効)になっている犯罪も含めて、無心園を往来する人々の罪状は?

チャン・グクファン会長:自殺教唆、贈賄
チョン・マラン理事:殺人、殺人未遂、贈賄
オ・ギピョン秘書:殺人、殺人未遂
チャン・ブチョン常務:殺人未遂
チャン・ソンマン元社長:殺人未遂、贈賄
チャン・ヨチョン:自殺教唆、殺人未遂

ナ・ギチョル議員は収賄を認めていますが、仲介していたピルジュに罰はあるのか…?

まるでテレビゲームの世界のようですが、(ドラマでは)本人たちはどれほど罪の意識を持っているのでしょうか?
ただし、犯人には罪の記憶は消えない…。
罰はなくとも…。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

お金の花 第18話(2) 会社の持主

1822_20180117192317ac2.jpg
(無心園:ムシムウォン)

お金の花 第18話(2) 会社の持主~株式会社は株主のもの

ピルジュとマラン

「ナ・ギチョル議員が亡くなる前に、
 会長が病院を訪問したことをモヒョンが知っていたことを、
 あなたは分かっていたの?」

「すみません、理事。
 これはとても問題含みのことでしたから…」

「秘密にしていたの?
 あなたの頭の切れが鈍ったのは、ナ・モヒョンのためなの?」

「…」

「モヒョンが会長を前にして、ナ・ギチョル議員との会話の録音を聴かせたわ」

「…」
1822a_201801171923169ba.jpg

「あの娘は沸騰したお湯と同じだわ。
 我々は火傷して死ぬわ」

「モヒョンさんが会長の前でそんなことをしないように、
 説得しておきます」

「すでに無心斎への出入りは禁止されたわ」

「…」

「チョンアグループに新しい副社長が誕生するという矢先に、
 ブチョンの名誉が傷つけられるばかりか、
 私たちは破滅するわ。
 これからはモヒョンの口を封じなさい」

「モヒョンさんには、ブチョンとの結婚は私の計画だと話しました」

「なぜ突然なの?」

「彼女が真相を知りたがったからです。
 私は話をすべきだと思いました」

「だから、先ほどは酒を飲んで…。
 見合い結婚が嫌だと知っていたから、
 みんなが頑張って自然の出会いの場を作ったというのに、
 何が問題だと言うのよ?!
 もう5年も前のことなのに?!」

「…」

「あなたの仕掛けがなければ、
 チョンアグループの義理娘にはなれなかった筈だわ!」

「…」

「なのに?!」
1822aa_20180117192315d49.jpg

ピルジュの部屋

1822b_20180117192716cd8.jpg

「モヒョンに全てを打ち明けるなんて…、
 何を企んでいるのか?」

「モヒョンさんがもう既に知っていたから、
 話をしない訳にはいかなかった」

「もしかして…、全部か?!」

「お前の手紙がフェイクだということも解っていたようだ」

「お前がおんぶしたことも知っていたのか?」

「ああ、全部だ」
1822bb.jpg

「ピルジュや。俺はもう一度やり直す。
 最初に設定された出会いのころから、
 喉元に刺さった小骨のような気持ではあったのだが…」

「ブチョンや。
 ちょっと…、ただモヒョンさんの意志を尊重することだ。
 またスタートすると言い出すと、
 最初の出会いのことからして、モヒョンさんをさらに圧迫することになる」

「ピルジュや。
 全部を話して、その後はピルジュが一緒になろうということじゃないか?」

「…、よく聞いてくれ。
 俺は、お前のことを会長にするということ以外には、
 全く興味がない」

「…」

「解るか?」

「…。モヒョンさんが夢をみていた。
 そして、お前の名前を口に出していた」

「…」

「ピルジュや。モヒョンさんには近づくな。
 これはお願いだ」

「…」

「モヒョンさんが1000回寝言でお前の名前を呼んだとしても、
 おれが面倒をみる」

「…」

「ピルジュや。 
 お前は離れていてくれ」

「…」
1822c_2018011719271485b.jpg

チョンアグループの株主

「デイル物産の株主として意見を申し上げます。
 デイル物産を解体のリストに挙げるべきです」
(マラン)

「父親からの相続で30年の株主ですが、
 もっと早くに解体リストに挙がっていても良かったと思います」
(ブチョン)

「大きな問題は何か?」

「チョンアグループの取引の多くを、
 成長したデイル物産が手掛けていることです。
 法律上の問題はなくとも、
 貿易や国内の流通においてイメージダウンとなります」
(ウ社長)
1822d_201801171932425c4.jpg

「慎重にやるべきだが、始めよう。
 私の提案を述べなさい、カン弁護士」
1822dd_2018011719324318c.jpg

「イメージダウンは避けられないにしろ、イメージアップのために、
 チョン・マラン理事とチャン・ブチョン常務が保有する株式の一部を“寄付”に回すことです。
 社会の富裕層としての“ノブレスオブリージ(富める者の義務)”です」

「!」
(ブチョン)

「アボ二ム。
 事前に言って頂いていれば、金額も考えていましたのに…」
(マラン)

「会長には既に見積もりがあります。
 5000億ウォン(約500億円)です」
1822e_20180117193241091.jpg

「では、チョンア福祉財団が寄付金を管理するということだわよね?」
(マラン)

「ええ、理事。チョンア福祉財団が管理します」

「ハラボジ。 時間を下さい」
(ブチョン)

「お前は私の意見に反対なのか?」
(会長)

「会長はすでに、多くの投資をチョンアバイオに注いていますが、
 デイル物産の大株主です」
(ウ社長)

「その通りだわ会長には決定権があるわ。
 ブチョンがチョンア福祉財団を管理すれば良いのよ」
(マラン)
1822f_201801171932406c6.jpg

ブチョンは疑いを始めています

「オンマ。もしもピルジュが裏切ったらどうするのか?」

「そうなのかしらね、想像できないけど?」

「オンマ…、は~」

「あなたにはピルジュのまなざしが解らないの?
 あのまなざしは私を裏切ることはできないわ」

「…」

「ピルジュのまなざしを読むことはできるわ。
 ピルジュは“飼い主”のためにやっているのよ。
 すぐにピルジュが説明してくれるわ」
1822g_201801171932398f4.jpg

ピルジュが来て、

「理事、チャン・ブチョン常務。
 デイル物産の件を先に説明する機会を持てずに、
 すみませんでした」

「…」

「…」
1822h_2018011719323806f.jpg

会長とピルジュの会議前の打ち合わせ

「次期大統領のハートを掴むためだとは言え、
 それほどの大金が必要なのか?」

「世間の人々が想像できないくらいの多額にすることが肝心です。
 人々の感動を呼び込むためです。
 この寄付によってチョンアグループのイメージをアップすることができます」

「理事とブチョンには話をすべきだな」

「驚かれるとは思いますが、
 理事とブチョンがどのように反応するのかをお楽しみ下さい。
 おそらく、
 チョン・マラン理事は金額の算定のために返事には少し時間を空けようとすると思います。
 そしてブチョンが反論する。
 こうしたグループ内の組織と株式移動のことをマスコミが知れば、
 新政権へのファンド作りだと言うでしょうね。
 しかしいずれにせよ、
 寄付しないことはもっと悪い結果を産みます」
1822k_2018011719431170e.jpg

「…」
1822m_201801171943109d1.jpg

チョンア福祉財団ではイントラネットにアクセスができません…?
すでに誰かが(# ヨングでしょうか?それとも…?)ハッキングして、ブロックをかけたようです。

1822n_20180117201331d20.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

法的なものの、
素朴な質問なのですが、「株式会社は誰ものですか?」と質問すると、
「社長のもの」とか、「従業員のもの」といった回答が少なくはありません。

これまでのストーリーのとおりで、会社は株主のものです。
個人経営の自営商店とは違います。
例えば、八百屋のご主人が店頭のリンゴを食べても罪にはなりませんが、
株式会社であれば、店の社長であっても、食べたリンゴが横領の容疑となります。
代表取締役社長とは、株主から会社の経営を委託された、受託者です。

ピルジュとヨングが練り上げたプロジェクトは、
①チョンアグループの持ち株会社(ホールディングカンパニー)をチョンアバイオとすること。
②チャン・グクファン会長の権限を高めるために、チョン・マランとチャン・ブチョンの株式を寄付により吐き出させて、二人の実権を薄めること。
③ここがポイントになりますが、これからの会長候補となるチャン・ブチョンとピルジュの間では訴訟によって、チャン・グクファン会長からの遺産相続権を、法的にチャン・ウンチョン=カン・ピルジュに移すことです
(セリフからの推測です)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

お金の花 第18話(1) 最終プロジェクト

onahama.jpg
(日曜日の小名浜:いわき市)

お金の花 第18話(1) 最終プロジェクトの開始

ピルジュとモヒョンの後を負って来たブチョン

1800_20180117181542488.jpg

ピルジュとモヒョンに電話
しかし、二人とも電話を無視。

1800a_20180117181541079.jpg

モヒョンの携帯電話には着信音…。

1800aa.jpg

ヨングは知らない振りで、
「ここで何を…?」

「…」

「チャン・ブチョンさん…」

「ヨングや。
 外にピルジュの車が停まっているのを見た」

「…」

「ピルジュとモヒョンさんはどこにいるのか?」

「…」
1800aaa.jpg

涙のモヒョン

「オモニ…、ハラボジ…。
 みんなが最初から私のことを知っていたのですか?」

「ええ」

「チャン・ソンマン元社長も?」

「ええ、チャン・ヨチョンも知っていました」
1800b_201801171815382f4.jpg

「みんなが私を見て、陰では面白がっていたようで…。
 ナ・モヒョンという馬鹿な女が無心園に来て住むようになってから…」

「…」
1800bb.jpg

「…」
1800c_20180117182215edc.jpg

モヒョンとピルジュが階段を降りて来ます

ブチョンはいきなりピルジュを殴ります。

「…」

「…」

「ブチョンさん、帰りましょう」

「…」
1800d_2018011718221385f.jpg

「…」
1800e_20180117182212326.jpg

プロジェクト開始

「プロジェクトの最終段階をチェックしよう」

「ヒョン…。これはまだ最終じゃない…」

「いいや、これが最終だ。 すぐに行動だ」
1800f_2018011718221120d.jpg

外では
「モヒョンさん…」

「これで良かったわ、ブチョンさん。
 カン・ピルジュが仕組んだ結婚だったけど、
 お互いに愛し合ったのは事実だわ。
 でも今は…、
 ブチョンさんが私のことを欺いて来たので、
 もう何も後に残すことはないわ」

「…」
1800g_2018011718221023d.jpg

ヨングとピルジュ

「始めよう」

「OK。ヒョンが示唆したように、
 チョンアバイオをチョンアグループのホールディングカンパニー(持ち株会社)した図だ。
 そこで、子会社をどうまとめるのかを考えた」
1800h_20180117182209f2e.jpg
# チャートの一番上がチョンアバイオ

「デイル物産を解体のリストに挙げるのが先だ。
 チョンアバイオを持ち株会社にする以上、
 デイル物産は不要だから、チョンアバイオと物産を合併させて、
 その後には、チョンアバイオをチョンアグループのホールディングカンパニーとして、
 法的な位置付けを確実にする」

「チャン・ソンマンは既にもう社長ではないが、
 これを見過ごすだろうか?」

「すべての手段を尽くして妨害するだろう。
 しかし、俺にはすべての手法を封じる計画がある」
1800k_20180117183205e26.jpg

「チョンアグループのホールディングカンパニーをチョンアバイオにした後に、
 チャン・ブチョンを会長にすること…。
 そしてどうするのか?」

「チャン・ブチョンを相手に訴訟を起こす。
 これまで、
 チャン・ブチョンが手に入れた会長からの生前相続遺産を法的に無効にするためだ
 すでに10年以上に亘って、株式を譲渡して貰っているデイル物産の株式は無理だが、
 それ以外の譲渡株式は、俺が全て奪い返す」

「チョン・マラン理事は荒れ狂うだろうな」
1800hh.jpg

会長とマラン

「チョン理事は以前に比べて、
 ビジネスマインドに切れがなくなったな。
 私はモヒョンに話をする」

「ア…、アボ二ム」

「息子のスマンが外に子供を作ったことでは、
 跡形もないように始末をつけてくれたが、
 ブチョンのことで、
 チョン理事は自分と同じようにモヒョンに同じ体験を余儀なくさせた。
 ブチョンの外の子供の件を片付けることにも失敗している。
 副会長になるには、ブチョンへの世間の評判が重要だ」

「ええ、アボ二ム。
 モヒョンにはブチョンの息子を引き取るように説得する計画です」

「ああ、もしも離婚などとなれば、
 ブチョンの顔を潰すことになるから、モヒョンには優しくして欲しい」
1800m_20180117183204dee.jpg

モヒョンがミズ・ハンを振り切って中に入って来ます。

「アイゴ~、モヒョンは元気いっぱいだな!
 “噂をすれば影”というが…」

「ハラボジ。話がございます」

「…。ウンシム(ミズ・ハンの名前)や…」

「ええ、出ます」

「何のことなのかな?」
1800n_201801171832030a8.jpg

モヒョンはスマホを出して、ナ・ギチョル議員の声を聴かせます。

…私が詩人のユン・ドンジュのことが好きだということご存知でしたか?

…んん、以前新聞で読んだ。

…昔は小説が好きで、作家になりたかった。最近も寝る前には、ブチョンに本を読んでもらっている。どの本にもクライマックスとか結末がある。我々の人生も同じで…。

「モヒョンや。失礼だわ! 切りなさい!」

「…」

「チョン理事は黙っていなさい。
 私の前で録音を聴かせるなど、これは父親のしつけなのか?」

「…」

「私が病院にお見舞いに言ったから、
 父君が自殺したとでも言いたいのか?
 検察からチョンアグループが逃れるためだと言うのか?」

「ハラボジ。私はただ事実を知りたいのです」

「嘘だ。私に録音を聴かせて批判しているくせに、嘘つきだ。
 ナ議員の言葉を使って、間違って私のことを見ている。
 何が欲しいのか?」

「アボジが自殺した真相を知りたいのです」

「ナ議員の死が悲しいなら、父親のことを追悼すれば良い。
 既に、全ての責任を取るとの遺書も残されている」

「…」

「遺書の気持ちを踏みにじることは、不遜の娘だということになる」

「ハラボジ!私は…」

「黙れ! もういい、気持ちが失せた!
 声すら聴きたくない!」

「…」

「チョン理事や。
 これからはモヒョンが無心斎(ムシンムジェ:会長の寝所)に出入りすることを禁止しなさい」

「ハラボジ…」

「録音を私には聞かせるな。
 文句があったら警察に届けろ。
 出て行け!

「アボ二ム、すみません」
(マラン)

「もっとしっかりモヒョンを見ていたら、
 こんなことは起きなかったはずだ!」
1800p_201801171832029d7.jpg

ウィスキーをがぶ飲みするモヒョン

「ハラボジとは何を話したのか、モヒョンさん?」

グラスを傾けて、
「ブチョンさん。
 飲みたくなったし、眠たくなったわ。

そして、倒れるモヒョン

1800pp_201801171832012e9.jpg

厨房

「この家には休みがないわね。
 しかし、これまでこんなことは無かったわ」
(ミズ・イチョン)

「何を言い出すの? 心配になるわ」
(アン秘書)

「ナ先生は普通じゃないわよね?」

「ええ、なぜ離婚しないのかしら?
 お金のためでもなさそうだし…?」
1811_201801171843005a7.jpg

オ・ギピョン秘書

「この30年間、カピョンでの出来事は誰にも話はしていません」

「ではなぜアボ二ムが知っているの?
 …、それとも私を騙して、知らん振りしていたのかしら…?」

「…」

「ともかく、“1000年のヘビ”の上を行っているわ。
 まだ何も指示が出ていないけど、
 もしも、モヒョンを追い出すようならば、
 先に早く始末をつけなさい。 
 解った?」

「…」
1811a_201801171842591ab.jpg

「ハラボジがようやくブチョンに心を開いたというのに、
 また閉じるなら、ブチョンも終わりだわ」

「もう、あのようなことは二度とできません」

「あなたはブチョンの父親として、これまで何もやってはいないわ。
 ブチョンに道を開いてやることができないならば、
 少なくとも障害物は取り除くべきだわ」
1811b_201801171842587d7.jpg

心配するブチョンですが、眠ったモヒョンは…、

「ピルジュさん…」

「…」

「ピルジュさん…」
1811c_201801171842570b1.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

チョンアグループの中核はどこなのか?
①チョンア物産(チャン・ソンマンが大株主)
②デイル物産(マランとブチョンが大株主)
③そして、成長期のチョンアバイオ(会長が大株主でヨチョンが副社長)。
それに子会社のチョンア自動車(ウ社長?)、チョンア病院などの他にチョンア福祉財団やギャラリー。

チャン一家がバラバラに株式を保有し、それぞれが覇権を争っているので、新たに持ち株会社(ホールディングカンパニー)を作るのか、それとも小ぶりのチョンアバイオをホールディングカンパニーにするのか?

二つの選択肢なのですが、後者を選んだようです。
取引高ではまだまだのチョンアバイオに実権(株式)を集め、チョンアバイオを合法的な(独禁法などに抵触しない)ホールディングカンパニーとして登録することのようです。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

お金の花 第17話(4) 水中花

ume.jpg
(2018.01.26)

お金の花 第17話(4) 水中花~救われたあの日

無心園

「あ~、気持ちが良いです、会長。
 今日は忙しくて座っている時間もありませんでした」

「食べ物を出すということは、
 他人のポケットからお金を出させるという、
 大変なことで高貴な仕事だ。
 ゆっくり休んでくれ」

「会長の言葉は胸に刻んでいます。
 お客様のことは、
 亡くなった母親か父親かのようにおもてなししています」

「その気持ちが大切だな」
1744_201801180602030e3.jpg

そこにチャン・ソンマン元社長がヨチョンを連れて来ます。

「ソンマンと私の会話をしっかり記録しておいてくれ」

「ええ、会長。 録音します」

「アボジ。 家族の会議には弁護士は不要です」

「お前は既に遠くにいるはずの者だ。
 家族の問題ではない。
 それにヨチョンは家族を傷つけたのだから、
 もうミャンマーの木こりになるはずだ」

「謝罪に来たのです」

「…?」
1744a_20180118060202ebe.jpg

正座して、
「私は退きますが、ヨチョンのことは許してやって下さい」

「それでは、何の解決にもならない。
 カン弁護士は中立を保つのではなくて、
 チョンアグループの次のことを話してくれ」
1744b_20180118060201ba6.jpg

「チャン・ヨチョン副社長が行ったことを、
 もみ消すのには大変な時間とお金を浪費することになりました。
 チャン・ヨチョン副社長の左遷について、
 世間は良い経営の手本だと思っています。
 左遷の取り消しは、会長の経営哲学を覆すことになるでしょう」
1744c_201801180602006e4.jpg

「ヨチョンや。
 私の信念に反することだから、取り下げはできない。
 林業に就け」
1744cc.jpg

モヒョンからの質問

…私たち3人は、このまま間違った道を歩んで終わるのでしょうか?
この、モヒョンの質問には未だ答えを出していないピルジュでした。

「…」
1744d_20180118060158bb2.jpg

ピルジュはブチョンに電話

「申し訳ない」

「何が?」

「お前とモヒョンさんの結婚は、
 おれのアイデアだったということを話すことにする。
 事前に、連絡しておきたかった」

「何で?! 狂ったのか?
 止めてくれ!」
1744dd.jpg

財団の職員からモヒョンのランチの場所を聞いて、ピルジュはカフェレストランに行きます
(ブチョンからの電話は切ります)

「モヒョンさん。ちょっと…」

「?」

「ここに来ていることはブチョンにも先に話をしました」

「…?」
1744e_20180118060824002.jpg

ピルジュが案内したのはヨングとピルジュの“作戦司令部

1744f_20180118060823ab0.jpg

「?!」
1744ff.jpg

「私が“幸せに暮らしているので良かった…”
 その言葉を取り下げると言いましたよね?」

「…?」

「私の話を聞いた後には、
 きっと俺を救ったことを後悔すると思います」
1744g_20180118060821a13.jpg

「!」
1744h_201801180608205bc.jpg

ヨングが準備したプロジェクター
ピルジュはモヒョンが子供の時の写真から記録を作っていました。

「私が人々からは、
 “チョンアグループの犬”だと呼ばれていることを知っていますか?」

「…」

「私の目標は、
 私の“飼い主”のチャン・ブチョンを会長にすることです」

「…」
1744k_201801180613039b4.jpg

「彼が会長になるためには、
 まずはチャン・グクファン会長のハートを掴むことが必要です」

「…」

「会長の生涯の夢はチョンアタワーの建設許可を得ることでした。
 そこで、私は大統領候補に近いのがナ・ギチョル議員と分かり、
 ブチョンと議員の娘のモヒョンさんとがお似合いだと思いました」

「…!」

「…」

「では、あれは初めから計画的に進められた…」

「ええ。その通りです」
1744m_20180118061302efb.jpg

「モヒョンさんの周囲をうろついていたのはモヒョンさんのことが好きだったのではなくて、
 調査していたからです」

「…」
1744n_20180118061301562.jpg

「しかし、その時にモヒョンさんへの感情を持つことになりました」

「…」

「しかし、もう好きではありません」

「…」

「モヒョンさんはブチョンに会って、愛して、結婚した…。
 それは私が描いたシナリオでした」

「…」

「私が渡り鳥の翼を撃って、
 そしてチャン・ブチョンがモヒョンさんに近づいた。
 モヒョンさんにとっては、
 鳥を救うという、とても自然な出会いだったはずです」

「…」

モヒョンはピルジュの頬を平手打ち!

「…」

もう一度、平手打ち!
1744p_20180118061300a6b.jpg

もう一度平手打ちをしようとして止めます。
モヒョンはチョ・イノ(ピルジュ)を水中から救い出した時に“平手打ち”したことを思い出し、
「他に誰か責められるべき人がいます。
 誰が批判を受けるべきなのでしょうか?」

1744pp.jpg

モヒョンは自分の頬に平手打ち!
もう一度左手で平手打ち!

ピルジュは制します。

1744ppp.jpg

(言葉がパンマルに変わります)

「手を離して!」

「…」

「放して!」

「…」
1745_20180118061921abe.jpg

「どれほど怖かったのか解るの?!」

「…」

「あなたを救った時のことを…?」

「…」
1745a.jpg

「私はあなたを失うことが怖かったわ!」

「…」

「あなたの死を見るのが怖かったわ。
 あなたを水中から救い上げたところで死んでいるのではないかと…」

「…」

「気持を強く持ちますようにと自分に祈ったわ。
 それで、その少年を救ったわ」

「…」

「祈って…、祈って…、
 あなたが目を覚ますまで祈り続けたわ」

「…」

「あなたが姿を消していたので、
 どうかどこかで生きていることを希望して、祈っていたわ」

「…」

「そしてきっとまた会わないといけないと思っていた…」

「…」

「あなたは、
 私があなたを“救ったことを後悔する”と言ったわね?」

「…」
1745b.jpg

「いいえ。あの事故で車が横転した時に、
 “私を救っては欲しくない”と思ったわ。
 あの時に死んでいるべきだった」

「…」

「でも、この醜い真相を知るまでは死ぬことはできなかった。

「…」
1745c.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

まるで運命のように、一歩一歩とモヒョンとピルジュの距離が縮まり、避けられない愛へと発展するようです。

ところで、男優キム・ジュヒョクさんが亡くなってから3か月になろうとしています。
ドラマ『テロワール』で知り、KJSでは『亀巌ホジュン』を紹介しました。
http://jumong007.blog133.fc2.com/blog-category-46.html

『テロワール』より
♪愛はこのようにやって来るようで…。
https://www.youtube.com/watch?v=j7iPjKyVdJc&index=1&list=RDj7iPjKyVdJc
# 普通には、“避けられない愛”とは言いますが、
この曲の歌詞では「避けることができる愛(ピキョガルス インヌン サラン)なのに、いつの間にか心が揺れる…」と、ドラマのシチュエーションを歌っていると思いました。
(作詞・作曲シン・スンフン)

(2017.10.31 日経新聞)
【ソウル=共同】聯合ニュースによると、韓国の人気俳優、キム・ジュヒョクさん(45)が運転する車が30日午後4時半(日本時間同)ごろ、ソウル市江南区で別の車に衝突後、横転した。キムさんは付近の病院に搬送されたが、間もなく死亡した。警察が詳しい状況を調べている。
キムさんは、日本でも放映されたテレビドラマ「プラハの恋人」や「武神」への出演で知られる。韓国で2017年上半期に公開され、18年日本でも公開予定の映画「共助」にも出演していた。〔共同〕

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

お金の花 第17話(3) 初恋の証し

hanakyabetu.jpg
(2018.01.25)

お金の花 第17話(3) 初恋の証し~ネックレス

ピルジュの執務室

「なぜあの場でハラボジに対して、
 “ヨチョンが記者会見を開かせようとした”と言い出したのか?」

「ヨチョンは無心園には住んでいない。
 だから、会長の目前で話をした方が、
 より会長を怒らせることができると思ったからだ。
 その方が手っ取り早い」
1723e_201801161856042f2.jpg

「だから、ウ社長に舞台設定をさせて、
 ピルジュがそこで会長とダンスを踊ったわけだな?!
 よ~く やったな!」

「…」

「ヨチョンがミャンマーの木材置き場に追いやられたとなった今、
 …、申し訳ない気もする」

「ブチョンや」

「…」

「チャン・ブチョン…。
 お前はまだ勝利したわけじゃないから、まだ気を許すな。
 チャン・ヨチョンはまだお前の傍にいて、
 機会があればお前の足を引っ張るぞ。
 お前のポストを狙っているから、注意しろ」

「解ったさ!
 そんな怖い眼で見るな。いつもと違った顔だ」
1723f_20180116185603441.jpg

ブチョンの執務室にはヨチョンが待っていました

「別れの挨拶に来たのか?
 その必要はないぞ」

「俺は兄貴のファンでもないが、
 血を分けた家族だからアドバイスをしようと思っている」

「今日は、俺がいろんなアドバイスを受ける日のようだな。
 みんなどうして言いたいことばかりなのか…?」

「他とは違って兄貴の競争相手からの現実味があるアドバイスだ」

「は~」

「カン・ピルジュには注意すべきだ。
 いつ追い出されるか分からないぞ」

「おい! 
 カン・ピルジュは俺のことを“飼い主”だと言っているのを聴いたことが無いのか?」

「なんとも無邪気なことだ。
 カン・ピルジュが本気でそんなことを思っていると思うのか?」

「もう良いから、出て行ってくれ」
1733_20180118010918cb0.jpg

「伯母の間違いは、
 カン・ピルジュを兄貴の傍に置いていることだ。
 子供のころは3人で遊んでいたからお互いの性格はよく分かっている。
 兄貴にはカン・ピルジュがいるからいつも弱くはなかった」

「公平な競争ではないと言い出すのか?」

「ヒョンニムは、カン・ピルジュの教育によってこの席に座っているんだ。
 兄貴の本心はカン・ピルジュがいてくれるから幸運だったと思っているのじゃないか?」

「…」

「よく考えてくれ。
 飼っている“トラ”に喰われるぞ。
 しっかりと生き続けていてくれ、必ず!」
1733a_20180118010919f46.jpg

ピルジュとヨング

「モヒョンさんを追っていた時のファイルを準備してくれ」

「ヒョンはモヒョンさんとブチョンとの結婚の裏話も全部話すつもりなのか?」

「あ、全部だ。
 ただし、ナ・ギチョル議員がチョンアグループの資金を自らが欲していた部分は例外だ。
 ナ・モヒョンさんとナ・ギチョル議員は俺のために犠牲者になったということにする」

「ナ・モヒョンさんが兄貴に責任を負わせることを覚悟で、
 嫌われて距離を置くのを望んでいるのではないか?」

ヨングの資金運用

「この四半期の収支の状況はどうなのか?」

「チャン・ソンマン元社長が資金のトラックを盗んだので、
 その分は赤字だったが、
 株式の運用で埋め合わせることができた

「デイル物産の株式が公開される時には、
 買い集めるための資金が必要だから、
 チョンア物産の株式を買うのはこれまでにしてくれ」

「分かった」

「チョンア物産とチョンアバイオの合併に備えて、
 まずはデイル物産の株式を買っておく

「チョンア物産は大きな会社だぞ」

「いいや、チョンアバイオの方が上を行く可能性が高い。
 チョンア物産の株式はチャン理事の金で買い付けることにして、
 俺たちは比較的に安いチョンアバイオの株式をこれから買う」

「高い株式はチョン理事のお金で買って、
 俺たちはまだ安い株式の方を買うということだな?
 アラッソヨ(OK)!」
1733b_2018011801091772f.jpg

ピルジュの司令部(ヨングの家)にブチョンがやって来ます。

「パク・ヨング…」

「…」
1733c_2018011801091607f.jpg

「ここが俺のことをチョンアグループの会長にするための指令部なのか…」

「何の用で?」

「質問があって来た。
 ピルジュに聞いても教えてはくれないだろう。
 ピルジュは何を企んでいるのか?
 俺が会長に就任した後は…?」

「ピルジュはチョンアグループの一員だ。
 会長になったら兄貴を昇格させてくれるのか?」

「ああ、子会社の社長とかにするつもりだ。
 もとより会長にはなりたくなかったが、
 ここまでピルジュが仕組んで来てくれた」
1733cc.jpg

「ここだけの話だ」と言う、ブチョンの話をモニター

「…」
1733d_20180118010914601.jpg

オ・ギピョン秘書
(悲しい父親)

「オ秘書。待っていないでくれ。
 何だか変な気持ちだ」

「…」
1733e_20180118013452f40.jpg

帰宅

1733f_20180118013451d6a.jpg

ブチョンとマラン

「オンマ。
 アボジには別のところに息子がいたことを知っている。
 あのネックレスは、チャン・ウンチョンにあげたものだろう?」

「そうだわ」

「それをモヒョンさんが拾った…。見せてくれ」

「見て、どうするの?
 死んだ人の物を…。チャン・ウンチョンは死んだわ」

「ああ、聞いている。
 しかし、ネックレスを見てみたい」

「ハラボジがあなたのアボジにあげたのよ」
1733g_20180118013450aca.jpg

「オンマ。 俺が持っていたい」

「ええ、そうね。
 このネックレスは本来の持主が持つべきだわ。
 モヒョンのお陰だわね」

「…」
1733h_20180118013449f47.jpg

ブチョンはオ・ギピョン秘書の部屋を訪ねて、
「オ秘書…。
 オンマとピルジュが行ったチャン・ウンチョンの葬式をアレンジしたよな?
 ピルジュから聞いた」

「ええ」

「それで、オ秘書は…。
 チャン・ウンチョンが生きていることを知っているのではないか?」

「それがいったい…?」
1733k_20180118013448f4e.jpg

「チャン・ウンチョンとは、
 もしかしてカン・ピルジュのことではないか?」

「俺とオンマがピルジュのことを好きなことを知っていながら、
 20年もの間、俺たちを騙していた。
 何の恨みがあってこんなことになったのか…?
 どうやって20年も騙し続けることができたのか…?」

「…」

「だから、ピルジュから目を離さないようにしてくれ」

「はい」

「オンマには言わないで…」

「もちろんです」

「ピルジュが騙していたことをオンマが知ったら、
 生きてはいられないだろう」
1733kk.jpg

マラン

「ヨチョンはいつ出国するの?」

「ミャンマーの方での準備次第ですが、
 10日以内ではないでしょうか?」

「あと10日だわね。
 チャン・ソンマンはプライドが高いから、
 私には乞うては来ないわ。
 話を聞いたら死にそうになるわね…、ふふふ」

「…」
1733m_201801180553047da.jpg

「ところであのネックレスだけど、
 モヒョンが学校のキャンプの時に偶然に見つけたのではなくて、
 チャン・ウンチョンがモヒョンにあげた物ではないの?
 信じられる話だろうかしら?
 20年も大切にしていたということだから…?」

「…」

「チャン・ウンチョンとモヒョンとの間で何かがあったと思った方が…?」

「…」

「カピョンのあの場所は、
 アン・ホギョンが二人の息子と一緒に身を投げたところだわ。
 そこで、モヒョンが学校のキャンプの時にネックレスを見つけた…」

「…」

「ちょっと…。
 ピルジュの家もカピョンだったわね?」
1733mm_20180118055303eb3.jpg

「…」
1733n_20180118055302e5a.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

ピルジュが“カン・ピルジュの位牌”に向かって、
「ピルジュや、たくさん食べな」と言っているところを思い出して、モヒョンはピルジュが“チャン・ウンチョン”としてチョンアグループと戦っていることを知りました。

オ・ギピョン秘書に続き、第16話ではブチョンとモヒョンがピルジュ=チャン・ウンチョンであることを知ることになりました。
モヒョンが知るのは終盤だと思っていたのですが、物語の3分の2のところで過去が判明しました。
しかし、ピルジュの本心はまだまだ分かりません。

いついつまでも我慢して待っていて欲しい…。
(♪さらばシベリア鉄道)
http://www.dailymotion.com/video/x19bv4m

<今夜の放送を前に>

第18話では会長が年長の“孫=ピルジュ”だと知りました。
そして、いよいよ第20話のラストシーンで、
ピルジュがマランに、“ピルジュ=チャン・ウンチョン”だと告げます

チャン・ブチョンがチョンアバイオの会長に就任した夜。

「カン・ピルジュはここに、
 理事に対しての最後の報告を申し上げます」

「…」

「理事…」

「…」
2099a.jpg

「チャン・ウンチョンが生きています」

「!」

「そして、とても…、とても…、
 あなたの近くにいます」

「どういうことなの?」

「まさに、理事の前にいるカン・ピルジュです」

「…」
2099c.jpg

「チャン・スマン氏の長男…、
 チャン・ウンチョンです」

「!」
2099d.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

お金の花 第17話(2) 左遷

suisen 33
# KJSの最新記事はこちらから(↓)どうぞ。
http://jumong007.blog133.fc2.com/
(fc2)

お金の花 第17話(2) チャン・ソンマン元社長に続きチャン・ヨチョンの左遷

ブチョンがナイフを持ってユン・ソウォンに会ったと聞いて心配になるピルジュ

ヨングは、
「ユン・ソウォンはまだチョンアホテルにいる」

「もう寝ているに違いない。
 何時か分かっているだろうに…」

「…」
1722_20180116175807b69.jpg

心配になったピルジュはチョンアホテルに急ぎます。
ソウォンはバスタブの前にハジョンを抱いてうずくまっていました。

1722a_20180116175806d28.jpg

「…」
1722aa.jpg

無心斎(ムシムジェ:会長の寝所)

ブチョンが会長を訪ねて、
1722b_20180116175804772.jpg

会長はソロバンをプレゼントして、
「それは私がチョンアを立ち上げた時に使っていた算盤だ」

「ハラボジ…」

「私は株式か現金の方が喜ぶでしょうと伝えたのですが、
 会長はそれを選びました」
(ミズ・ハン)

「株式ではなくて、がっかりしたのか?」

「いいえ、ハラボジ。
 この方が重い意味があります。
 もちろん、株式も欲しいのですが…」
1722c_201801161758039b6.jpg

「や~、この若者はいつのまにか、
 世継ぎらしくなったもんだな。
 お前の父親よりもそれらしい、ははは」

「会長。もう一つ常務には話があるでしょう?
 お客様の前で算盤を使う意味のことです」

「ははは、私は算盤よりも頭の回転の方が速かった」

「ハラボジは、誰よりも速くチョンアグループのファイナンス状況を把握できるではないですか」

「ああ、それがビジネスマンには必須だ。
 まずは即座に頭で理解して、
 算盤を使ってゆっくり考えている振りをするのだ。
 ポーカーフェイスっていうものだ」

「ポーカーフェイスですね!
 心に念じておきます」
1722cc_201801161802353e2.jpg

「私は19歳の時にチョンアグループを起こした。
 だから、その算盤は60歳くらいだかな」

「いいえ、70歳ですよ」
(ミズ・ハン)

「そうか?!
 私はいつも若返りを考えているから、
 実際よりも若い気だ。 ははは~」
1722d_20180116180234851.jpg

朝食

「こんな物があるとは知らなかったわ」

「ハラボジはアボジに一度だけ見せて、
 後はしまっておいたそうだ」

「カン弁護士とブチョンは退院したすぐ後だから、
 消化には何が良いかしら?」
1722e_20180116180233c11.jpg

「クァン先生が調合したハーブ茶はいかがでしょうか?
 ナ先生も是非…」
(ミズ・イチョン)

「オモニ、私には不要です」

「いいえ、赤ん坊を授かるように飲みなさい」

「そうですね。
 会長への大きなお返しの贈り物になりますね。
 ナ先生は会長が記念に作ったネックレレスをお持ちですからね。
 何か大きなプロジェクトの完成記念でした」

「…」
1722ff_20180116180230f50.jpg

「俺は見たことがない」
(ブチョン)

「では会長がみずから差し上げたのかしら?」

「あのネックレスは別のところで見つけた物です」

「そうだったのかしら…。よく似ていたわ」

「私には見覚えがあるから、持ってきなさい」
(マラン)

「はい、オモニ」
1722ee_201801161802321d5.jpg

ピルジュを見つめるモヒョン

1722f_201801161802319ad.jpg

ペンダントを取りにピルジュの部屋に向かったモヒョン
ピルジュはメールを入れます。

…デスクの左の一番下の引き出しに入れている。

1722g_2018011618094542e.jpg

マランとピルジュ

「ユン・ソウォンとハジョンが泊まるホテルを見つけました。
 ブチョンとはしばらく隔離しておいた方が良いと思います」

「ついにユン・ソウォンをコントロールできるようになったわね」

「…」

「なぜユン・ソウォンのことを庇うのかしら?」

「理由はありません、理事」

「あなたが訳もなく行動する筈はないわ。
 なぜ言えないのか教えなさい」

「…」

「いいわ。これ以上は質問しない。
 ブチョンがあなたに勇気を貰っただけでも感謝すべきだわね」
1722h_201801161809432b4.jpg

「ブチョンも私にもこれが最後のチャンスだと思います。
 今現在、チョンアグループは周囲からの風当たりが強いので、
 ブチョンも神経をとがらせている筈です。
 だからブチョンのためだと思ってのことです」

モヒョンがペンダントを持って来ます。

「これはどこで見つけたの?」

「私が、子供のころにキャンプに行った時に川の傍で見つけました」

「どこで、どの川なの?」

「カピョンの保養センターの近くでした」

「…」
1722k_20180116180942e43.jpg

「私に頂戴。あなたの物ではないわ」

「…」

「今でも大切にしているの?」

「…」

「これはチャン一家の物だわ。
 私の夫の物だったわ。
 確かめるわ、モヒョン」

「…」

「あなたに赤ん坊が授かったら、私の方から贈るわ」

「…」

「下がりなさい」

「…」
1722m_201801161809409d6.jpg

ピルジュとマラン

「このネックレスは亡くなったチャン・ウンチョンが持っていたものだわ。
 父親が大切に額に入れていたわ。
 父親から貰ったものだと言っていたけど、
 いつの間にかチャン・ウンチョンの首にかけていたわ」

「…」

「ブチョンにあげるべきものだわ。
 しかし、変な話だわ。
 なぜモヒョンの手に…?」

「…」
1722n_2018011618093946a.jpg

「私たちはチョンアタワー建設許可に失敗しただけでなく、
 ブチョンの義理の父親は大統領選挙に出ることができなくなった。
 モヒョンがこの家に来てからは、悪いことが続くわ」

「イ・チョルヨン政権の5年間に、
 チョンアグループは大きな成果をあげました。
 ナ・ギチョル議員へのロビー活動から得た成果のために、
 次期政権もチョンアグループには一目を置いているのです、理事」

「ピルジュはモヒョンの話に及ぶといつも庇うわよね」

「…」

「あなたはモヒョンのために働いているのではないわ。
 はっきりさせなさい、ピルジュや」
1722p_20180116181832b04.jpg

チョンアグループのトップ会議

「候補者の中から、チャン・ブチョン常務とチャン・ヨチョン副社長を含めて、
 5人に絞りました」
(ウ社長)

「チョンアグループの社長には適任の者ばかりのようだ。
 ブチョンとヨチョンの競走にも役立つだろう。
 二人の件で報告してくれ」
1723_20180116181831148.jpg

「チャン・ブチョン常務はチョンアバイオの発展に大きな寄与をして、
 マスコミからも注目されています。
 他方では、チャン・ヨチョン副社長はチャン・ブチョンのプライバシーに触れて…」

「ウ社長、そこまでにして下さい」
(ヨチョン)

「しかし、私には倫理委員会に報告する義務があります」

「もう十分です、ウ社長」
(ブチョン)

「私が知らないことがある他にもあるのか?
 カン弁護士は私のことをまるでレイムダックのように扱うのか?」
1723a_20180116181830509.jpg
# 会長のジョークですが、レイムダックとは“足が折れたアヒル”のこと。
つまり、価値が半減したというたとえです。

「すみませんでした、会長。
 これはチャン・ブチョン常務が自ら処理していることなので、
 お話はしていませんでした」
(ピルジュ)

「では今、報告しろ」

「チャン・ヨチョン副社長はユン・ハジョンの母親に対して、
 チャン・ブチョン常務がユン・ハジョンの父親として認知してもらうようにと、
 訴訟を起こさせようとしていました。
 記者会見の準備もしていました」

「…」

「チャン・ブチョン常務の評判を落とし入れるためです」
1723c_20180116181828b58.jpg

「ヨチョンは私とチョンアグループの邪魔ばかりしているな」

「ハラボジ…」
(ヨチョン)

「ヨチョンは、将来の副会長の候補者から外す。
 ヨチョンをミャンマーでの木材の担当として、2年間派遣する」

「!」
1723b_20180116181829ae5.jpg

目と目でうなずき合うウ社長とピルジュでした。

1723d_2018011618182746b.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

オ・ギピョン秘書に続き、第16話ではブチョンとモヒョンがピルジュ=チャン・ウンチョンであることを知ることになりました。
モヒョンが知るのは終盤だと思っていたのですが、物語の3分の2のところで過去が判明しました。
しかし、ピルジュの本心はまだまだ分かりません。

血筋の違い、チョンアタワーの建設反対、ナ・ギチョル議員に対する自殺教唆などで、
家族の対立・秘密を知ったピルジュです。
これからのどのような王手をかけるのか?
これまでは神経戦だったのですが、本格的なバトルが始まりそうです。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

お金の花 第17話(1) 会長の座

asa72.jpg
(一昨日の朝7時)
asa7.jpg

お金の花 第17話(3) 母子よりも会長のポスト

チョンアホテル

1700_20180115024136f02.jpg

「ハジョンは?」

「寝ているわ」

またノック

「アンニョンハセヨ、常務」

「子供を頼む」
1700_20180116161520c8d.jpg

「何をするつもりの?」

「ちょっとの間、彼女にケアして貰う。
 俺たちが声を荒げたらハジョンが怖がるから…」
1700a_2018011616151905e.jpg

「ピルジュがここに連れて来たそうだな。
 そして記者会見についてゆっくり考えた…。
 決めたのか?」

「まだだわ」

「何を躊躇しているのか?」

「記者たちに、どう言ったらブチョンさんとチャン・マラン理事を傷つけることができるのかと、
 考えているわ」

「…」

「言葉をまだ思いつかないわ」

「…」
1700b_20180116161518100.jpg

「…」
1700bb.jpg

ブチョンはポケットからナイフを取り出して、刺す振りをして脅し、
「!」

「ハジョンのためだ…」

「…!」
1700c_20180116161516947.jpg

振るえるソウォンに、
「ハジョンの母親だということで、
 これまで見逃して来たが、最後の取引だ」

「ブチョンさん…」

「俺はどんな犠牲を払っても会長の座に就きたいのには理由がある。
 これは俺の人生が懸かっているから、俺の道を邪魔する奴は…」

「…」

「ソウォンや…。
 こうしてまで頼んでいるのが分からないのか?」

「…」

「十分解っただろう?」
1700d_20180116161515cdf.jpg

マランとオ・ギピョン秘書

「あの時にユン・ソウォンを始末しておけば、
 問題が起きなかったはずだわ」

「…」

「あんな下賤の者が記者会見を開いて、
 ブチョンに禍を持ち込むなんて、どうするつもりなの?」

「…」

「あなたは、ブチョンの足を引っ張っているだけだわ。
 オ秘書はブチョンのことを傷つけているだけだわ!
 解っているの?!」

「…」

「カン・ピルジュは電話に出ないわ!
 呼んで来なさい!」
1700e_20180116162045d5e.jpg

# モヒョンがペンダントのロケット(locket)を見せるシーンに戻ります。

「チャン・ウンチョンさん…」

「…」

「イチョン・アジュモニ(イチョン叔母さん)が、
 このネックレスのことを知っていました」

「…」

「ハラボジ(会長)が長男だったチャン・スマン副会長にあげたものだということを…」

「…」

「あなたがチョ・イノさんだと思っていたけど、
 あなたはカン・ピルジュだった。
 そして、カン・ピルジュが誰だか解ったら、
 今度はチャン・ウンチョンだった」

「…」
1700f_201801161620446f5.jpg

「あなたがカン・ピルジュの位牌を前に法事をしていたことを見て、
 解りました」

「…」

「なぜカン・ピルジュが怖いにもかかわらず、
 川に身を沈めようとしたのか…。
 どれほど怖くて、自暴自棄になっていたのか…。
 今のあなたには、
 まだ終わってはいないことなのですね」

「…」

「あなたが“幸せに暮らしているので良かった”と言った…、
 あの言葉を取り下げます」

「…」

「あなたが本名で話ができない理由、
 だから幸せな暮らしができないこと…」

「…」

「知りたいことがあります。
 私とブチョンさんとあなた…、ピルジュさんの私たち3人は、
 なぜここで出会うことになったのか、
 ピルジュさんなぜ本名を隠してチョンアグループで生きているのか、
 その理由を」

「…」

「私にはそれを知る権利があると思います」
1700g_20180116162043b0d.jpg

「話をします。
 私のこれまでの物語を語りますが、
 そのためにはモヒョンさんの覚悟が必要です。
 たとえ、どんなことであっても、覚悟して聞いてほしい。覚
 悟ができたらまた来てください」

「私には覚悟も決心もできています。
 だから話をして下さい」

そこにオ・ギピョン秘書

「理事がお呼びです。
 何度か電話をしたそうですが…」
1700h_20180116162042224.jpg

チョン・マラン

「あのユン・ソウォンを見つけたのね?!」

「ええ、ブチョンが会いに行っています」
1700kk_20180116162040b73.jpg

「なぜ一人で行かせたの?
 ブチョンは何も知らないのに、何ができると言うの?」

「他の誰も、彼女と対話できる者はいません、理事。
 二人には息子がいるからです」

「仲良くさせろとは一言も言っていないのに?!
 問題はユン・ソウォンに口を開かせないことだわ!」

ブチョンもマランの電話には出ません

「この無心園には嫌いな男たちだけだわ!」
1700k_20180116162041bea.jpg

車の中、涙を流しているブチョン
ハンカチを渡そうとするオ・ギピョン秘書

1700n_2018011616293230a.jpg

「…」
1700m_201801161629334d2.jpg
# ブチョンの涙は、彼がソウォンとハジョンを諦めたからでしょうか?

マラン

「電話に出ないわ。
 きっと何かが起きたに違いないわ」

そこにノック
ブチョンが部屋に入って来ます。

「オンマ。
 ソウォンは記者会見をしません」

「本当に?
 納得させたの? どうやって?」

「懸命に謝った。 だから取りやめにしたんだ」

「よくやった、ブチョンや」
(ピルジュ)
1700ppp.jpg

「会長になるためには、当然のことじゃないか」

「しかし、
 しばらくはホテルに閉じ込めておくべきだわ」

「オンマ。 俺が処理した。
 もう少し、息子を信じるべきだ」

「そうね。 信じるわ」
1700p_20180116162931563.jpg

ブチョンはマランの引き出しを開けて、ナイフをしまいます

「そのナイフは…?」
1700pp_20180116162930900.jpg

「ああ、ソウォンに謝るために使った」

「…」

「もう戻したから、後になって無くなっていたなどと、
 俺を責めないでくれ」
1711_20180116162928583.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

ピルジュが“カン・ピルジュの位牌”に向かって、
「ピルジュや、たくさん食べな」と言っているところを思い出して、モヒョンはピルジュが“チャン・ウンチョン”としてチョンアグループと戦っていることを知りました。

OSTの話題:昨年末のKstyle Newsより
EXIDのハニとソルジがドラマ「お金の花」のOSTに参加した。
https://www.youtube.com/watch?v=mfQtSnhlMtM

本日(29日)、MBCドラマ「お金の花」のOST制作会社側は「EXIDのメンバーハニとソルジが、OSTの2組目の走者として参加する。30日午後6時に公開される」と明かした。
「お金の花」のOST「Flame」は、甘く繊細な音色で完成された。劇中でナ・モヒョン(パク・セヨン)のテーマ曲で、彼女の欲望と愛を炎(Flame)に例えた。

ドラマ「お金の花」は、主人公のカン・ピルジュ(チャン・ヒョク)とナ・モヒョン、チャン・ブチョン(チャン・スンジョ)がお金に支配される人間群像の欲望と愛を描く。

exid.jpg
元記事配信日時 : 2017年12月29日09時17分
記者 : キム・イェナ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

クロマイト作戦

映画『仁川上陸作戦(オペレーション・クロマイト
ead.jpg
(リーアム・ニーソン イ・ジョンジェ イ・ボムス)

# 来月(2月2日)からDVDが発売される予定
正月休暇の時には4本くらい映画を見て、その中でもおススメです。

# クロマイト(ウィキペディアより)
クロム鉄鉱(chromite、クロマイト)は、鉄、マグネシウム、クロムが主成分の酸化鉱物。

(予告映像)
http://pacific-war-movie.com/operationchromite/

https://www.youtube.com/watch?v=x-KfMRhgVBA

(ウィキペディアより)
仁川(インチョン)上陸作戦は、朝鮮戦争中の1950年9月15日に国連軍が大韓民国(韓国)のソウル西方約20キロメートル付近の仁川(インチョン)へ上陸し、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)よりソウルを奪還した一連の作戦・戦闘である。
作戦コードネームは「クロマイト作戦(Operation Chromite)」。
ダグラス・マッカーサー個人により発案された投機性の高い大規模な作戦を、マッカーサー個人の信念によって実行に移し、戦況を一変させた。

映画『仁川上陸作戦(オペレーション・クロマイト』)

(字幕より)
1945年8月15日、第2次世界大戦が終わり韓半島は36年に及ぶ日本の統治から解放された。
その後は、冷戦の延長線上でソ連(現ロシア)とアメリカとが、韓半島を北と南に分断してそれぞれ軍政統治を行っていた頃のこと。
1950年6月25日、ソ連と中国の軍事支援を受けて、“北朝鮮”が奇襲を強行。
およそ3日間でソウルが陥落。
1か月内には全土が奪われることになった。
米ハリー・トルーマン大統領が米軍の投入を指示したのは、奇襲後の6月27日。
ダグラス・マッカーサーをUN(国連)軍の総司令官に任命した。

米国・UNのための諜報(スパイ)をしたのは、実在の少佐(映画では中尉)でした。
(ウィキペディアより)
仁川の南南西約22キロメートルの霊興島(ヨンフンド)に韓国海軍本部情報局長咸明沙少佐が派遣された。
士官、下士官、兵等17名で構成された諜報部隊は、アメリカ軍が作戦実施ように情報」を報告するように求められた。

一番の情報は、上陸作戦のために機雷が敷設が敷設されている場所の特定でした。
(X線:レントゲン作戦)

・入院している北朝鮮の将校からの情報を得るために、共産主義思想に洗脳されていた看護師を説得するチャン・ハクス中尉

「私も以前は共産主義者でした。
 その時に気に入っていた文句があった。
 “根が腐っているのに、実がなるのだろうか?”
 学生を先導するにはいい文句だった。
 しかしある日、同志たちがブルジョアをアジトに引きずり込んで、
 私に銃を握らせて射殺しろと言いました。
 私のアボジです」

「…」
op4_20180112195030173.jpg

「!」

「どうしたら良いものかとうろたえていました」
op5_201801121950297b0.jpg

「すると、
 私が一番親しくしていた友人がアボジを撃ちました」

「…」

「アボジを撃った友人が信念に溢れた顔で私を見て、
 “理念は血よりも濃い”と言いました」

「…」

「彼らはそういう人たちなのです」
op6_20180112195005097.jpg

目の前で叔父が射殺されたその姪のハン・チェソンが協力します。

「…」
op7a.jpg

北朝鮮の将校を「レントゲンを撮らないといけません」とベッドを外に出します。

op8.jpg

・東京のGHQ(総司令部)から上陸予定地点の沖に向かうダグラス・マッカーサー

op15.jpg

(ウィキペディアより)
マッカーサーは太平洋戦争において11回の水陸両用作戦を指揮していたことから、アメリカ軍の保持する優位な海空軍力による制海権・制空権下で北朝鮮軍の背後に迂回、補給線を遮断し南北から挟撃して一挙に攻勢転移するという作戦方針が良いと考えた。
6月30日、トルーマン大統領はアメリカ地上軍の投入を発表。北朝鮮軍の南下を阻止するために、九州に駐屯していた第24歩兵師団(ディーン少将)が先遣された。

マッカーサーが日時を決定した理由は以下とされます。

1.釜山橋頭堡の防御戦が長期化すると第8軍の疲弊によって戦線が突破される危険性が増大する。
2.仁川に大量の機雷が敷設されると上陸作戦が出来なくなる。
3.米の収穫期である10月までに半島南部の地上権を獲得しなければ北朝鮮軍が多大な農作物を入手してしまう。

・日本の軍港から出発する戦艦などが、機雷が敷設されていない仁川沖のビア水路に向かいます。

op10.jpg

「永遠に生きる者のごとく生きることを自分に誓ったんだ。
 長く生きただけで老いる者はいない。
 人は理想を放棄することで老いるのだ
 年齢は身体にしわを刻み、理想を投げ出すことは魂にしわを刻む
op9.jpg

(仁川沖 9月15日 0:40)

(ウィキペディアより)
上陸用舟艇から直接岸壁を登るためのアルミ製のハシゴが大阪市淀川区の日本アルミに発注された。
クラーク大尉は9月15日午前0時には仁川港へ進入する水路を示す八尾島(パルミド)灯台に潜入し、これを点灯して上陸艦隊の第一陣を誘導した。

チャン・ハクス中尉は月尾島(ウォルミド)の砲台や地雷を破壊するための死闘の末、合図の照明弾を打上げます。

op16.jpg

「あの照明弾はチャン・ハクスが打ち上げたものだな?」

「違いありません」
op18.jpg

・仁川沖に終結した米国・UN軍の総力が上陸を開始。

空からは月尾島を空爆
(コルセア戦闘爆撃機)
op20.jpg

(B29長距離爆撃機)
op21.jpg

・上陸作戦成功

op22.jpg

しかし、“X線作戦”を率いた中尉、ホン・シウク下士官たちは全員戦死

op23.jpg

「…」
op25.jpg

「…」
op26.jpg

・13日後にソウルを奪還、1953年7月27日停戦協定が成立しました。

(迎える市民たち)
op27.jpg

(中尉の母)
op28.jpg

op29.jpg

・映画の終わりの字幕は、
マッカーサー将軍(後の元帥)は、米議会での最後の演説で“老兵は死なず、ただ消え去るのみ”の言葉を残した…。

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

この映画の上陸地点を地図でご紹介します。
まずは、おなじみのインチョン空港。
インチョン(仁川)国際空港は、永宗島と龍遊島の中間に位置する埋立造成地です。
icn.jpg

ついで、仁川空港の南の水路にある八尾島(パルミド)の灯台の場所(①)
八尾島

上陸作戦による爆撃を受けた月尾島(ウォルミド)と仁川市街とは、現在は埋め立てにより陸続きとなっており、大きなテーマパーク(遊園地)で有名です。
uxorumido.jpg

# この映画を見て最初に思ったのは、義勇軍とその家族のことと、解放してくれたUN(国連)軍とマッカーサー将軍以下の米軍のことでした。
韓国での“どの国が好きですか?”のアンケートではいつも米国がナンバーワン。
また、第2次世界大戦の後に同じく統治下にあった日本の現在の人々も同じ反応ではないでしょうか?
これは、たくさんの民族を受け入れることを“是(良し)とする教育方針”が米国家の基礎の一つとなっているからだと、(実生活を通して)思っていることです。

second snowy
(2018.01.22 夕刻)

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”
PLS Stay in Tune, on KJS !(最新記事はこちらから↓)
http://jumong007.blog133.fc2.com/(fc2)

お金の花 第16話(4) ブラックナイト

sakuyuu_20180122191355ea3.jpg
(昨夕19時)

(昨年大晦日の午前9時に初雪を見ました)
hatuyuki.jpg

お金の花 第16話(4) 黒騎士(Black Knightブラックナイト)

モヒョンの実家

「オンマが好きだったものを買って来たわ」
1644aa.jpg

「美味しそうだわね」
1644bb.jpg

テレビニュース

渡り鳥の話題の次に、

「!」
1644b.jpg

…ただいま届いたニュースです。
チョンアグループのチャン・ブチョン常務には隠れ妻とその息子がいたという事実が発覚しました。
その隠れ妻のAさんが記者会見を開くとのことです。

「!」

テレビを消すドヒョン

1644c.jpg

「モヒョンや…」

「ええ、本当のことを知っていたわ」

「は…」

「オンマ。 後ですべてのことを話すわ」

「…」

「私を信じている? もう少し待っていて…」
1644cc.jpg

アン秘書からの報告

「チャン常務関連記事はすでに広まっています、理事」

「…」
1644d.jpg

チャン・ブチョン

「ハラボジには読んで聞かせないでくれ」

「ええ、聞いたら死んでしまいます。
 私こそ未亡人になりますからね」

「…」

「それでハジョンのオンマはどこにいるのかまだ分からないのですか?」

「ああ」
1644e.jpg

ユン・ソウォンとチャン・ソンマン元社長

「ブチョンが“チャン”の姓を授けると言いましたか…?
 アイゴ~、約束もできないのにそんなことを…?」

「…、ではハジョンには道がないのですか?」
1644f.jpg

「いいえ、ないことはない。
 公式な裁判によって可能ですよ」

「…」

「正式な調べを受ければ良いので、
 私が裁判の最後まで責任を負ってお助けします」

「…」

「ああ~、別にブチョンの悪口を言うつもりはありません。
 何と言えば良いか…、そうですね、
 あなたの苦痛の代償を払って貰いましょう。
 記者たちがどう解釈するのかは分かりませんが、
 例えばお友達に話をするように、真実を話せば良いだけです」

「…」

「私はチャン常務のことをよく分かっているから、
 理解してもらえます」
1644g.jpg

「ああ、ヨンゴや」

「ユン・ソウォンはハネムーンホテルに滞在している」

ピルジュは実力行使(ホテルに乱入)

1644h.jpg

「ユン・ソウォンさん。
 記者会見を開くのか否かを決めて下さい」

「…」

「しかし、このように幽閉されている中では正しい判断はできません」

「…」

「ユン・ソウォンさんが落ち着いて熟慮できるように、
 時間がたっぷりあるように…」
1644k.jpg

ピルジュは別のホテルに連れ出しました

「これまで、こんなトップフロア(ペントハウス)には滞在した経験がありません」

「…」
1644m.jpg

「チョンアグループで働いていた時に、
 なぜあなたのような人がチョンアで働いているのかと思って見ていました。
 私は制服を地下ルームで着替えて、1階の受付で働きました。
 あなたのような人たちが、ハイクラスの人を案内するところを見ていました」

「…」

「会長のお部屋は、ホテルのペントハウスのようで、
 ハイクラスの人が集っていました」

「…」

「カン・ピルジュさんはそんな人々と戦っているのですか?

「…」

「カン・ピルジュさんのお陰で心が安らぎました。
 これからの記者会見をどうするかと言うことを考えてみました」

「…」
1644n.jpg

ソウォンは「もっと時間を欲しい」と電話しました。
チャン・ソンマン元社長は怒り、携帯を手下に投げつけます。

1644p.jpg

モヒョンは写真とペンダント(ロケット:locket)を見つめて…

1644pp.jpg

そこにミズ・イチョンからハニー・ティー

「毎晩お持ちすると約束しましたけど、
よく忘れていました…、ね」

「コマプスムニダ」
1645_201801120138212e0.jpg

「そのネックレスは世代を超えて引き継がれたものですよ。
 チャン常務が大切にしていました」

「このネックレスを知っているのですか?」

「これは会長が長男の亡くなったチャン・スマン副会長に、
 彼が子供の頃にあげたんです。
 チャン・スマン副会長はこれを額に入れて勉強部屋の壁に飾っていました」

「…」

「ある時に額が無くなって、
 このネックレスがチャン常務に渡っていることを知りました」

「…」

「おやすみなさい」
1645a.jpg

モヒョンはピルジュがチャン・ウンチョンだと確信します。

「!」
1645aa.jpg

(カピョンでのピルジュの言葉を思い出しました)

ピルジュや、たくさん食べな

「…?」
1645b.jpg

位牌には“カン・ピルジュ”と書かれていました。

「…」
1645c.jpg

「!」
1645d.jpg

モヒョンは無心園の離れのピルジュの部屋にネックレスを持って…。

「モヒョンさん…」

「…」
1645e.jpg

「…」
1645ee.jpg

「ついに20年前の持主に帰りましたね」

「これだけがアボジが残してくれたものだ。
 ありがとう、モヒョンさん」
1645f.jpg

「どういたしまして、チャン・ウンチョンさん
1645k.jpg

「…」
1645m.jpg

「…」
1645n.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

「カン・ピルジュさんはそんな(ハイクラスの)人々と戦っているのですか?」
ソウォンにとってもモヒョンにとってもピルジュこそが黒騎士(ブラックナイト)

(KJS第3話(4)より)
http://jumong007.blog133.fc2.com/blog-entry-3442.html

いつものバス停で、ベンチのモヒョン
バスが何台来ても乗りません。

「…?」
345b_201712011932264a1.jpg

「…」
345bb.jpg

車を降りて近づくピルジュ

「アンニョンハセヨ ナ・ムヒョンさん」

「…」
345c.jpg

「覚えていますか?
 チャン・ブチョンです

「…」

「…」

「アンニョンハセヨ カン・ピルジュさん
345d.jpg

「…」
345e.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
PLS Stay in Tune, on KJS !(最新記事はこちらから↓)
http://jumong007.blog133.fc2.com/(fc2)

お金の花 第16話(3) Mother and Child

suisen_20180102005524931.jpg
(2018.01.12)

お金の花 第16話(3) Mother and Child Reunion

ブチョンとモヒョンと母のペ・チョムソンには外出の予定があるようです。

既に母親は知っていました。
そして、ピルジュはナ・ギチョル議員を実家に帰していました。

「宜しくお願い致します」

「ええ、ご安全に…」

「コマウォヨ」

「ア二ムニダ」

「ちょっと…」

「?」
1633a_201801120306046f4.jpg

「チョンアから隔離して匿っているけど、
 モヒョンには影響が出ませんか?
 娘が無心園にいても良いのですか?」

「チャン常務がモヒョンさんを守って、
 上手くやっていますから」

「私たちはモヒョンが苦しんではいけないと思って、
 何も質問は出来ませんでした。
 チョンアグループのお金を、
 主人が貰っていたことを知ったモヒョンが落ち込んでいたので…」

「…」

ピルジュは、“結婚で幸せになります”と言いきっていた自分のことを省みています。

1633b_20180112031321c46.jpg

「ブチョンさんには、いつまで隠しておけば良いの?」

「オンマ。
 アボジが起き上がって、
 話ができるようになるまでは内緒にしておいてね」
1633c_20180112030603962.jpg

新しく転居する予定のアパートのモデルハウス見学

「豪華ですね」

「ええ、気にいったら完成と同時に移り住んで下さい」
(ブチョン)

「オンマ、気に入った?」

「ええ、とっても便利なアパートだわ」
1633_20180112030606887.jpg

帰りを待っていたブチョンが無心園まで送ります。

「私はまだ答えを待っています」

「…」
1633d_2018011203060106e.jpg

無心園

「ブチョンはこれまで隠していたの?」

「ええ、彼がニューヨークから帰って来た時に知りました」

「では、ニューヨークにいる時から準備をして、
 ブチョンが本当にグループの副会長になる決意をしたということだわね?」

「そうです。 私がそうします」
1633e_20180112030600e5b.jpg

「ピルジュや。
 ブチョンが会長になった日には、
 私はどれほどの報酬を差し出したら良いのかしら?
 好きなだけ言って頂戴」

「…」

「私は力の限り報いるわ」

「考えてみます、理事」
1633f_20180112030558c27.jpg

「ほほほ~、何でも良いけど、
 会長のポストはダメだわよ

「…」

「それで、モヒョンとの離婚は延期だわ。
 モヒョンは若いから、子供を授かる機会があるわ」
1633ff_201801120321330d1.jpg

ヨングからの報告(チョンアバイオ投薬の実績)を聴いた後に、
ピルジュはモヒョンからの質問のことを考えています。

1633g_20180112032132ddc.jpg

(モヒョンが毎日お見舞いに通っていた時の映像)
1633gg_201801120321314e8.jpg

…私が待っていたのはあなたです。

…ブチョンさんがあなただったと嘘を言っていました。

…どうして私たち3人は、間違った道を歩んでいたままで終わってしまうのですか?

1633h_2018011203212984a.jpg

報道を読み上げるミズ・ハン

「“チョンアバイオの進展が著しいのは、
 チョンアバイオのチャン常務の尽力に因るもので…”」

「…」

「“新しい政権も視察することになるでしょう”…」

「…」

「“チャン・グクファン会長が、投資して、
 チャン・スマン副会長が調査を進め、
 チャン・ブチョン常務が実らせたプロジェクトです”」
1634_201801111024434af.jpg

「凄いぞ、ピルジュや。
 記事にお金を払ったのか?」

「私が先行記事を流して、
 後は記者たちが取材した結果です」

「新大統領の外遊前にチャン常務との会談をアレンジしたいと思います」

「ありがとう、カン弁護士。
 お前のお陰でブチョンがそれなりの品格を得ることができた」

「…」

「お前がまだ若かった頃に、
 ブチョンの身替りとして刑務所に入れたのは私だが、
 これほどまでに尽くしてくれた」

「…」

「カン弁護士。
 お前がカピョンからやって来た時から、
 私の幸運のシンボルだった。
 東北からの神の使いだった訳だな、へへへ~」

「…」
1634a_20180111102442920.jpg

チャン・ソンマン元社長とヨチョン

(チョンアバイオの躍進のニュース記事を読んで)
1634b_20180111102441bda.jpg

「アボジ、助けて下さい」

「…、年寄りで弱くなった父親を見捨てたと思っていた」

「アボジを元の座に復帰させます」

「それほどには信頼してはいない」
1634c_20180111102440237.jpg

そして、流したネットワーク記事

…チャン・ブチョン氏には婚外の子供がいるのでは…?

1634d_20180111102437acd.jpg

「ヒョン! ハンミン日報の記事だ!」

「チャン・ソンマン社長だ…」
1634e_201801111024351c1.jpg
# ハンミン日報はヨチョンの義父の新聞社。

ユン・ソウォンのアパートに急行したピルジュですが…。

「カン・ピルジュさん…」

「すぐに荷造りして遠出して下さい…」
1634f_20180111102657610.jpg

しかし、チャン・ソンマン元社長がハジョンを抱いていました

「アイゴ、ピルジュや。
 …、ちょっと遅かったな」

「…」
1634g_201801111026556e4.jpg

「ハジョンのオンマが記者会見を開きたいとのことだ。
 チョンアグループから無視されて心が傷んでいるようだ」
1644_20180112010739f71.jpg

「…」
1644a.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

母親と息子と娘の絆は、父親に比べれば無意識にも強いものだと思います。
ブチョンは「父親は誰か?」とは意図してマランには聞きませんでした。
マランは「娘や息子にとって、父親が誰かということよりも母親の存在が大きい」というようなことをオ・ギピョン秘書に言いました。

またこれも傾向性の問題だと思いますが、母親と娘との絆はより強く、より長く持続するのではないでしょうか?
とくに、孫を産むとなれば、子育ての先輩として、娘にとっては大人になっても母親の存在感が再び大きくなるのではないでしょうか?

翻って、男子のこと。
韓国ドラマ、ハリウッド映画などなど、「オンマ」と「マム」と言う単語が出てくることが多いと思います。
哺乳類が母親を中心とした集団を作るように、本能的なことで、大脳皮質ではなく脳髄を取り巻く大脳辺縁系にプログラムされていることかもしれません。
ただし、母親離れしていないとか、マザーコンプレックスなどと言う言葉があるものの、時間が経てばいずれは独立していくもの。

『王は愛する』の元成公主も、この『お金の花』のマランも息子だけが生きがいだったとの設定なのですが、愛することが執着に変わった時には自然の力で絆にヒビが生じるのではないでしょうか?
絆(キズナ)とは太くも細くもない、
確かな思いやりと愛だけでできていると思います。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose