怪しいパートナー 第26話(上) 自責の念

lily_20170705092325106.jpg
(2017.07.12)

怪しいパートナー 第26話(上) 自責の念

警察署

「お前たちは子供か何かなのか?
 お互いの顔を見てみろ!」

「…」

「…」
2600a_20170627094355170.jpg

「彼の弁護士として、お恥ずかしい限りです」

「弁護士さんですか?」

「ええ」

「私もです」
(目と目で、微笑んで合図を交わすボンヒとジウク)
2600_20170627094356098.jpg

「どうか、何とか間を取り持って下さい」
(刑事)

「…」

「仲直りを拒否したのは彼です」
(チョン・ヒョンス)

「そうはしたいけど、この顔の傷を見て下さい。
 あ~、痛い」
(ジウク)

「では俺も和解しません」
(チョン・ヒョンス)

「ではしばらく拘置します」
2600b_20170627094354d9c.jpg

ジウクとウンヒョクの作戦開始

(打ち合わせ済)

ウンヒョクは鍵を持っていました。

「指先の形のスマート・キーだ」

「OK」
2600c_2017062709435325f.jpg

ウンヒョクとボンヒはチョン・ヒョンスの家に向かいます。

「どこに向かっているのですか、チ弁護士?
 もしかしたら…?」

「到着したら分かるけど、悪いことじゃない」

「もしも何も出て来なかったら、
 彼の指紋が付いた凶器を置くことにする」

ジウクとの作戦で、拘置所の中からチョン・ヒョンスの所持品の家の鍵を抜き取っていました。

2600d_2017062709435221d.jpg

ウンヒョクはキッチンで1本の包丁を抜き取ります(ボンヒには内緒)。

「弁護士。
 どこにも使えるような証拠はありません」

「そうか…、でも何か探さないと…」

「はい」
2600e_20170627094350dd1.jpg

病院
2600f_2017062709460032b.jpg
「やあ、バン…」

「…」

「みんなが必死で頑張っている。
 だから早く目を覚ませ。
 良いか?

 もうお前の小水の世話は嫌だからな。
 何とか犯人逮捕の手掛かりを見つけてくれるだろう」

2600ee.jpg

(そしてこの演出:
 包丁をキッチンに入れます)

# 最初は誰の手か分かりませんが、
 すぐにピョン代表だと解ります。
 ただし、
 時間の流れが逆転しているので、
 実行前の想像か…?
 



警察では、示談書にサインさせられて、二人は釈放されます。

2600g_201706270945596e9.jpg

事務所

「これがチョン・ヒョンスの家から持ち出した凶器だ。
 これにバン係長とイ・ジェホの血痕をつけてキッチンに戻せば…」

「本当に使う気なのか?」

「ああ、おそらく…」
2600h_20170627094558afa.jpg

「これまでとは違った言い方をするが、
 これは不法な証拠品だ」

「解っている。刑法155条第1項だ」

5年以下の実刑か、700万ウォン以下の罰金だ
 それだけじゃない。
 弁護士としての資格を失うことになるぞ」
2600k_201706270945561b3.jpg

反対するウンヒョクですが、どうにも手を出せない苛立ちから、ジウクは引き下がりません。

「解った。では俺がやる。
 ねつ造証拠作りは俺の方が向いている?」

「え?!」

「お前は、以前は評判のある検事だったじゃないか。
 お前は手を引いてくれ」

「いや、これは俺の仕事だ」

ボンヒが、
「では、私がやります」

「?!」

「私は刑務所の経験が一度ありますから、
 もう回数は関係ありません。
 私がやります」
2600m_20170627094555e45.jpg

「この事件は、
 最初からの私のミスで起きました」

…みんなが事件のことで自責の念を持っている。

2600n_20170627094759c2d.jpg

ピョン代表は、
…あの時一緒に飲みに行っていたら…?

「すまないが、ドクターストップで、
 今夜は一緒できない」

「はいはい、代表。
 医者の言い付けに従うのですね!」

…助かった…。
 良かった…。

2600p_20170627094758e7e.jpg

ウンヒョクは、
「バン係長、この件の捜査は中止するようにとジウクが言っていたじゃないですか?」

…あの時、捜査を止めるように強く反対していたならば…。

2611_201706270947573b9.jpg

「…」
2611a_20170627094756997.jpg

「俺たちはもう自分や相手を責めるようなことは止めよう」

「…」

「とくに、自分を責めることは止めよう」
2611b_2017062709475446d.jpg

「…」

…この件で後悔しているのは私だけ…、
自分を責めているのは私だけだと思っていたが…。

2611c_20170627094753603.jpg

学校でしょうか公園でしょうか?
チョン・ヒョンスの回顧のシーンが悲しく流れます。
(彼が好きだった少女です)

2611d_20170627094937533.jpg

2611z.jpg

「…」
2611e_20170627094936d57.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

しばしば思います。
「なぜそんなに急ぐのだろうか?」
通勤時のラッシュアワーではありません。

「だからどうした?」
話を聞いた後の感想です。

ストレス(ウィキペディアより)

ストレス(stress)とは、生活上のプレッシャーおよび、それを感じたときの感覚である。
オックスフォード英語辞典では、苦痛や苦悩を意味する distress が短くなった単語とされる。
ストレスの概念は一般に、1930年代のハンス・セリエの研究に起源を持つとされる。
この文脈では、精神的なものだけでなく、寒さ熱さなど生体的なストレスも含む。
ストレスが健康に影響を与える研究が行われてきた。
様々なストレス管理の方法がある。

rcarlson.jpg
そんな時に思うのが『くよくよするな…』シリーズの故リチャード・カールソン博士(作家・ストレスコンサルタント)の言葉です。
「生活のスピードに“減速”を(Slowing Down to the Speed of Life)」

ゆっくり生きることが大切な6つの理由。
(1)ストレスが少なくなる
(2)肉体的に健康になる
(3)その場にふさわしい、親密で愛情あふれる人間関係を築くことができる
(4)感動する心が生まれ、身の回りの自然の美しさを楽しめるようになる
(5)心の平静と落ち着きが得られる
(6)生産性や創造性が著しく高まり、集中力も飛躍的に増す。
https://systemincome.com/name/%E3%83%AA%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BD%E3%83%B3

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose