怪しいパートナー 第16話(下) 愛の瞬間

shangrilla.jpg
(# ハナミズキ、サクラ、バラ、ツツジ、アジサイが終わると、今度はカラリと晴れた夏空を眺めたいものです。
7月です。
写真はクロード・モネも描いた欧州産のヒマワリです。
日本ではなかなか見かけないもので、淡い黄色です@シャングリラホテル:東京)

怪しいパートナー 第16話(下) Love is the Moment.

ジウクは鑑識を訪ねます

「どうしたのですか?
 何か個人的な用事でしょうか?」

「ちょっと興味があって…」とジウクはヤン・ジンウ(シェフ)さんのことを知っているのかと訪ねて来ました。

「いいえ」

「では、チョン・ヒョンスさんのことを知っていますね?」
1611f_201706180902539f7.jpg

「いいえ」

「ではなぜ、いつも公判の傍聴に来ていたのですか?」

「鑑識として、
 しばしは法廷には出向くことにしているだけです」

「私は本当か嘘なのかと、いつも書類に当たっていますが、
 まず思ったのが、チョン・ヒョンスさんを知っているのではないかと…」

「…」

「単なる友達以上ではないことを祈って…」

名刺を差し出して、

「困ったことがあったら、いつでも連絡して下さい。
 私が手助けします」
1611g_20170618090249af0.jpg

ユジョンからの電話

…もしもチョン・ヒョンスがヤン・シェフを殺人を犯していたならば、動機があるはずだ。

1611h_20170618090248212.jpg
(ユジョンンが見つけた額)

ジウクに電話

「ええ、ノ・ジウクです」

…私だわ。あなたが探しているものを見つけたわ。

「ヤン・シェフの家に掛かっていた額を見つけたわ。
 ヤンシェフの姉を拘束して判ったわ」

「写真を送ることができるか?」

「解っているでしょう?
 これは証拠品だから不可能だわ。
 見たいならここに来てね」

「分かった。 すぐに行く」

これは額と共に見つけたメモだとしてユジョンが見せたものは…。

…もしも男が婚約を誓ってレイプしたならば、殺す。

1611k_201706180902464db.jpg

「では、復讐だと言うのか?」

「ええ、たぶん(アマド)…」
1611m_201706180902454f4.jpg

コ・チャンホはボンヒに電話

「あ~、アンニョンハセヨ。 久し振りですね」

「お話しがあります」

「私に? あ~、DNA鑑定ですか?
 何か見つかりましたか?」

「ええ。あの靴を届けた人を知っています」

「誰ですか?」

「…」

「ええ、分かりました。 すぐに行きます」

まずは、ジウクに電話しますが、ジウクはユジョンと協議中

1612_2017061809232546a.jpg

ボンヒはジウクにメール

…ハンモ公園に、コ・チャンホさんに会いに行きます。
(ボンヒ)

1611n_201706180902406d5.jpg

全てをハッキングしていたのはチョン・ヒョンス

1611p_20170618092326dea.jpg

危険を察したジウクは車を飛ばします。

1633_2017061809143596b.jpg

その時ヒョンスとチャンホは…。

「お~、ヒョンスや」

「チョンホ、どこか?」
1633a_20170618091434c00.jpg

「外出したばかりだ」

「暗くてどこにいるのかが分からなかったが、分かった」
1633c_20170618091432676.jpg

不安に思ったボンヒはジウクを待つことにして、動きませんでした。

1633b_20170618091433d43.jpg

ジウクは間に合いました。
うずくまったようにボンヒ

1633d_20170618091756986.jpg

「…」
1633e_201706180917557ee.jpg

「は~」

「驚いた! 心臓が止まりそうだったわ!」

「それは、俺も言いたかったことだ。…」

「…」

「やあ、ウン・ボンヒ。
 君は行動する前に考えたことがあるのか?
 なぜ、一人でこんなところに来たのか?」

「…」
1633f_20170618091753c36.jpg

「たとえ、無鉄砲だったとしても、
 これは一線を越えた行動だ」

「…」

「これまでの君の行動は…。 
 は~、何かが起きたらどうするつもりなのか?!」

「…」

「それに俺はどう対応したら良いのか?!」

「…」

「ウン・ボンヒや。 君は問題だ。
 ほんとうに解っているのか?」
1633g_20170618091752ac5.jpg

「じゃあ、どうすれば良いのですか?
 すぐに来てほしいと言われたのに、
 あなたは電話にも出なかったわ」

「俺を待つべきだ」

「ええ、だから待ちました。
 公園に向かおうとしましたが、それが良いのか分かりませんでした。
 何かが起きていると思いました。
 ノ弁護士から叱られると思うと怖かった。
 それに、自分自身でも、
 なぜここまで来たのかと怖いと感じました。
 だからあなたを待っていたのです」
1633gg.jpg

涙を拭くと、またコンタクトが外れ、ボンヒはソフトコンタクトレンズをちぎります。

「…」

「…」
1633h_20170614134643662.jpg
(#…)

家に帰った二人

「すまなかった」

「…。 本心ですか?」

「ああ、本当だ」

「顔を良く見せて下さい。…」

「…」

「本当のようですね」
1633k_20170614134642709.jpg

ボンヒを抱き寄せるジウク

「!」

「…」
1633m_20170614134641523.jpg

「…」

「…」

「弁護士…」

「…」
1633n_20170614134639f84.jpg

ジウクは黙ってキス

「…」

「…」
1633p_201706141354192f0.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

1633pp_2017061413524014f.jpg

# ボンヒが涙を拭うシーンを見ると、思わず抱きしめて″守ってあげたい”気持ちになりました。
第1話のホテルのロビーでのボンヒの涙とコンタクトレンズのシーンも思い出しました。
ドラマの愛と事件は最初からもう始まっていたのですね。

“愛はその瞬間(love is the moment)”から始まったのでしょう。
この曲を思い出しました。
ドラマ『相続者たち』より“Love is the moment”
https://www.youtube.com/watch?v=sNKPWlW8uwQ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose