怪しいパートナー 第5話(下) 弁護士の魂

ochanohana.jpg
(ミカンの花 from 水戸:2017.06.04)

怪しいパートナー 第5話(下) 弁護士の魂~私はあなたを探します

犯人がナイフを捨てた場所

522_201706050132250af.jpg

現れた黒い影(逆光のため)に身構えるボンヒ

「!」
511k_201706050132278e2.jpg

ジウクでした

「驚いた!
 わ~、なぜ名乗ってくれないのですか?!」

「誰だか尋ねられてもいない!」

「そうじゃないでしょうに!
 こんな人通りのない場所に忍び込むようにやって来て…」

「じゃあ、散歩の途中で、
 声も掛けられていないのに自己紹介しろと言うのか?」
522b_201706050132245c5.jpg

「ここは犯人の足跡の最後の場所です!
 私は検事のことを、犯人が戻って来たと錯覚しました!」

「いったい誰がこんな時間に、
 こんな所に、たった一人で来たのか?!」

「犯人が歩いた跡を追っているんです」
522a_20170605013223e47.jpg

立ち上がるボンヒがふらつくので手を差し出すジウク

522c_20170605013222a1d.jpg

「!」

「…」
522d_20170605013220300.jpg

「…。
 あ!私のことを心配しているのですか?」

「いいや、まさか…」

「そうでしょうね…、そんな筈は…」

追いかけるボンヒ

522e_20170605013829a51.jpg

「検事さんはなぜ来たのですか?」

「名うての検事としては、最後の件が未解決だから…、
 何と言えば良いのか…?
 プライドを傷つけられた感じで、どうも気持ちがわだかまっている」

「ですか…。
 私が検事のためにメロディを発見してみせます」
522f_2017060501382879b.jpg

「それはもういい。
 君に裁判所の監視カメラの録画をあげるから、
 犯人らしき者を捜してくれ」

「でも、顔は見ていませんよ」

「見たと言ったじゃないか?!」

「いいえ、あやふやですよ。
 メロディだけが頭に残っているんです。
 犯人は自転車ですり抜けて、法廷でもメロディが…」
522g_20170605013826d04.jpg

「“メロディ”の話はもう止してくれ!
 口に出すな!」

「なぜ怒るのですか?」

「ああ、じゃあ犯人の自転車はどんなだったか?
 どんなタイプだったか?」

「普通の自転車で、車輪が二つでした…」

「ア~ッシ、…、は~」

「?」
522h_201706050138251fa.jpg

「は~ははは。
 わ~、私は君が何か手がかりをつかんでいると思っていた!」

「そうですか…」

「私は眠れず、仕事も手につかず、
 君をわざわざ探していたんだ!
 あ~、ウン・ボンヒ…、君は…」
522k_20170605013824885.jpg

「だって、私がやるから…。
 検事は巻き込みたくないと言ったじゃないですか!」

「君がどうやって一人でやれると言うのか?!
 何ができると言うのか?!ここに来て!?」

「そんな態度だと、
 検事は私のことを本当に心配してくれていると誤解しますよ!」

「…。 そうだ…、本当だな」

「では私のことをもう怒りませんよね?!
 良かった!」

「…」

「“悪運”だとか“消えてくれ”って言われていますからね!
 もう会えないかと思っていました」
522m_201706050138234e6.jpg

「それも本当だ」

「え?!」

「君の上司として、
 君の保護者としてこの2か月も一緒だったから、
 心配していたのは事実だ。
 しかし、もうここまでだ」

「…」

「だから、トラブルには巻き込まれないように、
 安全なところで暮らしてくれ」

立ち去るジウクに、
「私が手掛かりを発見します!
 犯人を捕まえます!」

「…」

検事のことも見つけます!
 それで良いですねよ?!」

「…」

「私がやり抜いて借りを返します!
 それに、私は検事からも尊敬される人間になります!」

「…」

「また会って、
 “悪運”の関係は逆転させます…、必ず…」
522n_20170605014346fc7.jpg

季節は巡り2年が過ぎます

法務研修所

…私は一生懸命に勉強した。

522p_201706050143456c8.jpg

ジウクは知らないものの、ボンヒはいつもジウクを見ていました

…人生で、自分が強くなったと感じた時…
人生で、私が息苦しくなった時…
私はあなたを見て、ちょっと一休み…

523_20170605020353a16.jpg

523b_201706050203510b4.jpg

そして、研修が終わった時…。
当然ながらボンヒには公職が貰えませんでした。
残るのは民間の“弁護士の道”だけ…。



就職を祝うクラスメートからも疎外されています。

「みんなも受かったんだから、特別じゃないわ。
 あの女だけは別だわね…」
523a_201706050203521a2.jpg

掲示を新しくして、2年前の事件を、弁護士として追及するボンヒです。

…このトンネルで自転車の男を見た人を探しています。

523c_201706050203500e8.jpg

掲示を掛ける職人

「助かりました。
 一人では難しかったところです」

「…」

「あなたはまさか目撃者ではありませんか?」

「…」

犯人が見て、手助けしていました。

523d_20170605020349f38.jpg

ジウクはピョン代表の法律事務所で弁護士の仕事。
しかし、どうも検事としての根性が抜けません。

「まずはお詫びしてからです。
 犠牲者が受け入れないなら…」
523e_20170605020347c36.jpg

「ノ弁護士。 私たちも犠牲者です。
 ユノのことをなぜ犯人扱いするのですか?
 口論だっただけです。
 我々が弁償しようと持ち出すと、もっと欲しがっています。
 彼らは貧乏な家の子供だからですよ。
 彼らの親たちは、せいぜい小さな店を出しているくらいですからね」

「上手く解決したとしても、次があります。
 もうすぐ18歳の誕生日ですから、
 未成年者としてのメリットが失せます」

「どういうことですか?」
523f_20170605021850338.jpg

「あ~、私はこの分野では、ご想像よりも経験豊かです。
 それに、司法試験は既に学生時代にパスしています。
 あ~、それにずっと検事をやっていましたからね」

「ちっ!それだけだ」

「これが3度目ですよね。
 前回は金で女子学生を脅しています。
 あ~、彼女は金鉱山を見つけたようなものだ。
 何の反省もなくまた事件を起こすと、
 今度は海外に逃げないといけなくなる。
 そしてまた海外では麻薬の所持とかで捕まって、
 国外退去になって大韓民国に逃げ込む…」

「…」

「貧乏人をいじめて、オモニからお金を出して貰う…、
 やあ、この世はカネ次第だ!
 なんていう世界に我々は住んでいるのか?!」

「…」

「…」

「あ~、なんてことだ…。
 は~、ではもう一度最初からです。
 まずはお詫びをして…」
523g_20170605021849ac9.jpg

ジウクの仕事振りを見ていたピョン代表

「ノ弁護士!
 お前は検事ではないんだぞ!
 弁護士になってからもう2年になるのに、
 なぜ検事みたいな態度なのか?!
 何の権利があって、顧客の罪のことに反応を示すのか?!」

「…」

「あ~その性格は…、
 誰が何と言っても人の話は聞いていないようだな。
 そうだろう?」

「いいえ、あんな意味ではなかったのですが…」

「クライアントに反省を求めるようなことはするな!
 自分のことを反省しろ!」

「…」

「私のモットーは“後悔しないこと”だが、
 お前をここに入れたのは大間違いだった!」

「…」
523gg.jpg

地検の302号室はジウクの執務室でしたが、既に別の検事の執務室

バン検察官をランチに誘うジウクです。

523h_20170605021846d18.jpg

…パッパ(忙しい)

523hh.jpg

検察庁の社員食堂

「高陽(コヤン)支庁の食堂の方が美味い」

「じゃあ、コヤンで食べれば良いのに、
 なぜいつもここで食べるのですか?」
523k_2017060502184427a.jpg

(先のピョン法務事務所の食事会の席のこと)

「『悪魔の弁護士』という映画を見たことがあるか?
 あの映画では弁護士が悪魔に魂を売った。
 下劣で品格が悪い者が、自分の名誉のためなら、
 たとえ相手が悪魔であっても弁護を引き受けるだろうな。
 あ~、あの映画は弁護士の属性を明確に示した。
 あ~、俺は全ての弁護士を憎んでいる…」

「は~、ははは」

「悪魔だって弁護を受ける権利があるさ。
 私も弁護士としてこの席にいるが、
 ノ弁護士!
 これは毎年1~2回の会社の食事会だ」
523m_201706050229372a7.jpg

「ジウクや…。これはみんなの慰労会でもあるんだ…」

「…」
523kk_20170605022936375.jpg

(社員食道のシーンに戻って)

「検事の時は検事たちを馬鹿にして、
 今度は弁護士たちを馬鹿にしていますよ」

「あ~、このランチは臭いが強すぎる…」
523n_20170605022935a9b.jpg

「検事!
 生きていくためにはカメレオンもトカゲもタコだって、
 迷彩色に身を変えます
 生きるためです!」

「うるさい!」

「うっ!」

ウンヒョクが来て、

「どうしたのか…?」
523p_2017060502360449f.jpg

「あ~、本当に不味い!
 俺はならず者の弁護は嫌だ!
 あ~、本当に嫌だ!」

「私は5~6歳の頃に気付きました。
 人生には嫌なこともあるけど、
 それでも受け入れないといけないということです」

ウンヒョクに、
「ご心配なく。
 今、ノ検事には環境に適応するようにと説教しているところです」
(バン係長)

「そうか…。
 でもこのジウクには何を言っても無駄さ。
 一向に変わらない頑固な奴だ」
(ウンヒョク)

「ああ、俺は頑固だ。
 そして、お前がいつも嫌いだ」

「困った奴だ…」
# と言いつつも、バン係長はジウクのファンでもあり、兄貴分でもあります。

「また失礼をしましたか?」

「誰のことですか?」

「孤独なんだ。
 あいつには話し相手がいないから、壁に向かって話をしている」
(ウンヒョク)

「…」
524_2017060502360336b.jpg

検事となったナ・ジヘ

「会いたくもない人に、
 いつもここのホールでは出会うもんだわね」

「いつも…?
 何の用事もないくせに、なぜここに来るの?」

「ええ、来るたびに会うってことだわ」

「そのファッションは何なの?
 もう少しまともな服にしたらどうなの?」
524a_201706050236022c4.jpg

「いいのよ。
 どうせ私の服は安物だわ。
 でも、私の心と身体は輝いているから、
 安物の服をカバーしているのよ」

「輝きすぎて、その靴のヒールが欠けそうだわね」

「!」
524b_20170605023600779.jpg

ボンヒが法廷で弁護をしていると、ジウクが傍聴席に入って来ました。

「検察が提示した監視カメラの映像では、
 被告の顔を特定はできません。
 さらには事件現場からも物証が得られていません」
524c_20170605024735d9a.jpg

「!」
524d_20170605024733167.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

“悪魔の弁護士”を引き合いに出して、“悪魔に魂を売った弁護士”。
なるほど、ジウクらしい引用だと思いました。
他方のピョン代表やチ・ウンヒョク(ウニョク)弁護士、バン事務長は、気持ちを切り換えて、カメレオンのように変色してカムフラージュすることが“弁護士ビジネス”の道だと思っているようです。
生活のためには後者も大切な道だとは思います。

ボンヒが見ていたこの2年間のジウクの顔はどうだったのでしょうか?

不運にも事件に巻き込まれて、目指していた検事または判事への道が閉ざされました。
ボンヒのセリフに「私は検事のタイプではないようだ」とありますが、そうかな?
ボンヒだって弁護士は本望ではないように思えます。

ボンヒだけの特殊な体験は、警察・検察の誤認でした。
ジウクは真相だけを信じる検事でした。
ボンヒも真実を追求するタイプなので、
ボンヒだけがジウクを理解する“パートナー”だと思って見ています。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose