怪しいパートナー 第4話(下) 悪運の人

28niti.jpg
(2017.05.28)

怪しいパートナー 第4話(下) 悪運の人

検死官からの事情聴取

412_20170604022317cd9.jpg

弁護側からの質問

「凶器にDNAが意図的に付着されたとは思いませんか?
 例えば後に、衣服などから血痕を付着されるとか…?」

「科学的にはその可能性は少ないと思います」

「可能性がないとも言えませんね」
422a_201706021039415c1.jpg

「…」

「…」
422b_20170602103940bf0.jpg

ジウクの父親

…私のアボジには妹がいたらしい。
その彼女を失い、政治や腐敗から距離を置いた検事になった。
アボジはただ犯罪を憎み、刑事事件だけを担当した。
そして、アボジも妹同様に事件に巻き込まれて死んだ。

422c_20170602103938f13.jpg

…私もアボジと同じ様に犯罪に向き合う検事を目指した。
そして、アボジのように検事として死ぬ決意をした。

422d_2017060210393770c.jpg

検察からの求刑

「状況では被告は第一級の殺人罪に値します。
 2015年5月11日に被告は、京畿道・高陽市のアパートに、
 被害者を誘い、犯行に及んだと見做されるからです。
 また、彼女は自分の罪を反省することなく、
 法廷で偽証したからです。
 他方、被害者の家族は極刑を求めています」

「…」

「刑法250条によれば15年の実刑を求めることが可能です」
422e_20170602103936789.jpg

「容疑者への求刑は状況証拠と、
 それらしい動機に寄るものであって、
 弁護側としては…」

そこで再度立ち上がるジウクに、ウンヒョクは、

「検事は弁護側の最終答弁を遮るのですか?」

「裁判長。
 もう一つの証拠を提出します」

「?」

もう一つのナイフ

「実はもう一つの凶器が発見されました」

「?」
422f_20170602104326e8f.jpg

「…」

「!」
422g_20170602104325803.jpg

「二つの凶器が同じ日に別々の場所で発見されました」

「…」

「チャン・ヒジュンの血痕が同じく付着しています。
 この地図をご覧下さい。
 ふたつの凶器の発見場所が7km離れています。
 殺人の時間と救急車が到着した際の時間との差から考えると、
 この距離を動くのは不可能です。
 瞬間移動ができるような女性でない限り不可能です」

「しかし、検事はなぜ今になってこの証拠を提出したのですか?」

「…。私は意図的にこの証拠を除外していました。
 この裁判は真実よりも大切なことが私にあったからです

「…」

「もしも二つの凶器があるならば、
 一つはねつ造された物と見做せるからです。
 つまり、これらの凶器は証拠物件とは認められません。
 刑法255条により、私は先ほどの求刑を取り下げます
422h_201706021043248af.jpg

ざわめく傍聴席

「ボンヒがどうなるのか…、
 まったく…、分からなくなったわ…。
 どうなるのでしょうか?」

「検事は自ら墓穴を掘ったということだ。
 つまり被告は釈放されるでしょう」

「え?!」

「検事は自らの手でこの裁判を終わらせたということです」

「…」

「ウム・ボンヒ被告は釈放されます。
 家に帰ることができるということです」

「あ~、なんてこと…。
 ありがとうございます!」
422k_2017060210432360a.jpg

「…」

「…」
422m_20170602104322aa3.jpg

思い出した犯人のイメージ

422n_20170602104320781.jpg

さらに、♪メロディーが聞こえるように感じるボンヒ。

422p_20170602104508d56.jpg

地区検事長から殴られるジウク

422pp.jpg

ヨンスン(母親)と共にアパートに帰るボンヒ

「大丈夫だわ」
423_201706021045054a7.jpg

ピョン代表とジウク

「あんなことをすべきじゃなかったんじゃないか?」

「そうだろうな…」
423a_201706021045049ca.jpg

「いったい彼女とはどんな関係なのか?」

「…」

「なぜあそこまでやったのか?」

「運命だ」

「運命だと?」

「ああ…」
423d_20170602104639744.jpg

ボンヒとヨンスン

「検事が取り下げた以上、他の証拠が出てこない限り、
 私は訴追されることはないわ」

「もっと普通の言葉で言ってよ」

「つまり、殺人の新しい証拠がない限り、
 もう私は容疑者にはならないということよ」

「あ~、良かった」

「でも…、
 私のために検事は大きな犠牲を払ったということなのよ」

「…」
423b_20170602104503991.jpg

「…」
423c_201706021045026a0.jpg

日記を読み返すボンヒ

ジウクへの悪口ばかりの日記を見直して、
「は~」
423dd_20170602104638954.jpg

しかし、ジウクが書き込んだ文字を見つけます

…そうかもしれないが…。

「…」
423e_2017060210463705a.jpg
(他方、ジウクはデスクを片付けています)

「検事のこだわりには残念でした。
 真実を無視することは簡単なのに…」

「私はみんなよりももっと後悔している。
 私の正義感が私を駄目にした」

翌朝になってボンヒはジウクにお礼に出向きます

…男から傷つけられて、
私はもう決して人を信じることはないと思っていた。
しかし、また人を信じ誰かを好きになった。

423f_20170602104636da4.jpg

地方検察庁

…きっとあの男だ。
私を救った男だ。

「!」
423k_2017060210480786b.jpg

「…」
423g_2017060210463512c.jpg

「俺たちはともかく、運命の出会いだったようだ」

「ええ…、
 私も検事のことを運命の人だと思っていました」

「いや、悪運だ」

「…」

「だから、もう近づかないようにしよう…」
423h_20170602104634f4e.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

ジウクを殴る暴力検事長は「パワハラ」の現行犯ですが…?
しかし、権力者はジウクを地区検察庁から追放。
他方、ボンヒには判事・検事(公務員)への道が閉じられたことになりました。

こうして2年前の事件が未解決のまま…、
真犯人が不明のまま終わります。
ただし、新しい証拠が出てくればボンヒは再度疑われる。
そうした中で、2年後の現在に犯人が姿を現すことになります。

韓国の検察庁(검찰청)の組織は次のとおりです(ウィキペディア)。
komsa.jpg
・大検察庁(最高検察庁):この下に次の5組織があります。

ソウル高等検察庁に属する組織は以下。
 (ジウクとボンヒは高陽支庁の管轄区で再会します)
   ソウル中央地方検察庁
   ソウル東部地方検察庁
   ソウル西部地方検察庁
   ソウル南部地方検察庁
   ソウル北部地方検察庁

   議政府地方検察庁:高陽支庁
   (ドラマ『怪しいパートナー』のこれからの舞台)
   仁川地方検察庁:富川支庁
   水原地方検察庁:城南支庁など
   春川地方検察庁:江陵支庁など

②大田高等検察庁
③大邱高等検察庁
④釜山高等検察庁
⑤光州高等検察庁
 (済州地方検察庁も入ります)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose