逆賊 第16話(中) カリョンの自作自演


hanamomo_20170331104557eda.jpg
(ハナモモが咲き始めました:2017.03.31)

逆賊 第16話(中) カリョンの自作自演

自作の小説を披露していたカリョン

「今日はここまで!」

「え~?!」

「ちょっと頼みがあるのよ。
 私には婚約者がいるって噂を広めて欲しいのよ」

「え~?!」

「誰なの?」

「この世で一番の男だわ」
1611k_20170324010410252.jpg

「誰が噂を撒いたか分かった」
(イルチョン)

「行こう!
 そいつの足をへし折ってやる」
(ギルドン)

「いや、男じゃないんだ」
1611m_20170324014115dc1.jpg

「ウソじゃないわ。
 私には好きな人がいるのよ」

「10年も100年待っても叶いそうにもないから、
 オラボニには会って欲しいわ」

「片思いなのか?」

「…」
1611h_2017032401041088d.jpg

カリョンはギルドンを東屋に連れ出して、
「ここだわ。 ここで待ち合わせだわ」

「どこにいるのか?」

「あの人は商売人だから、いつも忙しいのよ。
 それに、自分の儲けは他人に分け合うのよ。
 信じられないほど、とっても格好いい人なのよ」

「遅いな…、いつまで待たせる気なのか…?」

「へへへ…。 もう傍に来ているわ」

「?!」

「私が好きな人は私の目の前の人だわ」

「…」

「私はオラボニが好きだわ」

「…。 お前は俺にとっては女じゃない」

「…」
1611n_20170324014113178.jpg

荷物をまとめ始める涙のカリョンでしたが…。

1622_20170324020019f9a.jpg

「俺のことが好きなのか?」

「…」

「俺が誰だか分かっているのか?」

「…」

「俺は盗賊だ」

「…」

「お前は盗賊の女にはなるべきじゃない。
 普通の人のように生きるべきだ」
1622b_20170324020018db5.jpg

「私はコンファ姉さん以上に愛することができる。
 私はオラボニのことを置いてきぼりにはしないわ」

「…」

「自分でも分かっているわ。
 私はつまらない女だわ」
1622c_201703240200171d5.jpg

「傷つけたくない」

「…」

「…」

「…」
1622d_20170324020016fc1.jpg

「傷つけたくはないけど…、
 どうしたらいいのか分からない」

「だから私が傍にいるのよ」
1622e_20170324020015b19.jpg

「…」
1622f_20170324020013f6f.jpg

「…」
1622g_2017032402055008b.jpg

燕山君とノクス

1622h_20170324020549208.jpg

「何人か雑用係(ムスリ)が欲しいです。
 楽士として一緒に働けるような雑用係を…」

「有名な楽士や妓生がいるじゃないか。
 内官には集めるように頼んでおくが…」

「良いのですか?」
1622k_20170324020548540.jpg

「ああ。その代わりに私の頼みを聞いてくれ」

「?」

「そなたの心が欲しい」

「私の心は何でもないものです。
 なぜ欲しいのですか?」

「確かに心というものは何でもないものだ。
 しかし、貰えないと分かると、ますます欲しくなる」

「心をあげないのが、チョナを傍に置いておくという方法ならば、
 心はあげません」

「いったいどういうことなのか?」

「…」

「は~ははは」
1622m_20170324020547103.jpg

「王の寵愛を受けているように、私は彼女(ノクスのこと)から愛されたい」という女官や、「宮中は怖いところだわ」という女官。
ノクスは雑用係の女官を選んでいます。

1622n_20170324020546cee.jpg

暗行御史(アメンオサ)として地方の町を訪ねているギルヒョンには町の噂

1622p_20170324022640779.jpg

「何か変なことが起きているようですね」

「どなたですか?」

「ああ、私は伝承師です。
 いろんなお話を集めています。
 噂話もね…」

「あ~、そうですか」

「ところで昨夜は何があったのですか?」

「チュンボンの一家が一夜で跡形もなく消えたのですよ」

「ではここの県令がやったとでも?」

「あ~い。 ここの県令は良い人だ」
1623_20170324022639083.jpg

暗行御史(アメンオサ #)の身分証を持って県庁に乗り込むギルヒョン

1623a_20170324141702da0.jpg

県令

「チュンボンは、
 弟のチュンサムのために訴えたんです。
 この町のチェ町長のための奉仕作業として、
 弟は木こりとして仕えたのですが、
 急に亡くなったから調査を頼んだのです」

「奉仕作業は国からの命令のはずなのに、
 なぜ町長の家族のために奉仕活動をしたのか?」

「しかし、チェ町長は王族の遠い親戚ですから、
 この僻地の町では秘密裏に行われています」
1623b_20170324022638bcc.jpg

カリョンの提案は、
「オラボニ、ひとつやってみたいことがあるわ。
 小説では愛しあう男と女は手を握り合って寝るのよ。
 “俺がお前を守る”とか言って…」

「…」
1623c_2017032402263640b.jpg

「今夜は一緒に寝ない?」

「え?!」

「手を握るだけだわ」

「え?!」
1623d_20170324022635189.jpg

「私…、生まれて来て良かったわ」
1623e_20170324022634748.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

# カリョンはこれからもう一歩踏み込みます。

# 有名な暗行御史(アメンオサ)

彼らは、事目(サモク:公務のマニュアル)、鍮尺(ユチョク:死体検分用の真鍮の尺)、馬牌(マベ:身分証明書)などの道具を持ち、国王の007として地方行政を監視していました。
この馬牌は“水戸黄門の印籠”にあたります。

第19代王・粛宗(スクチョン)の時代に朴文秀(パク・ムンス)という元官吏で後に暗行御史となった人がいました。
語り継がれる逸話は慶尚道(キョンサンド)で仕事をしていた時のこと。

ある日、海岸に海流に乗って多くの瓦礫が流れ着いていることを見た彼は、北方での水害を推理し、すぐさま在庫の穀物を北の地方に送ろうと、反対者を退けて実力行使。
船に穀物を載せて自ら輸送しました。
案の定、半島の北東部の咸鏡道(ハムギョンド)で洪水があり、穀物が底をついていたところでした。
政府に穀物を要請しても1か月は時間を要するところを、まるで奇跡のように穀物を届けたのが朴文秀(パク・ムンス)。
この大手柄で庶民から喝采を受け、後代まで碑文が残されています。

paku munnsu

# ↓はこれから起きる「甲子士禍(カプチャサファ)」での燕山君のこと。
演じるキム・ジソクが自らの演技にファンの期待を盛り上げるメッセージです。
https://www.youtube.com/watch?v=8o90DkBhAQE
(info. by APB)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose