一人酒男女 第6話(上) 雨のDデイ

夏の終わりのアサガオ
morning glory
(photo by nao)

一人酒男女 第6話(上) 雨のDデイ

600_201609290056576e2.jpg

今日も一人でレコードを聴きながら…

600a_201609290056560ce.jpg

「…」
600b_201609290056556f2.jpg

「一人のようですが、ご一緒しませんか?」

「いいえ、一人が好きなんだ」

…酔って近づく女は嫌いだ。
これは私のヒーリングタイムだからだ。

600c_201609290056546c7.jpg

…今日はテキーラですか?
飲み過ぎないように!
胃を痛めると消化不良の原因にもなります。

「あ~、ノグレ。
どうしていつもコメントを入れるのか…?」

600d_2016092900565423b.jpg

ハナは、
「どうしてこんな強い酒を飲むのかしら?
 明日はジョイントクラスの初日なのに…」
600e_20160929005653aa1.jpg

…今日は明日のお酒が美味しくなるように…(茶)

「おや、雷雨…。
 明日も雨だと、受講生が集まるかしら…?」
600f_20160929010140e7a.jpg

準備を終えてベッドに入ると、また雷
また机に戻ります。

600g_20160929010140f5b.jpg

こうしてハナは睡眠不足の朝

ポスターが地下鉄の駅に

…ミン教授が言うように、チン教授は私のことが好きなのかしら…。

「チン教授のご親切に答えて、より良い講義をします」
600h_201609290101395ae.jpg

ハナはオフィスで朝も早くから講義の練習

ジニはDデイ

「オンニは緊張しないの?」

「もう慣れているわ」

「え~い、そう言うけど、カレンダーには印が付いているわよ」
600k_20160929010138c7f.jpg

「違うわ。
 今日こそ妊娠して結婚に持ち込むと決めているのよ。
 ミノさんは自分の仕事が上手く回るようにならないと結婚しないと言うけど、
 いつになるか分からないからよ」

「は~」

「今夜はホテルを予約しているわ。
 カンナムの“モナコ”ホテルだわ。
 そうだわ、上手くいったら、子供の名前はモナコにしよう」
600m_201609290101373bd.jpg

「…」
600n_20160929010136194.jpg

ドンヨンはチェヨンの残しもので朝食

611_2016092901230291c.jpg

「あとは、ご飯があれば十分だ」
611a_20160929012301988.jpg

キボムはスーツ姿

「今日はハルモニの70歳の誕生祝だ」

「そんなことより学校の準備しろ」

「まるでオンマのようなことを言うのか?!」
611b_201609290123001ed.jpg

ハナは

「今日の午後からの講座なの。
 緊張しているわ」

…キムチを作りましょう

「キムチじゃなくて、緊張だわ。
 “パク教授には潜在能力が本当にある。もうノグレではない”と言わせるわ」

…好きなのですか?

「え?!好きだって?
 そんな意味じゃなくて、尊敬の対象なのよ」

…はい。分かりました。

「本当に分かっているの?!」
611c_20160929012259fe9.jpg

キム院長からのランチの誘いも断ります

そこでジヌンは栄養剤をと漢方薬

611d_20160929012258aa4.jpg

ラーメンを食べながら雨だから予備校にはいかないつもりのコンミョン

611e_20160929012257443.jpg

「飲みたい気分だ。
 兄貴はワインに手を付けるなと言ったが、
 手を付けるんじゃなくて、口を付けるだけさ」
611f_2016092901301963a.jpg

そこにキボムからの電話で、「車で送ってくれ」

611g_20160929013018c2c.jpg

ハナは緊張が高まります

「あ、汗だわ。
 緊張しているからかしら…?」
611h_20160929013017157.jpg

最初のジョイント・クラスでめまいがしてダウン

「パワフル国語のパク・ハナです…」
611k_20160929013346402.jpg

エレベーター

「この時間はノグレさんの授業だな…。
 上手くいっているのか…?
 お? どうしてノグレの心配なんか…?」
611m_201609290133469f3.jpg

担ぎ込まれるハナ
(背負っているのはドンヨン)

611n_20160929013345185.jpg

驚くジョンソク

612a_20160929013344926.jpg

「屋上に洗濯物を干してきたままだから」とキボムはドンヨンに電話

「緊急病室だと?!」
622_20160929013931060.jpg

そこで、国語の先生が倒れたとコンミョンも知ることになります。

「何だと?!」
622a_2016092901393048d.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

Dデイ

ウィキペディアでは、“歴史上最も有名なD-デイは1944年6月6日であり、これは第二次世界大戦中にナチス・ドイツ占領下のヨーロッパに連合国軍が侵攻を開始した「オペレーション・オーバーロード」の決行日である”

# 雨のDデイに私からは映画『明日に向かって撃て』より「♪雨に濡れても」
sundance.jpg

頑張れハナ!
https://www.youtube.com/watch?v=mFvqHri0SZI

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

一人酒男女 第5話(下) ヒーリングタイム


曼珠沙華(ヒガンバナ)
higan4.jpg
(2016.09.22@nagasaki)

一人酒男女 第5話(下) ヒーリングタイム

ジョイントクラスの集合写真が決定されました

ハナは申し訳なさそうにジニを夕食で誘いますが、ジニには「約束がある」と言って帰りました。
それでハナは明日の講座のために準備を開始。

533b_20160927031924451.jpg

ジヌンは“明日の1000人の受講生を前に”と、緊張しているハナを励まします。

533c_2016092703192371f.jpg

こちらは、女子高生たちの応酬で、高校時代の写真まで暴露されたキボム

「もうこれは戦争だ!」
533d_20160927031924c2b.jpg

キム院長からの連絡

…ポスターが出来た。
やはりパク教授が前面に出て、素晴らしい出来になった。

533d_2016092715181433c.jpg

気分良くなったハナ

「これまでのお詫びに、お食事など如何ですか?」

「いいや、要らない」
533e_20160927151813401.jpg

キボムはドンヨンにスマホのプレゼントをします。

533f_20160927151813571.jpg

キボム

「SHINeeだと?! 
 ミノのどこが…?!」

そう言っているキボムは、ミノのファンの女子高生たちに取り囲まれます。

533g_2016092715181258c.jpg

“羽交い絞め”になって電信柱に括り付けられてしまいます。

533h_2016092715181190c.jpg

通りかっかったドンヨンまで犠牲

533k_20160927151810578.jpg

ジョイントクラスのポスターに、ハナの母親からも喜びのメッセージ

…だって、チン教授が支援してくれるからよ。

533m_201609271520061a9.jpg

ハナはご機嫌で一人カラオケ

533n_20160927152005199.jpg

同じゲームセンターで遊んでいたコンミョンに覗かれてしまいます。

「セン!パク先生ですよね?!」

「わ~、なぜ…」

「だって、いつだって興味あると言ったでしょう!
 その靴とその腕時計ですぐに分かります」

「…」

「ゲームして帰るところでした。
 先生こそどうしたのですか?
 受講生は勉強で忙しいのに、
 先生がこんなところで遊んでいるのですか?!」

「学生は勉強する。
 先生は勉強しなくても良いからよ」

「どうぞ最後まで歌って下さい」
533p_20160927152004f1e.jpg

「先生を麗水で見た時にはとても悲しそうでしたので心配だった。
 良いことでもあったのですか?
 とても安心しました」

「コンミョン。
 あんたはノリャンジンでは一番の本当に素敵な受講生だわ
534_20160927152003fcc.jpg

「今でも3歳しか年齢差はありません。
 お互いに40歳くらいになれば、
 僕らの年齢差なんて感じなくなりますよ!」
534a_201609271520038a7.jpg

「オッと! バスです!」

コンミョンはハナの手を取って、バスに…。

534b_201609271520027c4.jpg

見送るコンミョン

534bb.jpg

このころジョンソクは、寿司屋のカウンターで日本酒

534c_20160927152200269.jpg

…今日も誰にも邪魔されずに一人酒だ。

534d_20160927152159687.jpg

ジニはバーカウンターでロゼワイン

534e_20160927152158765.jpg

慰め合い、仲を取り戻したキボムとドンヨン

534f_20160927152157e93.jpg

ハナはジョンソクのホームページを見ながら一人ビール

534g_20160927152156638.jpg

「今日は寿司屋か…。
 でも私のことを気に入ってくれるなんて…」
534h_201609271523239b1.jpg

「…」
534m_20160927152322dca.jpg

「サービスです」と、イカが出されたので、麗水で酔ったハナの“タコの代理のイカ”の愚痴を思い出しながら…。

534k_20160927152322623.jpg

そこに突然ハナのコメントと写真

534n_2016092715232061b.jpg

「!
 ノグレめ…」

「…」
534p_20160927152319d79.jpg

「あのプレミアムゴミが私のことを気に入ったなんて…」
534pp.jpg

なんとなくハナのことが気になり始めたジョンソクと有頂天のハナ…。
ここで第5話はおしまい

555_201609271524354dd.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

このドラマを気軽に見ながら、私もブログを書くのをヒーリングタイムにしましょう。

次の絵は先週の一人焼肉。
長崎の中華街の傍には行きつけの韓国料理店“ソウル”があります。
10席ほどのカウンターと上がり座敷にテーブル一つの小さな店。

seoul2.jpg

ここのカルビは柔らかくて甘くて最高です。
女将が焼いてくれます。

karubi.jpg
(2016.09.20@nagasaki)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

一人酒男女 第5話(中) SHINee


曼珠沙華(ヒガンバナ)
higan2.jpg
(2016.09.22@nagasaki)

一人酒男女 第5話(中) SHINee ミノvsキー

SHINeeのミノのこと

「何だとミノだと?あんな最低な奴のことか?!」
522cc_20160926081109601.jpg

「やあ、下品だわ。
 顔もダンスも、全てがパーフェクトだわ」

「俺のほうがダンスは上だ。
 高校時代にはミノに教えたくらいだ!」

キボムは椅子の上でダンスを披露
でも彼女たちは去って行きます。

522d_20160927013525288.jpg

休憩の後の写真撮影
ハナに位置を変わってもらって気を取り直したジニでした。

522e_20160927013525cd7.jpg

しかしジョンソクは、
「ファン・ジニさんはちょっとオールドファッションなので、
 できればニュー・フェイスのパク・ハナさんを私の傍で引き立たせてあげたい」

「え?! ハナはカメラの前では緊張しますから…」

「いや、授業は常にカメラの前で行うわけでもない」

「でも二人で決めたことですから…」

「いいや、二人だけで決められる問題ではない。
 これは私のジョイントクラスのことで、
 受講生は私を見てで講座を決めるから、
 私にも発言権がある」

「?!」
522ee.jpg

ジョンソクはハナの手を取って、自分の次に立たせます。

522f_2016092701352306e.jpg

帰りの車の中

「あ~、朝から撮影準備で疲れた。
 午後は早く帰って寝る。
 でしょう?」
(ジヌン)

「…ええ」
(ハナ)

「それにしても我々には興味もなかったチン教授が、
 今日はわざわざ撮影にまで口を出して、
 パク教授を脇に立たせた…。
 う~ん、なぜか…?」

「…」

気に食わないジニは割り込んだ車に向かって大声

522gg_201609270141534c2.jpg

ミノ VS キー

ミノのHPに驚くキボムは過去をばらそうとします。

「あの女子高生たちは、なんでミノなんかを…?!」

…SHINeeのミノが1億ウォンの寄付

522h_20160927014152e79.jpg

高校時代にキボムがミノにいじめられていた過去

「おい!
 学生のくせに勉強もせずに居眠りなのか?」

「!」

「退屈していたところだから、踊って見せろ!」
522k_2016092701415196e.jpg

踊るキボム

522kk_201609270141504a5.jpg

トイレでも意地悪されて漏らしてしまいました。

522m_20160927014149317.jpg

そんな過去を暴露するというキボム

「あの悪魔のような奴が、恵まれない子に寄付なんて!
 まるで天使の振りだ!」

…高校時代はクラスの仲間から金品を巻き上げていた。

「は~」
522n_20160927014149930.jpg

ジヌン、ジニ、ハナの前に、チェ・ユンヒがお別れの挨拶

522pp_201609270148425b1.jpg

そこでハナは事実を知ります。
ジョイントクラスには最初からパク・ハナが指名されたということを…。

「パク教授には潜在能力があるとチン教授が言っていましたよ。
 頑張ってくださいね」
522p_20160927014841a48.jpg

「?!」
驚くハナでした。

523_20160927014840017.jpg

講師のオフィス

ジヌンは、
「潜在能力という意味は、
 ガールフレンドになる可能性を秘めているってことじゃないか?」

「?!」

「あのコスがパク教授に気があるってことさ」

「…?!」

「わ~、テ~バク!」
523a_201609270148400be.jpg

「オモ、オモ!
 きっとコスは狂っちゃったみたいね!
 あの人のスタンダードは高いから、
 ハナのような女性に興味を持つなんて、
 おかしいわよね?」
523b_20160927014837c67.jpg

ハナはジョンソクに
「先ほどチェ教授から聞きましたが、
 私のことは代理ではなかったようですね。
 すみませんでした。
 私の可能性を認めて頂いたようで…」

「だからどうしたのか?」

「どうして最初から言ってくれなかったのですか?」

「君が最初からオーバーアクションだったから、
 誤解がないようにしっかり話そうとは思っていた」

「すみませんでした。
 これからはオーバーな振る舞いはしません。
 すみませんでした」
523c_20160927014837a63.jpg

「ちょっと、まってくれ。
 これからは人の周りを爪先立ってこそこそ歩くようなことは止めてくれ。
 浅薄な女だと誤解を招くだけだ。
 まさにノグレだ」

「…」

「だから、もっと自信を持って、
 しっかりと自分の意見を述べて欲しい」

「あ…、ええ」
523d_20160927015304920.jpg

ハナはまたいつものように音声での検索
(国語の先生ですから単語検索のつもりが…)

「“自信を持って、しっかりと自分の意見を述べる”なのか…。
 どうしてコスがこんなに私に良くするようになったのか…?」

…この世には無関心を装う人が多いものの、本心は関心があるということです。

「え?! 
 まさか、私に興味を…?」

…B1A4の“何が起きたのか?”をお送りします。

「そんな歌なんて望んではいないわ」
523e_20160927015303f88.jpg

女学校では「ウリ オッパのことを…!」

523f_201609270153036c3.jpg

笑いが止まらないハナ

「今日は、ヒョン・ジギョンの“幸運な日”を勉強します。
 この小説では、夫は妻に冷たいのですが、実は愛していた。
 このタイプの人を知っていますか?」
523h_201609270153021ce.jpg

「きっと良いことがあったに違いない」
523g_20160927015301c36.jpg

コンミョンは喉の薬を

「ところでセン!
 今日はとっても気分が良かったようですね?」

「どうして分かるの?」
523k_2016092701530098c.jpg

「だって、興味があるからです。
 センのどんなところにも関心がありますからね」

「しっかり勉強しなさい!
 チッ!」

「う~ん」
523m_20160927021055aaa.jpg

廊下を通るドンヨンは友達を無視

523n_20160927021054190.jpg

カフェテリア

コメントにスペルミスばかりだとの反論

524_20160927021512868.jpg

SHINeeのミノのファンの女子高生たち

…スペルの間違い!
 ミノさんを批判するならもっとしっかりとした文章にしなさい!

「このサイコめ!」
524a_2016092702151150c.jpg

コンミョンは仲直りのために…。

…変な態度は止めよう。

…一緒に飲みに行こう。

…今、キボンに起きていることを知ると、
 きっと驚くぞ!
533_20160927021405f03.jpg

…どなたですか?
私は知りません。

533a_20160927021513acf.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

毎日一本のドリンク剤を…、と思って20分程度ずつドラマを視聴しているのですが、このところ史劇やメディカルドラマでテーマが重くて、ネットでの検索などに時間がかかって、睡眠不足ぎみだった気がします。
なので、お気軽なコメディーをと…『一人酒男女』を視聴しているところです。

しかし、先週の第5話と第6話を見終えて、グッとこのドラマに引き込まれてしまいました。
なぜか?
考えても的確な答えはないのですが、単にパク・ハソンとコンミョンが好きだからだと思います。
また、この予備校の講師と受講生たちの日常が私たちの日常生活に近いからのようでもあります。
憧れのスーパーヒーローやスーパーヒロインはいないからかもしれません。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

一人酒男女 第5話(上) 予備校のヒロイン

seed2.jpg
# ソラシド航空(Sola Seed Air)
羽田と長崎を結ぶLCCのソラシド航空は、“空から幸せと微笑みの種(seed)をまく”という企業コンセプト(Corporate Identity)です。

# 第5話のはじめに、これまでのハナのことが流れます。
郊外の塾が廃校になったのですが、ハナは江南(カンナム)・鷺梁津(ノリャンジン)の“オールパス予備校”に再就職できました。
しかし、学歴からも、採用の条件はローコスト(給与)でした。

500_20160926042917b80.jpg

また、受講生が集まらないので、人気のジョンソクのジョイントクラスに参加するようにとキム院長から求められました。
なんとか参画を許されたものの、実は、たまたま退職した人気講師の代わりだったとジヌンに聞かされました。

500a_20160926042916eac.jpg

そして、これまで溜まっていたストレス、恐怖心のことを全羅南道・麗水(ヨス)で、酔ったおかげもあって本音を吐いたハナでした。
ただし、人気講師のジョンソクとは違って、“100倍”の先生だと認めてくれるジョンソクの弟のチン・コンミョンがいました。

一人酒男女 第5話(上) 予備校の2人のヒロイン?

500c_20160926042915473.jpg

…私は一人で飲むのが好きだ。
一日中仕事でしゃべっているから、
こうして誰ともしゃべらずに、孤独を楽しむのが好きなんだ。

…私には一人酒のルールがある。
まず、クオリティが高いクラシックな雰囲気を作ること。
次は、豪華な酒のつまみを食べること。
3番目は、クオリティの高い酒の文化を探し求めること。
4番目は、アルコール濃度は0.080%までにすること。
それが気分の良さを保つ一番のスイートスポットだからだ。

500b_201609260429151f5.jpg
(今日のおつまみはチキンですね)

…私はあのように酔って泣いて、
自分を見失うような人は嫌いだ
飲んで自分を見つめるのがこの時間で、
この時間がまさに癒される時間だからだ。
だから一人酒が好きなんだ。

500d_2016092604291434c.jpg

こちらはハナ

…また一人酒のようだわ。
きっと私のことを怒っているに違いないわ。
このスナックは美味しいわね…。

500e_20160926042913e7a.jpg

…でも、どうしよう?
代理でジョイントさせてもらったことを聞いて、がっかりした…。
これまでは何とか避けてきたけど、
明日はジョイントクラスポスター作製だから一緒だわ…。

「アジュマ、どうしよう(オットク ハジ)?」
500f_20160926043542161.jpg

…“ハジ”は季節を24節に分けた際の一番長い日と短い日のことです。

「いいわ。 私の質問の答えじゃないわ。
 あ~、どうしよう?!」
500g_20160926043542d8b.jpg
(いつものように“音声検索”を相手におしゃべり)

コンミョンがドラマを見ているので覗くと、女性を背負った男? 女性に背負われた男?

500h_20160926043541645.jpg

ジョンソクは麗水(ヨス)で酔ったハナをおんぶしたので、思わず目を停めます。
ハナの本音を聞いたのでジョイントクラスへの編入の件を話すべきかと一瞬迷いますが、

…いや、いいさ。あんな低俗な女のことを気にすることはない。
私はノリャンジンのトップ講師だ。

「ドラマを見ている時間があったら、勉強しろ!」
500k_201609260435404f2.jpg

“おごりだわ”とジニから誘われて美容室

ジョイントクラスのポスター撮影の前に清潭洞(チョンダムドン)

「チン教授には合わせる顔がないわ」

「いいのよ!
 だってあんたのことを潜在能力じゃなくて、
 代理で選んだと言わなかった本人が悪いからよ!」

「でも酔って自分を見失っていたから、後悔しているのよ。
 言うだけ言ってしまって…、
 どんなにして部屋に帰ったのかも覚えていないのよ」

「最初にお詫びした方が良いのかしら?」というハナですが、ジニは、
「もともと女の気持ちはアップダウンするものだから、
 気にせずに、堂々としていなさい。
 怯えることはないわ。
 さあ!背筋を伸ばして!」
500m_20160926043539837.jpg

キム院長

「や~、今日はまた素敵な二人だな~。
 ファン教授はいつもながらスタイリッシュだし、
 パク教授は見違えるほどだ~。
 二人ともチョンダムドン・スタイルだ」
500n_20160926043538b90.jpg

今日のジヌンは、ドラマの中でトークショーなどで出演するソ・ギョンソクのイメージで現れます。

500p_20160926044923568.jpg

ジョンソクは目を合わせないハナを見て、

…は!
あんなことがあったのに、
どうしてしおらしい態度も取らないのか…?
やはり、低俗な女なんだ。

「…」
511_201609260449222f5.jpg

進む撮影

511a_20160926044921578.jpg

511aa.jpg

511b_20160926044920fab.jpg

511c_20160926044919962.jpg

主役はトップ人気講師のジョンソク

511d_20160926050515078.jpg

ドンヨンは支援する家族のためにも、ジヨンを取り戻すためにも、国家公務員試験に集中すると宣言

511e_201609260505149a4.jpg

「コンミョンにも、もう付き合わないと伝えてくれ」
511f_201609260507126a8.jpg

ジョイントクラス4人の集合写真

511g_20160926050513d0c.jpg

511gg_201609260505133a1.jpg

カメラマンからは“ジニよりもハナの方が写真に映える”とのこと。

ジニは、
「クラスの人気の順番でしょうに!」

「人気じゃない。
 人気がないパク教授を引き立てるためだ!
 それに、写真写りだ!」
511h_201609260505120b7.jpg

ショックを受けたジニ

ハナが買って来たキムパ(海苔巻き)も「いらないわ」と。

ハナは、「カメラの前では緊張するから…」と、休憩後の撮影には立つ場所を“オンニの後ろにする”と慰め

511m_201609260505110d6.jpg

「私はカメラの前では緊張するので、
 ファン・ジニ教授を前にして下さい」

そんな二人をじっと見ているジョンソク

「…」
511n_20160926052355aeb.jpg

気を取り直してキムパをほうばるジニ

511nn.jpg

カフェテリアでチョン・チェヨン

522_20160926051821973.jpg

「カフェテリアだから、静かにして欲しいのよね!」
522a_20160926051820c6a.jpg

食事に誘う男子にも、
「ここに来た以上は、勉強に集中すべきだわ」
522aa_201609260518198c2.jpg

「や~、彼はハンサムじゃないの~。
 男には関心はないの?」
と言うチェヨンの友達。

「興味ないわけはないけど、SHINeeにはあるわ」

コンミョンはキボムに向かって、
「SHINeeと言えば、ミノだよな…。
 そうかミノか…?
 お前の高校時代はクラスメイトだったよな?」

「え!」
522c_2016092605181767a.jpg

「本当なの?」

「?!」

「ミノは私のタイプで、初恋だわ」
522b_20160926051818e2f.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

あちらこちらで曼珠沙華(ヒガンバナ)を見かけました。
higan1.jpg

higan8.jpg
(@nagasaki)

長崎(大村)空港では名物の角寿司(押し寿司)がおススメです。
oshi.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

一人酒男女 第4話(下) タコと代理のイカ

takebayasi.jpg
(photo by nao)

一人酒男女 第4話(下) スペシャルなタコと代理の普通のイカ

麗水(ヨス)の海岸

「いまごろジヨンは何をしているのだろうか…?」

「やあ、生きる気がないとすれば、どうするのか?!
 みんなで勉強に戻ろう!
 試験にパスすることこそがお前のジヨンに対する復讐にもなるんだ!」

「どんな復讐なのか?
 この世を去るから何の復讐もないし、希望もない」

「なんで死に行く奴がこんなに欲張りなのか?
 刺身は食べるし、チゲも食べるし、
 ドライブでは安全ベルトを締めるなんて…?」

「…」

「そうだよな…。
 こいつは死ぬ気なんてないんだ。
 どうして俺たちをこんな心配な目に巻き込むのか…?」
423_2016092401211645a.jpg

死ぬ気を見せようと海に入るドンヨンですが、
「助けてくれ! 
 死にたくない! 助けてくれ~!」
423a_20160924012115623.jpg

腰の深さほどで大騒ぎしたドンヨン

「足がつってしまった…」

「…」
423dd.jpg

ジニとハナ

焼きハマグリが開いて

433a_201609240121146f3.jpg

飛んで来た飛沫

「わ!」

「昨夜は貝の夢を見たんだったわ。
 でも、赤ん坊の夢じゃなかったわ!
 あれは貝で涙するっていう予言だったのよ!」
433b_20160924012112745.jpg

「オンニ、そんなことないわよ。
 きっとミノ オッパはオンニを愛しているわよ」

「本当にそう思う…?」

「ええ、もちろんだわ。
 それよりも私は一人なのよ。
 私こそ羨ましいわ」

「そうね。
 あんたが傍にいてくれるだけでも幸せだわ」

「…」

「それにしてもあのコスって変だと思わない?
 みんなでしゃべり合って飲むのがストレスの発散にもなるのにね!」

「そうだわよ」
433aa.jpg

ジョンソクはいつものように

…なぜ一人で飲むのか…?
一人が好きだからだ。

433c_2016092401272123e.jpg

こちらも貝料理

433dd.jpg

ジニとハナはカラオケ

433d_20160924012719672.jpg

ジニはすぐに泣き出してダウン

「私の方こそ、慰めてくれる人もいないわ…」

「…」
433e_201609240127184b1.jpg

そこにコンミョンから電話

コンミョンは足の傷の件で、治療したのかとの心配の電話

「仕事で麗水に来ているから、またその件はあとで…。
 え?!」

2人はカフェに

「こんなところにまで、
 アルバイトの予備校生を訪ねて来たの?
 自分の勉強はどうしたの?
 諦めたの?」
433f_20160924012718f6c.jpg

「何を言うんですか?
 ここでは頭がクリアになって、気分転換にもなるんですよ。
 なぜ勉強していないなんて発想するんですか?」

「ケマンメンガのことです」

「え?!」

「違いましたっけ?
 ポマンメンガでしたって?」

「私は、“チェマンメガ”と教えたはずだわ」

「実は先日、
 センが箱にぶつかって足から血を流していたんで、
 実は心配だったんです」

「え?!」

「これはファストエイドキットです」

「え~、ありがとう」
433g_20160924012717a66.jpg

「…」
433h_201609240136171c0.jpg

「センのことを心配する男は、俺だけですよ」

「そうね。 あなただけだわ」

「ところで、センにはボーフレンドはいないのですか?」

「いないわ。 忙しくてそんな時間もないわ」

「そんなこと言ってはいけませんよ。
 どんなに忙しくても、ボーフレンドがいることで、
 忙しい人生だって楽しくなるんです」

「…」
433gg_2016092401361697e.jpg

「やっぱり俺が何かの助けにならないといけないな。
 例えば誰か良い男を紹介するとか…」

「チッ!」

「おお、来たのか?!」

「え?! 一人じゃないの?」

「アンニョンハセヨ。 チン・コンミョンです。
 今日、これから付き合いませんか?」
433m_20160924013615c68.jpg

「からかわないでよ。
 あんたの先生なのに…。まさか、
 この軟膏もつけてあげたいとでも思っていたの?!」

「んん…」
433mm.jpg

「では、これはどうですか?」

「!」
433n_20160924013613bde.jpg

「センは今度はどう叱りますか?」
433p_20160924013612fd7.jpg

「あんた!
 早くソウルに帰って勉強しなさい!」

逃げ出すハナでした。

「あ~、彼女は本当に俺のタイプだ…」
434_20160924014433a03.jpg
# 私も応援します。

ハナはビールを飲みながら、いつものように音声での検索

「あ~、あの嘘つきのコス。
 私に潜在能力があるなんて嘘を言うなんて…」

…なぜライムを食べますか?

「違うわ。そんなことは言っていないわ。
 クラスに空きができたなら、
 はっきりと正直に空きを埋めるためだと言うべきだわ」

…ケーキですか?
ケーキを食べたいのですか?

「何を言うの?!違うわ!」
434a_20160924014432ecf.jpg

酔ってふらふらと歩いていると…

「お!」
434b_20160924014431ece.jpg

「こんなところで一人で何しているの?!
 一緒に一杯やりましょう」
434c_201609240144301f2.jpg

「嫌だ! ノグレさん…。
 これは私の時間です」

「何を言うの?!一緒に飲みませよう!
 私にはちょっと言っておきたいことがあるわ!」

「?!」
434d_20160924014430e41.jpg

# 以下、全羅道の特産のスペシャルなタコがでます。
先にハングルを説明しておきます。
サンナクチ(산낙지:イイダコ)
オジンオ(오징어:イカ)


「アジュマ! 焼酎とグラス!」

「!」

「それにサンナッチ下さい!」

「ミアン、今日は売り切れだわ。
 代わりに新鮮なイカがあります」

「あ~、ナッチの替りにイカ(オジンオ)か…。
 じゃあ、オジンオ…」
434rr.jpg

「やあ、オジンオや~、
 今夜はストレートに言うわよ。
 私はあんたは食べたくないのよ。
 サンナッチを食べたかったのよね!」

「?!」

「んん~、いい味だわ」
444_20160924015503332.jpg

「いったい何しているのか?!」

「どうしてなの?!
 オジンオにも現実を知って欲しいからだわ」

「やあ、オジンオ!
 あんたはエキサイトするんじゃないのよ。
 私はあんたの潜在能力を評価したんじゃないわ。
 ただサンナッチの空きを埋めただけだわよ。
 あんたも興奮しちゃダメ!
 私と同じだわ…」

「いったい、何のことをしゃべっているのか?!」

「ナッチの代わりにオジンオだわ。
 私のことと同じだからよ。
 分からないの?!
 他の講師が辞めたからだわ。
 それで私が代理でジョイントクラスに編入されただけだということだわ」

「!」

「私が…、私はこのオジンオと同じだってことよ」
444a_20160924015502b27.jpg

「だのに、なぜ?
 なぜ私に潜在能力があるなんて言ったんですか?!」

「…」

「チッ! 
 どうして私の前で嘘ついたのよ?!」

「…」

「私を馬鹿にして楽しんでいるの?!」

「…」

「あんたはね!
 本当にチンサンだわ!
 つまり、問題児だってことよ!」
444b_20160924015501bb4.jpg

「この女は…。
 気分が良くないなら、さっさとジョイントクラスを辞めてくれ」

「あ!」

「これは何だ?!」

「あ! 私のことを怒っていますか?
 …、謝ります。
 あ~、ちょっと我を忘れてしまって…。
 いいえ、ジョイントクラスに参画できて名誉に思います」
444c_201609240157582b3.jpg

帰ろうとするジョンソクにアジュマが来て

「ガールフレンドを置いてきぼりにするなんて?!」

「恋人でもなんでもない!
 こんな女と私が付き合っているとでも言うのですか?!
 気が狂いそうだ!」

「あ~、まったく…。
 どこかにこの女を投げ捨てたい…」
444d_20160924015758bf9.jpg

「あれ?!チン教授が…?
 きっと夢見ているんだわ…」

「あ~チンチャ!」

「きっと夢だけど…、
 ちょっとの間でも幸せを感じる…。
 ノリャンジンに来てからは、ずっと怖かったわ…。
 いつも脅迫されていたような感じだったわ…」
444f_20160924015756e7e.jpg

「疲れたわ…。
 潜在能力があるって聞いた時は幸せだった…、
 ちょっとの間だけだったけど…」

「…」
444e_20160924015757ceb.jpg

ハナのベッド

444g_201609240216539af.jpg

「あ~、この部屋は暑い!」
と、上着を脱いで…。

「…」
444k_201609240216538d4.jpg

今度は、
「あ~、寒いわ…」

「…」

「毛布!」

ハナが何度も毛布を蹴るので、ジョンソクは仕方なく掛け布団をかけます。

「あ~、この女がいいのは寝顔だけだな…」
444m_20160924021652708.jpg

しかし、またハナが蹴って、今度はジョンソクの下腹部を直撃!

「あ!」
444n_20160924021651fc8.jpg

倒れてしまうジョンソクでした。

「!」
444p_20160924021650045.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

有名な国語の先生(チェ・ユンヒ)が退職したので、単にその穴埋めだったことを知ってハナは落ち込みますが、実はワンシーンがありました。
ジョンソクは自分のジョイントクラスでハナを試そうとしていたのです。
ジョンソクは「パク・ハナ先生を選びます」という断りの電話を入れる際に、初めてチェ・ユンヒが退職することを知りました。

444h_20160925033549aed.jpg

# 今日のナクチ(タコ:発音ではナッチとも聞こえます)とオジンオ(イカ)

ウィキペディアによれば、イカやタコなどは頭足類(とうそくるい、Cephalopoda)
軟体動物門 頭足綱に属する動物の総称とされています。
全羅南道のサンナクチ(산낙지)はスペシャルで、日本ではイイダコとかテナガダコと呼ばれます。
またオジンオ(오징어)はイカのこと。

san nakuti

とくに、全羅南道はサンナクチで有名で、生のままでコチュジャンを付けたりして食べることもできます。
吸盤が頬の内側にくっつく食感で、噛み切るのは容易でなかった記憶があります。
なお、全羅南道は佐賀県と姉妹都市で、同じ様に干潟があり、ムツゴロウ(佐賀・有明海)とかサンナクチ(全羅南道)が生息するからでもあると思います。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

一人酒男女 第4話(中) プレミアムのクズ

おしろい花
osiroi.jpg
(photo by nana)

一人酒男女 第4話(中) プレミアムのクズ

ドンヨンが残した置手紙を読んで驚くキボム

…きっと、ドンヨンは自殺する…。

411m_2016092313462379c.jpg

…形見のTシャツだったんだ…。

411n_20160923134622502.jpg

緊急連絡を受けたコンミョンは、ジョンソクの外車を持ち出して、ドンヨンを探しに麗水分校に…

412a_20160923134620368.jpg

休憩していたハナとジョンソク

「疲れたからここからはノグレさんに運転を頼む」
411p_20160923134622e3b.jpg

「でも、こんな高級車で事故でも起こしたら…?」

「では運転できないと言うのか?」

「あ?!いえ。 
 少しでも潜在能力はありますからね!
 どんな困難にも立ち向かいます!」

「?!」

「頑張ります!」

「まさかF1ドライバーじゃなくてもいいのに…、
 つまらない人だ」
412_201609231346218e7.jpg

こちらは分校の地下の駐車場

「他の車から傷つけられないように余裕を持って駐車しておいてくれ」

駐車には自信がないハナ…。

412d_20160923135148a5d.jpg

何とかジニたちと合流

「あのコスが、私の可能性を認めたようだわ」と喜ぶハナ。

他方、「チェリー、疲れたわよね」と妊娠を打ち明け、
「きっと女の子だわ」

「どうしてチェリーなの、オンニ?」

「実は“チェリーホテル”で出来た赤ん坊だからよ」
412e_20160923135147847.jpg

ジニが未婚の母になるかもしれないので、言葉が出ないハナでした。

412f_2016092313514679a.jpg

分校ではプレゼン

「さあ~みなさん!
 このファン・ジニが…」
412g_20160923135145f0d.jpg

ミン・ジヌン

「アカデミーのイ・ビョンホンこと、ミン・ジヌンです。
 (映画)『インサイダーズ』のイ・ビョンフンですから、
 皆さんには特別の内部情報をお教えしますよ~!」
412h_20160923135145690.jpg

ジョンソク

「みなさん韓国の歴史は記憶の勉強だと思ってはいけません。
 効果的な学習方法をお教えします」
412m_2016092313514462a.jpg

…わ~、やっぱりカリスマ講師だわ。
こんな先生が私のことを、
潜在能力を感じる”と言ったのよ…。

412k_2016092313585959f.jpg

「ドンヨンを見つけた」キボム
さっそく、分校に行くと、ドンヨンはアルバイトの最中でした。

「あんな女のことで自殺なのか?!」
(コンミョン)
422_20160923140314d81.jpg

「“あんな女”とは何だ?!
 俺の全てだ」

アルバイトの給与を貰って、
「ああ、もうこの世を去るけど、
 その前に無責任にはなりたくないから、
 こうして働くんだ。
 死ぬ前に全てのことを片付けていく」
422a_20160923140313303.jpg

麗水での予備校説明会でもジョンソクが大人気でした。

412n_20160923140312746.jpg

ハナを見つけたコンミョン

412p_20160923140311503.jpg

コンミョンにとっては、先日ハナがぶつかって足に血を流したことが心配

413_20160923140311dc1.jpg

413a_2016092314031055d.jpg

麗水分校長から“チェ・ヨンヒ教授が来る予定だったのでは?”の質問がキム院長に出たので、ミン・ジヌンが仲間に説明します。

「人気のチェ・ヨンヒ教授は、
 8階の国語の先生だったが、退職したんだ。
 御主人が海外に転勤したから一緒に海外に行くことになったんだ」
422c_20160923224425e9a.jpg

ハナはその代理として、ジョイントクラスに参画することになったと聞かされます。

「!」
422cc.jpg

コンミョン、キボム、そしてドンヨンの3人

422d_2016092322442397e.jpg

キボムのお金で特産のミノの刺身(#)

「これが俺の最後の刺身だ」
422ee_20160923224422453.jpg

「Cカップじゃなくて、DカップとかEの女の子を探せ!」

「医者が言うには刺激物は食べるなとのことだ」
422e_20160923224423f46.jpg

「やあ、自殺しようとする奴が何で胃のことを気にするのか?!」
422f_20160923224421fa5.jpg

「わ~」
422g_20160923230615a1e.jpg

ジニとハナ

「やあ、パク・ハナ!
 それでもチン・ジョンソクのことを評価しているの?!」

「?」

「どこが高(コ)Quality(クオリティ)の助っ人だと言うの?!」

「取り消すわ。
 あれはプレミアムのゴミクズだわ」

「なんで8階の先生のことを差し置いて、
 あんたのことを“潜在能力がある”なんていうのかしら?!
 あんたのことを喜ばせようとしただけだわ。
 やっぱりコスだわ!」

「…」
422h_20160923230112160.jpg

「オモ、いけないわ。
 汚い言葉はお腹のチェリーに悪影響だわ」

などと、トイレに行ったジニは泣いて戻って来ます。
ジニにはメンスがあったからです。

422k_20160923230111165.jpg

ということで、仕事を終えた夜の酒

18時にアラームが鳴って、
「11時までには家に帰らないといけません」とジヌンは先に席を立ちます。

422m_2016092323011149d.jpg

キム院長には友人が女性を集めて夜の宴席を準備したとの連絡。
「知り合いの家族に不幸があった」と、キム院長も席を立ちます。

422n_2016092323011095d.jpg

残ったのはジニとハナ

「5年間付き合っているのよ。
 ここまで待った以上、結婚すべきなのよ。
 妊娠したいくらいに待たされて!
 こんなの悲惨だわ」

「オンニ、飲みすぎだわ」

「いいのよ。
 もう妊娠していないのが分かったわ。
 病気になるまで飲んでやる!」
422p_20160923230109043.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

全羅道で有名な민어(ミノ:民魚:オは魚のこと)

日本ではグチとかニベというそうで、70センチほどの大きな魚の写真です。
ドンヨンのようにサンチュやエゴマの葉で巻いるのが韓国式。
自己主張ですが、食べ方やタレとかアクセントには私はこだわりません。
ワサビ、みそ・醤油、コチュジャン、マスタード、和辛、コショウ、山椒など、自分に合ったアクセントを少し加えてみるのが楽しみではないでしょうか。

mino_201609240105266ff.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

一人酒男女 第4話(上) 麗水(ヨス)分校

一人酒男女(ホンスル ナンニョ)
400_201609231216239aa.jpg

“オールパス”の名の予備校。
キム院長がジョイントクラスの編成に1000万ウォン(約100万円)のボーナスを提供すると励ましたものの、ハナには難関。
ジョンソクとの間では“ジョイントクラス”の言葉を2度と使わないと約束していたハナなので、その道はないと諦めていました。

「チン教授は冷たいから…」

300b_20160918020814490.jpg

一人酒男女 第4話(上) 麗水(ヨス)分校

ジョンソク

400a_20160923121622e7d.jpg

…私は一人で飲むのが好きだ。
一日中仕事でしゃべっているから、
こうして静かに一人で、孤独を楽しむのが好きなんだ。
俺には一人酒のルールがある。
まず、ゴージャスな雰囲気を作ること。
次は、豪華な酒のつまみを食べること。

400b_20160923121621762.jpg
(# サムギョプサルのようです)

3番目は、酒の良さを探し求めること。
4番目は、アルコール濃度は0.080%までにすること。
この時間が心底癒される時間だ。

それが気分の良さを保つ一番のスポットだからだ。
私は酔って自分を見失うような人は嫌いだ。

400c_201609231216204c3.jpg
(毎日の食事をHPにアップするジョンソク)

ハナがチン・ジョンソクのHPを開くと…、

「美味しそうだわ。 私も食べたいわ…」
400d_20160923121620e82.jpg

そこでスナックを並べて…

400e_20160923121619237.jpg

「カ~ッ!」
400f_20160923122346c9e.jpg

コンミョンは教室を撮ったビデオで学習中(?)…

「あ~、見れば見るほどに可愛い先生だ~」
400g_201609231223461e8.jpg

ジョンソクが帰宅して
「やあ、チン・ゴンミョン。 何しているのか?」

「勉強で疲れたから一杯飲んでいるんだ」

「何だと?!飲みながら勉強しているのか?!
 それで勉強といえるのか?!
 それに、私のワインには手を付けるな!
 それだけじゃない!
 私の所有物には触るな!」
400h_20160923122345849.jpg

週末は仕事で出かけるというジョンソク

歓喜するのはコンミョン!

「俺だけになる! 最高の週末だ!」

それを見ていたジョンソクは、
「問題を起こすと殺すぞ!」

「はい、確かに…」
400k_201609231223441bc.jpg

ジニとハナ

ソウルの普通の学校の先生たちが予備校に転職する理由を話しています。
ソウル公立の学校で教鞭をとるよりも、予備校の講師として働く方が、ボーナスなどなどでより収入がアップするというシステムになっているからです。

「ようやくあんたも、
 ついにジョイントクラスに参加できるようになったから、
 これからだわ!」

「いや、私は単なる新人だから…」

「あの嫌いな連中に仕えなくてはならないけど、
 これも生き方だわ。
 あんたのことが好きなのは、いつも前向きだからだわ」
400m_20160923122342c54.jpg

今日は、麗水(ヨス)の分校での出張授業のようです

「オンニ、今はカンジャンケジャン(#)の季節だわ」

それで一杯飲もうと言うハナですが、ジニは妊娠したようで、たくさんは飲めないと。

「え?!結婚は?!」

「これで結婚ができるってことよ!
 私のミノさんは経済的に不安だったから結婚には躊躇していたのよ」

そして、昨夜見た夢は海辺でたくさんの貝を取ったので、
「きっと女の子だわ!」

「…?」
400n_2016092312234374f.jpg

朝のカフェ

「電車の時間になってもまだ来ない」という院長。
その前に現れたのは『インサイダー』のイ・ビョンフンの役柄でジヌン

400p_2016092312304339f.jpg

さてKTXに乗車

しかし、カフェにラップトップを忘れたキム院長。
新人のハナがカフェに走ります。

411_20160923123042c40.jpg

あと5分
ハナがダッシュしますが…。

411a_20160923123041c54.jpg

駅員の話では、
「すみませんが16時まで全席満席です」

「…」
411b_2016092312304144f.jpg

いつも一人を好むジョンソクは出張も一人旅
2台持っている高級車のうちでもポルシェを選びます。

411c_20160923123039ab9.jpg

院長からジョンソクに緊急連絡が入り、ハナをピックアップすることに…。

「なんで私がノグレを…?」

「すみません。
 一人で行きたかったのでしょうに…?」

「もういい。 問題は院長だ。
 ラップトップを置き忘れた院長が問題なんだ」

「すみません。 静かに座っています…」

「…」

「…」
411d_20160923123038060.jpg

「ところで、これまでのことをなぜ黙っていたのか?」

「え?! 何を…?」

「あのウェットティッシューの件と、
 商品券のギフトのことだが、
 ノグレさんは知らなかったようだな?」

「…」

「私が怒ったのに、どうして言い訳をしなかったのか?
 謝って欲しい」

「え?!なぜ私が謝るのですか?」

「当たり前だ!
 お陰で何も知らなくて、私が誤解したからだ!」

「あ…、ええ、すみません。
 でもなぜ…?
 なぜなのですか?」

「何だと?!」

「でもなぜジョイントクラスに参加を許してくれたのですか?
 とても理解が出来ません」

「理由はない。
 ただ、少しだけノグレさんには少し潜在能力を感じたからだ

「え?!私に?!」
411e_20160923123826487.jpg

「なぜそんなに嬉しいのか?」

「いえ、潜在能力なんて…、何か幸せな気分です」

「そんなに感動して欲しくない。
 ただ単に“ちょっとだけの”能力を感じたと言っただけだ。
 いい加減にして欲しい」

「すみません。嬉しくて…、口が閉じらせません…」

「…?」
411f_201609231238259a4.jpg

麗水(ヨス)までは時間がかかるので休憩

「コーヒーでも買って来る」

「チン教授! いいですよ。
 お疲れでしょうから、私が買って来ます」
411g_201609231238248ae.jpg

「アイゴ~、低所得者には頼めない」

「いいえ、私だって時給3万ウォン(約3000円)ですから!
 それに潜在能力があるならもっと稼げます」

「チッ!」

「どんなコーヒーですか?
 アメリカンですか? カフェラテですか?」

「何でもいいから!」

「では、ちょっとだけの能力者が買い付けに参ります!」
411gg_20160923123823f8b.jpg

予備校生向けのアパート

チョン・チェヨンも住んでいるようで、共用の厨房ではキボムとの間で、残っていたラーメンの取り合い

411h_201609231238227c4.jpg

チェヨンがラーメンを胸に隠すので、キボムは手を出せません。
そこで、ドンヨンの部屋に忍び込んでベッドの下からラーメンを発見するのですが、置手紙も発見

ジヨンと兵役を挟んで5年も付き合っていたものの、別れを告げられたドンヨンは絶望

…俺は…、麗水に…、海に身を捧げる…。

411k_201609231238215d8.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

2012年の春から夏にかけて万国博(海洋博)が開催された麗水(ヨス)
KTX.jpg

その際に建設されたKTXの新線の終着駅です。
ソウルからは、
韓国半島を縦断することになります。

全羅南道・麗水市、
それに、
全羅南道・木浦(モッポ:道庁所在地)までは、
KTXで3時間半くらいかかります。

いずれも海産物で有名な韓国最南端の町です。
なお、全羅南道は佐賀県との姉妹関係です。

# これは先日食したケジャン
生のワタリガニをヤンニョム(薬念:タレ)に一晩漬けます。

kejyan_20160923131631bbe.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

一人酒男女 第3話(下) 100倍の先生

maguro.jpg

『一人酒男女』 第3話(下) 100倍の先生

300e_201609180208131a6.jpg

飲んで帰る院長と3人

チン・ジョンソクの無礼な態度に怒りが収まらないようです。
一緒に飲もうとしないチン・ジョンソクのことを、「飲むのは好きではないようだ」という院長。

333_2016091802081111e.jpg

しかし、
…飲むのが嫌いではない。 好きだ。
ただし、一人酒が好きなんだ。

300g_20160918020812824.jpg

今夜は蒸篭(せいろ)蒸しにした野菜とスライスした豚肉

300f_20160918020813203.jpg

やって来た3人

「外で酒を飲むのが嫌だと言っていたのは誰でしたか?」

「そうだわ。
 要は私たちと飲むのが嫌いだということですよね?!」

「…」

「淋しそうに…。
 一緒にもう一杯いきましょ!」

「いいえ、私は一人酒が好きなんだ!」

「いったいどういうことなのか?
 一人だけで飲むなんて…?
 そうだ、今夜はみんなで飲みましょう!」

「!」
333a_20160918020810086.jpg

「これからのジョイントクラスのお祝いだ!」

ジニはジョンソクのカバンを取り上げて…。

333aa.jpg

携帯と財布が無くなってドンヨンの怒りは収まりません。

キボムは携帯を渡して、
「電話してみろ」

「おお~」
333b_20160918021826151.jpg

「ジヨン。 俺だけど電話したか?」

NOの返事

「すまなかった、もう電話しない」
333c_201609180218253c6.jpg

「やあ! ガールフレンドがいなくても、
 とにかく勉強して、試験に受かることだけだ」

「じゃあ、試験に受かった後はどうすればいいのか…?
 俺の望みは受験に成功して、
 ジヨンと幸せに暮らすことだけが目標だったんだ…。
 それなのに、ジヨンがいなくなった…」

「ドンヨン。
 この世には山ほど女はいるんだ。
 もうこれまでにして、新規巻き直しをしよう」

「…」

「新しい携帯と財布を買ってやるから、
 もうそこまでにしろ!
 俺の方が泣きたくなってしまう…」
333d_201609180218245f1.jpg

こちらは4人

「チン教授は本当にパク教授をジョイントクラスに入れたくないのですか?」

333e_20160918023312779.jpg

「彼女のことを知ったら、
 どれほどの苦労を強いられたのかが解ります」

「…」

「一人で家族を支えているんです。
 家が破産してからは学生時代から学費だけでなく、
 家族の生活費まで働いて稼いでいたんです」

「それに母親のために1000万ウォンが必要なんです」

「どうかチン教授。
 彼女をジョイントクラスに入れて下さい」
333ee_20160918023439630.jpg

「では、私にチェリティーをやれと言うのですか?」
333f_20160918023312236.jpg

ジヌンは花束と商品券は自分がたったことだと白状します

ジョンソクはジヌンの話を聞いて、

…なぜノグレは自分がやったことじゃないと言わなかったのか…?
それに、どうして彼らはノグレの味方をするのか…?

ジョンソクがトイレに行っている時に、3人が騒いで、ジニのブラウスにビールがかかります

「どこ見てるのよ~。 セクハラだわ!」
333g_20160918023311666.jpg

「セクハラ…?
 いったい奴らはどうなっているのか…?
 なんて下品な連中なのか…?」
333h_2016091802331078c.jpg

ジョンソクはカバンも上着も置いたままで帰宅

「彼女はいったい何を…?」
334a_20160918023929e73.jpg

ハナは街頭でティッシュー配りをしています

333k_20160918023309e1a.jpg

そしていつものようにCUで缶ビール

333kk_2016091802330876f.jpg

…私が一人でお酒を飲むのは、
毎日がどんなに辛くても、強く生きるためなんだ。
一日の辛さを誰かと分かち合うことよりも…。
これは、どんなに辛くても、それを受け入れるという、
私の戒めの言葉でもある。
だから今日もこうして一人で楽しむ…。

333m_201609180239288e2.jpg

そしてまたティッシュー配り

333p_20160918024430f60.jpg

「セン!」
333pp.jpg

コンミョンとハナ
ティッシュー配りを手伝うというコンミョンに断ります。

「チン教授に何か言われたからですか?」

「いいえ、あなたのように、
 勉強で忙しい学生を巻き込んではいけないと思っているからだわ」

「良いんですよ。
 俺は他の学生とは違って、一日中勉強しているわけではありません」

「いいのよ。
 あなたは頑張って公務員試験に合格してよ」
334_20160918024429fda.jpg

家でビデオで勉強しているコンミョンに、
「こんな講師の授業は止めろ。
 もっと良い講師を教えてやる」

「何だと?!
 兄貴が言う、クオリティが低いということか?!
 どういうことなのか?」

「彼女は郊外で、ランクが下の塾で教えていただけだ。
 学歴も低い」

「じゃあ、兄貴は、
 俺がパク先生から学べる以上の何かを持っていると言うのか?!」

「何だと?」

「兄貴は先生の資格があるのか?
 だいたい兄貴は偏っているし、自分勝手だ」

「…?」
334d_20160918024933de7.jpg

「俺がここに来た時の応対が全てを語っている。
 俺は職がないから資格を取ろうとしている。
 しかし、その俺を兄貴は下に見ているだけだ。
 こんな俺たちのことを馬鹿にするだけで、
 真心から勉強を教えようとはしていない。
 しかし、パク先生は違う。
 見てくれ!
 このパク先生は、教えることに情熱を傾けていることが解る」
334b_20160918024933226.jpg

「つまり、俺にとっては、
 兄貴よりもパク先生の方が100倍も良い先生だ」

「そうか、だからお前は熱意にほだされて、
 ウェットティッシューを街頭で配らされていたのか?」

「何を言い出すのか?!
 あれは俺が勝手に先生のためにやっていたことだ!」

「…?」

「まさか、先生に何か言ったんじゃないだろうな?!
 そんなことは止めてくれ!」

「…」

「先生は俺にはあんなことは止めなさいと言った!」
334e_2016091802493464f.jpg

何も知らなかったジョンソクは、気が変わったようです。

「何で私には何も明確に話をしてくれなかったのか…?」

そして電話

334g_201609180259305dd.jpg

夜中までティッシュー配りをして疲れてバス停

「どうしたのかしら?」
334f_201609180259317e3.jpg

ジョンソクは2か月間の猶予でジョイントクラスへの参画を許すと…。
喜ぶハナでした。

334h_20160918025930e5f.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

ラブラインは、チン・ジョンソクとチン・コンミョンのチン兄弟とパク・ハナのようです。
今回は単純にラブコメを楽しみつつ、韓国と日本との食文化・酒文化を比べてみたいと思っています。

こちらは先週届いた紀州の鱧(ハモ)です。
hamo1.jpg

鱧鍋
hamo2.jpg
(photo by APB)

300d_2016091803131284c.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

一人酒男女 第3話(中) 受講生獲得競争


hite.jpg
# 日本では「眞露(ジンロ)」が有名ですが、韓国では「チャミスル(朝露の酒)」です。
ビールの「ハイト」社と「ジンロ」社は合併しています。

一人酒男女 第3話(中) 受講生獲得競争

ジニはハナのために、ハナの写真入りのティッシュペーパーを準備

312n_20160916095123589.jpg

ハナとコンミョンのランチ

「せっかくなのにこんなところで、申し訳ないです」

「良いんです。
 俺はこの手延べの麺が好きなんです」
322_20160917074445720.jpg

コンミョンがスープで服を汚すと、そこでウェットティッシュー

「これは?」
322a_20160917074444409.jpg

「あ~」

「受講生を増やしたいから、食後はこれを配るつもりです」

「…、先生。
 できればパンマルで話してくれませんか?
 先生は先生だから、
 丁寧な会話では居心地がわるいんです」

「じゃあ、そうするか?」

「へへ~」

「実は…、
 先生だけど、最初の出会いから靴を失くしたりして、
 ちょっと恥ずかしかったのよ。
 しかも、講義の途中で涙ぐんだりして…」

「先生は何か困ったことがあるんですか?」

「そうじゃないわ。
 学生の苦労に比べると大きなことじゃないわ」

「…」

「たった一度の試験で人生が変わるなんて…。
 できればそんな学生の力になりたいわ。
 それなのに、涙ぐんだりして…」

「え~い、そんなことないです。
 他の学生はどう思うか知りませんけど、
 俺はまったく気にしていません。
 俺は勉強したくてこの予備校に来たんじゃないですからね。
 オンマの強制で登録したんです。
 実は、俺は成績が良くないんです」
322c_20160917074442268.jpg

「どうしてなの?
 あなたには凄い潜在能力を感じるわ」

「え?!」

「だって、
 あなたは自分のことをよく把握しているようだからだわ。
 きっとあなたなら、やれるわ」

「そうでしょうか…?」

「それに、私もこれからは、
 みっともない真似はしないようにするわ。
 私も頑張るから、あんたも頑張ってね!」

「ええ」
322b_2016091707444372b.jpg

そこに連絡が入ってハナは予備校に戻ります。
しかし、ウェットティッシューを忘れたまま…

こちらはドンヨン

予備校に来ないのでキボムが様子を…。

322d_20160917074441405.jpg

「ジヨナ~」
322dd.jpg

母親が貸していた家のリース契約が切れたので、敷金の1000万ウォンを返さないといけない…。

ジニに資金の相談
ハナも先の3か月分の給与未払いのためにお金がない。

322e_2016091708062276e.jpg

キム院長は、チン教授のジョイントクラスに入れたら1000万ウォン褒美を出すと。

「実際にジョイントクラスに参加できたら、
 1000万ウォンのボーナスなんて安いもんだ」

とにかくチン教授説得しろというキム院長。
「でも国語の先生なら8階のクラスの先生が有名ですから…」
322f_201609170800347a3.jpg

「コーヒーを飲んでいる場合じゃないでしょう?
 早くチン教授を説得しに行きなさいよ」

「いいえ、ダメなのよ。
 チン教授には2度とジョイントクラスのことを口には出さないと約束したからよ」
322g_20160917080621067.jpg

ジヌンのおせっかい

ジョンソクは独自のスタッフを集めて教科書の編集中
そこに、花束が届きます。
メッセージは、

…尊敬するチン教授

過去のことは全て忘れて戴いて、
新しく私のことをジョイントクラスに参加させて下さい。

教授を尊敬するパク・ハナより

322h_20160917080620f70.jpg

+10万ウォンの商品券を3枚

322k_20160917080619fdd.jpg

ハナが置き忘れたティッシュー

「これからはみっともないことをしないと言いながら…」
コンミョンがティッシュー配りを始めます。

322m_20160917081108573.jpg

「いったい何をやっているのか?」

「兄貴とは関係ない!
 ア~ッシ!」
322n_20160917081108118.jpg

ジヨンから貰ったシャツを着て
「別れのギフトだ」
322p_201609170813306ff.jpg

ハナをテラス(屋上)に呼び出すジョンソク

「勉強で忙しい受験生をこんなことで使っているのか?
 いったい何て先生なのか?
 こんなことが許されるとでも思っているのか?!」

「そうではなくて、
 この袋をレストランに置き忘れたんです」
323a_20160917081329f05.jpg

「それにこれは何なのか?
 心からお詫びすると言っておきながら、
 ギフト券なんかを送り付けて!」

「これはこれで…」
323b_20160917081329654.jpg

「どんな手を使ってでもやるなんて。
 汚い手でジョイントクラスに参加しようとするような人は本当に嫌いだ」

「…」

「君は思っていた以上に悪い人だ」

「あ~」
323c_201609170813288db.jpg

ジヌンのおせっかいが裏目に出ましたが、知らないキム院長は褒めます。

「初めてキム院長から褒められた」
323d_201609170813279a1.jpg

上手く行ったと思っている院長、ジニ、ジヌン

「コングラチュレーション! Congratulation!」
323dd.jpg

「私のためにここまでやって頂いて感謝します。
 でも、ここまでにして下さい」
323e_2016091708185099e.jpg

焼酎が止まらないドンヨンにコンミョンは、

「ジヨンが考えた末での結論だから、
 どんなに乞うても無理だ。
 諦めるんだ」
323f_20160917082206b3c.jpg

ドンヨンは携帯を差し出して、
「ジヨンに連絡したくなるから、要らない」

「こんなシーンは古いテレビドラマと同じだ」

次に財布を出して、
「お金があると、
 タクシーでジヨンを追いかけたくなるから要らない。
 酒を飲むと酔って何をするか自分でも分からなくなる」

「それにしても、ボロボロの財布で…、
 しかもこれじゃタクシーにも乗れない」

「…」
323g_20160917082205b83.jpg

ジニはジョンソクの腕を掴んで媚びます

323k_20160917082651d8b.jpg

しかし、無視されて、

「あ~、プライドまで傷つけられたわ」
323m_20160917082650230.jpg

ドンヨン

「大丈夫か?」

「大丈夫じゃない」
323n_20160917082649f89.jpg

「ここには…、あの店も…、
 ここにもジヨンとの思い出ばっかりだ…。
 あそこも…」
323p_201609170826488d3.jpg

「ジヨンから連絡が入っているか見てくれ…」

キボンは、ドンヨンの携帯も財布もレストランに忘れてしまったようです。
しかし、レストランでは見当たらない…。

324a_201609170826472fa.jpg

つかみ合いのケンカ…。

324b_20160917082647a37.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

ひとつのドラマに嵌ってしまうと、何人かの登場人物の心情に入り込むので、他のドラマを視聴する余裕がなくなります。
この『一人酒男女』では映画『ベテラン』、ドラマ『ミセン』や『シグナル』など、ヒット作や各ドラマのシーンからの引用が多くて、例えば『ミセン』も『シグナル』も視聴していないので、解説はできません。
ご容赦下さい。

ここまでの『一人酒…』ではコンミョンだけが“まとも”な男に思えます。
もちろんパク・ハソンは応援したい女優です。
が、2年ぶりの復帰で、『トンイ』(イニョン王后)や『スリーデイズ』(地方の警官)とは、すっかりイメージが変わりました。
同じく『トンイ』のハン・ヒョジュ(主役の同伊)も、『W』でのドラマ復帰は2年振りらしく、映画『光海:王になった男』でのイメージとは違います。
男優も女優も「ラブコメ」を上手く演じることが一つの関門だと聞きます。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

一人酒男女 第3話(上) シンデレラの靴


# このドラマのもう一人のヒーローはコンミョンのようです。
300c_201609161022257c5.jpg

『一人酒男女』 第3話(上) シンデレラの黒い革靴

300k_20160916090130ba7.jpg

…あ~、片方の靴がない…。
私のイメージが台無しだ…。
今日はまるでサプライズの一日だった。

300m_20160916090129f8e.jpg

さて、兄の豪華な家に下宿すさせられるコンミョン

「なんで突然こんなことになるのか?
 誰もが国家公務員試験には受かるもんじゃないだろう?」
(ジョンソク)

「どういう意味なのか?!」
(コンミョン)

「オンマ、試験は難関なんだ。 分かるだろう?
 こいつは勉強に向いたタイプじゃないからだ」

「俺を馬鹿にした言い方だけど、
 確かに俺は勉強には向かないタイプなんだ」

「私だってそうは思わないけど、アイゴ~。
 失業させておくわけにはいかないからよ。
 あんたはノリャンジでは一番の講師でしょうに…」

「…」

「とにかくコンミョンを公務員にしなさい」

「嫌だ。
 こいつを公務員にするなんて無理だ。
 ましてや一緒に住むなんて嫌だ」

「…」

「何で俺がこんな奴のベビーシッターをしないといけないのか?」

「俺だって嫌だ!」

「何を言ってるのよ!
 あんたには言ったでしょう。
 この兄さんと一緒に住むためには、
 王様に仕えるような気持ちでいなさいと言ったじゃないの!」

「ああ」
300n_2016091609012865a.jpg

ジョンソクの部屋

「嫌だとは言わせないわ」

「…」

「分かってよ…、ね?」
300p_2016091609012781d.jpg

「一人が好きなんだ。
 誰かと一緒に住むことなんてできない。
 あいつには別のアパートを借りてやってくれ。
 お金が必要だったら、俺が払ってやる」

「お金の問題じゃないのよ!
 このままでは悪い連中と付き合うだけだからだわ!
 分かるでしょうに!
 一人暮らしをさせるとロクなことにはならないわ!
 誰かが傍で監視しないとまともにはならないわ」

「俺はコンミョンと一緒は嫌なんだ」

「確かにあの子はあんたのように、強くも賢くもないわ。
 アイゴ~、
 どうして兄弟がこんなにも違った性格なのか…?」

「だからなんだ。
 だから俺はあいつが嫌いなんだ」

「分かっているわ。
 あんたが大学教授への道を諦めた時だって何も言えなかったわ。
 心が痛んだけど、あんたが決めたことには私も何も言えないのよ」

「…」

「だから、これは、
 オンマの一生に一度のお願いだと思って聞いてほしいのよ」
300pp_2016091609012682a.jpg

翌朝のチョングクジャン

311_201609160909409e2.jpg

changukujyan.jpg
# 健康食品として知られる清麹醤(チョングクジャン)。
糸を引くほどの粘り気が日本の納豆のようですが、納豆よりもにおいが強いのが特徴です。
日本の納豆同様、においが強いため韓国人の間でも好き嫌いが分かれる食品のひとつです。
しかし、煮込むことで豆の粘り気が消え、独特のクセも和らいで濃厚な美味しさになります。
味にこだわった専門店のほか、豆の主張がしっかりしたものからテンジャンチゲ(味噌チゲ)のようなあっさりタイプまで、お店により様々です。
(CONESTより)

「このジュースだけでいい。
 朝からチョングクジャンを食べるなんて、
 臭いがきついから嫌だ」
311a_20160916090939172.jpg

「やあ、どんなことがあっても弟だということは誰にも言うなよ!」

「…」
311b_20160916090939aa9.jpg

「もしもお前のような将来性のない奴が私の弟だと知れたら、
 私の授業を選択する予備校生が少なくなる」
311c_201609160909381cb.jpg

「もっともだわ。
 自分の弟の教育もできない講師に、
 他の学生は教えられないわよね」

こうしてコンミョンはジョンソクの予備校に登録することになりました。

311d_2016091609093783f.jpg

“オールパス”予備校の朝

ハナはエレベーターの前で化粧直し

「今日からはもっと可愛くなると言ったから…」
311e_20160916092504eb4.jpg

エレベーターの扉が開きます

「あ!」

「…」
311f_20160916092503856.jpg

「アンニョンハセヨ…」

「…」

「私のメール読みましたか?」

「…」

「すみませんでした。
 私のために実名が暴露されてしまって…。
 チン教授の名前がチン・サンだった…」

「だからどうした…?」

「…」

「謝って私とのジョイントクラスに参加するつもりなのか?」

「いいえ、そのつもりはありません。
 ただ、お詫びをしたいだけでした」

「ははは、では何の意図もなかったと言うのか?」

「ええ、私には何の意図もありません」

「詫びだけが目的だったなら、その詫びだけは受け入れる」

「ええ」

「しかし、もう決してジョイントクラスのことは口に出さないようにして欲しい」
311ff.jpg

ハナはジョイントクラスを既に諦めていますが、キム院長は
「じゃあ、これからどうするつもりなのか?
 パク教授のホームページにはコメントも皆無だ。
 もっと強気でお詫びをしないのか?」
311h_201609160925014a7.jpg
# それぞれの講師はホームページ(HP)を開設するのが予備校のルールのようです。
なお、この予備校の名前は“オール・パス”です。

「院長。
 どうか私は生徒数を増やす努力をしますから、
 どうか今回は私を信用して下さい」
311g_201609160925020f0.jpg

ジヌンが出勤

「ええ、パク・ヘヤン…」

「今日は『シグナル』のイ・ジェフンの役なの?」

「ああ、2016年9月12日午前9時…」
311k_20160916093136880.jpg

非常階段

いつものようにスマホに向かって、音声検索

「あ~、もう疲れて…無理だわ。
 このノリャンジンでは耐えていけそうもないわ…」

…ハンバーガーを食べたいのですか?

「ハンバーガーじゃないわ。
 耐えられない、“無理”だと言ってるの!」

…“ムリ”ですか?水(ムル)を飲みたいのですか?

「もういいわ!」
311m_20160916093135279.jpg

コンミョンとキボン

「オンマが、
 “受験しないなら、オンマの孤児院で働け”と脅すからだ」
311n_201609160931346b3.jpg

「やあ、いいじゃないか。
 お前にも立派な遺産があるってことだ」

「たった10万ウォン(約1万円)の仕送りで、
 毎月生きていかないといけないんだぞ?!」
311p_20160916093134adf.jpg

国語の授業の前にチェヨンに近づく学生
チェヨンは一切接近を断ります。

312_20160916093133acb.jpg

「このクラスには受講生の数も少なくて、
 私のHPには何のコメントもないので…」

「…」
312a_20160916093132d16.jpg

「でも、誰かがこうして励ましてくれると、
 涙が出るくらいに感動します」

「チョン・チェヨンが断った缶コーヒーで泣くなんて…?」
(キボン)

「みんなが試験に受かるように、私も頑張りますね!」

「…」
312b_20160916094538847.jpg

「ヒムネセヨ! 先生!」
312d_2016091609453635b.jpg

教室が応援!

「ヒムネレラ! ヒムネレラ」
312e_20160916094536d0b.jpg

「カムサ~ムニダ」
312c_20160916094537048.jpg

授業が終わって

「先生!」

「何か質問がありますか?」

「いいえ、先生に差しあげたい物があります」

「…?」

「これです」
312g_20160916094534c82.jpg

「わ~、全く!」

「ええ」

「では、あの時、靴を…?あの…人…、
 学生?」
312h_20160916095125a68.jpg

「ええ、どうぞ」
312k_20160916095124adf.jpg

「わ~、片方を失くしたので悲しかったわ。
 コマウォヨ。
 まだ食事をしていないなら、一緒にどうかしら?」

「え?! ええ…」
312m_20160916095123d43.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

# コンミョンが尊敬できる役柄だったのがドラマ『華政』でした。

華政 第49話(上) 康仁祐(カン・イヌ)より。

ホン(洪)ファミリーは<朝鮮王朝>第22代王・正祖(チョンジョ:イ・サン)の母方です。
カン・イヌとチェギョン(2人とも架空)は、実在のヒロインの貞明(チョンミョン)公主(コンジュ)と実在のホン(洪)・ジュウォン大監を守る黒騎士でした。
ヒロインを巡って三角・四角関係の中にあっても、チャギョンだけは日本での奴隷(強制労働)のリーダーとして、そして王朝では警護官として遠くから近くからチョンミョンとジュウォンを守りました。

イヌとチャギョン

4900b.jpg
(カン・イヌ)

「そなたが朝鮮までやって来たのは、
 俺と同じように媽媽への愛のためだったんだよな」

「…」

「お傍にいたかったんだろう?」

「…」

「後悔はないのか?
 他にも道はあったはずだ」

「いや、道はこれしかなかった。
 他のところには行く気がなかった。
 それにこれは俺の役割だと今でも思っている」

「そうが、他には行く道はないか…」

「ええ…」
4900a.jpg
(チャギョン)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose