脚本家 キム ・ ウンスク



脚本家キム・ウンスク

紳士の品格』は、
パク・シニャンとキム・ジョンウン主演の
「パリの恋人」(2004年)を皮切りに、
チョン・ドヨンとキム・ジュヒョク主演の
「プラハの恋人」(2005年)
イ・ソジンとキム・ジョンウン主演の
「恋人」(2006年)などで息を合わせた
シン・ウチョル監督と脚本家のキム・ウンスクが
新たにタッグを組んだ作品であることから、
高い関心を集めている。

彼らは、イ・ボムス、キム・ハヌル、
ソン・ユナ、故パク・ヨンハ主演の
「オンエアー」(2008年)
キム・ソナとチャ・スンウォン主演の
「シティーホール」(2009年)、
2010年最大のヒット作であるヒョンビン、
ハ・ジウォン主演の
「シークレット・ガーデン」まで、
続けて高い視聴率を記録している。

キム・ウンスク 김은숙

10210_l.jpg

ドラマ作家
生年月日:1973年
学歴:ソウル芸術大学文芸創作科
受賞内訳:2005年
第41回白象芸術大賞脚本賞『パリの恋人』

[作品]
2003年 SBS『太陽の南側』
2004年 SBS『パリの恋人』
2005年 SBS『プラハの恋人』
2008年 SBS『オンエア』

『パリの恋人』(2004年)をはじめとして、
『プラハの恋人』(2005年)、『恋人』(2006年)等、
“恋人シリーズ”をヒットさせた
キム・ウンスク作家が、
冷酷な芸能界の裏話で2008年復帰した。
幼い頃から泣き虫で有名だったキム・ウンスク作家。
誰かに叱られて泣くのは当たり前だが、
彼女は少し悲しくても叱られても泣いたという…。
どれくらいよく泣いたかというと、
「また涙にご飯を混ぜて食べてる!」と
お母さんからいつも叱られたという。

彼女が作家としての基礎を作ったのは、
幼い時から読んでいた本。
ハングルを理解するようになる頃から
本を読み始めたキム・ウンスク作家は、
小学二年生ぐらいから
放課後になると図書館に通った。
本を読みながら世の中に対する
疑問を育てていった彼女は、
二十代になってはじめて
文章を書かなければと漠然と思ったという。
もちろんそれが小説なのか随筆なのか
詩なのか分からなかったし、
どのように始めるのかさえ分からなかった…。

キム・ウンスク作家が
本格的に執筆を始めたのは、
彼女の人生で最も暗い時期であった。
早い結婚は彼女に多くの苦痛を与えたし、
彼女は現実からの脱出として
文を書くことを選択した。
スター作家キム・ウンスクは、もしかしたら
悲喜と、明暗が交錯した中で誕生したのかもしれない。

事実知られているように
キム・ウンスク作家は
『パリの恋人』、『プラハの恋人』、『恋人』の恋人3部作で
スター作家の位置に就いた人だ。
『パリの恋人』は典型的な財閥2世と
貧しい女の恋愛物語であり、
『プラハの恋人』はシンデレラストーリーの
男女の役割を変えて、
大統領の娘と警察官の話だ。
『恋人』もやはりそれらと同じ
シンデレラストーリーの範疇であった。
韓国ドラマに必ず登場するといわれている
新派劇や、典型的な主人公が登場するドラマは、
キム・ウンスク作家によるものだと言うことができる。

しかし彼女が変わった。
放映序盤から女優のスポンサーとの性関係、
奴隷契約、演技大賞の不正など
放送界のスキャンダルをドラマの素材にして、
国内だけでなく海外でも大きい関心を呼んでいる。
事実このドラマを制作してみて、
キム作家も自ら知っている話なので、
やさしいと考えていたが水位調節が難しいという。
飛び交うデマを正面から扱ってしまうと、
既成事実化されてしまうようで
時には不安だという。
しかしドラマはドラマでしかない。
芸能界の「裏話」なのに、
事実は誰でも知っている芸能界の「表話」だと強調する。

(以上、イノライフより)

kimu yyy

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
『紳士の品格』
スポンサーサイト
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose