内部者たち ~インサイダーズ(6) モヒート

(モヒート)
mohitoo.jpg

『内部者たち ~インサイダーズ』(6) モヒートに行って、モルジブを飲もう

拘置所から刑務所に移送されるサング
この際に、ジャンフンとサングが作った第2の計画が用意されています。

5523.jpg

手下に護送車を停止させて…、

633a_20161101035759282.jpg

サングは脱走します。

633aa_20161101035759b45.jpg

停職処分のジャンフン

「検事! 
 アン・サングが脱走したそうです!」

「…」

「検事! どこに行くのですか?」

「…」
633_201611010357583a5.jpg

脱走したサングは、(裏切った部下)パク・ジョンピルからこれまでの経緯を聞きます。

「ウネを殺したのは誰なのか?」

「イ・ガンヒの指示でチョ常務が殺しました」

「なぜなのか?」

「兄貴を救うために、ウネさんがイ・ガンヒを脅したからだそうです」

それからイ・ガンヒのオフィスに侵入

イ・ガンヒが入って来てオ会長に電話

「アン・サングがどうなろうと関係はないでしょう。
 勝手なワンマンショーのようです。
 は~ははは」
633b_201611010357573c4.jpg

「…」

「!」

「そんなに愉快ですか、ヒョンニム?」
633c_20161101035756854.jpg

「どうしてここに…」

「一つ聞きたいことがあるからです。
 兄貴とは20年の付き合いですよね。
 世間は冷たいですが、
 兄が弟を刺すようなことはありません」

「…」

「俺を裏切ったのは良いとして、
 なぜウネを殺したのか?!
 なぜムン部長を買収したのか?」

「私は何もしらない」

「最後の質問だが、
 “世紀の詐欺師”、
 “委託殺人”、
 “性的暴行を繰り返す悪党”…、
 これは兄貴のアイデアの記事だったのか?」

「すべてがチャン・ピルの指示だ」
633d_20161101035755d31.jpg

全てがチョン・ピルの指示だと言いつつ、殺気を感じたイ・ガンヒは鉛筆でサングの左腕を刺します。
2人はもみ合いになり…、

633e_2016110104071652b.jpg

サングは持ってきた斧でガンヒの右手首を切り落とします。

「物は書けなくなっても、ケツは拭けるだろう…」
633f_20161101040715f41.jpg

そして自首

「お忙しいところをすみませんが、自首しに来ました」
633g_201611010407152da.jpg

サングはイ・ガンヒとの会話を録音していました。
それをサングの部下から手渡されて、内容を聴くジャンフン

633h_201611010407147c6.jpg

初めて敬語を使うジャンフン

「聞いただろう?」

「ええ、この件は私に任せて、体を大切にしてください」

「おい、俺に初めて敬語を使ったな…」

「…」
633k_20161101040713118.jpg

「アボジは大丈夫か?」

「…」

「親孝行しろよ。
 俺みたいな親不孝の息子にはなるなよ」

「…」
633m_20161101040712d92.jpg

次のシナリオに移行
ジャンフンはイ・ガンヒを見舞います

633p_20161101042757ba8.jpg

「脅された上での自白は証拠にはならないことは分かっているが、
 これをチャン・ピルが聞いたらどうなるだろうかな…?」

「…」

「人の心というものは疑い始めたら切りがない。
 ましてや、裏切りだと分かったら、もう絶対に信用しなくなる」

「…」

「そっちの力で俺をひとまず、
 最高検察庁の中央捜査部に配属して欲しい」

「…」

「“敵でなければ友になれ”って言いますからね」
633n_20161101042757ca9.jpg

配属

634_20161101042755844.jpg

ジャンフンとガンヒとの2人の取引の末、
イ・ガンヒの仲介でジャンフンはオ会長とチャン・ピルらの接待に応じることになります。

634a_20161101043335e5d.jpg

「初顔合わせなので、手ぶらでは参れません」

「酒ならたくさんあるが…」

「会長がお好きな銘柄です」
634b_2016110104333440b.jpg
# シーバスリーガルの高級銘柄のロイヤルサルート
(ここに仕掛けあり)

チャン・ピルは与党の大統領候補に選出されます。

「国民の皆様を愛しています。
 サラハンダ ヨロブン!」
634c_20161101043333e66.jpg

高級銘柄のロイヤルサルートには盗撮カメラが仕組んでありました

「画像は手に入ったか?」

…ええ、鮮明に映っていますよ!

「派手にネットでまき散らせ!」
634e_20161101043950d82.jpg

…全国に広がった画像はオ会長とチャン・ピル大統領候補の性接待の模様です。

634f_2016110104394946d.jpg

「…」
634d_20161101043951f0f.jpg

この動画での告発者が誰なのか全国での注目を浴びます

634g_201611010439485d5.jpg

<ここで留置所でのサングがジャンフンへ指示した計画が描かれます>

「ゴロツキの言葉は誰も信じないだろうが、
 検事の言葉なら誰もが信じるはずだ。
 映画を作ろう。
 今日、俺は脱獄する。
 俺の話をよく聞いてくれ…」

「…」

「命の危険を前にしての自白が無効だとは分かっている。
 まずは俺が録音した記録でイ・ガンヒと取引してくれ」

その後は潜入捜査をして画像を撮って欲しいと、オ会長が好きなのはロイヤルサルートだと…。
(瓶に隠しカメラを入れて盗撮)

634p_20161101045811248.jpg

「“虎穴に入らずんば、虎児を得ず”って言うだろう?」

「つまり、内部者になれって言うことか?」

「ああ、そうでないといつまでも田舎暮らしだぞ」

「…」
634n_20161101045643068.jpg

そして記者会見

634h_20161101043947e77.jpg

「私は内部より告発を行うことにしました。
 彼ら3人は何の躊躇もなく全国民を騙し続けたからです」
636_20161101050342d98.jpg

「アン・サングは過去の罪を悔いて、
 全ての皆様に真実を伝えるために記者会見を頼んできたのです」

「…」

「ミレ自動車のムン元財務部長の証言も全て虚偽です」
635_20161101050343fb0.jpg

「あなたの名前を聞いても良いですか?」

「私はウ・ジャンフン。
 大韓民国の検事です
666_20161101050341d4a.jpg

「…」
634m_20161101045810e51.jpg

「…」
634k_2016110104564565b.jpg

<そして半年後のこと>

ウ・ジャンフン弁護士事務所

「ええ、弁護士が戻り次第、連絡します」

「…」

「すみません! ここは禁煙ですよ!」
666a_2016110105180557f.jpg

事務所に戻って来たジャンフン

「もう今年で姦通罪は廃止になったんですよ…」
と、電話しながら…、

「!」

「…」

「おい! ゴロツキや!」

「相変わらず礼儀知らずだな!」
666b.jpg

「臭い飯も体には良さそうだな。
 顔色が良いな」

「お前はこんなとこで食っていけるのか?」

「ああ、個人事務所ではカツカツの生活だ」

「何で政界に入らないのか?
 “孤独な正義の勝負師”って噂なのに…」

「チャン・ピルの二の舞か…?」
666d_2016110105180259c.jpg

「“蝶になるか蛾になるか”は、
 やってみないと分からないさ」

「臭くない飯を食いに行こう!」

「臭い飯も悪くはないぞ。
 でなければ、モヒートに行って、モルジブでも飲もう!
666c_20161101051803201.jpg

「ははは、
 ところでモヒートはどこなのか?」

「分かっているくせに!」

「いやいや、日本なのか?」

「ははは」

「では中国か?」

「ははは…」
666e_20161101051801d6e.jpg

<END>
666f_20161101051800bbd.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

当然ながら、チャン・ピルは失脚、オ・ヒョンス会長とイ・ガンヒは逮捕されます。
しかし、流れるシーンはほんの少しだけでした。
それよりも、
内部告発の後、ジャンフンとサングがそれぞれの場所から空を見上げるシーンが良かったです。

サングのアボジが残したという言葉、「お天道様は見ている(# そして、皆を照らしてくれる)」
そして、”モルジブに行って、モヒートを飲もう”ではなくて、「モヒートに行ってモルジブを飲もう」と言うサング。
ウネへの愛情を隠すためのごまかしのセリフだったと思います。

元ゴロツキと元検事…、
あ~、映画も良いですね。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

内部者たち ~インサイダーズ(5) 拘置所

minamidaimonn.jpg
(昨年12月の南大門:ナムデムン)

内部者たち ~インサイダーズ(5) 拘置所

イ・ガンヒはオ会長との間で、チャン・ピルだけでなくキム・ソゲ(与党の第2候補)も立てて、大統領候補をツートップにしようとの相談。
チャン・ピルが勝手な動きをすることが気に食わないようです。

511_20161101025424a48.jpg

サングからの電話で席を立ちます

「ヒョンニム、元気か?
 寂しくなったから電話した」

「どうしたのか?」

「チャン・ピルに加担すると道連れだと警告したじゃないか」

「ファイルのコピーがあるのか?」

「弾丸なしでは銃は使えないからな」

「復讐なら手助けする」

「裏金作りの報酬は国務大臣の座なのか?」

「…」

「俺は何も知らずに、
 銀行とミレ自動車との融資の件ではファイルを渡した。
 裏切ったんだな?!」

「…」

「手首を切られたわけだ…」

「ふふふ、キツネのようなクマだな。
 身の程を知るんだな。
 サングや、飼い犬はおとなしく付いてこい」

「せいぜい体に気をつけるんだな」
511a_20161101025423edc.jpg

サングとジャンフン

「最初から俺を利用するつもりだったのか?」

「一生逃げ回って奴らをのさばらせるのか?」
511b_20161101025740729.jpg

「どうしろって言うのか? 
 俺もブタ箱に入らないといけないのか?」

「イ・ガンヒを陥れるにはそれしか方法は思いつかない」
511c_20161101025738ff1.jpg

「世間は俺のことをどう見るだろうか…?
 正義の“ゴロツキ”だと見てくれるか?」

「ふ~」

「笑うな。
 …髪でもまとめて、スーツでも着るか…」
511d_2016110102573864f.jpg

<ここで映画の最初の記者会見シーンに戻ります>

「この資料の出所はミレ社の元財務部長からです。
 銀行融資を受けて、
 その中から300億ウォンを内部資金とし、
 チャン・ピル議員に選挙資金として渡したというものです」
511f_20161101025737375.jpg

世間の目

…ミレ・グループ本社とメインバンクに検察の捜査が入りました。

5511_20161101025736a59.jpg

…ミレ・グループを告発したアン・サング氏は、監禁、暴行、脅迫の容疑で拘置所に入りました。
アン・サング氏は全てがミレ・グループのオ会長とチャン・ピル議員の指示によるものだと語っています。
同時にオ会長は緊急入院のために、弁護士団は検察への出頭の延期を求めています。

5511a_20161101025735e77.jpg

チェン・ピル大統領候補

「私、チャン・ピルは、
 ミレ・グループからの政治資金は一切受け取っていないということを、
 国民のみなさまに誓います」
5511b_20161101030134665.jpg

検察庁:イ・ガンヒとジャンフン

「“検察の過剰な取り調べのために、
 元銀行頭取が自殺した”という記事は読みましたよ」

「確か、ここでしたよね」

「あんたが殺しましたね?
 ペンの力でゴチャゴチャ書いたから…」

「言葉が過ぎますね。
 真実について質問して下さい」
5511c_201611010301338e3.jpg

「では、聞きますが、
 チャン・ピルとオ会長の尻拭いの味はいかがでしょうか?
 あなたは逮捕された経験もあるような民主化運動家だったではないでしょうか?」

「あなたも私も同じ理由でここにいるんじゃないですか?
 あなたは愚かなアン・サングをそそのかしてここまで捜査してきた」

「いいや、私はあなたほど汚くはない。
 あなたの記録を読み返すと、
 ミレグループの労働争議の時も、チャン・ピルの選挙の時も、
 あなたたちは“ゴロツキ”を雇っていたようだ。
 常識では考えがたい」

「ジャーナリストも、“~とは考え難い”という書き方をするが、
 それは焦点をぼかすためだ」

「何が言いたいのか?!」

「言いたいことは、
 言葉はいかようにも受け止められるということだ。
 アン・サングのような“ゴロツキ”の言葉は、
 誰もまともに受け止めないということだ」
5522_20161025113754b2d.jpg

ということで、オ会長、チャン・ピル、そしてマスコミの先鋒に立ってイ・ガンヒが“サングに対するネガティブキャンペーン”を繰り広げます。

祖国日報をはじめ、マスコミは過去のサングの暴力団にいたころの犯罪として騒ぎます。
直接関与してはいなかったものの、暴力団同士の抗争での殺人事件にも触れられることになります。

…また、世間を騒がせた人気アイドルグループのミン・ジアさんの自殺の原因は、芸能事務所の代表だったアン・サング氏の日常的な性的暴力が原因でした。

5522a_20161025113753165.jpg

怒るジャンフン

5522b_201610251137525b0.jpg

拘置所に拘留されたサング

「俺は真実を話した」

「問題は誰も信じてくれないことだ!
 証拠や証人が必要なんだ!」
5522c_20161025113751fc1.jpg

「殺人の件は?!
 アイドルの自殺の件は?!」

「殺人はやっていない。
 監獄の幹部たちに聞けば解る。
 ミン・ジアは躁鬱病だった。
 同じグループにいたチュ・ウネに聞けば解る」

「…」

「俺はチャン・ピルたちの指示にすべて従っていただけだ」
5522d_20161025113749ed3.jpg
# チュ・ウネはガールズグループから俳優になったサングの元恋人。

イ・ガンヒは記者団を前に

「検察にすべてを話しています。
 アン・サングとは取材のために何度か会っただけです。
 殺人、アイドルの自殺などが明らかになりました。
 有力な企業人や著名な政治家、
 それに言論の自由と公平に生涯を捧げるジャーナリストが、
 あのような者のために名誉が傷つけられたことを遺憾に思います。
 大統領選挙を前にして、
 このような政治工作が行われたのは、
 いずれかの組織による指示だと思われます。
 あ~、最後の言葉は訂正させて下さい。
 “思われる”ではなくて、“強く疑われる”として下さい」
5522e.jpg

ウネはベンツの中で2日前に死んだことが報道されます

5522f.jpg

ウネのことを思い、涙を流すサング

5522hh.jpg

「…」
5522h.jpg

また、ミレ自動車の元財務部長は偽証

…現在カナダに在住のムン元財務部長がインタビューに応じ、
アン・サングとは面識がなく、
裏金ファイルはねつ造だと証言しました。

5522g.jpg

「…」
5522k.jpg

野党の党首とジャンフン

「アン・サングを救ってください」

「どうしてアン・サングの過去を先に調べておかなかったのか?!」
5522m.jpg

イ・ガンヒからの強迫の電話

…ミレ建設のチョ社長を知っていると思うが、
情報提供があって、
君のアボジが接待を受けて、現金ももらったそうだ。
確かめてくれ…。
記事にするか迷っていますよ。

5522n.jpg

父親に確かめるジャンフンです。
父親からの返事は「ただ、借りただけだ」と。

「…」
5522p.jpg

「アン・サングの件は中央最高検察の担当になった。
 しばらく停職してくれ」

「では、全部かぶれというのですか?」

「検事のくせに“ゴロツキ”と手を組むからだ」

「…」

「それに、
 ミレ建設のチョ社長がお前の父親のスポンサーになったのか?」
5522pp.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

拘置所から刑務所に移送されることになるサング。
ジャンフンは停職。
“世間”の目が逆転してしまいましたが、ここからがサングのシナリオ。
イ・ガンヒが動かすマスコミの力で“世論”が操作されましたが、
サングが検事・ジャンフンに指示します。

映画の終盤が爽快です。
日本のドラマ・映画の『湾岸警察』を思い出します。
現場の刑事の力では権力側の不正義を正すことができないので、
友情を交わす警視庁の高級官僚に発した、
「あんたが偉くならなって貰わないと、世の中は変わらない」のセリフです。

サングはジャンフンに“内部者”になって生の情報を集めるようにと指示します。
ジャンフン役のチョ・スンウの『馬医』を見たかった…、と思わせるような活躍によってサングは太陽の明るさを得ます。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

内部者たち ~インサイダーズ(4) Hit the Target

iris.jpg

内部者たち ~インサイダーズ(4) 復讐の標的

ジャンフンに協力することになったサング

まずは、クラブに仕掛けていた録画と盗聴のチップですが、証拠になるようなことは写っていません。

「やあ、裏金のファイルはどうしたのか?」

「だから、
 取られてしまったと言っているじゃないか?」

「そこまでイ・ガンヒを信じていたのか?」

「つまり兄貴と俺とは特別な義兄弟だったからだ」

「ジャーナリストとゴロツキにはありえない!
 何かを与えて何かを貰う特別な関係だからだ」

「とにかくこの世は危険だから、
 俺にも保険が必要だった」

「保険だと?!
 コピーも撮らない抜け作の保険か?!」
345a.jpg

「検事。
 そんなに怒らずに場所を変えましょう」

「どうしてか?!」

「モーテルに男が3人だけですから…」

「それがどうした?!」

「チャン・ピルも血眼で探しているはずですから、
 ソウルは危険です」
345b.jpg

ソウルを離れて

光州には知り合いがいるものの、パク社長も知っているからと、サングには行き場がないので、ジャンフンは父親の家に匿うことにします。

411_201610311740397aa.jpg

ジャンフンの父親は2人に食事を出して、
「検事となると、
 夕飯もゆっくり取れないほどに忙しいのか?」
411a_2016103117403792c.jpg

「明日も早いんだ」

「バカ息子め、車に気をつけるんだぞ」
411b_20161031174036213.jpg

「息子が使っていた部屋だ。
 ゆっくりしてくれ」

「お世話になります。
 この借りは必ず返します」

「え~い、大げさだな…。
 それよりも息子のことを宜しく頼む。
 あいつは世間知らずだからな」

「アイゴ~、世間知らずというよりも、礼儀知らずですが、
 そこは私にお任せ下さい」
411c_20161031174035f37.jpg

ジャンフンが使っていた部屋にはメモ

“地獄の道なら歩き続けろ!”

411d_20161031174034d05.jpg

ジャンフンと野党党首

411f_20161031175044bbb.jpg

野党の党首に会うジャンフンですが、
「これだけでは足りない。
 やはり裏金のファイルが必要だ。
 コピーはないのか?」

「奴はないとは言っていますが…。
 最近の教授はいかがですか?」

「何が?」

「教授のような人が政界にいるのが心配なんです」

「野党暮らしは甘くないな。
 何か大きな手柄が必要だ」

「提案なのですが、アン・サングの記者会見を開いて下さい」

「ファイルは?」

「それは俺が何とかします」
411e_2016103117403372e.jpg

サングとウネ

前回はアウディ、今回はベンツでやって来ます

「良い車だな」

「残金を頂戴」
411h_20161031175043f02.jpg

「結局はウネだけが儲けたな。
 俺が望んでいる映画は公開ができないままのようだ」

「それは女優のせいじゃなくて、監督が悪いからわ」

「ほとぼりが冷めるまでどこかに隠れているんだぞ」
411m_20161031175041ac8.jpg

「オッパ~。
 復讐なんか止めて、一緒にモルジブにでも行って、
 モヒートでも飲まない?
411k_201610311750425a1.jpg

「思い出は胸の中にしまって、過去の未練は忘れてくれ」

「…」

「え~い」

「元気でね、会長さん! バイバイ」
411n_20161031175040dff.jpg

「…」
411p_20161031175038f73.jpg
# 頬に口紅を残してウネは帰ります。

サンギョップサル

412_201610311759348d6.jpg

「ずいぶん勉強したようだな。
 普通なら、検事になったら出世はまっしぐらだろう?
 逆玉の輿だろう?」

「涙ぐましい努力をした。
 ソゲッティング(見合い)でもアレンジしてくれるか?」
412a_20161031175932bd7.jpg

「何でチャン・ピルを捕まえたいのか?」

「警察でも手柄を立てたが、
 警察大学を出ていないので出世は無理だった」

「だから検事になった…」

「ああ、しかし、
 今度はコネが必要だということが分かったという訳だ。
 コネがない奴は実績をあげるしかない」

「んん~」

「しかし、手柄も横取りされる。
 コネも後ろ盾もない俺のような者は使い捨てにされる。
 あ~、大韓民国というのは何とも偉大な国だ」
412b_20161031175931092.jpg

「せっかくここまで来たんなら、
 もっと出世しないといけないな」

「大韓民国憲法第2章11条には、
 国民は法の前では性別、宗教、社会的地位による、
 政治、経済、文化生活では
 “あらゆる分野で差別を受けない”と書いてある」

「あ~」

「話を聞いてくれ。
 俺たちの子供たちはそんな国で育てたいんだ。
 …、コピーは持っているんだろう?」

「…」

「おい、ゴロツキ。
 チャン・ピルの支持率が上昇している。
 お前はそれでも良いのか?」
412c_20161031175930896.jpg

「俺のアボジが死ぬ前に言った。
 “サングや、正直に生きろ。
 お天道様はみているぞ”とな」
412d_201610311759295c9.jpg

「これがムン元財務部長の資料のコピーだ」
412ee.jpg

「俺はモヒートに行って、モルジブでも飲んでいるから
 好きなようにしてくれ」
412e_20161031181804a93.jpg

「一人でやれっていうことなのか?」
412f_201610311804317cb.jpg

「ファイルの出所を明かさないといけない」

「じゃあ、俺だってブタ箱に入れと言うのか?」

「お前の逮捕は避けられない」

「…」
412g_2016103118180363e.jpg

「何だと?!
 俺の目的は復讐だけだ!」

「チャン・ピルを捕まえるためには犠牲もある」

「検事だからといって、俺をなめるのか?!
 なにが“正義”か?!
 単に出世のためだけじゃないか?!」
412h_20161031181801e07.jpg

「それがどうした?!
 コネなし検事が悪党を捕まえて出世することの、
 どこが悪いのか?!」

「…」

「よく考えろ!
 お前の復讐の相手はチャン・ピルじゃない!
 お前のその手も全てがイ・ガンヒが仕組んだシナリオ通りなんだ!」
412k_20161031182252be9.jpg

「!」
412m_201610311822501d9.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

地獄の道を歩き続ける…、つまりネバーギブアップなのでしょう。
2人の不屈の精神を象徴するかのようです。
これからジャンフンのシナリオが動き始めますが、容易な道ではありません。
しかし、
映画の終盤はサングのシナリオが成功することになります。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

内部者たち ~インサイダーズ(3) ゴロツキと検事

lotte.jpg
(昨年12月の東大門)

内部者たち~インサイダーズ(3) ゴロツキと検事

ウネが体を張ってミレ・グループのオ会長の性接待に潜入しました。
しかし、電話を取ったイ・ガンヒが、ベッドサイドのテーブルのグラスを倒してしまったので、ウネのチョーカー(choker)のペンダントトップがアルコールに浸ります。

311_201610180034233b2.jpg

電話は元祖国日報のコ記者からの情報で、サングの配下のパク・ジョンピルの会社は開業3か月で、パクが暴力団員であったことが知れます。

「ゴロツキなのか?」

…アン・サング派のナンバー3です。

「…」
311a_20161018003422b1a.jpg

早速、サングは呼び出されます。

「生きていたのか?」

「ええ、一人では死ねません」

「パク社長はお前の手下のようだな。
 下手な工作はするな」

「あ~、あいつはドジな奴だ。
 バレてしまったようですね」

「ファイルの件では私が裏切ったとでも思うのか?
 私だって生きた気がしなかった」

「妻子はまだアメリカですか?
 俺が留学費もアパートも買ってやりましたが…?」

「許してくれるか…?」

「…」

「望みはなにか?」

「協力してくれたら、
 ヒョンニムには京畿道の土地を数万坪差し上げます」

「サングや。
 彼らは怪物なんだぞ…」

「そんなことは知らない。
 死ぬまでの戦いだ。
 この件ではヒョンニムは引っ込んでいてくれ」

「まだあのコピーは持っているのか?」

「ヒョンニムを傷つけたくはない。
 よく考えてくれ…」
311b_2016101800342183b.jpg

ウネのペンダントトップは使えませんでした。

「奴が酒をこぼしたのよ…」

「ア~ッシ、マジかよ…」

「どうするの?」

「今度は時計をすり替える作戦にする」
311c_20161018003420278.jpg

こちらはクラブの前のコンビニでサングを見張るジャンフンと係長

「部長にはどう報告しましょうか?」

「俺は地方で魚釣りでもしていると伝えてくれ。
 サングはどうか?」
311d_201610180034192cb.jpg

「動きはありません」
311e_20161018005225e1d.jpg

クラブのトイレで接触を試みるジャンフン

311g_20161018003417920.jpg

しかし、サングにバレます。

「それはなんだ?
 金が欲しけりゃ、働け」

「…」

「客を脅して金を巻き上げるな」
311gg.jpg

「いったい何者か?!」

「…!」
311h_2016101800542439e.jpg

殴られたジャンフン

「何で追わないのか?!」
311k_201610180054222d6.jpg

サウナ

サングが再度身を隠すので、チャン・ピルに「サングが消えました」と報告するのは盗聴していた刑事

311m_20161018005421513.jpg

チャン・ピルは刑事を殴り、
「探し出せ!」
311n_20161018005420f7c.jpg

ジョンピルが、すり替えていたチャン・ピルの時計(盗撮用)を回収します。

311p_20161018010116ed8.jpg

しかし、運悪くイ・ガンヒからの連絡で、パク・ジョンピルがサングの手下だと分かってしまいます。

312a_20161018010114979.jpg

ジョンピルは脅迫されて全てを吐いてしまいます。

312_201610180101143e1.jpg

いつものラーメンと焼酎でしたが…。

312b_20161018010113a88.jpg

手首、足首を切ると脅されたジョンピルは、チャン・ピルとオ会長の配下にサングの隠れ家を教えることになります。

312c_20161018010112dcf.jpg

# ここからは逃げ出すサングと追う常務(ミレグループのオ会長の配下)
このカットは担当がサングの義手に刺さるシーンです。

312d_201610180101116f5.jpg

倒されたサング

312e_2016101801164194b.jpg

絶体絶命のサングでしたが、同じく追跡していたジャンフンが救います。

312f_201610180116405e2.jpg

チャン・ピルとイ・ガンヒ

「どうも逃げられたようだ。
 あの時、殺しておけばよかった…。
 ガンヒや、お前が撒いた種だ。
 アン・サングのせいで私が失脚したら、道連れだぞ」

「だからこれまで尻拭いをしてきたんだ」

「これからも頼むぞ。
 私が大統領になったら、大臣ぐらいにはしてやる。
 人生の主役はきまっているから…。
 お前は俺の下(しも)の世話をしてくれ」
312g_20161018011639763.jpg

モーテル

「右手が使えないくらいで、あのみっともないザマなのか?
 俺がいなきゃ死んでいたぞ」

「アイゴ~。 若造のくせに生意気な…」

「検事は“ゴロツキ”には敬語は使わない」
312h_20161018011638416.jpg

「お前の目的は“復讐”だろう?」

「…」

「俺の目的は“正義”だ。
 大韓民国検事としての誇りだ

312k_20161018011637602.jpg

「ははは、笑わせる検事さんだ。
 まるでジョン・ウェインの西部劇みたいだ。
 この大韓民国には正義なんかないんだ。
 俺には関心がない」

「優しく言っても効かないようだな。
 やあ、ゴロツキ!
 良く聞け。
 もしも協力しないなら、
 2年前のムン・イルソク前財務部長の監禁と暴力罪で逮捕するぞ」
312n_20161018011636aff.jpg

こうして、目的は違うものの、“ゴロツキ”と検事は共同戦線を張ることになります。

「パン係長。
 ゴロツキの要望はフレッシュな焼酎だとさ!」
344_201610171233522fc.jpg

ブ~!

「あ~、悪趣味なトイレだ」

「同感だ!」
345_201610171233510b9.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

ウネの画像撮りも、右腕だったパク・ジョンピルも見破られ、サングの作戦が失敗。
こうしてサングにとっても、ジャンフンにとっても利害が一致するのですが、
検事という社会的な地位から年下のジャンフンの言葉は横柄です。

しかし、“チングの関係”、さらには義兄弟の関係へと二人が変わっていくところもこの映画のすがすがしい見どころです。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

内部者たち ~インサイダーズ(2) サングのダチ

tonde.jpg
(昨年12月の東大門:トンデムン)

アン・サングは世話になったイ・ガンヒ論説主幹を“ヒョンニム”と慕っていました。
しかし、イ・ガンヒとチャン・ピル大統領候補、それにミレ(未来)グループのオ・ヒョンス会長が繋がっており、自分が単に利用されていただけだと知りました。
そして、2年前の出来事から“復讐”を心に秘めてサングは表舞台から消えています。

クラブのトイレで小銭を稼ぐ姿のサング

222_201610170127045eb.jpg

しかし、大統領選挙を前に与党の統一候補の選挙が近づくと、企業と政治家の癒着の内部資料の“コピーを持っているはずだ”とアン・サングは追われます。
ただ他方では、ミレ・グループとチャン・ピル議員の癒着の証拠を探すウ・ジャンフン検事がいます。

内部者たち ~インサイダーズ(2) サングのダチ

「やあ、トイレの掃除はしたのか?
 俺のゴルフクラブも磨いておけ」

と言いながらタバコの火を付けてあげる部下。
(盗聴されているからです)
222a_20161017012703c10.jpg

「…」
222b_20161017012702be9.jpg

サンクを慕うウネ

「会うのも大変ね」

「馬鹿者の振りをせざるを得ない」

「手を切っておきながら、今度は盗聴なのね」

「その怖さを知らなかったから、このザマだ」

「ご要望は?」
222bb_201610170127013a5.jpg

「映画を撮ろう」

「ジャンルは?」

「ド派手な復讐劇だ」

「標的は?」

「チャン・ビル議員だ。
 前金1億ウォン、成功報酬2億ウォンでどうか?」

「前金の方が2億だわ」

「え~い、分かった。
 ウネはチョン社長に会って、プロフィールを渡してくれ。
 一人では無理だからパク社長を紹介したいんだ。
 ただ、あいつにも内緒にしてくれ。
 用心が必要だ」

「私のことは信じているの?」

「…。昔のスターの面影はないな。
 サングラスを外して素顔を見せてくれ」
222c_20161017012700bdf.jpg

「俺を裏切ったら、ぶっ殺すぞ」

「…」
222dd.jpg

文具会社のパク・ジョンパル社長はチョン・ピル議員の後援会のソン会長に裏金を渡します。

222d_20161017013449949.jpg
# 5万ウォン紙幣には“シン・サイムダン”の肖像。
今度放送されるドラマ『サイムダン』の実像です。

「とても助かります」

「好きでやっているだけです」
222e_20161017013448894.jpg
(チャン・ピル後援会長のソン:左)

ジョンピルとサング

「左手だけで作ったラーメンは一緒に食えないと言うのか?」
222g_2016101701344649c.jpg

「いえ、ヒョンニムだけでと…」

「豆一個でも分け合うんだ…。
 さあ…」

「カムサ~ムニダ、ヒョンニム」
222f_201610170134470c6.jpg

「仕事は?」

「ソンに5億ウォンを渡しました」

「そろそろ信用された頃だから、もう一度席を設けろ」

「ヒョンニム。
 これは絶対に足が付かない携帯です」
222h_20161017013445309.jpg

写真を撮っているのはジャンフンの部下

222k_201610170134441fe.jpg

ウ・ジャンフン検事とスタッフは撮影した写真の分析をしています。

222kk.jpg

「パク社長が後援会や議員に近づく理由は解るか?」

「チャン議員が会うには小さな会社だ…」

「きっと、こいつだ…」
222m_20161017014246d59.jpg

「そいつは、アン・サングといって、一介の組織の育ちです。
 新正党の選挙運動に動員された時からの“ゴロツキ”ですが、
 見込まれて、可愛がられて金融会社や建設会社、
 クラブや芸能会社で大もうけしたやり手です。
 1996年の放送業界の収賄事件で一度服役しています」

「…」
222n_201610170142459dd.jpg

ジョンパルが招かれると、クラブではチャン・ピルが自慢話

彼自身が検事あがりで、政治家になってからは検察と政治家の癒着を暴いてきたことで名声を得たとのこと。

222p_20161017014244bbb.jpg

「正義のチョン・ピルが奴らを放り込んだんだ」

「凄いですね…」
223_20161017014242165.jpg

コネなしのジャンフンの友人のコ記者

「コネもなくて最高検察庁に行けるのか?
 そうじゃないとソウル地検からも追い出されるぞ」
と、コネを紹介。

「アンニョンハセヨ。
 ミレ建設のチョ・ヤンシクです」
223a_20161017014241448.jpg

ジャンフンにミレ建設の社長を紹介する友人のコ・サンチョル記者は祖国日報をクビになっています

「早合点するな、顔見知りになるだけだ。
 損はないだろう。
 そのうちに、小遣いだって、見合い話だってやって来るぞ」

「この野郎!俺を馬鹿にするな。
 俺の分は支払ったからな!」
223b_201610170205332f7.jpg

クラブに現れたイ・ガンヒ

「この人に勧められて私は政界入りしたんだ。
 挨拶して下さい。
 彼が文房サッシのパク社長です。
 パク・ジョンパル…、ボクシング選手と同じ名前です」
223d_201610170205328db.jpg

火種を消そうとするイ・ガンヒはソク・ミョンガン元銀行頭取まで検察に情報を流します。

223e_20161017020531f5e.jpg

…脱税、横領、背任などの容疑で取り調べが行われています。

223ee.jpg

ミレ自動車関連の担当はジャンフン

「息子の名義で広い土地ももらっただろう?」

ジャンフンはソク元頭取に逮捕令状を用意するなどの脅しをかけて、ミレ自動車と銀行からの不正融資の実態の証拠を得ようとします。

223g_20161017020529bf6.jpg

「2年前に、
 ミレ自動車の元財務部長から政治資金のファイルを貰うところでした。
 チャン・ピル議員とグループのオ会長から横取りされたんです。
 猟犬をよこしたようです。
 俺だけが馬鹿をみました」

「…」

「ところがファイルのコピーが残っているとの連絡が検察に入りました」
223h_20161017020528aff.jpg

ソク元頭取にミレ自動車からの性接待の盗撮録画が送付され、トイレの窓から…。

223m_201610170211304b0.jpg

「!」
223n_20161017021128b84.jpg

ミレ・グループのオ会長と常務

「録画は送ったのか?」

「はい」

「ソクは気が弱いから驚くだろう。
 だが、消えてもらわないといけない」
223k_20161017021129cdb.jpg

イ・ガンヒの原稿

…検察の過剰な取り調べで、元頭取が自殺…

223p_201610170211272b2.jpg

部長検事から呼ばれて…

「しばらく休暇を取れ。
 なんとかお前の免職だけは避けられた」
223pp.jpg
(検察の部長:ジャンフンの上司)

反チャン・ピルだったのですが、オ・ミョンファン大統領首席秘書官は、オ・ミョンス会長+イ・ガンヒ編集委員の接待に参加

224_20161017021418832.jpg

やって来たチャン・ピル大統領候補とも、

「若手の検事が行き過ぎたようで、
 地方に飛ばされるのでご安心を…」
と、チャン・ピルとも握手。

224a_201610170214170d1.jpg

この接待はウネのネックレス(チョーカー)に録音されています。

224b_20161017021416e57.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

映画では暴力と性描写が露わなので、韓国の場合、映画館への子供の入場は制限されます。
また、ハリウッド映画ではセックスよりも暴力シーンが嫌われます
にも拘らず、韓国映画では両者ともに露わなので、KJSではなるべく両者ともにスクリーンプリントを控えています。
ストーリーの進行に欠かせないシーンはともかく、不要な部分は極力減らして欲しいと思っています。

<日曜日の新宿・職安通り>
(昨日のつづき)

大久保通りから職安通りへと路地を抜けると、人気のトッポギ店
ookubo5.jpg

人気のカフェ
ookubo4.jpg

これは買って来たタッカルビ
takkarubi.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

内部者たち~インサイダーズ(1) キングメーカー

『内部者たち~インサイダーズ』
(監督・脚本:ウ・ミンホ)

この映画は政治を我が物にしようとする政治家、経済を牛耳る財閥系企業、そして世論を操作するマスコミに対して、社会正義のために挑戦する二人の男が主人公です

3人の悪党は、
チャン・ピル議員(イ・ギョンヨン):与党の次期大統領候補
オ・ヒョンス会長(キム・ホンバ):ミレ(未来)グループ総帥
イ・ガンヒ(ペク・ユンシク):祖国日報論説主幹

二人の男
ウ・ジャンフン検事(チョ・スンウ):コネがないために、出世ができない元刑事
アン・サング(イ・ビョンホン):表向きは芸能事務所社長だが、ミレ・グループの支援で、いくつかの事業で成功した元ヤクザ。

(ドラマ『アイリス』、映画『王になった男』以来のイ・ビョンホンです。
 この後にも主演ドラマを続けます)
iris2.jpg

内部者たち~インサイダーズ(1) キングメーカー

映画の始まりは元“ゴロツキ”のアン・サング社長が内部告発するシーンから。

(集まった記者たち)
100_201610110838377fd.jpg

内部告発

「この手元にある資料の出所はミレ社の元財務部長からです。
 3000億ウォンの銀行融資を受けて、
 その中から300億ウォンを内部資金とし、
 チャン・ピル議員に選挙資金として渡したというものです」
100a_20161011083836054.jpg

記者団からの「告発は復讐だとのことですが?」の質問に、
義手の手首を見せるサング

「詳細はソウル地検に出頭して話します」
100b_20161011083835568.jpg

マスコミ

…芸能事務所のアン社長が告発したのは、
ミレ自動車が3000億ウォンの不正融資を受け、
300億ウォンを与党の大統領候補チョン・ピル議員に手渡したということです。

100c_20161011083834135.jpg

…ミレ・グループのオ会長の別荘での性接待のことも暴露されました。

100d_20161011083833ac5.jpg

不正融資と政治資金のことを否定するチョン・ピル大統領候補

「事実無根であることを国民の皆様に誓います。
 どんなに孤独であろうとも、
 私は胸を張ってこれまでの道を歩みます」
100e_20161011083832786.jpg

本編の始まり

(内部者たち)
100f_20161011084954b20.jpg

2年前の過去に戻ります

与党内の大統領候補選挙(祖国日報)

「こんな駄文を書きやがって…、
 祖国日報のイ・ガンヒとアポを取ってくれ」
111d_2016101112554622c.jpg

与党・民正党の対立候補のキム・ソグ議員は、“祖国日報”(新聞社)のイ・ガンヒを訪問し、チョン・ピル議員とミル・グループとの癒着をマスコミで暴露するように依頼

100g_201610110849536fe.jpg
(# 左イ・ガンヒはこの映画の黒幕)

青瓦台

オ・ミョンファン民政担当主席秘書官とソウル地検の部長(ジャンフンの上司)

オ・ミョンファン大統領補佐官は後輩検事の部長に、
「チョン・ピルと私は犬猿の仲だ。
 何とかチョン・ピルを蹴落としてくれ」
100h_20161011084952e3c.jpg
(大統領秘書官・右)

ウ・ジャンフンは酒の席に呼ばれて、紹介されます。

「君は何期なのか?」

「38期です」

「なかなかガッツがありそうだな」

「カムサ~ムニダ」
100k_2016101108495178e.jpg

大統領秘書官も同じ検察庁の出身で、チョン・ピルとミレ・グループの内情を探るように指示。

「中央捜査局にはヤンが行く。
 仕方ないだろう、大韓民国は実力よりも後ろ盾とコネだ」
(部長)

「…」

「だからこそチャン・ピルを追い詰めろ」
100m_20161011084951c98.jpg

ミレ自動車の元財務部長はクビになった後、豪遊しています。

100n_201610110849503e7.jpg

ジャンフンのファーストコンタクトはこのクラブ

「いったいお前はいくらせしめたのか?
 1億か? 10億なのか?」

「…」

「お前は10億ウォンを着服してクビになったということで、
 お前の方から連絡して来たんだそうだな。
 いつまで飲み呆けているのか?
 さっさとビジネスに入ろう」

しかし、トイレに行っている間に元財務部長は誘拐されます

100p_2016101109103446e.jpg

アン・サングは芸能事務所の社長という表向きの看板の裏では、ミレ・グループなどの接待パーティに女性たちを送り込むビジネス(?)。
元は闇の組織の一員で、溜め込んだ資金でホテルや不動産業、クラブの経営を右腕のパク社長に任せています。

「さあ、女房の誕生日だろう?
 手ぶらでは帰るな。
 金も入れたから、花束でも買って帰れ」

「いいえ、俺はヒョンニムに命を捧げます」

「命は女房に捧げろ。
 仕事さえしてくれればいいんだ」
111_20161011091033f81.jpg

この仕事というのがミレ自動車の元財務部長を誘拐することでした。
その目的は?

ミレ社の内部情報を恐喝して手に入れるサング

111e_2016101112554576b.jpg

そして、イ・ガンヒ論説委員に届けます

「ヒョンニムは政界、俺は芸能界やパチンコ業界…、
 それとも俺も一緒に政界に入るか…」

「…」

「フライングと裏切りは、なしですよ」
111b_2016101109103251f.jpg

「ははは、キツネのようなクマだな」
111a_20161011091032e9f.jpg

その後はパーティの裏仕事
パーティーのために美女たちを準備

111c_20161011091031b36.jpg

サングは女性たちを送りこんで鼻歌…。
常務に資料を手渡します。

「ムンから資料を巻き上げました。
 でも今はビジネスで忙しいので、
 もうキム会長の尻拭いはいやです。
 これからは常務にお任せします。
 俺は売春斡旋業者ではありません」

「…」
111ee.jpg

ミレ自動車の常務は、この後、サングを襲い、
サングの手首を切断して、一切仕事では表には出ないようにと…。

111m_20161011131346417.jpg

その時のキム会長の別荘内では、

「左翼の奴らめ…」
111g_201610111255438e0.jpg

「大衆など、イヌやブタに過ぎません。
 しばらく吠えていれば静かになります」

「ははは、いずれにせよ、
 メディアと企業がパートナーシップを結ぶことは良い事だ」
111f_201610111255441e3.jpg

「アイゴ~、遅くなってすみません、会長」とチョン・ピル

111h_2016101112554253b.jpg

さっそく乱交パーティ

111k_20161011131343e70.jpg

そして2年後の現在

クラブのトイレで小銭を稼いでいるサングの姿

「・・・」
111n_20161011131346128.jpg

「・・・」
111p_201610111313455d7.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@「にほんブログ村」

今年6月初の「百想芸術大賞」の映画部門でノミネートされて、受賞したのは次のとおりでした。

<映画部門監督賞>

リュ・スンワン(ベテラン) <受賞>
オ・スンオク(無頼漢)
ウ・ミンホ(内部者たち)
イ・ジュニク(ドンジュ)
チェ・ドンフン(暗殺)

<映画部門男性最優秀演技賞>

ベク・ユンシク(内部者たち)
ソン・ガンホ(サド)
ユ・アイン(サド)
イ・ビョンホン(内部者たち) <受賞>
ファン・ジョンミン(ベテラン)

話は変わり、日曜日の新大久保
(DVDとタッカルビを買うために新大久保から職安通りへ)

JR新大久保駅を出て、東へ新大久保通りを(新宿・百人町)
ookubo1.jpg

東に進むと“ソウル市場”
ookubo2_20161108123504a05.jpg

ソウル市場の手前を右(南)へと路地に入ると、左手に公園
kouen.jpg

路地にはコスメなどなど小さな店がたくさんあります
ookubo6.jpg

路地を抜けると新宿・職安通り
ookubo3.jpg
(職安通りの人気のカフェが見えます)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose