チャン・オクチョン最終話(下) ただ一人の女


<最終話>

ヒョンムはチスに刀を突きつけて、
「チョナのお言葉だ。
 チャン・オクチョンを必ず生かすのだ」
2422n.jpg

ユン氏

2433a.jpg

オクチョンが乗った御輿には、
今度は母親のユン氏が乗って宮中に帰ります。

…オクチョ(ン)ナ…。 必ず生き延びるのです。

2433_20150521001920ba6.jpg

朝になって東平君が来ます。

ヒョンムはチョナがお逃がしになったと伝えています。

東平君は、
「最初からこうするつもりだったのですか?」

「どうして私が彼女に死ねと言えるのでしょうか?
 彼女の手は決して離さないと誓ったのです」

「ではこの後はどうするのですか?」

「大臣たちと真っ向から勝負するのです。
 名文がなければ王位は譲ります」

「チョナ…」

「私の運命も相当なものですね。
 愛する女を恋敵に譲らないといけないとは…」
2433b.jpg

目が覚めたオクチョン

目の前にはチス

「どうしてここに?」

「すべてがチョナのご意向なんだ」

しかし、オクチョンは宮中に戻ると主張

「卑怯な方法で
 チョナとユンのことを傷つけたくはありません」

「チャン・オクチョン…」

「今度は私の番です。
 これまではチョナが私を守ってくれましたが、
 今度は王と王になるユンを守ります」

王の意向を無駄にするなと言うチスですが、

「いいえ、死に場所は王のお傍です。
 このチャン・オクチョンはそのために生きてきたのです」

「…」

「ですから、オラボニ。
 私を宮中に連れて行って下さい」

「オクチョン…」

「お願いだからオラボニ。
 あの方の傍に連れて帰って下さい」

「チャン・オクチョン…」

「チョナへの愛をどうか貫かせてください。
 この愛を最後まで守らせて下さい」

「そうだな。 そうしたらいい。
 これが私の愛を守る道のようだ」
2433c.jpg

老論派は「禧嬪が逃げた」と一騒ぎ。
キム・マンギは「チュサンの権威すら問題だ」と…。

2433d.jpg

ヒョンムがスクチョンの前で、
「チョナ…」

「今度は私の廃位の上書でも出たのか?」

「禧嬪媽媽がお帰りです」

「!」

オクチョンはユンを抱いて…。

2433e.jpg

賜薬の時

手が震える女官に代わり、
「いっそのこと私が…」と、

東平君が毒の器を持ちます。

2433f.jpg

賜薬

2433g.jpg

執務室から飛び出すスクチョン

「チャン・オクチョン…。
 なぜ戻ってきたのか? ダメではないか?」

「どうしてですか? 戻らないわけにもいきません」
2433h.jpg

「王様のお傍にこうして…、
 チョナの腕の中で最期を迎えることができました。
 とても幸せです」

「…」

「私はチョナとの愛に生きてきましたから、
 こうしてこの愛を守りぬくために戻って来たのです」
2433k.jpg

「…。 オクチョナ…。
 愛している…。
 愛してる…。 愛していた…」
2433m.jpg

…最期に愛を守れるのは愛の力だけだ。
 花火のように生きたチャン・オクチョン。
 もうこの先、孤独な私の肩を撫でたり、
 涙を拭いてくれる者はこの世には誰もいない。
 王、イ・スンのただ一人の女、
 チャン・オクチョンがいないのだから…。


2433p.jpg

劇中の“就善堂”は撮影用に復元された

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
ランキング@「にほんブログ村」

<以下は番組のおわりの字幕です>

粛宗は在位中に3回の政権交代(ファングク:換局)をさせて、王朝最強の王として在位。
王朝最盛期としての基礎を作った。
チャン氏には送り名もなく、一族とは別の墓に埋葬されたが、1969年に高陽市の西五陵に移葬された。
現在は粛宗やインニョン(仁顕)とともに眠っている。

明陵(ミョンヌン)・粛宗と仁顕の墓

mm1.jpg

翼陵(インヌン)・仁敬の墓

mm2.jpg

チャン(張)氏一族の墓(高陽市)と
大嬪(テビン)の墓

mm3.jpg

# この字幕にあるように、歴史解釈は変わり、
 オクチョンの無念が救われるようです。
 これまでは、
 三大悪女の代表みたいなチャン・オクチョンでしたが、
 あれは西人派(老論)の小説「南征記」によるもの。

なお、日本語版(テレビ放送用)DVDでは、
おわりには撮影の終了光景が収録されていますが、
このSBS放送版DVDでは明陵が映し出されます。
 
明陵(西五陵:ソオルン)はソウルの北の、
京畿道(キョンギド)高陽(コヤン)市にあります。

2年前に高麗チェ・ヨン将軍の墓参りに行きました。
最寄の駅へは地下鉄3号線が便利。
ソウル市内から1時間弱の三松(サムソン)駅
三松駅から北方向へとタクシーで行きました
逆に三松駅の南に行くと西五陵です。

西五陵を韓国観光公社のサイトで紹介します。

西五陵は東九陵の次に大きい朝鮮王朝の王室の家族の墓です。
朝鮮時代王室では品格によって王と王妃の墓を「」、王の両親・皇太子・嬪の墓を「」、大君・王女などの墓を「」と区別して呼びました。

ここには5つの陵以外にも朝鮮王朝初の「苑」として13代明宗の1番目の息子、 順懷世子や皇太子の妻、恭懷嬪尹氏の墓・順昌園と綏慶園(21代英祖の後宮、暎嬪李氏の墓)、永懐園(16代仁祖の長男、昭顯世子の妃、愍懷嬪姜氏の墓)があり、最近では歴史的な一話を残した19代粛宗の後宮であり景宗の母、張禧嬪の大嬪墓も区域内に移されました。

2433n.jpg

これまでのKJSへの応援に感謝申し上げます。
明日はちょっとした感想をまとめておきます。

次からは『華政』です
今後とも宜しく応援お願い申し上げます。
動画は同じく韓国SBS放送版を活用します。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
ランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

チャン・オクチョン 最終話(中) これで十分です


議場

「禧嬪張氏が祭壇を作った件で王命を下す」
スクチョンはオクチョンの自害を命じます。

「ただし、
 その前に亡き王妃の四十九日の法要を行う」

まだ世子の継承には反対するキム・マンギです。

2411_20150519222049599.jpg

「余は世子の母と余の妻を差し出すのだ。
 これ以上反論する者には死を命じる。
 良いか?!
 図に乗るのも大概にせよ!」
2400ppp.jpg

オクチョンとムスリ

「どのようなお慰めを言ったら良いものか…?」

「私の座まで登りつめたら良い。
 この国の恐ろしさが解るだろう。
 どのようにあがいても乗り越えられない壁がある」

「壁とは?」

「大臣たちがいい顔をするのは
 利用価値があるからだけだ。
 賎民とだけしか見ていない」

「…」

「側室になるのは良いものの、
 それ以上を望むことはできない。
 私はそれに気付くのが遅すぎた」

「恨まないで下さい。私も生き残る為です。
 いずれ王妃になります。
 廃されることはありません」

「しかし、この世に確実なものはない。
 断言はしないほうが良い。
 いつか骨身に染みて分かるだろう」

「私が何をしたと言うのですか?」

「それはあなたと私が知っている…」
2422_20150521000833028.jpg

オクチョンの母ユン氏がユンを抱いて訪れます。
イニョンの四十九日の法要に参加させて欲しいと。

2422a_201505210008321c3.jpg

「それくらいは聞いていただけるでしょう」

「媽媽…。
 私が無知なせいでこんなことになりました。
 罪は私にあります」

「そうではありません。
 私が不注意で軽率でした。
 でも、ユンがお陰で元気になりました」
2422aa.jpg

東平君は撤回を求めます

「王としての決断です」

「チョナは本意ではないはず。
 なぜ切り捨てるのですか?」

「東平君…」

「子供までもうけた禧嬪に
 死を求めるのですか?!」

「それ以上は許しませんよ」

「これはチョナのためです。
 自分の心臓を突くようなことをしています」
2422b_201505210008319d5.jpg

「そなたごときに何が分かるのか?!
 私が愛する、私の妻だ! 
 だから私の好きにする」

「いいえ、数日はそれで良いでしょうが、
 10日もすれば、
 胸をえぐるような呵責にさいなまれます」

「…」

「だから撤回して下さい! チョナのために! 
 王座などなかったものと考えるほどに
 愛した人のために!」

「…」

「ただ一人の王の女性のために!」

「私のために死んでくれるそうだ。
 その女性が…」

スクチョンの涙を見て、
東平君も次の句が出てきません。

2422c_20150521000830487.jpg

チスはキム・マンギを呼びます
大金の約束手形を出して、
「男の夢として、
 一度は王の女を手に入れたい」と。

「殺さずに身分だけ剥奪して追い出すだけですよ」

「ははは、無知な商人だな。
 王のお手つきの女と密通すれば
 この朝鮮では大罪ですぞ」
2422d_20150521000829947.jpg

オクチョンの御輿が出発(法要)する…。
執務室から飛び出すスクチョン。

「しばらくそなたの顔をみていなかった」

「チョナ…」

「この宮廷でそなたを守りきれなかった。
 私を許すな(ヨンソハジマ)。
 手を離してしまった。 許すな…、私を」

「いいえ、これで十分です
 チョナ…」
2422e_20150521001528be5.jpg

「…」
2422f_201505210015278fb.jpg

チスが来ます

「余の直感は当たっていたようだ。
 十分調べさせてもらった。
 以前宮中に来たときに、
 男としての切ない目を感じた。
 そなたがオクチョンを不幸にした。
 八つ裂きにしても足りないくらいだ」

「…」

「しかし、
 オクチョンを救えるのはそなたしかいない」

「彼女の命を奪うのは王様です。いまさら…」

「オクチョンを奪おうとしている連中に
 オクチョンは渡せない。 
 いっそそなたが連れて逃げてくれ」

「ではチョナは…」

「ああ、譲位すら考えている。
 自分のことは自分でなんとかするから、
 オクチョンを連れてどこか遠くに逃げてくれ」

「…」

「手立てはヒョンムに伝えている
2422g_2015052100152608c.jpg

オクチョンの母親のユン氏が祈祷のことを打ち明けていました。

「分かってはいたが、
 世間が理解してはくれないのだ。
 一つ聞いて欲しい」

「何なりと…」

「オクチョンを
 亡き王妃の四十九日の法要に連れ出して欲しい」

「…」
2422h_201505210015266cb.jpg

イニョン王妃が亡くなったのは1701年8月です。
その後四十九日の法要を経て、
10月にオクチョンは賜薬でした。

スクチョンと別れ、寺院に向かうオクチョン

2422k_20150521001525959.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
ランキング@「にほんブログ村」

2422m.jpg

もう残すところはあと1回

最後の最後までストーリーが押し寄せます。

これまでのことをもう一度振り返りつつ、
今夕は「オクチョン42歳のころ」をアップします。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
ランキング@にほんブログ村

チャン・オクチョン 最終話(上) ふたりの宝・ユン

<第24話(最終話・上)>

スクチョンはムスリに向かって、

祭壇があるのか!?」と怒り、
もしも祭壇がなければ退宮だけでなく、
死も覚悟するかと尋ねます。

「…」
2400_20150519203741413.jpg

跡形もないように始末するようにと
オクチョンはシヨンに命じますが、
一歩の違いで祭壇があることが暴かれます。

2400a_20150519220935397.jpg

そこで淑媛は
“中殿媽媽”を呪詛
にかけたはずだと。

ユンの痘瘡を治す為に、
天然痘で亡くなった仁敬(インギョン)媽媽にも
助けを求めるためだと否定するオクチョンですが、
キム・マンギは、
「宮廷内で呪術を使うのは不敬罪」と、
輪を掛けて告発。

オクチョンは逃げ場を失います
スクチョンも、
「禧嬪以外の女官をすべて逮捕せよ」
との命令を下すしかありませんでした。

2400b_2015051922093410d.jpg

拷問にかけられるシヨン以下の女官たち

「何度聞かれても世子の回復を祈るための儀式」
「禧嬪媽媽には何の罪もありません」と言うものの、
拷問にかけているのはキム・マンギですから、
どうすることもできません。

2400c_2015051922093324c.jpg

「自作自演の毒物事件と、呪詛。
 儒教の国ではとうてい許されない」として、
キム・マンギは死罪に追い込む算段

2400d_20150519220932998.jpg

スクチョンに申し開きをしたいオクチョンですが、
スクチョンも疑問を持っています。

「一つだけ聞きたいが、
 本当に王妃に呪詛をかけたのか?」

「違います、チョナ。
 ユンを治したかっただけです。
 愚かな私が罪を犯しました」

「ユンに誓えるのか?」

「ええ、ユンに誓って申し上げますが、
 呪詛などはしていません」

「分かった。余がそのことを晴らしてあげる。
 ユンの母親としての地位も取り戻す」

「ソングニ マングカオムニダ」
2400e_20150519220932cb0.jpg

取調べが続く中、
祭壇の跡からはイニョンの飾り物が出てきます。
これは
ムスリがイニョンの飾り物(#)をわざと入れていたもの

2400f_20150519220931e36.jpg
# ノリゲ

議場では動かぬ証拠。
廃された燕山君の母親と同じ罪だと…。

またもや儒学生たちをも動員して、
老論派がオクチョンの自害を求めます

2400g_20150519221735015.jpg

窮地に立つスクチョン。
東平君とは
「(老論派は)ユンまでも巻き込むつもりだ」

獄中のオム・シヨン尚宮は、
「大妃媽媽にも、
 中殿媽媽にも勝る最高の禧嬪媽媽。
 お使えする者としては命も惜しくはありません」
2400h_2015051922173566a.jpg

酒に癒しを求めるしかないスクチョンですが、
ヒョンムには「オクチョンに会いたい」

2400m_201505192217338a8.jpg

酔ってはいるもののスクチョンはオクチョンの手を握って、
「少しだけでもいいから、このままでいたい」
2400k_20150519221734a66.jpg

結局は祈祷師が嘘の自白をして尋問(拷問)が終了。

…許されぬ愛だと思っていた頃が一番怖かった。
 チョナの心が離れてしまわないかと…。

2400p_20150519221733cd3.jpg

オクチョンとスクチョン

「チョナ。 一つだけ聞かせて下さい」

「何だ?」

「世子を守り抜いて下さいますよね?」

「…」

「あとを継いで、
 チョナのような立派な王にして下さい」

「それだけなのか? 余が生きる理由となるな」

「そうです。安心しました。
 私に自尽を命じてください」

「オクチョン…」

「これ以上の迷惑はかけられません。
 私のせいでユンの立場が危うくなるのも嫌です」
2400pp.jpg

…どんなに窮地に陥ろうとも道はある。
 なければ余が作るのだ。

「チャン・オクチョンのために余が道を作る」
そう思うスクチョンです。

2400ppp.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
ランキング@「にほんブログ村」

当時オクチョンは42歳で、すでにユンは13歳です。
家族生活はここまで続いたということで、
ドラマを見ていて、救われる気がします。

ノリゲ
(韓国観光公社のサイトより)
norige.jpg

ノリゲ(女性用の装身具)
他の装身具とは違い最近最も普遍化された装身具がこのノリゲ。胸の線からチマの幅にほんの少し下がって見えるノリゲは繊細で華麗な結び装飾のひとつ。富貴多男、不老長寿の意味を持つノリゲは時には香袋や護身用の銀粧刀(ウンジャンド)のようなものまで含まれ、その美しさだけでなく実用性も高い装身具です。

# 私も小物の装身具好きです。
 心が見えて、綺麗ですね!

ノリゲには欠かせない飾り結び
伝統の結び方はメドゥプと呼び、
40種類近い結び方があるようで、
王朝時代にはその専門家も仕えたそうです。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
ランキング@にほんブログ村
プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose