星から来たあなた 第19話 (下) 詳細と対訳 

星から来たあなた 第19話(下)

19a_20140226030541aa3.jpg

星から来たあなた 第19話(下)詳細と対訳 
(translations by makomako)

誰もいない場所に移動してきた二人

ソンイ
도민준씨 여기 어디야.
ドミンジュンさん、ここはどこ?

ミンジュン
제대로 왔네. 이렇게 멀이까지 처음이라 걱정되는데.
ちゃんと来たな。こんな遠くまで初めてだから、心配したんだけど。

ソンイ
어딘데?
どこなの?

ミンジュン
아무도 없는곳으로 가고싶다며?
誰もいない所に行きたいんだろ?

ソンイ
아?
え?

ミンジュン
여기 아무도 없는곳. 너랑 나밖에 없는곳.
ここは誰もいない所。俺とお前しかいない所。

ソンイ
정말로?
本当に?

ミンジュン
아무도 못 찾을걸.
誰も見つけられないよ。

ソンイ
여기 혹시 민준씨네 별이야? 외계행성 그런데?
ここはもしかしてミンジュンさんの星なの?宇宙の惑星?そんな所?

ミンジュン

(ふざけて)うん。

ソンイ
진짜? 진짜로?
本当?本当に?

ミンジュン
그렇다니까.
そうだってば。

ソンイ
근데 나 괜찮은거야? 몸도 막 뜨고 안그러네?
나 진짜 괜찮아!!
ところで、私大丈夫なの?体もパッと浮いて、そうじゃないわね?
私本当に大丈夫だわ!

ミンジュン
바보야?
여기서 무슨 외계행성이야. 거기가 얼마나 먼덴지 알기나해?
馬鹿か?
ここがどんな宇宙惑星だ。そこがどんなに遠い所か知って言ってるのか?

ソンイ
아나야?
違うの?

ミンジュン
아니지. 그럼 외계 행성이면 어쩔건데?
違うよ。じゃあ宇宙惑星だったらどうだっていうんだ?

ソンイ
뭘 어째 살아야지. 난 숨만쉴수있으면 살거야. 난 적응력도 빠르고 나 정도 미모면 도민준씨 별에 가서도 빠지지 않을걸. 인기 많을걸 거기서도. 뭘하든 먹고살거야!!
何、らどうって生きなきゃ。私は息さえ吸えれば、生きるわ。私は適応力も早いし、私ぐらいの美貌ならドミンジュンさんの星に行っても劣ったりしないわ。人気が高いわ、そこででも。何をしてでも食べて生きて行くわ!

誰もいない場所に来た二人

ソンイ
꺄아!! 여기 우리만 있다고? 우리 둘만 있다고?
경찰도 없고. 기자도 없고. 사람도 없고 나 천송이다-- 나 잡아봐라--!
キャー、ここに私たちだけいるの?私たち二人だけがいるの?
警察もいない、記者もいない、人もいない。私、チョンソンイよー、私を捕まえてみなさいよー!

ソンイ
얘 외계인인데--. 얘도 잡아가라--. 우리둘이 여기 같이 있다--.
우리 여기서 같이 갈거야--. 여기서 우리 둘만 잘먹고 잘 살거야--!
この人宇宙人よー、この人も捕まえに行きなー。私たち二人はここに一緒にいるわー。
私達はここで一緒に生きていくわー。
ここで私達は二人だけで、沢山食べて、幸せに生きていくわー!

ソンイの叫びを聞いて、寂しそうな表情をするミンジュン。

ソンイ
도민준씨도 해--.
ドミンジュンさんも、しなさいよ。

ミンジュン
뭘해?
何をする?

ソンイ
해--. 나 처럼
しなさいよ、私みたいに

ミンジュン
잘먹고 잘살거다---. 우리 둘만---.
沢山食べて、幸せに生きていくぞー、俺たちふたりだけでー!

ソンイ
그럴꺼다-- 어쩔래--!
そういうことよ、どうだー!

ドミンジュンから初めてソンイの手を握る。嬉しくも寂しそうな表情のソンイ。

ソンイ
좋다---!
いいわー!

顔を洗ったソンイ。
少しずつミンジュンとの別れを前に写真を残しておきたいソンイ。

ソンイ
우리 사진 찍을까?
私達写真撮ろうか?

ミンジュン
아?무슨...
あ、何の…

ソンイ
찍자. 나 세수도 했는데...
撮ろうよ。私顔も洗ったし。

ソンイ
도민준씨 한드폰있지?
ドミンジュンさん、携帯あるでしょ?

並んで写真を取る二人。

並んで歩く二人は、二つの違う木が一つの木みたいにくっついているのを見る。
宇宙人のミンジュンと地球人のソンイをこの木に見たてるソンイ。

ソンイ
같은 나무끼리도 아니고 정도 다른데...가능하구나. 부럽다. 어째든 죽을때까지 같이 있는거잖아.
同じ木同士でもなく、長さも違うのに、可能なのね。うらやましい。いずれにせよ死ぬ時まで一緒にいるんじゃない。

ソンイ
우리 사진 찍을까?
私達写真撮ろうか?

ミンジュン
또? 그만하지.
また?やめておこう。

ソンイ
남은것 사진밖에 없어요.
残る物は写真しかないじゃない。

木の前でも写真を撮る二人。
そして、誰もいない場所で手を繋ぎながら歩き続ける二人。

ソンイ
지금쯤 날이 나겠지?
今頃大変なことになってるよね?

ミンジュン
아마도...
多分…

ソンイ
있잖아..도민준씨가 온 별과 여기 지구의 시간이 다르게 흘러가듯이...우리 여기서도 그런걸로 하자. 여기서 난 온 국민의 ?? 받는 천송이도 아니고 도민준씨는 정체를 드러겨서 안돼는 외계인도아니야. 아무 상관도 없어.
그러니까 여기 있는동안엔 우리 밖세상이나 신경 끝자.
ねえ、ドミンジュンさんが来た星と、ここ地球の時間が違って流れて行くように…私達のここでも、そういうことにしようよ。ここで私は国民の??を受けるチョンソンイではなく、ドミンジュンさんは正体を明らかにできない宇宙人でもない。なんの関係もないの。
だからここにいる間には私達外の世界を気にするのはやめよう。

向かい合う二人。

ソンイ
도민준씨...
ドミンジュンさん

ミンジュン
그래. 천송이...
なんだ、チョンソンイ。

ソンイ
사랑해...당신이 이별에서 산다고 하면 나도 이별에서 살고싶고 당신이 다른 별로 간다고 하면 나도 따라가서 살고싶을 만큼...
사랑해...
愛してるわ。あなたがこの星で住むというなら私もこの星で住みたくて、あなたが他の星に行くというなら、私もついて行って行きたい位...
愛しているわ...

ソンイ
당신이 금방이라도 사라져 버릴거같아서 불안하지만...우리가 이렇게 함께있는 시간을...영원히 멈출수만 있다면...내 영혼이라도 팔고싶지만...이런 내 마음이 너무 힘들어서...가끔은 당신을 만나지 않았더라면 이런 생각도 하지만...
あなたが今にも消えてしまいそうで不安だけど、私達がこうして一緒にいる時間を...永遠に止めることができるなら...私は魂でも売りたいけど... こんな私の気持ちがすごく辛くて...時々あなたて会わなかったなら...そんなことを考えたりもするけど…

ミンジュンの頬を優しく手で包むソンイ。

ソンイ
그래도 시간을 뒤돌려도 난 당신을 다시 만날거고... 그렇게 툭닥거리면서 싸울거고...당신한테 반했을거고...
사랑할거야.
だけど時間を戻してでも私はあなたにまた会って、そんな風にバタバタしながら喧嘩して…あなたに反抗して...
愛するわ。

ミンジュン
...그래
...そうだな。

ソンイ
뭐야. 내가 이렇게까지 얘기했는데 그래가 끝이야? 여자가 창피함을 무릎쓰고 얘길 했으면 어느정도 그럴듯한 답을 해...
何よ。私がこんな風にまで話をしたのに、그래で終わり?女性が恥ずかしさを押し切って話をしたなら、ある程度はそれらしい返事を…

ソンイの告白に熱烈なキスで答えるミンジュン。

キスをしてしまったので、やはり体が悪くなってしまったミンジュンをコテージの中に連れて行くソンイ。

その頃インターネット検索で一位から十位までが全部ソンイとミンジュンとなっていた。
ソンイの全事務所にまだソンイが所属していると思い、すごい問い合わせが。
ハンユラの事件はジェギョンが逮捕されたから、ソンイは間もなく再起できるとのマネージャーから聞かされるアン代表。

元マネージャー
우리 송이누난 스캔들이나도 뭔가 클래스가 달라요. 초능력자와 연애라니 완전 신비로워 보이잖아요.
ソンイ姉さんはスキャンダルも何かスケールが違います。超能力者との恋愛なんて。すごく神秘的に見えるじゃないですか。

アン代表
우리 송이 지금 어디 있는거니? 내가 안그래도 송이 촬영장에서 자기 스텝들도 없이 그 고생을 했다는 소릴듣고 이걸 어떡해야 되나? 나라도 나서야되나 그랬는데 돌아오면 바로 접촉을 좀 해봐야겠네.
我がソンイは今どこにいるんだ?俺がそうでなくても、ソンイが撮影場所で自分のスタッフもいなく苦労をしたという話を聞いて、どうしたらいいか?俺でも出て行かないといけないかなと思ってたんだけど、戻ってきたらすぐに接触してみないとね。

急に態度を返して、ソンイをまた引き寄せようとしてるアン代表の姿に呆れるマネージャーたち。

ミンジュンの部屋で、ニュースで病院から消えるミンジュンとソンイの動画を見るチャン弁護士。

<ニュース記事>

배우 천송이 매니저와 사라져
俳優チョンソンイ、マネージャーと消える

순간이동 목격제보 빗발쳐
瞬間移動の目撃情報あちこちに

과학적으로 설명할 수 없는 일
科学的に説明できない出来事

チャン弁護士
이제 만족하십니까? 행복하세요?
もう満足されましたか?幸せですか?

(今までのミンジュンを無事に星に返すために努力してきたチャン弁護士には、最悪の事態で、複雑な表情のチャン弁護士)

ベッドで抱きしめ合いながら寝ていたミンジュンとソンイは目を覚ます。
先に目を覚ましてソンイを見つめていたミンジュン。

ソンイ
언제 일어났어?
いつ起きたの?

ミンジュン
아까. 피곤하면 더 자.
さっき。疲れてるならもっと寝ろ。

ソンイ
아니야. 열 좀 되겠네? 그래도 처음보단 많이 나아진거 같애. 뭔가 적응이된거 아냐?
いいえ。熱はちょっと良くなった?だけど最初よりはすごくましになったみたい。何か適応してるんじゃないの?

ソンイ
우리 사진 찍을까?
私達写真とる?

ミンジュン
또? 배 안 고파?
また?お腹空かない?

ソンイ
고파...
空いた…

ラーメンを食べる二人。

ソンイ
근데 도민준씨 우리 애기는 몇명이나 나을까?
ところでドミンジュンさん、私たちの子供は何人産む?

ミンジュン
어?
(咳き込んで)え?

ソンイ
아니. 천천히 계확을 세워야지 몇명이 좋아? 응 몇명?
いや、ゆっくり計画を立てないと。何人がいい?何人?

ミンジュン
...일곱?
...7人?

ソンイ
일곱? 일곱은 너무 많지 않아?
7?7人は多すぎない?

ミンジュン
옛날엔 다들 그랬어. 일곱은 보통이도 막 열둘 낳는집도 흔했다고.
昔はみんなそうだった。7人は普通でも、ばっと12人産む家もありふれていたんだ。

ソンイ
그래? 그럼 딸넷 아들셋?
そうなの?じゃあ娘4人、息子3人?

ミンジュン
딸 일곱
娘7人。

ソンイ
뭔 딸만 일곱이야?
何?娘7人なの?

ミンジュン
난 딸이 좋단말야. 사내자식들은 시끄럽기만 하고.
俺は娘が好きなんだ。男はうるさいだけだ。

ソンイ
그래. 그럼 그려해볼게. 근데 그게 내맘대로 되는게 아니란말이지. 아들이 중간에 나오면 어떡해?
わかった。じゃあそうしてみる。でもこれは自分の思い通りにならないでしょう。男が中間に生まれたらどうするの?

ミンジュン
할수없지 뭐. 나오면 키워야지.
仕方が無いだろ。生まれたら育てないと。

ソンイ
근데 애들 일곱이나 키우려면 지금사는데는 안되겠다. 그치?
でも子供7人も育てるなら今住んでる所じゃだめね。そうでしょ?

ミンジュン
아무래도.
どうしてもな。

ソンイ
서울 근교나 시골같은데. 아파트보단 주택이 좋을것같아. 마당있는집. 우리 이모가 평택사시거든. 정원 있는집. 근데 손이 엄청 간데. 뭐 아무래도 아파트보단 그러겠지.
우리 강아지도 몇마리 키울까?
ソウル近郊や田舎みたいな所。アパートよりは一軒家が良いと思うわ。庭がある家。私のおばさんがピョンテックに住んでるの。庭園がある家。だけど手がすごい掛かるって。何、どうしてもアパートよりはいいでしょ?
私たち、子犬も何匹飼う?

将来の夢を語るソンイを微笑ましく見つめるミンジュン。

ソンイ
왜?
何?

ミンジュン
아니. 나도 마당 있는집을 좋을거같애서. 강아지도 좋고.
いや、俺も庭がある家が良いと思って。子犬もいいし。

ソンイ
그치?
でしょ?

ソンイ
근데 도민준씨. 나 한테 할말같은거없어?
ところでドミンジュンさん、私に話すことはないの?

ミンジュン
응?
うん?

ソンイ
아니. 좀 치사한 말이긴 한데. 도민준씨 한번도 자기 마음을 얘기한적이 없잖아. 좋아한달지... 아님 뭐...사랑..한달지?
いや、ちょっといやらしい話だけど、ドミンジュンさんは一度も自分の気持ちを話したことが無いじゃない?好きだとか…いや、何?愛してる...とか?

ミンジュン
(少し笑いながら)
라면이나 먹어...
ラーメンでも食べろ。

ソンイの望む言葉をあくまでも言わないミンジュンに腹をたてるソンイだが、知らない振りしてラーメンを食べ続けるミンジュン。
そんなミンジュン姿を写真に撮るソンイ。

ソンイ
라면 먹는 모습이 섹시에서.
ラーメンを食べる姿がセクシーで。

ミンジュン
하루종일 사진만 찍으냐?
一日中写真ばかり撮るのか?

その頃留置場にいれられたジェギョンは自分をこうした誰かに怒っていた。

ジェギョンの対応に必死な会長の所にワインとグラスを持ったフィギョンが入ってくる。

フィギョンのせいでジェギョンが逮捕されたと怒る会長は、こんなことをしてもジェギョンの席をフィギョンには何一つやらないと話す。
それに対しフィギョンは何もいらないと言う。

フィギョンはジェギョンが今までに沢山罪を犯してきて、今日もソンイを殺そうとしたことを話すが、会長は信じず、こんなに沢山もっているのに何が足りなくて兄貴にそんな真似をするんだと怒鳴る。

ワインをつぎ、兄がソンイに飲ませたワインを自分が飲むので、もし自分に何か起きたら信じてほしいと話し、飲もうとするフィギョン。会長はそれを払いのける。

ジェギョンがそうするなら、それなりの理由があるはずだ、理由もなしにそんな真似をする人じゃないと庇う会長。

ついにフィギョンは長兄ハンギョンの声の入った音声を聞かす。

ハンギョンの声
살려줘 재경아...
助けてくれジェギョン。

驚く会長。

フィギョン
누구 목소리인지 기억하시겠어요? 아버지.
誰の声なのか覚えていますか?お父さん。

膝まづいてボイスペンを再生するフィギョン。

フィギョン
죄송합니다 아버지.
すみません、お父さん。

ジェギョンとハンギョンの会話を聞き、ジェギョンがハンギョンを殺したことがわかり、衝撃を受ける会長。

ソンイがミンジュンと消えたと知り、心配するソンイ母だが、ミンジュンを信じているユンジェとソンイ父。

ユンジェ
ミンジュン兄貴は姉貴を危なくさせる人じゃない

ソンイ父
俺も会ってみたが良い青年みたいだった

ソンイ母
良い青年がどうしてソンイを連れて消えるの?
どうして電話をくれないの?

ユンジェ
さっきニュースを見なかったか?
死にそうになった姉貴を助けてくれたのはミンジュン兄貴じゃないか。
人の目があるから仕方がなく逃げてるんだ。

ソンイ母
彼がなんなのよ。医者なの?

ソンイ父
ソンイが好きな男だ。
何もなく無事に戻ってくることを信じて、待とう。

夜の浜辺を歩くミンジュンとソンイ

ソンイ
도민준씨 살았다던 별 이디야?
ドミンジュンさんが住んでいたという星はどこ?

ミンジュン
여기서 어떻게 보여.
ここからどうやって見えるんだ。

ソンイ
여기서 보여지도 않아? 그럼 어디가야 볼수있는데?
ここからは見えないの?じゃあ、どこに行けば見えるの?

ミンジュン
왜?
何で?

ソンイ
그냥 알았으면 해서. 남쪽인가 북쪽인가...저기야? 여기야? 아남 저기야?
だだ、分かったらと思って…。南側なのか、北側なのか…。あっち?こっち?いやあっち?

そんなソンイを見て微笑むミンジュン。

焚き火を前に手をつないで寄り添う2人。

ミンジュン
안 추워?
寒くないか?

ソンイ
다뜻해...
暖かい…

ソンイ
도민준씨...
ドミンジュンさん...

ミンジュン
응?
うん?

ソンイ
우리 매년 여름마다 여기오자.
私たち毎年夏ごとにここに来よう。

ミンジュン
...그러자.
...そうしよう

ソンイ
우리 애들 일곱명이랑 강아지 다섯마리랑. 더더 나중에 손자 소녀들이랑. 어디 해외 멀리 나갈거 있어? 우리 여기로 오자.
私達の子供7人と子犬5匹と。ずっとずっと後には孫たちと。どこか海外遠くに出ることある?私達ここに来よう。

ミンジュン
...그러자.
...そうしよう

ソンイ
와. 대가족이네. 걔네들 먹여살라려면 우리 일 열심히 해야겠다. 도민준씨는 강의 몇탕 더 뛰고. 난 조연이든 단역이든 닥치는 대로 다하고.
わあ、大家族ね。彼らを食べていかせようとしたら、私達仕事を頑張らないと。ドミンジュンさんは講義を何個かさらに増やして、私は助演でも端役でも片っ端から出ないと。

ミンジュン
ㅎㅎ 그래야지...그러자.
ふふ、そうしないとな。そうしよう。

ソンイ
약속한거다.
約束したわよ...

ミンジュン
그래...약속해...
ああ、約束する...。

ソンイ
나 노래불러줘. 한번도 불러준적 없잖아.
私に歌を歌って。一度も歌ってくれたことないじゃない。

ミンジュン
무슨 노래?
どんな歌?

ソンイ
내가 앞으로 도민준 하면 떠올릴 노래. 도민준씨도 천송이 하면 떠올릴 노래. 우리가 오래오래 추억할 노래 뭐 그런거...
私がこれからドミンジュンっていったら思い出す歌。ドミンジュンさんがチョンソンイといったら思い出す歌。私達が末長く覚えていられる歌、何、そういうやつ…。

歌手임병수イムビョンス の <약속約束 >という歌を歌うミンジュン。

# ここからのシーンは<動画を先に…>
[広告] VPS


별이 유난히도 밝은 오늘 이시간이 가면
星がとりわけ明るい今日この時間がいってしまうと

그대 떠난다는 말이 나를 슬프게 하네
君が旅立つという言葉が僕を淋しくさせるね

이밤 다 가도록
この夜が行くように

아~~행복했던 시절 많은 우리들의 약속
あぁ、幸せだった時期の多くの僕達の約束

자꾸 귓가를 스쳐 나를 슬프게 하네
度々耳元をかすめて僕を淋しくさせるね

그대 잘못 아니예요 왠지 울고 싶어져요
君のせいじゃないよ なぜか泣きたくなるんだ

나는 너무나도 파란 꿈을꾸고 있었어요
僕はあまりにも波瀾の夢を見ていたんだ

아~~행복했던 시절 많은 우리들의 약속
あぁ、幸せだった時期の多くの僕達の約束

자꾸 귓가를 스쳐 나를 슬프게 하네
度々耳元をかすめて僕を淋しくさせるね

그대 잘못 아니예요 왠지 울고 싶어져요
君のせいじゃないよ。なぜか泣きたくなるんだ

나는 너무나도 파란 꿈을꾸고 있었어요
僕はあまりにも波瀾の夢を見ていたんだ



歌い終わってソンイの前にひざまずくミンジュン。

ミンジュン
천송이. 니가 듣고싶아라는 말들 다 해줄수없지만 니가 그리는 미래에 내가 함께하고 싶은건 사실이야.
チョンソンイ、お前が聞きたがっている言葉全部は言ってあげられないけど、お前が描く未来に俺が一緒でありたいのは、確かなんだ。

指輪を渡すミンジュン。

ソンイ
끼워줘.
はめて。

指輪をソンイの左手の薬指にはめてあげるミンジュン。
その姿を涙を流しながら見つめるソンイ。

ソンイ
난 이런 유치한 프로포즈 꼭 받았고싶었는데...
私はこんな子供っぽいプロポーズを必ず受けたかったの。

ミンジュン
난 이렇게 유치한 프로포즈 하게될지 몰랐어.
俺はこんな子供っぽいプロポーズをできるとは思わなかった。

ソンイ
완벽하게 행복하다
完璧なほどに幸せだっただわ。

嬉しそうなミンジュンに、意を決した様に話し出すソンイ。

ソンイ
...도민준
...ドミンジュン

ミンジュン
왜? 천송이...
何だ?チョンソンイ。

ソンイ
내가 사랑하는 도민준...
私の愛するドミンジュン...

ミンジュン
왜?
どうした?

ソンイ
우리 이제 꿈에서 깰 시간이야...
당신은 날 위해서 어디가에 존재해줘...
날 위해서 죽지말고... 어딘가에...존재해줘...
그러니까 내망은...
가...
당신이 있었던 곳으로...
私達、もう夢から覚める時間よ…
あなたは私のためにどこかで存在して…。
私のために死んだりしないで…どこかで存在して…
だから私が言いたいのは...
行って...
あなたのいた場所へ... 。


ソンイの別れの言葉に固まるミンジュン。

<20話へつづく>

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ

ランキング@「にほんブログ村」


<エピローグ>

ミンジュンとの話を終えて、ホギュンが帰る時に、一言だけ申し上げる、と言う。

ホギュン
自分が予知能力があるのか分からないけど、自分は見た先生(ミンジュン)は、この地を去る前に必ず心を尽くして思慕する女性に出会うようです。そ
してその女性のために先生がもっている全てを投げ出すかもしれません。

ミンジュン
何の理由でそんな話を…

ホギュン
もともと愛する感情は意地悪で、それを信じない人たちには一層強力で微動だにできない方法で訪ねて来るからでしょう…

ミンジュンとソンイ2人で撮った写真の数々。
そして最後の写真は、ミンジュン一人の、幸せそうで、でも寂しそうに笑う姿…。

星から来たあなた 第19話(下)
you f s 4
(写真:APBさん提供)

#(先にKJ管理室からコメントさせて頂きます)

何度もミンジュンの歌を聴いています。
400年も思い続けた愛とは…?
たとえ失った愛であっても、
Love means never having to say you are sorry.
(愛とは決して後悔しないこと…“ある愛の詩”)

でも、愛の力は奇跡をも生む。
そんな20話と最終第21話を期待しています。
サランへ…

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ランキング@にほんブログ村
This page is brought to you by MAKOMAKO,
and the Team Woodalchi.
スポンサーサイト

星から来たあなた 第14話 詳細と対訳


# まずは男子フィギュアスケートの羽生 結弦選手!!
 金メダルおめでとう! 昨夜から期待していましたよ。

# さて、いつものようにmakomakoさんのハングルからの翻訳。
 合わせて、
 最下段にはウダルチ情報係のAPBさんからの応援が入っています。

星から

『星から来たあなた』第14話
(by makomako)

〈これまでの色々な場面の回想〉

ミンジュン
나는 400년전에 외계에서 이곳에왔고 그땅에서 400년이나 살아왔어.
俺は400年前に外界からこ子に来て、この土地で400年を生きて来た。

ミンジュン
12년전에 그때 널 구한게 나야.
400년전의 그 아이 비녀의 주인인 그아이 닮았으니까.
12年前のその時、お前を助けたのは俺だ。
400年前のその子、かんざしの持ち主のその子に似ていたから。

ミンジュン
그런데 니가 그양 천송이기만한다면 나 관심없어.
가!!!
それで、お前がただのチョンソンイならば俺は関心がない。
行け!

ソンイ
단 한순간도 나 좋아했던적이 없었어?
나 때문에 설레였구나 진심으로 내가 걱정됬고나 그여자랑 상관없이 그냥 내가 좋아했던 적이 진짜 단 한번도 없었어?
ただ一瞬も私を好きだったことはなかったの?
私のためにドキドキしたことや、本気で私が心配になったり、その女性に関係なくただ私が好きだったことは本当にただ一時もなかったの?

ミンジュン
없었어. 단 한번도.
なかった。ただ一度も。

フィギョン
우리 송이가 싫은거야?
아니 뭔가 다른 이유가 있는거야?
ソンイを嫌いなのか?
それとも何か他の理由があるのか?

ミンジュン
천송이를 니 형부터 지켜.
チョンソンイをお前の兄貴から守れ。

ミンジュン
니가 원하는게 이곳야? 이거만 건네주면 몸출거야?
お前が望んでいるのはこれか?これだけしてやればやめるのか?

ジェギョン
누가 감히 나한테 명령을 해!! 반드시 너 죽어보릴거야!!
誰が畏れ多くも俺に命令するんだ!絶対にお前を殺してやる!

車に轢かれるミンジュン

チャン弁護士
우리 민준이 꼳 떠납니다.
혹시 마음이 있으면 이쯤에서 정리하는게 맞지 싶습니다.
ミンジュンはまもなく旅立ちます。
もし気持ちがあるならこのあたりで整理するのがいいと思います。

ミンジュン
제가 앞으로 유일하게 할수있는건 잘 살아지는거 아난가 싶습니다.
私がこれから唯一してあげられるのは、うまく消えることではないかと思います。

ミンジュン
제안을 하려고왔어.
모든걸 내가 안고 살아버리는게 바라는거 아닌가?
그쪽이 원하는걸 내가 하지.
提案をしに来た。
全てのことを俺が抱えていなくなるのを望んでるんではないか?
そちらの望んでいることを俺がしよう。

ミンジュン
떠날날이 다가가고있는데 기분이 어떤냐고요?
去る日が近づいているけど、気分はどうですかって?
(むせび泣くミンジュン)

ワイヤーをつけて飛び降りるソンイ。
降りる途中でネジがはずれ墜落する。
二台の救急車が病院に到着し、担架で運ばれるソンイ。
手術台のライトがつく。

新聞社にはソンイのニュースが入り、さっそく記事を書き始める記者
「속보: 배우 천송이 촬영중 낙상 생명위독速報:
 俳優 チョンソンイ 撮影中 落下負傷 生命危篤」

誰もいない取調室でつぶやくチャン弁護士
「미치셨어. 미치셨어.
(おかしくなられた、おかしくなられた)」

ソンイの危篤のニュースを見てほくそ笑むジェギョンの所に、ミンジュンが現れ、驚くジェギョン。

ジェギョン
왠 일이야?
지금쯤 검사로 만나야되는거 아닌가? 우리 약속대로 하면?
なんの用だ?
今頃検事と会ってないといけないんじゃないか?俺たちの約束通りなら。

机の下の通報ベルを押そうとするが、机ごと吹き飛ばされ、首根っこをつかまれるジェギョン。

ミンジュン
내가 너를 어떨게 할거같아?
俺がお前をどうすると思う?
笑うジェギョンを瞬間移動してビルの屋上に追いやるミンジュン。
驚くジェギョン。

ミンジュン
너를 죽일거야.
お前を殺す。

ジェギョン
나를?니가? 감히 니가?俺を。
お前が?畏れ多くもお前が?

ミンジュン
그래. 내가 너를 지금.
そうだ。俺がお前を、今。

ビルの外にジェギョン首を掴んだままぶら下げるミンジュン。

ミンジュン
니가 천송이한테 한듯이 똑같은 방법으로 널 죽일거야.
お前がチョンソンイにしたのと同じ方法でお前を殺す。

ミンジュン
죽어!!!
死ね!

時間は戻り…
(ソンイ墜落事件1週間前)

ある男がチャン弁護士にぶつかったふりをして、チャン弁護士の鞄に盗聴器を仕掛ける。
気づかないチャン弁護士とミンジュンの会話が盗聴されている。

チャン弁護士
혹시 기억을 지워버리는 건 안됩니까?
もしかして記憶を消してしまうことはダメなんですか?

ミンジュン
예? 무슨 기억을 지워요?え?
何の記憶を消すんですか?

チャン弁護士
아니 영화보면 그런거 있든데 왜? 외계인이 무슨 봉 같은걸 누르면 사람들의 기억이 다 지워지고 그러는거.
그런건 안됩니까?
いや、映画をみるとそういうのあるじゃないですか。宇宙人が何かのボタンみたいのを押すと人々の記憶を全部消すとかそういうの。
そういうのはダメですか?

ミンジュン
영화잖아요.
映画じゃないですか。

二人の会話を盗聴しているジェギョン。

チャン弁護士
아니 시간을 멈추는 능력도 있고 염력도 있고 왠만하면 다 되지는 분이 왜 그건 없대?
진짜 없어요?
いや、時間を止める能力もあり、念力もあり、やろうと思えば全部できる方がどうしそれはないのですか?
本当にないんですか?

ミンジュン
없어요.
ないです。

チャン弁護士
띡 누르이까 기억 다 지워지고 좋던데.
ポチっと押したら記憶が全部消えると良いのに…。

ミンジュン
아 없다고요.
あ〜!ないですよ!

チャン弁護士
하긴 뭐 이젠 있던 능력도 언제 사라질지 모르고 될땐 되고 안될땐 안되고 이제 뭐 복불복인거죠. 초능력도 이거 원 불안해서
とにかく、もうあった能力もいつ無くなるか分からなくて、できる時はできて、ダメな時はダメで、もう福不福でしょう。超能力もこれももう不安で。

ミンジュンの秘密を知り、何か考えるつくジェギョン。

ミンジュン
유일하게 할수있는건 잘 사라지는게 아닌가 싶습니다.
난 이제 여기서 살수있는게 없으니까
唯一してあげられるのは、うまく消えてなくなることではないかと思います。
俺はもうここで生きられりわけじゃないから。

ミンジュンがジェギョンの代わりに罪を被ろうと考えているのを知り、ほくそ笑むジェギョン。

ミンジュン
내가 해줄수있는 것들을 다 해주고
私がしてあげられることは全部してあげて

チャン弁護士
선생님 해 줄수있는것들이 뭔데요?
先生がしてあげられることは何ですか?

チャン弁護士
혹시라도 그런것 생각하시는게 아니죠?
그는 안됩니다. 만약에 선생님의 능력으로 누군가 죽게 만든다면 그때는...
もしかしてそんな事を考えているのではないですか?
それはダメです。万一先生の能力で誰かを殺したらその時は…

ミンジュンが人を殺したら、起こる事を知り、ほくそ笑むジェギョン。

ジェギョン
그랬어? 그런거였어? 그런게있었어?
そうなのか?そうだったのか?そんな事があったのか?

ジェギョン
도민준 만나야되겠어.
ドミンジュンに会わないといけない。

ミンジュンと会うジェギョン。
ミンジュンの提案を受け入れるというジェギョン。
ミンジュンが約束をやぶったらジェギョンを殺すというミンジュンに、分かっていると答えるジェギョン。
しかし内心はミンジュンの秘密を聞いて、ミンジュンには自分を殺せないと考えているジェギョンだった。

フィギョンが家に帰ると両親がジェギョンの前妻の話をしていた。
離婚直前にジェギョンが怖いと話していた前妻。
母も実はジェギョンが難しい子だと話すが、父はだから後継者に相応しいんだと取り合わない。
フィギョンは両親に挨拶をし、来週の週末にジェギョンが墓参りに行くから一緒に行こうと誘う。
母は行くと答える。苦い顔の父親。

(事件の3日前)
フィギョンはハヌル精神病院を訪ねる。
受付で前妻の名前話すと、そんな患者はいないと即答する職員。
こんなに大きい病院なのに、調べもせずにいないと即答できるなんて頭が良いんですね、と話すフィギョン。
いったん引き上げるが前妻がいると確信するフィギョン。

(事件2日前)
事務所で社長と話すセミ母子。
セミとソンイが共演することになった話で、ソンイがセミにしてきた事を考えたらどうかしら、と話すセミ母に、ソンイがずっとセミと一緒にやりたいやりたいと話していた事を話す社長。
ソンイを褒める事に気分を悪くしたセミ母は、撮影現場ではセミとソンイに、待遇の差をつけるように依頼する。
セミが以前ソンイが載っていた広告に載ることになり、喜ぶセミ。

7/24-27にジェギョンが夏休みにチョンピョンで電波をキャッチされて、ユラも7/24-27までチョンピョンでキャッチされたことを話すとユソク検事たち。
ジェギョンに通じている刑事がチョンピョンの別荘を整理するようにこっそり伝える。
ジェギョンの別荘では大掛かりな掃除で証拠消滅をはかり、代わりにミンジュンとユラが来たように工作する。
ジェギョンの別荘を訪ねたユソク検事たちはすっかり綺麗に掃除されているのを不審に思う。
別荘の管理人に尋ねると、ジェギョンは父の別荘にとまり、ジェギョンの別荘にはゲストに貸すという。
夏休みに二人の男女が泊まりに来たと話す管理人。
ミンジュンの写真を見せると、この人だと話す管理人に、夏に来た人の顔をそんなにすぐに分かるなんて記憶がいいんですねと返す検事。
気まずい管理人。
ジェギョンの別荘の帰り道に、おかしい、ドミンジュンが犯人じゃない気がすると話す同僚刑事に、次の日にミンジュンが自首しにくると話すユソク検事。
どうしても納得いかない検事たち。
ミンジュンはソンイに、言われて大学の博物館に行き、100年前の自分の写真持っていくミンジュン。
その写真を見ながら…

ミンジュン
끝이없는 시간을 가지고있을땐 단 한번도 그 시간이 소중하다는걸 생각해본적이 없었습니다. 그런데
終わりのない時間を持っている時はただ一度もその時間が大切だということを考えたことはありませんでした。

寝ているソンイをこっそり見つめるミンジュン。

ミンジュン
이제 함께 할수있는 단 하루나 그런시간이 있다면 가진 모든것을 잃어도 상관없다고 생각합니다.
하지만 내가 가진모든것을 다 버려도 그것을 얻을수없다는 사실을 이제는 잘 압니다.
もう一緒にいられるただ一日、そんな時間があったら、もっている全てのものを失っても構わないと思います。
だけど私がもっている全てを捨ててもそれを得られない事実を今は良く分かっています。

何かの気配を感じて目を覚ましたソンイはベランダに出る。巨大広告には自分の代わりにセミが。空を眺めるソンイ。

ソンイ
왠 일이니? 서울 하늘에 별이 이렇게 많이 뜰때도있네.
도민준 니가 정말 저별들중 한곳에왔어?
何なのよ。ソウルの空に星がこんなに浮かぶ時もあるのね。
ドミンジュン、あんたが本当にあの星たちの一つの場所から来たの?

ソンイ
그냥 싫다고 하고말지.
별에서 왔다는 둥 그런 소리를 왜 해서. 앞으로 난 평생 밤하늘 볼때마다 널 생각해야 할거아냐?
ただ嫌いだと言えば良いのに。
星から来たとかいうそんな言葉を何でする?これから私は夜の空を見る度、あんたを思い出さないといけないじゃない。

ため息をつくミンジュン。

ミンジュン
그리고 나는 또 압니다.
사랑하는 존재가 생기면 두려움 역시 생긴다는 사실.
지켜내야하는 사람을 지켜하지 못할까봐. 나는 지금 두렵습니다.
そして私はまた知りました。
愛する存在ができると、恐れもまた生まれるという事実。
守らないといけない人を守れないかもしれない、私は今は怖いです。

(事故当日)
警察に出頭しようと準備するミンジュン。
ソンイは撮影のために一生懸命化粧をするが、撮影スタッフから連絡があり、化粧をしないでほしいとのことでわざわざ化粧を落とすソンイ。
車も準備されてないから、自分で運転すればいいと母に話すソンイ。

ソンイはミンジュンに話そうと言うが、何も答えないソンイ。

家を出るとエレベーターの前で鉢合わせするソンイとミンジュン。
ソンイ母がミンジュンに話しかけるが、ソンイに止められる。
先にエレベーターに乗ったソンイは、母に説明をする。

ソンイ
엄마 저사람 귀잖게하면 나 저사람이랑 확 실아버린다.
お母さん、あの人を困らせたら私はあの人とパッといなくなるわ。

ソンイ母
뭐?
何ですって?

ソンイ
내가 저사람 많이 좋아해.
그래서 고백했는데 차였어.
私があの人をすごく好きなの。
だから告白したんだけど振られたの。

ソンイ母
너 미쳤어? 아니 휘경이를 두고
あんたおかしくなったの?フィギョンを差し置いて。

ソンイ
그러니까 나 마음어렵게 접었으니까
だから、私は気持ちをやっとのことで抑えたから。

ソンイ母
너 울어? 니가 남자때문에 울어?
あんた泣いてるの?あんたが男のために泣いてるの?

二人の会話を聞いているミンジュン。

ソンイ
어. 나 울어. 남자때문에 구질구질하게 울어.
그러니까 귀잖게하지마 저 사람. 나 방금도 확 매달리고싶은거 겨우경우 참았으니까.
うん、私は泣いてるわ。男のためにイジイジ泣いてるの。
だから困らせないで、あの人を。さっきもばっとすがりたいのをやっとの思いで我慢したんだから。

ソンイ母
너 미쳤구나.
あんたおかしくなったのね。

ソンイ
어. 나 미쳤어.
そう。私はおかしくなったの。

ソンイの気持ちを知り、立ち尽くすしかないミンジュン。
検察に向かうミンジュンを止めようとするチャン弁護士。

チャン弁護士
미치셨어요? 왜요.
왜 그럴 생각을 하세요.
おかしくなったんですか?どうしてですか?
なんでそんな風に考えるんですか?

ミンジュン
아니면 내가 이재경을 죽여야합니다.
죽이든지 멈추게 하든지 둘중 하나예요. 아니면 천송이가 죽을수도있어요. 천송이가 형사에게 이재경과 한유라 관계를 이야기했어요.
시간이 없습니다.
そうでないと、私がイジェギョンを殺さないといけません。
殺すか止められるか二つに一つです。でなければチョンソンイが死ぬかもしれません。チョンソンイが刑事にイジェギョンとハンユラの関係を話したんです。
時間がないんです。

それなら一つだけ、絶対に(ジェギョンを殺すような)変な真似はしないと約束する様に迫るチャン弁護士。
しつこいチャン弁護士に約束させられるミンジュン。

録画をしながら、刑事に自供を始めるミンジュン。

その頃撮影現場では席もなく、付き人もなく冷遇されながら、立ちながら台本を復習するソンイ。元マネージャーが寒そうなソンイにカイロをもって行こうとするが、セミが台本読みの相手をわざと頼む。

ソンイ母はわざとソンイを冷遇し、セミをちやほやし、見せつけようとしていることに不満をたらす。

その時にフィギョンがソンイの段幕をはったケータリングカーを用意して現れる。
喜ぶソンイ母。
主演がセミだと分かってセミを無視するフィギョン。
いてもたっても居られず席をはずすセミ。

フィギョンはスタッフの一人に目が行くが、視界から消えてしまう。

嬉々としてみんなに食事を勧めるソンイ母に面白くないセミ母は嫌味を言うが、ソンイ母は、こういうことは初めてのセミ母に主演女優の育て方をアドバイスし、言い返せないセミ母。

ワイヤーの状態を確認するソンイ。
何か異変を感じはするが、そのまま本番に望む。
飛び降りるソンイ。
その瞬間フィギョンはさっきのスタッフがジェギョンの部下だということを思い出す。
しかし時すでに遅し、ワイヤーのネジがはずれてしまう。

墜落するソンイをフィギョンが抱きとめたが、二人で頭を打ち、病院に運ばれる。

新聞社にはソンイの事故の一方が入り、さっそくインターネットに事故の記事を書く。
「속보: 배우 천송이 촬영중 낙상 생명위독速報:
俳優 チョンソンイ 撮影中 落下負傷 生命危篤」

フィギョンは手術室に入り、ソンイは血液がRH-で病院に輸血用の血液がないためできないと。
家族は血液検査を受けるように言われるが、家族は他にいないですかと聞かれるソンイ母。

漫画喫茶では、ソンイの事故のニュースについて悪口をする学生たちを追い返すヘインたち。

バスでソンイの事故を知ったソンイ父は病院に駆けつけ、ソンイ母とユンジェの前に現れる。
ユンジェはびっくりして父を見つめる。

その頃刑事たちに自供の不審点を追求されるミンジュンとチャン弁護士。
休憩をとることになり、部屋を出るチャン弁護士と同僚検事。
ユソク検事はミンジュンに守りたい秘密か守りたい人がいるからこんな嘘をつくのかと尋ねる。
何の為か誰の為か分からないけどあなたのために誰かの罪が覆い隠されることもあると言われるが、それでも本当のことを言えないミンジュン。

その時に同僚検事がソンイの事件をユソク検事に伝える。
それを知ったミンジュンの表情で、守りたい人がソンイだと直感するユソク検事。
ミンジュンは取調室を飛び出し、それを追いかける同僚検事だが、ドアを出てみるとミンジュンはいなく、他の検事にミンジュンは取調室から出てこなかったと言われてしまう。

以前にもミンジュンが忽然と消えたことが何度かあったことを思い出し、CCTVを確認しようと言い出す同僚検事。

ミンジュンが取調室を飛び出す映像を見て、出て来たはずの部屋のCCTVには写っていないことを確認する検事たち。
残されたチャン弁護士にそのことを問い詰める同僚検事。
あくまで知らない振りを通すチャン弁護士。

一人になったチャン弁護士は、おかしくなられた…とつぶやく。

ソンイ父の血液が合致し、ホッとするソンイ母。
陰から見つめるミンジュン。
ソンイの痛ましい姿を見たミンジュンは怒りに震える。

ジェギョンの部屋に飛び込んで来たミンジュン。

ジェギョン
왠 일이야? 지금쯤 검사로 만나야되는거 아닌가?
우리 약속대로 하면?
なんの用だ?今頃検事と会ってないといけないんじゃないか?
俺たちの約束通りなら。

机の下の通報ベルを押そうとするが、机ごと吹き飛ばされ、首根っこをつかまれるジェギョン。

ミンジュン
내가 너를 어떨게 할거같아?
俺がお前をどうすると思う?

笑うジェギョンを瞬間移動してビルの屋上に追いやるミンジュン。
驚くジェギョン。

ミンジュン
너를 죽일거야.
お前を殺す。

ジェギョン
나를?니가? 감히 니가?
俺を。お前が?畏れ多くもお前が?

ミンジュン
그래. 내가 너를 지금.
そうだ。俺がお前を、今。

ビルの外にジェギョン首を掴んだままぶら下げるミンジュン。

ミンジュン
니가 천송이한테 한듯이 똑같은 방법으로 널 죽일거야.
お前がチョンソンイにしたのと同じ方法でお前を殺す。

ミンジュン
죽어!!!死ね!

ジェギョン
너 난 못 죽여. 난 알거든. 내가 죽으면 너도 죽게된단걸.
お前は俺を殺せない。俺は知っている。俺が死ねばお前もしのことになることを。

笑うジェギョン。ジェギョンは以前の盗聴で、ミンジュンが超能力で人を殺した場合、ミンジュン自身も死んでしまうことを聞いていた。
まさか自分の命をかけてまで殺そうとしてないだろうと話すジェギョン。

ミンジュンはお前を殺してお前をとめることができるなら、自分が死んでも構わないと話すが、ジェギョンは自分が死ねば病院のソンイも死ぬとミンジュンをとどまらせようとするが、結局ミンジュンに落とされ、地面ギリギリのところで止められる。顔を上げると瞬間移動してきたミンジュンが近づいてくる。

ミンジュン
천송이가 무사하길 기대해.
그 여자한테 무슨일이 생기면 널 죽이러 다시 올거야. 잃을게 많다고 말했지? 하나씩 잃게되는 기분을 맛보게 해주지. 마침내 모든걸 잃게해주지. 파멸이 뭔지 똑똑히 알게해주지.
チョンソンイが無事であることを期待してろ。
あの女に何か起こったらお前を殺しにまた来るからな。なくす物が多いと話しただろ。一つずつ無くなっていく気分を味合わせてやるからな。最後には全部を無くしてやる。破滅が何か、しかと教えてやる。

ジェギョン
니가 감히...
お前が恐れ多くも…

ミンジュン
니가 감히! 누굴 건드렸는지 또 내가 알게 해줄게.
お前が恐れ多くも!誰に手を出したかも俺が教えてやる。

見下すミンジュン。何も言い返せないジェギョン。

病院では先生から様子は見ないといけないが、いったん大丈夫だと言われ、
安心する両親。ソンイ父にお礼を言うソンイ母。

帰ろうとするソンイ父を呼び止め、ソンイが目が覚めるまでいるようにいうソンイ母。ソンイは会いたくないだろうという父に、ソンイ母はソンイがものすごく父にあいたがっていたことを話す。
ソンイの手を握り、むせび泣くソンイ父。
父に挨拶しないのかと母がユンジェに聞くが、俺には父親はいないんだろ、とまだ現実を受け止められず、病院を立ち去るユンジェ。
ソンイの手を握り続ける父。ソンイは夢の中で父といた頃を思い出していた。
小さい頃撮影などで緊張していた時などに父の名前を唱えていたソンイ。

(ソンイ)
아빠 어렸을때는 난 무서울때 마다 아빠를 불렀어요.
"아빠"
お父さん、小さい頃は私は怖い時のたびにお父さんを呼んでいたわ。
「お父さん」

ワイヤーから飛び降りる時にソンイはミンジュンの名前を唱えていた。

(ソンイ)
그런데 나 이제 다른 이름을 불러요.
"도민준"
だけど私は今は他の名前を呼ぶのよ。
「ドミンジュン」

〈ソンイの夢〉
腕を組んで幸せそうに歩くソンイとミンジュン。
ベランダで夜空を仲良く見つめる二人。

(ソンイ)
처음으로 아빠보다 사랑하는 사람이 생겼어요. 아침부터 밤까지 뭐든 다같이 한께 하고싶은 사람이 생겼어요.
初めてお父さんより愛する人が出来たの。朝から晩まで全部一緒にしたい人が出来たの。

ソンイの夢ではなく、本当に病室で寝ているソンイに会いにやっ出来たのミンジュン。

(ソンイ)
그사람이 가라고 아무리 밀어내도 걸음이 안떨어져요.
싫어지려고 아무리 노력해도 싫어지지 않아요.
その人が行けとどんなに押しやられても歩みを外せないの。
嫌いになろうとどんなに努力しても嫌いになれないの。

ソンイを見つめた後、そっとソンイのおでこにキスをするミンジュン。

(ソンイ)
자꾸 그 사람이 날 사랑하는 슬픈 꿈을 꿔요.....
しょっ中、その人が私を愛する寂しい夢を見るの....。

<第15話へ続く>

エピローグ

ソンイのおでこにキスをして立ち去ろうとするミンジュンの手を、寝ていたはずのソンイが握る。
驚いて振り返るミンジュン。目を開けるソンイ。
でもソンイはこれを夢だと思っていた。

(ソンイ)
자꾸만 슬픈 꿈을 꿔요....
しょっ中寂しい夢を見るの…。

(以上 toranlations by makomako)

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ

ランキング@「にほんブログ村」
<星から来たあなた>


# ちょっと先ですが、
 次はAPBさんのプレビュー(第16話予告)です。

16話プレビュー
http://www.youtube.com/watch?v=RtBAbXR8jEk


「重ねた手」の画像
hands.jpg

Translations:(韓国語⇒英語)

SY: That kiss...
 are you kissing me or kissing that girl?
YJ: You stayed at his place the whole night?
SY: It's not like what you imagined.
MJ: Why are you calling me?
SY: I miss you.
SY: I miss you that's why I'm calling you.

Journalist: Recently the rumour
 between you and the chaebol...
 can you please tell us a little?
SY: I like Do Min Joon-ssi.
 I think I've made you unhappy.
SY: Do Min Joon ssi, I am here with you now
 (the way she says
 it more like you have me with you now)
MJ: What would you like to do in the future?
MJ: Whatever Chun Song Yi you want to do,
 we will first do it all.

ソンイ:あのキッスは、私となの?それともあの子となの?
ウンジェ:姉貴、あいつんちに一晩ずっといたのか?
ソンイ:あんたが思っているようなのと違うの。
ミンジュン:どうして私を呼ぶんだ?
ソンイ:会いたいから。
    会いたいから、呼ぶの。

インタビュアー:最近、あなたと財閥の噂がありますが、
        すこしご説明いただけますか。
ソンイ:私、ト・ミンジュンさんが好きなの。 
    あなたを不幸にしたみたい。
ソンイ:ト・ミンジュンさん、私は今あなたと一緒よ。
     (超訳・迷訳「私を自分のものにしたのね」) 
ミンジュン:将来(これから)何がしたい?
      チョン・ソンイ、君がしたいことなら何でも、
      一番先に二人で一緒に全部しよう。

(以上 by APB)

<ファンが作った見取り図とのこと>

 ミンジュンとソンイのマンションルーム。
 エレベーターホールに面して玄関が直角に向かい合い。
 ベランダは通りに面して隣同士。 
hands2.jpg

さらに、makomakoさんからのハングルの訳が届いています。

ソンイ:
그키스 누구한테 한거야? 나야? 그여자야?
あのキッスは、私となの?それともあの子となの?
ユンジェ:
누나 밤새 그남자가 집에 있었어?
姉貴、あいつんちに一晩ずっといたのか?
ソンイ:
니가 생각하는 그런거 아니야
あんたが思っているようなのと違うの。
ミンジュン:
왜 불렀어?
どうして私を呼ぶんだ?
ソンイ:
보고싶어서. 보고싶어서 부른거라고
会いたいから。会いたいから、呼んだの。

インタビュアー:
최근 천송이씨 재벌2세와 스캔들이 났던데. 저희에게 살짝 얘기좀
最近、あなたと財閥の噂がありますが、すこしご説明いただけますか。
ソンイ:
난 도민준씨가 좋아. 내가 널 불행하게 만드는거 같아.
私、ト・ミンジュンさんが好きなの。あなたを不幸にしたみたい。

ソンイ:
도민준씨 이제 내가 있잖아.
ドミンジュンさん、もう私がいるじゃない
ミンジュン:
천송이 나가 하고싶은거 우리 미리 다하자
チョンソンイ、お前がしたいことを、俺たち先に全部しよう

<17話文字予告>
휘경은 죽은 큰형의 사고를 조사하던 중 놀라운 사실을 알게 된다.
민준이 한 달 뒤 떠나야 한다는 걸 받아들일 수 없는 송이는 민준을 밀어내려고 하고, 속상한 마음에 민준은 정신 못 차릴 만큼 술을 마시는데...
フィギョンは死んだ上の兄の事故を調査中に驚くべき事実を知ることになった。
ミンジュンが1ヶ月あとに去らないと行けない事を受け入れられないソンイは、ミンジュンを避け、傷ついた気持ちでミンジュンは我を失うほどお酒を飲むが…。

(以上 by makomako)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ランキング@にほんブログ村
This page is brought to you by the Team Woodalchi.

星から来たあなた 第13話 詳細と対訳

星から来たあなた 第13話

ミンジュン
最初にここに来た時私は私がもっている能力で困っている人を助けたかったです。
そのためには私が彼らとは違う存在だという事実を明かさなければなりませんでした。

(朝鮮時代に石に下敷きになった人を助けたが、かえって追われる羽目になったミンジュン)

ミンジュン
私から受けた助けをありがたがるのは一瞬で、私は自分がもっている能力のために、彼らとは違う存在だという事実のために、恐れの対象になりました。
これは長い間情を与えて生きた人でも同じでした。

(10年来の友達に正体を明かしたら、怖がられて逃げていかれたミンジュン)

ミンジュン
오랜 경험을 통해 깨달았습니다.
누군가를 잃지 않으려면 철저하게 정체를 숨겨야한다는 사실을.
그리고 난 오늘 찬송이를 잃기 위해서 그녀에게 내 정체를 이야기했습니다.
그녀가 나에게서 달아나 주기를 나를 두려워해 주기를 바라면서.
長い経験を通して、気がつきました。
誰かを失わないようにするなら徹底して正体を隠さなければいけないという事実を。
そして私は今日チョンソンイを失うために彼女に私の正体を話しました。
彼女が私から逃げてくれることを、私を恐れてくれることを願いながら。

ミンジュン
12년전에 너를 구한게 누구였는지 궁금했던거아닌가?
그때 너를 구한게 나야.
12年前にお前を助けたのは誰だったか気になってたんじゃないか?
その時お前を助けたのは俺だ。

ミンジュン
너를 구했던건 딴 이유있었어.
그때의 니가 400년 전 그 아이 이 비녀의 주인인 그 아이를 닮았으니까.
순간 착각할만큼 많이 닮았었거든.
お前を助けたのは他の理由があった。
その時のお前が400年前のその子、そのかんざしの持ち主であるその子に似ていたからだ。
瞬間錯覚するほどにとても似ていたからだ。

ソンイ
무슨 소리야 지금? 400년전 비녀의 주인.
그때 살았던 사람의 얼굴을 어떻게 알아?
그럼 당신이 400년 동안 살기라도 했던 말이야?
何の話なの今?400年前のかんざしの持ち主。
その時生きていた人の顔がどうして分かるの?
じゃあ、あなたは400年間生きてきたってことなの?

ミンジュン
맞아.
나는 400년전에 외계에서 이 곳에 왔고 내가 살던 별로 돌아가지 못했고 이 땅에서 400년을 살아왔어.
そうだ。
俺は400年前に外界からここに来て、俺が住んでいた星に戻れなくなり、この土地で400年を生きて来た。

ソンイ
도민준씨. 가자 집에.
우리 도민준씨 아직 많이 아프네.
ドミンジュンさん、行こう、家に。
ドミンジュンさんはまだすごく体が悪いのね。

信じないソンイにガラスを割って見せるミンジュン。
驚くソンイ。怖い顔でソンイに迫るミンジュン。

ミンジュン
상관없다며? 나는 이런 사람이야.
아직도 상관없어?
構わないんだろ?俺はそんな人間だ。
それでもまだ構わないか?

ソンイ
방금 뭐야? 뭘 어떻게 한거야?
今のは何?何をどうしたの?

ミンジュン
아직도 모르겠어?
나는 마음만 먹으면 지금 이 자리에서 너를 헤칠수도있어.
그러니까 기회줄때 도망가. 가!
まだ分からないのか?
俺はその気になれば今この場でお前を傷つけることもできる。
だから機会をやる時に逃げろ。行け!

ソンイは逃げるどころかミンジュンの手を握る。

ソンイ
잠깐만 붙잡고 있을게.
나 다리가 너무 후들거려서 그래.
しばらく捕まっているわ。
私足がすごくフラフラするから。

ソンイ
당신이 다 맞다쳐. 당신 말대로 마음만 먹으면 얼마든지 날 헤칠수있었다 치자고. 그럼 왜 그랬는데?
왜 그동안 몇번이나 날 구해주고 내가 하자는대로 다 해주고 내 말 다 들어주고 왜 날 지켜준건데?
왜?
あなたが全部あってるとして、あなたの言葉通りその気になればいくらでも私を傷つけることができたとして、 じゃあ何故そうしたの?
何でこれまで何度も私を助けてくれて、私がしようということを全部してくれて、私の話を全部聞いてくれて、何で私を守ってくれたの?
どうして?

ミンジュン
말했잖아. 그 아이랑 닳아서 그랬어.
혹시 두 사람 사이에 뭔가 있나해서.
그런데 그게 아인거같더군.
니가 그냥 천송이기만 하다면...나 관심없어. 니가 어떻게 되든.
話しただろ。その子と似ていたからそうしたと。
もしかして二人の間に何かがあるかもと。
だけどそうではないようだ。
お前がただのチョンソンイだけなら、俺は関心がない。お前がどうなっても。

外に出て来たソンイ。

ソンイ
말도 안돼. 장난해? 외계인?
병원은 지가 가봐야겠네.
あり得ないわ。ふざけてるの?宇宙人?
病院はあいつが行かないとだわ。

そっと陰からソンイを見つめるミンジュンは、タクシーに乗せようとタクシーを止めるがソンイはタクシーを通り過ぎる。

ソンイ
아이씨 배고파.
헛소리할거면 밥이나 맥여넣고 하든지.
데이트인줄 알았젆아.
もうお腹すいた。
くだらない事を言うんなら、ご飯とか食べさせてから言うとか。
デートだと思ったじゃない!

ヒールが道にはさまるソンイ。

ソンイ
아이씨 진짜 가지가지 해.
もう、本当に色々と。

ソンイ
니가 다른 별에서 와? 외계인이야?
니가 외계인이면 나는 뱀파이어다!
내가 스무 살때부터 늙지도 않고 이 얼굴 이 피부 다들 그래.
뱀파이어 같다고. 방부제 미모라고!
あんたが他の星から来た?宇宙人だ?
あんたが宇宙人なら、私はバンパイアよ。
私が20歳の時から年もとらず、この顔、この皮膚、全部そうよ。
バンパイアみたいだと。防腐剤美貌だと!

니가 뭘 알아?
이런 저승사자 도깨비 말미잘 이런 괴물같은 자식아!
あんたに何が分かるの?
こんな、死神、鬼、イソギンチャク、こんな怪物みたいな奴め!

正体を明かしても怖がらなかったソンイをただただ見つめるミンジュン。

その頃、ジェギョンは自分の話を刑事にしたのはチョンソンイしかいない、と考える。
ユラの幻想に向かい、話かけるジェギョン。

ジェギョン
刑事に俺の話をしたのは誰か?
誰だと思うか?
その事実を知っている人間はチョンソンイ。
チョンソンイしかいないんだ。
チョンソンイがしたんだ、確実に。
ことを適時に処理できなければ、必ずこんな風に煩わしい状況が生まれるだろう。

ジェギョン
ところで、チョンソンイがその事実を知っているのは、よく考えたらお前のせいだ。
お前がお前のライバルにどうにかして俺との関係を明かしたくて、あれこれヒントを与えたために、チョンソンイが俺たちの関係を知ったんだ。

ユラ
こんな中でも私のせいにするの?

ジェギョン
睨んでも仕方が無い。お前は俺になにもできない。
そのために俺が殺したんだから。

ユラ
あんたはもうすごいたくさんの事をしでかしたわ。
それを全部覆うことができると思う?

ジェギョン
面白いやつが現れた。そんな奴初めてみる。
変な能力をもっているんだ。
正体はわからない。だからもっと面白い。
正面勝負では絶対に勝てないが、すごくあきれた弱点を一つ俺が知っている。
チョンソンイ。
だから俺はこの弱点をゲームにしようとした。
無条件に俺が勝つゲーム。

ユラ
人が人を愛するのをあんたはゲームにするの?

ジェギョン
うん、お前も負けただろ。
そのゲームで俺はお前らを長く見ていたい。
それで何で俺を邪魔する?

ユラが座っていたはずの席を見るが、誰もいなかった…。

ミンジュンの大学では、学校をたくさん助けてくれた寄付家を探すために100年前の1914年学校設立時に撮られた写真を展示することにする。
そこにはミンジュンの顔が。

チャン弁護士と歩くミンジュン。

チャン弁護士
いえ、どうしてそこまで?
チョンソンイさん、とてもビックリしたでしょうね。

ミンジュン
そうでしょうね。

チャン弁護士
逃げないんですか?

ミンジュン
はい、逃げようとしたのに…

チャン弁護士
いや、だけどそうでしょう。
そんな話を何をしようと…。
ただ私が申し上げた通りすっきりと引っ越しして、連絡を絶ってしまえば良いことを何しに。

チャン弁護士
もしかして記憶を消してしまうことはダメですか?

ミンジュン
はい?どんな記憶を消すのですか?

チャン弁護士
いえ、映画を見たらそんなのがあるので、宇宙人が何かのボタンみたいな物を押すと、人々の記憶が全部消えるとか、そういうのは、ダメですか?

ミンジュン
映画じゃないですか。

チャン弁護士
いえ、時間を止める能力もあって、念力もあって、やろうとすれば何でもできる方がどうしてそれはないんですか?
本当にないんですか?

ミンジュン
ないです。

チャン弁護士
ボタンをピッと押すと記憶が全部無くなるとよかったのに。

ミンジュン
もう、ないですよ!!

チャン弁護士
そういえば、何かもう あった能力もいつ無くなるか分からず、できる時はできる、ダメな時はだめだと、もう何か福不福ということでしょ。
超能力もこれも?不安で。

ミンジュン
私がこれから何ができますか?
もうまもなく行かなければならず、一緒に行くこともできず、残ることもできず、たった一つだけできることは、綺麗にいなくなることじゃないでしょうか。
私はもうここでできることはないから、一瞬にご飯を食べるとか、散歩をするとか、良い日を祝福してあげるとか、そういうことをできないから、彼女が私がいない時も美味しい物を食べて、散歩して、良い日を享受しながらうまく生きていけるように私がしてあげられることはしてあげて...

チャン弁護士
先生、してあげられることは何ですか?

ジェギョンと話したジェギョンの罪を被る話を思い出すミンジュン。

チャン弁護士
何ですか?え?

ヘインに相談をするソンイ。
宇宙人の話をすると、ヘインからは過去に振られた男からの変な言い訳を教えられ、宇宙人という理由はひどい嘘だと言われる。

信じられないソンイは山に登り、恥ずかしげも無くミンジュンに助けを求めるが、やはり現れないミンジュン。

ミンジュンの講義に現れたソンイはミンジュンをおどして無理やり食事にさそう。
わざわざ高速道路にまで乗り、海辺の食堂で夕食をする二人。

ソンイ
海を割るとか、そういうのはダメ?

ミンジュン
やめろ

ソンイ
こうやってみると、日干しも良く食べるし、チョンガクキムチ(大根のキムチ)もよく食べるし、宇宙人もこういうの食べるの?
電気や樹液みたいのでエネルギーを充電するんじゃないの?

ミンジュンの頬を掴むソンイ。

ミンジュン
こら!

ソンイ
皮みたいのが剥けるみたいのはないの?
どうして普通は爬虫類みたいな物の中に入っていて、血も青色で、そんなんじゃない?

ミンジュン
皮はむけないし、中に爬虫類はなくて、血も赤色だ。
それに俺の星の人々はお前たちよりずっと見た目が優れている。
俺の星に来たら、平均にもいかないものどもが、エイリアンや猿の惑星みたいな物を作って宇宙人に対して偏見を作ってるんだ。
俺がそんな映画を見る度にあきれたことは一、二度じゃなかった。

ソンイ
焼酎一杯やる?

ミンジュン
車をもってきただろ

ソンイ
お酒を抜いて行けばいいじゃない。

ミンジュン
バカなことを言うな

波際を歩く二人

ソンイ

나 뭐 하나만 묻자. 나한테 예전에 그랬잖아.
내가 누구냐고 그때 그 여자야?
비녀의 주인이라던 여자.
一つだけ聞くわ。私に対して前に言ったでしょ。
私がだれだと。その時のその女性?
かんざしの持ち主だった女性。

ミンジュン
그래.
そうだ。

ソンイ
비녀 주인이라면 헤어스타일이 머리에 쪽을지고 있었다는 거잖아.
도민준씨 유부녀 좋아했니? 나 사람 그렇게 안봤는데.
かんざしの持ち主ならヘアスタイルは髪を束ねていたということじゃない。
ドミンジュンさんは人妻が好きだったの?私にはそんな風に見えなかったけど。

ミンジュン
그런게 궁금해?
そんなことが気になるのか?

ソンイ
포인트는 그게 아니고 이뻤나?
아니 뭐 하긴 날 닮았다면 입 아플 정도 일거고.

ポイントはそこじゃなくて、きれいだった?
いや、何、とにかく私に似てたなら、答えなくてもいぐらいのことだけ。

ソンイ
근데 정말 그게 다였어?
당신이 좋아했던 어떤 여자가 나랑 많이 닮아서 그게 다야?
それで、本当にそれが全部だったの?
あなたが好きだったどこかの女性が私とすごく似てたから。それが全部?

ミンジュン
그래. 착각에서 시작된 일이야.
너무 닮아서 끌렸고 궁금했고 확인하고싶은 것들이 생겼어.
그래서 니 옆에 있게 됬는데 어느순간 너 그 아이가 아니라고 생각이 들었어.
そうだ。錯覚して始まったことだ。
すごく似ていて引かれて、気になって、確認したいことがうまれたんだ。
だからお前のそばにいることにしたんだが、ある瞬間にお前がその子ではないと考えるようになった。

ミンジュン
만약 내가 널 조금이라도 좋아했다면 넌 그 아이가 아니라고 깨달았을때 뭔가가 남았어야 하는데 아무것도 남지 않았어.
万が一俺がお前を少しでもすきだっなら、お前がその子ではないと気がついた時に何かが残らなければならないのに、何も残ってなかった。

ソンイ
아무것도 안남아?
何も残ってなかった?

ミンジュン
그래.
そうだ。

ソンイ
단 한순간도?
내가 좋았던 적이 없었어?
ただ一瞬も?
私が好きだことはなかったの?

ミンジュンはソンイの寝顔、ベランダでの、ソンイを好きだった記憶を思い出す。

ソンイ
단 한번이라도 나 때문에 설레였거나.
ただ一度も私のせいでドキドキしたことは?

ソンイからの携帯をもてという留守電を聞いた時、大学でマスコミから手を繋いで逃げる時、釣り場で時間を止めてキスした時のドキドキした時を思い出すミンジュン。

ソンイ
진심으로 내가 걱정되거나 그런 적이 없었어?
本気で私が心配だとか、そういうことは無かったの?

ベランダからソンイが出てこないか気にしてみた時、クルーザーでソンイをベッドに寝かした時、盲腸で入院した時にソンイを心配した時を思い出すミンジュン。

ソンイ
그 여자랑 상관없이 그냥 내가 좋았던 적이 진짜 단 한번도 없었어?
その女性と関係なくただ私が好きだった言葉が本当にただ一度もなかったの?

ツボを壊したソンイを後ろから抱きしめた時、飲み物がこぼれ、セミたちの前から上着をかけ、肩を抱いて帰る時、ソンイを好きだった記憶を思い出すミンジュン。

ソンイ
나와의 미래를 그래본 적이 단 한순간도 없었어?
私との未来を考えたことはただ一瞬もなかったの?

キスで起こされ、一緒にテレビショッピングを見て、釣り場でじゃれた夢を思い出すミンジュン。

ミンジュン
...꼭 대답을 들어야겠어?
絶対に返事をしないといけないか?

ソンイ
응 확실하게 대답해줘.
うん。はっきり返事をして。

ミンジュン
없었어. 단 한번도.
근데 넌 그게 더 중요해?
내가 외계인 이라거나 400년을 살았다거나 그런거보다 널 좋아했니 말았니 겨우 그런 거들이?
なかった。ただの一度も。
そしてお前はそれがもっと重要か?
俺が宇宙人だとか、400年を生きてたとか、そんなことよりお前を好きだったとか、違ったとかたったそんなことが?

ソンイ
응 난 그게 훨씬 백배 천백배 중요해.
난 니가 어느 별에서 날아온 에일리언이든 뱀파이어든 괴물이든 과거가 어떻든 그런거보다 내가 좋아하는 아니 내가 좋아했던 남자가 날 어떻게 생각했던지가 가장 중요해.
날 단 한순간이라도 진짜로 좋아했던건지 그냥 지가 못잊고 마음에 품고있던 여자 대용으로 나한테 관심이 있었던건지 난 그게 훨씬 더 중요해.
うん、私はそれがずっと百倍も千倍も重要よ。
私はあんたがどこかの星から飛んで来たエイリアンだろうが、バンパイアだろうが、怪物だろうが、過去がどうだろうが、そんなことより私が好きな、いや、私が好きだった男が私をどう考えていたかが一番重要よ。
私をただ一瞬でも本当に好きだったのか、ただあんたが忘れられず、心にためていた女性の代わりに私に関心があったのか、私はそれがずっともっと重要よ。

ソンイ
다연한거아니야?
넌 내가 좋아했던 남자야.
12년전에 니가 날 구하든 말든 그 아저씨든 아니든 그 진실과는 상관없이 난 우리 옆집사는 도민준이란 남자로 널 좋아했다고. 진심으로.
当然のことじゃない?
あんたは私が好きだった男よ。
12年前にあをやたが私を助けたとか、違ったとか、そのおじさんだろうが、違うだろうが、その真実とは関係なく私は私の隣の家に住むドミンジュンという男として、あんたを好きだったのよ、本気で。

ソンイ
그런데 다른 여자대용으로 나를 봤던 남자라면 최악이지.
그런 남자란걸 알면서도 계속 좋아하면 난 더 최악이고
だけども、他の女性の代わりで私を見ていた男なら最悪でしょ。
そんな男だということを分かってもずっと好きでいたら私はもっと最悪よ。

ソンイ
접을게 내가.
折れるわ、私が。

ミンジュン
잘 생각했어.
よく考えたな。

ソンイ
도민준씨 그동안 귀찮게 해서 미안했어요.
다시는 그럴 일 없을테니까 안심해요.
그럴 일 없겠지만 내 마음이 갑자기 널을 뛰어서 그쪽에 전화하거나 찾아가거나하면 월래 하던대로 칼같이 잘라줘요.
그리고 오다가다 얼굴 보게되면 서로 아는체하지말아요.
이제 그럴이유 없으니까.
ドミンジュンさん。これまでの間しつこくしてきたわ。
もう二度とこんなことはないから安心して。
こんなことはないと思うけど、私が急に心変わりしてあんたにときめいてそちらに電話したり、訪ねたりしても、ずっとそうだったようにナイフみたいにぶった切って。
それから行き帰りに顔を合わせてもお互いに知り合いのふりはやめましょう。
もうそんな理由もないんだから。

行くソンイをただ見つめるミンジュン。
帰りの車も無言の二人。駐車場に到着してもミンジュンを無視して先におりて行くソンイ。
エレベーターでも無言で、エレベーターを降りると、すぐに家に入って行くソンイ。

大学の授業をするミンジュン。

ミンジュン
アメリカの心理学者の研究結果によると、愛着を剥奪された人は現実直視まで5つの感情変化を経ます。

ソンイの感情変化:
怒り→現実否定→妥協→長い憂鬱→受容
(もっと綺麗になってやるとダイエットに勤しむソンイ)

ミンジュン
このように喪失でもたらされる寂しさと辛さを直接経ながら回復して行くいわゆる哀悼の段階を経ます。
ところでこの段階で男女の差がはっきりでます。
女性はより良い自分になろうと、もっと良い男性に出会うために自らの発展に集中する反面、男性は…


食べ物がまったく通らないミンジュン(笑)を心配するチャン弁護士。

ミンジュン
自分の破壊的な姿を見せたり、耐えられない喪失感に女性よりずっと苦しみます。

チャン弁護士から電話がきて、家か売れて、すぐに買い手が来ると言われるミンジュン。
家のベルがなり、出てみると買い手はフィギョンだった。

ミンジュン
それでチャン弁護士。この契約はしません。

チャン弁護士
え?ダメですよ。
もうそちらから契約金の入金がされたのに。

ミンジュン
その二倍返せばいいじゃないですか。返してください。

フィギョン
どうして契約しないんだ?相場よりもっとあげるというのに。
価格が気に入らないなら二倍まで払うこともできる。
家を処分するだろ?俺が買うって。

ミンジュン
お前には売らない。

フィギョン
俺に何で売らないんだ。引っ越しするんだろ?
行くんだったら早く行けよ。
お前が誰に家を売ろうと俺はこの家に必ず引っ越ししてくるぞ!

ソンイの家に言ったフィギョンとソンイの会話に聞き耳を立てるミンジュン。

フィギョン
隣の家に処分するって。俺が買ってしまおうかと思って。

ソンイ
そうできるなら、そうしなよ。
あんたが隣の家に住めば私もいいし。
顔もしょっちゅう見れるし。

(ソンイの変わり身を知り)ミンジュン
胸中生塵という言葉があるでしょう。
あなたをすごく恋しがって心に塵が積もったという言葉で、これは、何、塵はおろか塵が積もる暇もないようです。
心を整理するという事は何かの部屋を掃除する事ですか?
机の整理するみたいなことですか?こんなに早く…。
今腹をたてているのかと?どういたしまして、よかったということです。
こんなに早く、クールに整理ができて、本当によかったです。
腹を立てているんじゃないですよ!

(自分はまったく心の整理がついつないのに、ソンイがこんなに早く気持ちを切り替えたことにショックなミンジュンだった)

主演じゃなくて助演だけど、映画の仕事が来たとフィギョンに話すソンイ。
助演でろうが、主演だろうが、私はチョンソンイだから、主演が誰でも食ってやるんだ、と前向きなソンイ。

ソンイは刑事にユラに男がいたと聞かれたので、ジェギョンだと話をしたとフィギョンに話す。
それを聞いているミンジュン。
嫌な予感を感じとる。

街のCCTVを確認する刑事を車から監視するジェギョン。

本棚を整理するミンジュンあてにジェギョンからムンチャが届く。

(ジェギョンムンチャ)
約束を少し早めに守ってもらわないといけない。
3日やる。

ジェギョンがユラと付き合っていた証拠が掴めない刑事だが、携帯の通信基地の情報で、7/24-27まで夏休みをとったジェギョンがその間チョンピョンで電波をキャッチされていて、ハンユラの方も7/24-27までチョンピョンでキャッチされていることに気づく。
チョンピョンの高速のゲートを確認してみることになる。

その頃フィギョンもジェギョンの車を調べる。
ナビゲーションから、最近の目的地が
하늘정신병원ハヌル精神病院打ということを見つける。

大学の博物館に来たソンイは、400年前のかんざしの持ち主の女性について詳しく尋ねるが、分からないと言われる。

そこで掲示されている100年前の大学の創立メンバーの写真の中にミンジュンがいることに気がつくソンイ。
写真を買いたいと言うソンイを不審な目で見る博物館の職員。

ミンジュンの玄関の前でインターホンを鳴らすかどうか悩んでいるソンイの声が聞こえインターホンを見るミンジュン。
玄関に出てみると博物館に行って、100周年記念の写真を見るようにとのポストイットを貼って自分の家に急いで戻って行くソンイ。

博物館に行ってみるミンジュンは、100年記念の写真に自分がいるのをみつけ、博物館から写真をなくしてしまう。

その頃刑事は一種に乗ってはいなかったが、ジェギョンとユラが一時間差でチョンピョンのICを通過している確認し、そちらで何か手がかりを探そうと考える。
万年筆の件に関して、死亡処理された人の友人にあたってみようと話す刑事たち。

ソンイの母はセミの母の前でエステのツケを払うように言われて恥をかいたため、ソンイに代わりジェギョンと契約をかわしてしまう。
ジェギョンにはソンイのスケジュールを随時教えるように言われる。

弟ユンジェには片想いのことをつっこまれつつ、映画の台本を練習するソンイ。

撮影現場ではジェギョンの部下がスタッフを装ってワイヤーに細工をしていた。

ユソク刑事に会うミンジュン。
この前自分をどうして呼び出したのかと聞くユソク刑事に、渡したいものがあったと本当のことを言わず、話したいことがあったと話すミンジュン。
死亡した万年筆の持ち主について聞こうと知人にミンジュンの写真を見せると、本人だと言われたことを回想するユソク刑事。

撮影場所に来たソンイとソンイ母はスタッフや監督の冷たい態度を肌で感じる。
セミが現れ、セミが主役で、セミの頼みで自分がキャスティングされたことを知るソンイ。
冷静を保ち、撮影に望むソンイ。

その頃警察に向かうミンジュンとチャン弁護士。

チャン弁護士
おかしくなったんですか?どうしてですか?
どうしてそんな考え(ジェギョンに代わり罪を自供する)をするんですか?

ミンジュン
そうじゃないなら、俺がイジェギョンを殺さないといけない。
殺すか、やめさせるか二つのうち一つです。
でなければ、チョンソンイが死ぬこともありえます。
チョンソンイが刑事にイジェギョンとハンユラの関係を話したんです。
時間がないんです。

監督にアクションシーンを本当にスタンドなしで本人がやるのかと聞かれ、主役を食ってやるためにはやらないと、と話すソンイ。

警察に出頭したミンジュンとチャン弁護士。
刑事たちに証言を録画すると言われる。
ソンイを救うため、ジェギョンに代わり、自白しようとするミンジュン。

その頃、ソンイはワイヤーに細工をされたとも知らずに高いところから飛び降りる。

<14話につづく>

エピローグ
山でミンジュンを呼び出そうと叫んだソンイ。
実はミンジュンはその叫びを聞いてテレポートしてきていた。
やはりソンイが心配でならないミンジュンだった。

(translation, makomako)
にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

ランキング@にほんブログ村
This page is brought to you by the Team Woodalchi.


# 明日は『シンイ』「続・タイムスリップの謎をもう一度」です。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
にほんブログ村
プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose