『ファッション王』考 (最終回)



『ファッション王』考

最終話(第20話)の前に、
まずはドラマを振り返ります

アンナ
ジェヒョクに捨てられ、ヨンゴルには受け入れられない。
しかし、ビジネス・ウーマンとして、
ジェヒョクのパパからの要請で、Jファッションへ。
大資本の傘下に入り、最後は経済的な利を追求。

カヨン
ジェヒョクとヨンゴルから愛されるが、
彼女が選んだのは一緒にNYで苦労したヨンゴル。
しかし、連絡が途絶えたヨンゴルから離れて、
ジェヒョクへと傾く。

ヨンゴル
カヨンを愛しながらも、
ジェヒョクを打ちのめすために、ビジネスを優先。
しかし、ビジネス拡大路線があだとなって、
カヨンのためのファッションショーを開けずに、
ドラマの最初のように、
ジェヒョクに資金提供を求める。

ジェヒョク
カヨンを好きになった頃から
完全にビジネスを後回し。
気が狂ったようにカヨンに執着。
ヨンゴルにいいように扱われるが、
パパの資金とマダム・チェの知恵で、
ヨンゴルを退ける。

チョン会長(ジェヒョクのパパ)
ダビデ王の逸話を持ち出すように、
好きなものは何でも
資金と陰謀で手にいれることを是とする。
最後は彼が『ファッション王』か?

マダム・チェとチョンア
この母と娘が悪。
ヨンゴルを刑務所に送り、
カヨンをNYSから追い出した張本人たち。

そしてトンデムンの中小企業
物語では1000を超える小企業群の結束も崩れ、
Jファッションという大企業1社になびく。
結局は、
トンデムンのスターであったヨンヨン・アパレルは
銀行からの支援も途絶えて倒産。

こうして整理すると、この『ファッション王』では
通常のドラマの悪役達が最後に勝ってしまいます
だから、
視聴者の気持を混乱させたのだと思います。
物語の最初のころに、『パリでの出来事』を
引き合いに出した記事(イノライフ)がありました。
要は「時代錯誤」というのですが、
そのような気がします。

女性にはシンデレラストーリー、
男性にはサクセスストーリーを見せてくれるのが
最近の韓流ドラマのトレンドだと
思っていたのは私だけでしょうか?

第19話(下)最終話

ヨンゴルがニューヨークに向かった
1か月後のこと


2322e_20120529105510.jpg

ボンスクの家の前に来たジェヒョクは、
郵便物が届くのを見て、

2322f_20120529105509.jpg

ヨンゴルからカヨンへの封筒の中身を勝手に…。

2322g_20120529105508.jpg

…中の航空券でニューヨークに来てくれ。
 場所はあそこだ。
 その後で、細かいことは話す。
 愛している。
 カン・ヨンゴル
 
2322h_20120529105507.jpg

そして、盗みます。

ボンスクの家に行きます。
体調を崩して休んでいたのはカヨン。

2322k_20120529105505.jpg

「まだ彼から連絡はないのか?」

「…」

「彼が
 連絡することができるかどうかは別にしても、
 これからどうするのか?
 私はアメリカに行く。一緒に行かないか…」

「…」

「両親からの承諾は取った。
 もう一度アメリカに行って勉強したらどうだ?」

「…」

「他に計画がなかったら、
 そうしたらいいと思っている」
2322m_20120529105504.jpg

「なかなかいい話じゃないの?」
2322n_20120529110224.jpg

「…」
2322p_20120529110223.jpg

ニューヨークで待つヨンゴル

2323.jpg

出発の準備

「カン・ヨンゴルは
 ニューヨークにいるらしい」

「!」

「会いたいか?」

「いいえ」

「…。
 お腹が空いた。何か食べよう」
2324_20120529110220.jpg

「…」
2325_20120529110219.jpg

「…」
2326_20120529110624.jpg

アンナ

「私です。
 これからイタリアに向かいます。
 また機会があれば、
 友達として会いましょう」
2327_20120529110623.jpg

NFSの前に来たヨンゴル

2328_20120529110622.jpg

ヨンゴルが見たシーンは
ジェヒョクにエスコートされて
NFSから出てくるカヨンの姿。

2329_20120529110620.jpg

カヨンは微笑んでいます。

2330_20120529110618.jpg
# バックに流れるのは「愛はこのように」
♪私のことが嫌いでも
 私のことを無視しても
 愛はこのように
 いつかあなたが私の心を満たしてくれる
 
 涙を流しても
 痛む胸に
 私はあなたを抱いて生きていく
 愛が涙を消してくれるから

ヨンゴルは
二人が暮らしたアパートに行きます。

2331.jpg

「…」
2332.jpg

酔って帰って、

2333_20120529111016.jpg

2334_20120529111015.jpg

2335_20120529111014.jpg

外のプールに…。

2336_20120529111012.jpg

…もしもし?

「俺だ。まだ起きていたのか?
 遅くまで何しているのか?」

…こうして電話があるからよ。

「楽しくやっているのか?」

…ええ

「それは良かった」
2337_20120529111449.jpg

…ニューヨークにいると聞いているわ。

「会いたいと思わないか?俺は会いたい」

…あなたもここにいるの?

「こっちに来ないのか?」

ヨンゴルに近づく黒い影

2338_20120529111448.jpg

「私も会いたい」
2339_20120529111447.jpg

銃声とともに…。

2340x.jpg

おわり

2341_20120529111444.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
『ファッション王』


ヨンゴルはトンデムンから姿を消すにあたって、
どうして
カヨンに電話の一つでもしなかったのか?
本来ならメールでもできるはずだし、
何も言わずに
恋人にはペンダントと飴玉だけ残すなんて…。
このITが進んだ時代においては、
スマートフォンが
「以心伝心」での誤解を避けることができるはず。
昔一緒に住んだニューヨークのアパートの前で
ヨンゴルが涙するシーンはこちらも辛くなりました。

カヨンがヨンゴルからの連絡を待ちつつも、
1か月も経つと、ジェヒョクからの誘いを断れない。
涙を流し、ニューヨークに飛ぶことになりましたが、
このシーンも涙。

そして、卑劣のピークは
ジェヒョクがヨンゴルからの航空券と手紙を
奪ったこと。
なにも知らないふたりの涙の原因でした。

この現実的な脚本は「不条理な現実」を
純文学のように描きたかったのでしょうか?
私の望みは絶たれたのですが、
ドラマを視聴した多くの人も、
おそらく辛い時間と
考えさせられる時間を
過ごしたのではないでしょうか。

「♪愛はこのように」のテーマソングのように、
相手の全てを読めないままに
恋愛はこのように進行するものなのかもしれません。

なんとしても、ジェヒョクは卑劣です。
ヨンゴルとカヨンの愛を知るならば、
これをキューピットのように「支援」することこそが
本当の人間の美しさだと思います。
人間は獣ではありません。

どうして殺しにまで至ったのか、
背景には恨みだけでなく、
女性を自分のものにしたいという
ダビデ王のストーリーまで
引用(第19話(上))されました。

有名なアルベール・カミュの小説『異邦人』では、
殺人の動機を尋ねられた主人公が
「太陽が眩しかったから…」と答えます。
カミュやフランツ・カフカなどは
こうした「不条理」の世界を描きました。

しかし、
私にとっては、
もっとも不可解で不条理なのは、
カヨンの行動ではなかったかとも思います。

ひなママさんのコメントは、
「(ジェヒョクの行動は)
過去にヨンヨンアパレルで
カヨンにキスしていますよね。
あのあたりから完全セクハラ状態だと思いますが、
カヨンは毅然とした態度で拒絶をしてはいない。
自ら告白するほどヨンゴルのことが好きなら、
もっとしっかりしないと…
でも、容姿もなかなかだし、経済力は申し分なし、
(家族にかなり問題はあるけれど)、
こんな男性に好きだと言われたら、
断らないかもしれませんね((+_+))」

そうですね。
多角形の図形の問題を解くにあたり、
1本の補助線を入れることで解決するように、
このコメントどおりの
カヨンの心境なのかもしれません。
けじめをつけた以上、
本来ならジェヒョクに会いに、たとえばクラブにまで
顔をだすような行為はしないはずです。
たとえこれが、
「うちの社長」のためだとは言え…。

三角関係とはいうものの、
3番目に入った人は、
もとから愛し合う「ふたり」の一助になる。
これが、どんなに美しく、そして人間らしいことかと
私は思います。
ここに、
ひとつの人間の品格というものがあると…。

# 明日から『紳士の品格』を始めます。

2500.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
『ファッション王』
最後までお付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト

ファッション王 最終話 (中) ニューヨークへ

ジェヒョクがいるクラブへ、

2313d_20120528160306.jpg

「あ~、誰かと思っていたら、
 イ・ガヨンさんだ!
 またお願いに来たのかな?こんな時間に?!」

「お連れの
 皆さんがいらっしゃるとは思いませんでした」

「もう忘れてくれと、
 自分から言ったのを覚えていないのかな?」

「明日、出直します」
2314h.jpg

「やあ!イ・ガヨン!
 言いたいことがあれば言えばいい!」

「…」

「可愛いじゃないか!
 さあ、ここに来て一杯やろう!」
2314f.jpg

「どうして
 私達の社長にあんなことをするのですか?」

「私のように正常な環境で育った者は、
 人を傷つけるようなことはしない」

「YGMのせいですか?
 きっと、
 自分の利己主義に傷がついたので、
 あんな仕返しを考えたんでしょうね!
 それが良い家庭で育った人が
 やることでしょうか?」

「利己主義?
 ビジネスはエゴではやれない。
 そんなことをここで説教するつもりなのか?」
2314g.jpg

「私に対して怒るなら、私に怒ってください」

「どうして私がイ・ガヨンさんに怒るのか?
 何の関係もない」

「…」

「もういいのか?帰ってくれ!
 みんな!
 彼女を追い出してくれ!酒がまずくなる」

「…」
2314e.jpg

カヨンが出ると、今度は、
ジェヒョクは急に追いかけます。

「いつまでこんなことをしているのか?」

「…」

「いつまで私が、
“うちの社長”という言葉を
 聞かなくてはならないのか?」

「…」
2314k.jpg

「どうして、
 カン・ヨンゴルを私達の間に入れるのか?
 それほど私が恐いのか?
 いや、私が恐いのではなく、
 私に対する自分の気持ちが恐いのだ」

「…」

「本当に記憶を消して欲しいなら、
 こんな行動はできないはずだ」

「…」
2314m.jpg

「本当に願うなら、私は去る。
 愛しているからだ」

「…」

「しかし、それが君の望みなのか?」

「…」

「すぐに答えてくれとは言わない」

「…」

「待っている」
2314n.jpg

ボンスクの家

「どこに行っていたの?」

「あ~、あちこち…」

「社長が
 どこに行ったのか分からなかったの?」

「ええ」
2314p.jpg

墓地

…アボジ、
 俺は同じような人生は送りたくない。
 いつになるのか分からないが、
 必ずまたここに戻ってくるからな…。
2315_20120528163424.jpg

Jファッション

「何かあったのか?」

「…」

「体調が悪そうだな」

「座って話そう」

「そこで話してくれ」

「…。
 俺はいつもお前とお前の父親に感謝している」

「感謝しに来たのか?」

「2億ウォン貸してくれ」

「え?」

「大きいか?1億ウォンでもいい」

「気が狂ったのか?」
2316_20120528163423.jpg

「俺が使うためじゃない。
 カヨンのファッションショーのための費用だ。
 お前のお陰で金を失くしたから、
 頼みがあって来たんだ。破産したんだ」

「イ・ガヨンのショーをやってくれというのか?」

「愛していると言っただろう?
 だから頼んでいるんだ。
 YGMは上手く行っているから、
 そのうちに金は返す」

「もう、YGMからは手を引いた。
 お前がまともだったら助けるが、
 私を騙した」

「分かった。
 じゃあ、YGMの株式を全部差し出すから、
 カヨンのファッションショーを助けてくれ」
2317_20120528163421.jpg

「ここで何をしているのか?」

「ちょっとしたことよ」

「オフィスはどうしたのか?」

「しばらく閉店したわ」

「すまなかった」

「謝ることはないわ。
 私は別の会社に雇われたわ」
2319_20120528164052.jpg

「…。このJファッションか…。
 上手くやってくれ」

「ええ、頑張るわ」

「すまない。退職金が払えないんだ」

「…。
 そのうちに連絡していいかしら?」

「好きなように…」
2320_20120528164050.jpg

その日の夜
ヨンゴルはカヨンがいるヨンヨン・アパレルに…。

ヨンゴルはトランクを持ってきています。

2321a_20120528164049.jpg

「…」
2321b_20120528164047.jpg

ヨンゴルは飴とペンダントを、

2321c_20120528164046.jpg

枕もとに置いて…。

2321d_20120528164533.jpg

カヨンが気づきますが…、

2321e_20120528164531.jpg

ヨンゴルはもういません。

2321f_20120528164530.jpg

翌朝、ヨンゴルを訪ねますが

「アジョシ!
 どうして家具を運び出すのですか?」
2321g_20120528164529.jpg

キム秘書からの電話

2321h_20120528164527.jpg

会長室

2321k_20120528165019.jpg

「ああ、
 イ・ガヨンさん。お座りください」

「アンニョンハセヨ」

「お久しぶりだ」

「はい」
2321m_20120528165017.jpg

「ファッションショーの準備中だと聞いていますが…」

「いや、そうでもないので…」

「どういうことなのかな?
 カン社長がここに来て、
 チョン理事にファッションショーの資金を
 出してくれるように頼んだらしい。
 そうだろう?チョン理事!?」

「はい」
2321n_20120528165016.jpg

「カン・ヨンゴルとあなたとの関係はないですよね!?」

「…」

「どうも自分の女を他の男に譲って、
 行方をくらましたように思えますね。
 用意周到な計画のようだ。
 それにしてもこの理事は
 カン・ヨンゴルの言いなりになって
 資金を出したようだ」

「…」
2322b_20120528165013.jpg

「こんな姿を見せてしまってすまない」
2322c_20120528165012.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
『ファッション王』


# 記憶は定かではないのですが、

「なぜ人を殺したのか?」

「太陽がまぶしかったからです」

カミュの小説(『異邦人』)からの
セリフではありますが、
こんな不条理なことで、
人は時々解らない行動に陥ることがあります。

理屈に合わないことを
時に平気に言動するのが私たち。
それはそれでいいのですが、
政治家も学者も経営者も知識人も、なぜでしょう?
分かりません。
間違いだと分かっていても、いなくても、
また、結局は同じ間違いをする。

さらに、
その子孫達が同じように間違いを犯してしまう。
こうして
歴史は繰り返すのでしょうか…?

# 今夜でおわりにします。
 これまでお付き合いいただいたビジターの方々に、
 心より御礼申し上げます。

 これから感想を書くところですが、
 ヨンゴルが死ぬと仮定すれば、
 もう、マイケル・J・ローレンとの
 新たな作戦はないのでしょうか?
 この最後のカードを使わないまま、
 ドラマが終わるのが残念です。
 カヨンの才能が
 ファッションショーで生かされないのも残念です。
 全部をJファッションと
 ジェヒョクが持っていくのも残念です。

 卑劣な資本家たちでした。

2241_20120528170552.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
『ファッション王』
クリックありがとうございます

ファッション王 最終話 (上) ふりだし

最終話

2300_20120528153051.jpg

ヨンヨン・アパレル

「カン社長は
 私達のことを怒っているかしら?」

「もう、ここには来ないかもね。
 昨日も電話がなかったわよね」

「ああ、電話しても返事がなかったわ」

「社長の家に行った方がいいかしら?」

「男は用もないのに声を掛けられるのは
 好まないわよ」
2301_20120528153050.jpg

電話

「はい。ヨンヨン・アパレルのキムです。
 ええ、まだ出社していませんけど…。
 え?まったく…。電話があったことを伝えます…。
 はい」
2302_20120528153049.jpg

「カン社長はまったく変だわ。
 どうして何も言わなかったの?」

「何を?」

「社長の親類からの電話だったけど、
 カン社長の父親が先週亡くなったらしいわ!」

「!」
2303_20120528153047.jpg

「すみませんでした。
 急ぎ過ぎでした。
 GGに追いつくというお考えだったので、
 欧州の会社の内容調査を怠っていました。
 あまりにも先方が急だったので…。
 チェックが足りませんでした。
 遅すぎますが、正直に会長に報告しますか?」

「…」
2304_20120528153046.jpg

「今からでも会長に報告して、
 私達の処遇をお任せした方が…」

「…」

「カン・ヨンゴルの動きが
 こんなに早いとは思いませんでした。
 敵だとしてもあっぱれです!」

「…」
2305_20120528153045.jpg

マダム・チョが訪問

「パリ・コレクションの準備でしたね。
 進んでいますか?」

「チョン理事のお陰で
 一生懸命にやっていますから順調ですよ。
 手は治りましたか?」

「ええ」

「カン社長が
 ヨーロッパの会社を買収したと聞きましたが、
 ご存じですか?」

「ええ、知っています」
2306_20120528153608.jpg

「GGは利益の90%以上を
 マーケティングや宣伝に使っているようです。
 恐れはないですか?」

「ええ、心配していません」

「実は、
 カン・ヨンゴルの家や車は
 みんなレンタルなのですよね」

「ええ、知っています」

「大きな会社は、さすがに情報収集が早いですね。
 では、彼がとても豪華な家を
 ニューヨークに持っていることをご存じですか?」

「え?」

「ニューヨークにポケットマネーで購入した
 フロアがあるんです。
 イタリアの企業、ニューヨークの家、
 それに現在の家と
 チェ・アンナさんのオフィスや何台かの車。
 いくらお金があるからといっても、
 あれほど大きな買い物ができるのでしょうか?」

「…」

「理事とは違って、裕福な背景はないはずです」

「何が言いたいのですか?」

「私とカン社長との間には少々問題があるんです。
 つまり…、いいアイデアがあります」

「どんな…?」
2307_20120528153607.jpg

「大きな会社が時々使う手です」

「…」

「まずは、マスコミを使って、
 カン・ヨンゴルの評判を落とすこと。
 彼の優雅な生活を暴露して、
 トンデムンの
 小企業のオーナー達の儲けのチャンスを
 全部奪っているということを流布しましょう。
 だれも、噂には勝てません。
 そうすれば、商人たちは彼に反旗を翻します。
 カン・ヨンゴルが要求している
 ブランドの使用料(ロイヤルティ)が1%ならば、
 私達は0.9%のロイヤルティにしましょう。
 カン・ヨンゴルが
 ロイヤルティを0.5%にするなら、
 私達は0.4%にするのです」
2308_20120528153606.jpg

YGMに出社

2309_20120528153605.jpg

「アンニョンハセヨ」

「お~、チェ・アンナさん。
 話は聞きましたが、こんなことになるとは…
 それに、カン社長!」
2310_20120528153603.jpg

「よろしくお願いします」

「一緒に働くことで、
 YGMとGGが世界ブランドになると思っています」

「勿論です。さあ、仕事にかかりましょう」
2311a_20120528154130.jpg

「…」
2311b_20120528154128.jpg

噂の流布

「何が起きたのか?」

「これを見てくれ。
 誰かがお前の過去を暴いたようだ。
 記者に嫌われたようだが、
 それにしても偏見だらけの記事だ」

「…」
2311c_20120528154127.jpg

「たぶん誰かが書かせた記事だ。
 噂は恐い。嘘でも本当のように広まるからな」

「だから言っただろう?」

「俺が本を書いて
 自伝を地下鉄の全部の駅の売店で売ってやる!」
2311e_20120528154124.jpg

「お~、やってみろ!」
2311f_20120528154123.jpg

「はい。チルボクです。
 え?…、少し考えさせてください」

「どうした?」
2311g_20120528154647.jpg

「商店街組合の委員長からの電話だったが、
 Jファッションと組むことになったそうだ」
2311d_20120528154126.jpg

ヨンゴルの家でカヨンが食事の準備

「これは?」

「食事はまだでしょう?召し上がれ!」
2311h_20120528154646.jpg

「社長は忙しそうね」

「ああ」

「私のことを本当に怒っているの?」
2311m_20120528154643.jpg

「おお」

「だから、工房にも来ないし、
 連絡もしないの?」

「おお、そうだ」

「ちっ!男らしくない…」

「男はそんなもんだ」

「社長!
 あぁ~ん。いゃ~ん」

「ふっ!」

「マネジャーに教えて貰ったポーズよ」
2311n_20120528154642.jpg

「これを見て下さい」
2311k_20120528154644.jpg

「あれこれデザインしてみたんだけど、
 どうかしら?
 私の名前のコレクションを発表したら、
 みんな笑うかしら…。
 でも、ニューヨーク・ファッション・スクールで
 徹夜で書いていた頃のことを思い出したのよ。
 あの時はとても興奮していたわ。
 それに幸せだった…」
2311p_20120528155305.jpg

「その頃の気持ちを忘れていたけど、
 また蘇ってきたわ」

「!」

「ありがとう社長!
 実現しなくてもいいから…」
2312a_20120528155303.jpg

「お~、イルグクか?
 ファッションショーができる場所を
 探してくれ!」

「社長!」
2312b_20120528155302.jpg

「これは素晴らしいデザインだ!
 ファッションショーを開かない訳はない!
 国家の損失になるぞ!」

「…。それに…、
 オンマのお店のことは、ありがとう。
 あそこには
 とても辛い思い出しかなかったから、
 最初はとまどったわ」

「じゃあ、明日になったら
 ボンスク姉さんと一緒に行って、
 どうするか決めたらいいさ。
 そして、
 ファッションショーの準備をすればいい。
 いつになるのか、誰も先は読めないけど、
 お前はそのうち
 俺のことを養ってくれるようになるだろうからな!」
2312c_20120528155301.jpg

アンナのオフィス

「どうしてそんなことをするのですか?
 会って話をしませんか?」
2312d_20120528155300.jpg

「パニックになっているのに、
 どうしてここで黙っているの?
 何しているの?」

「…」

「銀行からも何度も電話が入っているわよ」

「…」

「GGを諦めるつもりなの?」

「諦めはしない。心配するな」

「心配するなとしか言わないけど、
“心配するな”が何になるの?」
2312e_20120528155258.jpg

「ファッションショーを開くのに、
 いくらかかるのか?
 前回より大きな規模だ」

「え?」

「1億ウォンあれば大丈夫か?2億か?」

「会社が倒れそうなのに、
 何を言っているの?」

「どうして会社が倒れるのか?
 YGMがあるじゃないか」
2312f_20120528155726.jpg

「何を言っているの?
 背後にはチョン会長がいるのよ」

電話

「私は最初には戻らないわよ。
 振り出しは嫌よ」
2312g_20120528155725.jpg

お金がない

「チョンダンドンのビルを担保に、
 これまで多くを貸しましたから、
 これ以上は無理です。
 他に担保はないのですか?」

2312h_20120528155724.jpg

「車の価値も大幅に下がっている」
2312k_20120528155722.jpg

チョン会長

「カン社長は、
 私には何の相談もなく決定します。
 ですから、最近は経営方針が分かりません」

「もっと早く解っていたら、
 こんなことになることを止められたかもしれない」

「ご心配かけてすみません」

「私はGGを買収したかった。
 しかし、彼は断った。
 100億ウォンは決して安くないはずだったが…。
 今となったら、もうGGは不要だ」

「…」

「今日呼んだのは、
 彼らがYGMをどうするのかということなんだ」
2312m_20120528155720.jpg

「私は、
 もうYGMから手を引こうと思っている。
 それに、
 YGMに残るのは才能の無駄になるから、
 もう一度、
 Jファッションに戻って来て貰えないだろうか?」

「急なので…。言葉がありませんが…。
 ありがとうございます」
2312n_20120528160312.jpg

喜ぶボンスク

「こんなブティックとファッションショーを
 プレゼントしてくれる人なんて、
 この世にはいないわよ」

「…」

「私は幸運だわ。
 あの工房から
 一生抜け出ることはできないと思っていたからね!
 コマプタ、カヨン!」

「…」
2312p_20120528160311.jpg

「あんたは本当に私の幸運のマスコットよ!」

「誕生日のカードを読んだの?」

「ええ、カン社長は本当に子供っぽいわ」

「ふ~」
2313a_20120528160309.jpg

しかし、ヨンヨンに帰ると

「カン社長を呼んで来い!」
2313b_20120528160308.jpg

「どうしたの?」

「カヨン!ボンスクさん!
 止めさせて!」

「カン社長と連絡がつかないのよ!」

「どうしたの?」

「あの輸入スーツの男が、
 カン社長の仕事を潰しにかかったのよ!」

「!」
2313c_20120528160307.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
『ファッション王』


# カヨンはここでまた軽率な行動に出ます。
 ヨンゴルに連絡がつかないなら、
 チルボクに相談をするなり、もう少し
 状況を把握してから動いて欲しかった…。
(明日のことです) 

2240_20120528160909.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
『ファッション王』
クリックありがとうございます
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose