お願いキャプテン 最終話 ナイス ランディング!



トンスの別れ

2026_20120406100217.jpg

「さあ、受けとってくれ」

「え?靴なの?
 靴をあげると、貰った人が
 逃げて行くって話を聞いたことがあるわよ」

「俺から逃げてくれという意味だ」

「…」

「サイズが合うか、履いてみよう」

「…」

「落ち込むなよ。
 いいところに行けばいいんだ。
 あんまり遠くは良くないけどな」

「トンスや…」

「お願いがあるんだ」
2027_20120406100216.jpg

「誤解するなよ。
 一度これをやってみたかった。
 俺の背中に乗るのは、お前が最初だ」
2028_20120406100214.jpg

「ジエンクエ」

「え?」

「ポーランド語で、コマプタのことよ」

「そうか?」

「コチャムシエもポーランド語なんでしょう?」

「え?いや、
 最初から騙すつもりはなかった」

「しかし、コチャムシエじゃなくて、
 発音はクアンチエン(愛している)でしょう?」

「そうなのか?」

「私も、いつか
 あんたがクアンチエンと出会うことを祈っているわ」
2029_20120406100213.jpg

「俺が変な言葉を教えたからかな…。
 これで俺の愛も終わりだ」

「トンスや、あんたの背中は温かかったわ」

「俺は重かった。
 おんぶしたいと言うべきじゃなかった。
 後悔している」

「コマウォ」

「俺の友達のハン・ダジンは、
 やはり、
 キム・ユンソン機長と一緒に
 空を飛んでいる時の方が
 最高に可愛く見えるんだ」
2030_20120406100211.jpg

「一緒に飛べよ。
 片方の羽根が無くなっても落ちるな!
 落ちても、拾える自信はないから…」

「…」
2031a_20120406100210.jpg

タジンは決めます

2031c_20120406101149.jpg

社長室に向かったタジン

「キム・ユンソン機長の件を
 キャンセルという訳か?」

「ええ」
2031e_20120406101146.jpg

「では、代わりに
 ハン・ダジン機長が辞めるつもりなのか?」

「いいえ、
 キム・ユンソン機長と一緒に飛びたいのです」

「一緒に飛びたくないと言ったのは、
 ハン・ダジン機長だぞ」
2031f_20120406101144.jpg

「オンマとアッパを亡くしたんです。
 もう誰も失いたくないのです。
 私はあれからいつも、
 自分を守ることだけしか
 学ばなかったようです。後悔しています。
 誰かを恨むほど、 
 自分の心が痛むことが解ったんです。
 社長も常務も
 キム・ユンソン機長を恨むことは止めてください。
 恨むほどに、痛むのではないですか?
 きっと、機長は
 お二人から愛されることを望んでいると思います。
 これまで、独りで耐えて来たんです。
 機長はこれまで一度だって社長と常務を
 恨んだことはないと言っていました」
2031g_20120406101143.jpg

「私が言うのも変なんですが、
 機長には私も会社も、
 両方とも必要だと思います。
 私の父が機長を育てたのは、
 私や同僚を教育し、
 一緒に空を飛ばせるためだったと考えています」

「…」

「どうか宜しくお願い申し上げます
(プタ トゥリゲッスムニダ)」
2031h_20120406101142.jpg
# プタクというのは「付託」漢字語です。
 プタケヨ、プタカムニダ、プタトゥリムニダなどより
 チャル プタ トゥリゲッスムニダが
 一番丁寧でしょうね。

社長の決断

ユンソンの辞表

2031k_20120406103223.jpg

「お呼びでしょうか?」

「これからどうするのか?」

「まだ分かりません」

「本当にお前の父親に似ているな!」

「?」
2031m.jpg

「こんな不平等な扱いを受けながらも、
 どうして会社に留まっているのか?
 小さい時とも変わらないな」

「?」

「私は、お前が小さかったころ、
 よく独りで部屋で
“アボジ、アボジ”と呟いているのを聞いた」

「社長を“アボジ”と呼ぶために、
 毎日練習していたんです」

「!
  …」
2031n.jpg

「パイロットだったアボジ、
 パイロットだった社長。
 お陰で私は飛行機に乗れるようになったんです。
 ありがとうございました」

「…」

「空を飛んでいる時は、
 私は孤独ではありませんでした。
 どうか、お元気で…」
2031p.jpg

「キム・ユンソン機長!
 アボジになれなくて、すまなかった」

「!」

「お前の父親には
 いつもすまないと思っていた。
 彼のことと、
 まともに向き合って行くためにも、
 こんな辞表は受け取れない」

「…」
2032_20120406103217.jpg

「それに、男としてだが、
 1つアドバイスするぞ!
 愛している女性を失うことは辛く寂しいことだ。
 何もせずに失う手はない。
 ハン・ダジン機長は
 お前が必要だと言っていたぞ!」

「!」

「一緒に空を飛びたいそうだ!」
2033a.jpg

社長の話で飛び出したユンソン

2033b_20120406103930.jpg

「ハン・ダジン!
 ハン・ダジン!いるのか?」
2033c_20120406103929.jpg

「?」
2033d_20120406103928.jpg

「どうしたのですか?」
2033e_20120406103926.jpg

「私は自分の進路を変えないことにした」

「?」

「どんなにアプローチが辛く遠くても、
 進路は変えない」
2033f_20120406103925.jpg

「安全に飛んで、安全に着陸したい。
 どうか着陸を許可してくれ」

「ん~、…はい」
2033g_20120406103923.jpg

「ふふふ~」
2033h_20120406104139.jpg

「は~!」
2033k_20120406104138.jpg

ミジュの旅立ち

「チーム長、
 私が不在の時は宜しくお願いするわ」
2034_20120406104136.jpg

「もちろんです。
 すべての課題を引き受けます。
 …、
 ご安全にお帰り下さい。
 …それに、…社長…」
2035_20120406104135.jpg

運航部長が退室した後

「ごめんなんさい、アッパ」

「食事を欠かすなよ」
2036_20120406104134.jpg

「ダディ!」

「…」

「元気でいてね!」
2037_20120406104634.jpg

「みんな忘れて、荷を降ろして、
 あそこにいる時には全てを捨てて…。
 元気で、病気するなよ」

「アッパ!私は結局は退場かしら?」

「いい人に出会って、フェアプレイしろ!」
2038_20120406104633.jpg

「もちろんだわ。
 私はいいプレイヤーだってことを、
 アッパにもオッパにも分からせるわ」
2039_20120406104631.jpg

廊下で、

「お~」
2040_20120406104630.jpg

「ハン・ダジンssi、
 私達のオッパを傷つけないでくださいね。
 分かっているでしょう?」
2041_20120406104629.jpg

「ふふふ。
 ハイ!私が幸せにします」
2042_20120406104627.jpg

「あなたは、
 自信たっぷりの時が最高に良く見えるわ」
2043_20120406105321.jpg

「…」
2044_20120406105320.jpg

ユンソンはいきなり、

「手を握るなんて…、
 ここは会社だから…」
2222a_20120406105318.jpg

「ははは!」
2222b_20120406105317.jpg

「!」
2222c_20120406105315.jpg

プレゼント

「このモールは韓国で一番の品揃えですよ」

「あ~、パイロットへの贈り物です」

「これはペアの時計です」
2222d_20120406105314.jpg

「あれ?」
2222e_20120406105723.jpg

…これは手錠だ。
 私がいいと言うまで、外せない…
2222f_20120406105722.jpg
## 脚注

「ふふ!手錠か!
 簡単には切れないわね」
2222g_20120406105720.jpg

カン・バルボンの店

「ア、 ア~、
 マイクテスト。
 アンニョンハシムニカ!カン・バルボンです」

「!」

「今日は記念すべき、
 美しいヤン・マリさんのソロ・コンサートの夜です」
2222h_20120406105719.jpg

「はい、大きく息を吸ってリラックス!
 緊張しないで、
 いつものようにしてください。
 美しいですよ」

「は~」
2222k_20120406105717.jpg

「お~、ヤン・マリ!
 ファイティン!」

「では、
 数々の東南アジアでのコンサートツアーから帰国した、
 あ!いや、
 東南アジアでのコンサートから帰って来たつもりの、
 ヤン・マリさんのソロ・コンサートです!」
2222m_20120406110058.jpg

フライトアテンダントたちもステージに立って、

2222n_20120406110054.jpg

2222p_20120406110053.jpg

ニュー・ファミリーの誕生!?

2222mm.jpg

もう一つのプレゼント

「プレゼントだ」

「これがプレゼントなの?」

「機長になったらあげようと思っていたけど、
 自動車会社が間違ったんだ」
2223a_20120406110051.jpg

「プレゼントにしては高価過ぎるわ」
2223b_20120406110050.jpg

「これは君じゃない。
 私のナンバーワンへのプレゼントだ」

「機長の一番は私じゃないのですか?」

「何を言うんだ?
 私の一番はポソンだ。ポソン!
 ポソンは免許を持っていないから、
 君にあげるんだ。
 ポソンを病院に快適に連れていくのが目的だ。
 バスや地下鉄はきついからな。
 プレゼントにしては高価過ぎるなら、
 そのうちに返せばいい」
2223c_20120406110736.jpg

「それは変だわ」

というところで、試運転

「右のウインカーを出すんだ。
 アイゴ~、何でワイパーなのか?」

「…」
2223d_20120406110735.jpg

「早く右に回ってくれ。
 いつまで直進なんだ?」

「あ~、私は
 誰かさんと違って進路変更ができないわ」
2223e_20120406110733.jpg

「ハンドルを
 1時27分の方向に
 回すだけだ」

「…」

「アイゴ~、
 それは
 1時37分以上じゃないか!
 そんなに…
 ハンドルにしがみついていると、
 先が見えないだろう?!
 あ!ブレーキ!」

「あ!」

「大丈夫か?」

「…」

「本当にパイロットなのか?」

「飛行機より難しいわ!」

「あ~、どこから教えたらいいのか…」
2223f_20120406110732.jpg

「ハン・ダジン!君の免許は偽造なのか?」

「じゃあ、機長は
 生まれた時から運転できたと言うのですか?」

「たぶんな」

「そうでしょうね!偉大な人ですからね!
 ではどうして、
 私の傍で困らせてばかりなんですか?」

「困っているのは私だ。
 しかし、教えなくてはならないから、
 傍にいるんだ」
2223g_20120406110731.jpg

怒って出ていくタジン

「!」
2223h_20120406110729.jpg

「ハン・ダジン!
 やあ、鍵を持って行け!」
2223k_20120406111802.jpg

インチョン空港

「タジンの面倒を見て下さいよ」

「君がタジンの傍にいると、
 気分が悪い」

「俺のようなハンサムが傍にいると、
 確かに気分悪いでしょうね」

「チッ!」
2223m_20120406111800.jpg

「野球も俺より下手でしょう?」

「何?」

「酒も弱い」

「私は誰かのように酔っぱらわない」

「あ~、そうですか?
 肉体的な攻撃には強いってことですね」

「自分では殴れないから、
 殴られただけだ。
 もう一度ケンカをやってみるか?」

「あ~、どうしようもない人だ」

「私は
 ハン・ダジンの心をつかんだからそれで満足だ」

「あ~、今日はコーヒーが苦い!」
2223n_20120406111759.jpg

「可愛い奴だ。パンチも強かったが…」
2223p_20120406111758.jpg

2224_20120406111756.jpg
1年後

1年後のコクピット

「今日の空は綺麗ですね」

「今日は空が最高だな。
 私は一緒に空を飛べるのが最高に嬉しい。
 これからもな!」
2225_20120406112540.jpg

キャビン

2226_20120406112539.jpg

「ポソナ!」

「オンニ!」

「気分はどうなの?」

「空を飛ぶ感じが解ったようだよ。
 あの雲は恐竜に見えるし、
 あの雲は犬みたい。あれは…」
2227_20120406112537.jpg

「あれは?」

「あれはオンマみたい」

「…」

「柔らかくて、気持ちいい感じで、暖かいよ」
2228_20120406112536.jpg

そして

2229_20120406112534.jpg
「着陸しろ。
 いつまで空を飛んでいるんだ?
 私のソフトランディングに頼らずに
 自分で着陸しろ!

 You have the control!

 不安だが、今日は任せる。

 You have control!」

「あ!あ~。
 
 I have control!」
2230_20120406112533.jpg

シドニー国際空港

2231.jpg

「…」
2232.jpg

「Nice Landing!
 ナイスランディングだ!」
2233.jpg

ユンソンのナレーション

…空は日々私たちに感動を与えてくれる。
 飛んでいると、
 乱気流や雷にも出会う。
 私たちは遠回りし、
 時には辛い緊急着陸も強いられる。
 しかし、決して諦めることはない。

2234_20120406113358.jpg

タジンのナレーション

…大きな金属の塊が空を飛ぶという奇跡は、
 人に夢や希望と元気を与えてくれます。
 この空はみんなのひとつの大切なものです。

2235_20120406113357.jpg

「ナイス・フライト!」

2236_20120406113356.jpg

自動販売機の前では、

2237_20120406114823.jpg

# イ・ジュリは振られたようです。

2238_20120406114822.jpg

新機長の誕生!

2238a.jpg

2013年 第64期生の初フライト!

新人FAの服装チェック

2239_20120406114819.jpg

「…」
2240_20120406114817.jpg

管制塔では、

「英語がスムースじゃないと
 数字すら声に出せないわよ!
 私が言ったように、
 自動車のナンバープレートを読んで
 練習するのよ!
 Oh! My god! もう一度練習ね!」
2241_20120406114815.jpg

「!」
2242_20120406115223.jpg

3人の機長誕生!

2243_20120406115221.jpg

「おめでとうございます!」

「ありがとう!」
2244.jpg
# 袖の4本線が輝いています。

「うぁ~!」
2245_20120406115219.jpg

帽子が風に流されて!

2246_20120406115217.jpg

「…」
2247_20120406115441.jpg

2250_20120406115438.jpg
おわり

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。
『お願いキャプテン』

 多くの拍手と多くのクリックを頂きました。
 カムサムニダ チョンマル!

 また、一緒にみんなで飛びましょう!


# 感想はまとめて今夜にします。
 とてもよかったタジンの言葉。
 きっと
 社長の心の琴線を共鳴させたことでしょう。

「オンマとアッパを亡くしたんです。
 もう誰も失いたくないのです。
 私はあれからいつも、
 自分を守ることだけしか
 学ばなかったようです。後悔しています。
 誰かを恨むほど、 
 自分の心が痛むことが解ったんです。
 社長も常務も
 キム・ユンソン機長を恨むことは止めてください。
 恨むほどに、痛むのではないですか?
 きっと、機長は
 お二人から愛されることを望んでいると思います。
 これまで、独りで耐えて来たんです。
 機長はこれまで一度だって社長と常務を
 恨んだことはないと言っていました」

## タジンへのユンソンからのメール。
 小さな発見なのですが、
 着信相手の名前(ユンソン)のことを、
「モッチン ペンギン」(かっこいいペンギン)
 と、登録しています。
 一方のユンソンはタジンからの着信には、
「核爆弾」と登録しています。

2248_20120406115440.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。『お願いキャプテン』
全20話、
最後まで応援ありがとうございました
スポンサーサイト

お願いキャプテン 第20話 (中) 私はすべてを守る


第20話(中)
「私は乗客全員と
 一人の病気の子供の両方を守る!」


シカゴ・オヘア国際空港

「いらっしゃいませ」
2012kk.jpg

2012n_20120405154220.jpg
「テイク・オフ!」

「パワー・セット!
 100キロノット!」


2012nn.jpg


「チェック!」

「スピード、V1」







2012mm.jpg
# シカゴ発 インチョン行き

乗客が資料を落とす、

「床に落ちています」

「カムサムニダ」

…成人の心臓を幼児に移植することに関して…

2012p_20120405154216.jpg

病院

「チョンミン!チョンミンや…。
 今度も頑張ってね!」
2013a_20120405154852.jpg

「移植できる組織が見つかりました」

「キム・ジェカン教授が執刀できるのか?」

「シカゴでの講義の後、
 こちらに向かっておられます。
 午後4時の到着予定です」

「じゃあ、
 早くインチョン空港と航空会社に連絡してくれ。
 先生の到着を待って、すぐに手術を行いたい」
2013b_20120405154850.jpg

「ええ、こちらは管制センター。
 235便ですね。交信可能です」
2013c_20120405154848.jpg

「衛星通信に切り替えて、
 235便との回線を確保。
 機影をスクリーンに映し出してくれ」
2013d_20120405154846.jpg

「ウイングズエア235便。
 機長のキム・ユンソンです。
 はい、探します」
2013e_20120405154845.jpg

「すみませんが、
 大韓病院のキム・ジェカン先生ですか」

「そうだが…?」

「大韓病院からの緊急連絡です」
2013f_20120405155156.jpg

「お連れしました」

「衛星通信です」
2013h_20120405155152.jpg

「チェ・ジウォン・マネジャー!」

「 L1、L4、L2の窓をチェックして、
 異常があれば報告してください」

「はい」

「ジュリさんはL2の前から、
 ヘジュンさんはL3の後ろから調べてください。
 30分以内に、
 中国上空の厚い雲の中に入りますから、
 インチョン空港に到着するまで、
 乗客の安全を確保してください」
2013n.jpg


2013g_20120405155154.jpg

「患者はパク・チョンミンだな。
 到着次第、手術しよう。
 準備を頼む」

「!」
2013p.jpg

2013k_20120405155151.jpg

「もしかして、

 大韓病院の
 パク・チョンミンですか?」





「ええ、そうですが、
 ご存じですか?」

「私の妹の友達ですから…」
2014_20120405155837.jpg

2013m.jpg

「!」

「彼はまだ小さいから、
 どれくらい
 耐えられるのか分かりませんが、
 なるべく早く到着して、
 手術を施すことが
 必要だと思います」

2015_20120405155836.jpg


「!」









「わ~!」
2017_20120405155833.jpg

「シートベルトをしっかり!
 しっかりお締め下さい!」
2018_20120405192859.jpg

2016_20120405155834.jpg

「機長!
 飛行機が揺れる直前に、
 お客様が氷のようなものが
 エンジンに吸い込まれるのを見たそうです」
2019_20120405192858.jpg

「ウイングズエア235はまだ見えていないか?」

「まだです」

「!」
2020_20120405192856.jpg

コクピット

「エンジンにトラブルが発生しているようだ。
 最寄の空港に緊急着陸する」
2021a_20120405192855.jpg

「ダイレクトに
 インチョン空港には行けませんか?
 大韓病院で
 移植手術を待っている子供がいます。
 その子が危険です。
 インチョンまではすぐではないですか!?」
2021b_20120405192853.jpg

2021d_20120405193653.jpg

「エンジンの1つが
 不能になっても、
 3つのエンジンで
 カバーできるはずです」

「インチョン空港の天候は
 もっと悪い。
 さらに危険だ」

「まだ、
 1時間の余裕があります。
 霧も晴れる方向にあります」
2021c_20120405193654.jpg
「その子を知っているから、
 個人的な感情を
 外に出しているのではないか?」

「一人の命が大切だからです」

「コクピットには
 個人的な感情を持ち込むなと
 言ったはずだ」

「どうしてですか?
 どうして、
 自分の家族のことを
 優先してはいけないのですか?」

…4本線の責任。
 そのために、300人の命を救い、
 私の妻を死なせた。
 コクピットとはそんなところだ。
 機長になったら、理解できるはずだ。
2021e_20120405193651.jpg

…もし、それが機長なら、
 私はそうなりたくありません。
2021f_20120405193650.jpg

「コクピットでは冷たい判断が求められる」
2021g_20120405193648.jpg

「このような場合には
 正確な判断の基準はありません。
 300人を思って、1人を犠牲にすると、
 将来も心が痛むことになります」

「…」

「私は機長のように、
 将来も罪の意識を抱えたまま
 生きていたくはありません。嫌です」
2021h_20120405193647.jpg

2021k_20120405194525.jpg

「…。…、私も、…私も、
 ハン教官の考え方には反対だった。
 私なら、
 そうはしなかっただろう。
 …、だから、今から、
 ハン副機長の判断に従う」
2021m.jpg
「!」

「お互いを信じていると、
 そう思ってもかまわないか?」

「…」

「私はハン機長を信じる」
2021n.jpg


「私も…。私も、
 キム・ユンソン機長を信じます」

私は乗客全員と
 一人の病気の子供の両方を守る
!」

「どうか お願いします!
 キム・ユンソン機長!」

(プタトゥリゲッスムニダ、
 キム・ユンソン キジャンニム!)

「!」
2021p_20120413150105.jpg

FAへの連絡

…インチョン空港に緊急着陸することに決まりました。
 これからすぐに
 安全マニュアルの再点検をしてください。
2022a_20120405194520.jpg

フライトアテンダント達は、
それぞれ
ピアスを外すなどの緊急体制を取ります。

2022b_20120405194518.jpg

「乗客の皆様にお伝えします。
 当機はインチョン空港に
 およそ20分後に緊急着陸します。
 これからは
 フライトアテンダントの指示に従って
 行動してください。
 私たちは十分な訓練を受けていますので、
 どうぞご安心ください。
 先のとがったものや、
 時計、ペンなどの金属は
 柔らかいものに包んでバッグに入れてください。
 そして、
 ネクタイやスカーフも引っかかると危険ですから
 外してください」
2022c_20120405195451.jpg

「滑走路の33番の右は
 ウイングズエア235便のために空けてくれ。
 正確な位置を教えてくれ」
2022d_20120405195450.jpg

「アプローチ17マイルです。
 時間であと7分です」
2022e_20120405195449.jpg

「視界距離は?」

「300メートルです。着陸は可能です」

「着陸許可を取ってくれ」

「ラジャー」
2022f_20120405195447.jpg

「ウイングズエア235便が見えます」
2022g_20120405200327.jpg

…ウイングズエア235、
 エンジンにトラブル発生。
 緊急のために、優先着陸を要請します。

「ラジャー、
 33番右の滑走路への着陸を許可します。
 救急車で病院まで行けるように配備します」

…ラジャー
2022h_20120405200326.jpg

「安定させろ」

「アプローチング 
 ミニマム」

「チェック!」

「着陸灯が見えません」

…ウイングズエア235、
 滑走路まで50メートルしか残っていない。
 着陸は不可能だ!

「では旋回する」

「旋回!」
2022k_20120405200324.jpg

「インチョン空港から10マイル、
 高度3000フィート。
 再度態勢が整い次第、優先着陸とします」

「!」
2022m.jpg

「100メートル上空の視界が開けるのは
 いつになると思うか?」

「そうですね~、
 霧が晴れるにはあと20~30分かかりますね」

「…」
2022n.jpg

2022p.jpg

「時間があまりありません。
 着陸はできますか?」

…エンジントラブルだから
 着陸は不安定だ。
 しかも、
 霧が深いから
 滑走路へのアプローチも
 難しい。
 それでも、
 着陸するつもりですか?

「ええ」

「再度33番滑走路右に着陸を試みます」

2023a_20120405201134.jpg


「了解。ウイングズエア
 235、
 33番右滑走路への着陸を許可します。
 …、
 私はキム・ユンソン機長と
 ハン・ダジン機長の判断を信じます」

…これから、俺がお前の目になってやる。

「緊急要員の配備を確認しました」

「視界距離は150m」

「ラジャー」
2023b_20120405201133.jpg

2023c_20120405201132.jpg

「水平に保て」

「ラジャー、
 アプローチ・スピードは
 ミニマム」
2023d_20120405201651.jpg




「チェック!」

「着陸灯が見えません」

「!」

…ウイングズエア235。
 もう少し高度を下げると、
 滑走路が見えるはずです。

2023f_20120405201649.jpg



「ラジャー。ミニマム」

「…」

「あ!
 着陸灯が見えました」




2023g_20120405201648.jpg

2023h_20120405201647.jpg

「お~」
2023k_20120405201645.jpg

コクピット
2023m.jpg

「ハン・ダジン。タジンな、
 私は一緒に空を飛べて幸せだ」
2023n.jpg




「…」


「コマプタ」

「…」


# このとき、
 タジンは何も言いませんが、
 涙を浮かべているんですね。

そして、ユンソンは社長に辞表を提出します。

「本気なのか?」

「私の心は今でも、
 本気で空を飛びたいという気持ちです」」
2023p.jpg

「では、どうして辞表なのか?」

「自分のことで
 誰かが傷つくようなことが
 あってはならないと思います」
2024_20120405204947.jpg

「ミジュの件は、代わりに謝りたい」

「?」

「娘の教育は私の責任だ。
 どうも教育が悪かったようだ。
 許してくれ」

「?」
2025_20120405204945.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。『お願いキャプテン』

# 今日のコクピット内での記録です。

「私も
 ハン教官の考え方には反対だった。
 私なら、
 そうはしなかっただろう。
 だから、今から、
 ハン副機長の判断に従う」

「!」

「お互いを信じていると、
 そう思ってもかまわないか?」

「…」

「私はハン機長を信じる」

「私も…。私も機長を信じます」

「私は乗客全員と
 一人の病気の子供の両方を守る!」

「どうか お願いします!
 キム・ユンソン機長!」
(プタトゥリゲッスムニダ、
 キム・ユンソン キジャンニム!)


# タジンの力強く、
 尊敬をこめた言葉には感激。
 それだけだなく、ユンソンの、

「私は乗客全員と
 一人の病気の子供の両方を守る!」


 には、物語のテーマへの
 最終的な答えを得たような気がします。

PTCT.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
「にほんブログ村」ランキング。『お願いキャプテン』
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose