FC2ブログ

アルハンブラ第10話(2) ラストクエスト

1011_20190103155732398.jpg
(アルハンブラ宮殿)

アルハンブラ宮殿の思い出 第10話(2) ラストクエスト~最後の探求なのか?

アルカザバカフェ

「アンニョン、エマ」

「アンニョン」

「…」
1000m_20190103155731df2.jpg

「ここで何をしているのですか?」

「…」

「ここは危険な場所ですよ」

「君の弟を探しに来た」

「…」

「君の弟がグラナダにいることが分かった」

「必ず探し出して下さい」

「たった一人で可能だろうか?」

「あなたには可能です。
 どうかご無事で戻って来て下さい。
 待っています」
1000mm_20190103155730136.jpg

エマとの会話によりエネルギーが増加
カフェの傍の敵はマシンガンで倒します。

1000n_20190103155729118.jpg

アルハンブラ宮殿へ

1000nn_20190103155728355.jpg

観光客が大勢です。
ガイドは、
「ここは“正義の門”と呼ばれ、アルハンブラ宮殿の正門です」

1000p_20190103155727bf2.jpg

中に入るジヌ

1000pp_201901031616339d7.jpg

1011_20190103161631ac2.jpg

1011a_20190103161630e72.jpg

1011aa_20190103161629f15.jpg

1011b_20190103161628748.jpg

宮殿とはいえ、ここは山城(要塞)です。
ジヌは奥へ奥へと進みます。

1011bb_201901031616279d1.jpg

1011c_201901031619025f7.jpg

モニターしているヤンジュからの指示

…アルハンブラ宮殿には牢獄が地下にある。
そこがダンジョン(地下牢)の入り口じゃないか?

「…」
1011cc_20190103161901b45.jpg

「…」

…失敗すると再び入ることはできない。

1011d_201901031619007f1.jpg

ジヌは地下へと進みます。

1011dd.jpg

鉄格子

1011e_2019010316185836a.jpg

…ナスリッド王国のダンジョンにようこそ。
グラナダで獲得した武器以外には使用不可能。

1011ee_20190103161857faf.jpg

ソウルで獲得したアイテム(武器)を残して、“剣”だけで入ります。
鉄格子はそこで閉じます。
敵は牢獄の囚人たちでした

1011f_20190103162418c2f.jpg

シーンは変わってソウルのヒジュの部屋
(誰かのノックの音が聞こえます)

1011ff_20190103162417ea7.jpg

工房のドアを開けると ヒジュでした。

「セジュ…」

「…」

「セジュや…」

「…」

「セジュ…」

ハッと気づいたように、
「ヌナ…」

「!」
1011g_20190103162416bcb.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

ゲーム“マスター(IDも同じ)”のセジュが突然の帰国でした。
・セジュはマルコ・ハンからどうやって逃れたのか?
・ゲームレベルのno.2となったジヌはゲームを完遂できるのか?
そもそもこのシーンは、
①ヒジュの眠りが浅い時の夢なのか?
②しかし、セジュは生きていた。
このシーンの挿入は第2話と同様に先のことを予告するような編集ではないかと思わせます。

これも謎、次も謎のままです。

ジヌにとっては、会社が今後発売するARゲームソフトに欠陥がないようにと、それはビジネスの要点でもあります。
そして、「証明する」と言ったヒジュへの言葉・約束を守るためでしょう。
他方、
セジュは、自ら開発したソフトの問題点には既に気付いているはずです。

ゲームソフトに仕掛けをして“ソフトを狂わせた犯人”はマルコ・ハンなのか?

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
スポンサーサイト

アルハンブラ 第10話(1) 秘書

1011a_2019010315191594f.jpg
(アルハンブラ宮殿)

アルハンブラ宮殿の思い出 第10話(1) 秘書・ジョンフンが…

グラナダに向かうジヌとジョンフン

「チョン・セジュのレベルはとても高いのに、
 なぜマルコを恐れて隠れるのでしょうか?
 変でしょう?」

「…」

「しかも、自分から姿を見せずに、なぜ我々を呼び出したのでしょうか?」

「…」

「何か別の問題があるのでしょうか?」

「それは行ってから分かるだろう」
1000_201901031519147dd.jpg

グラナダ駅に着くころには敵が大勢
(ジョンフンは先に下車しました)
IDが“シティハンター”のジョンフンのレベルは50に上がっていますが、敵が多勢。
さらには列車内にテロリスト
(ジヌが応戦していると、列車は次の駅に向かって発車してしまいます)

ソウルのヤンジュに電話

「代表、到着しましたか?」

「ジョンフンを探してくれ」

「ソ秘書のことですか?」

「ああ、ゲーム上の位置だ。位置を探してくれ!」

「代表とは一緒ではないのですか?」

「ああ、はぐれてしまった」

「お待ちを…。
 彼はログアウトしています。5分前です」

「どこで?」

「グラナダ駅です」
1000a_20190103151913c62.jpg

ジヌは次の通過駅で降車して、次のグラナダ行きを待つことになります。

1000aa_20190103151912b66.jpg

早速、駅員が応対してくれます。
「グラナダ駅ですか?
 友達を探している人がいます。
 30代半ばの韓国人だそうです」

「次の列車は?タクシーは?」

「列車の方が早く着きます」

1時40分発のグラナダ行きの列車を待たねばなりませんでした。

1000b_20190103151911f3b.jpg

「ソ秘書には会えましたか?」
(ヤンジュ)

「頼みがある…」

…ジョンフンや…。

1000bb_201901031519102c6.jpg

グラナダ駅に近づく際にジヌは遺書を書いて、パク・ソンホ理事に送ります。

…もしもグラナダでジョンフン共々死んだ場合の遺言だ。

ここまで書いたところで、ヒジュからの電話
電話に出るかどうするか迷っているうちにグラナダ駅の傍まで列車が来ると、自動的にARゲームにログイン

1000c_2019010315383150c.jpg

…レベル90
残り時間は3時間59分

1000cc_201901031540036ba.jpg

ジヌはトイレに隠れて、ゲームマスターからの“シークレットミッション”を読みます。
“鷹”が届けた指示は、
アルハンブラに行け

1000d_20190103154003e02.jpg

ヒョンソクと7人ほどのテロリストが出現

1000dd_2019010315400221b.jpg

…撃破して勝利
レベルが91に上がります。

1000e_20190103154001032.jpg

乗客は、
「大丈夫なのですか?」

「…」
1000ee.jpg

グラナダ駅

テロリストを撃破して、レベルがワンノッチアップ。
拳銃からマシンガンに替えて降り立ちました。
左足の痛みがなくなり、両足で歩行できるようになっています。

1000f_20190103153958809.jpg

…ジョンフンや。
いったいどこに行ってしまったのか…?

1000ff_201901031545389d7.jpg

タクシーをつかまえて、
「アルハンブラ宮殿へ」

「グラナダは初めてですか?」

「いや3回目です」

「まだアルハンブラ宮殿には行っていないのですか?」

「これまでは仕事で忙しかった。
 その前にちょっと寄りたいところがある」
1000g_20190103154537794.jpg

アルカザバ・カフェに立ち寄ります。

1000gg_20190103154536df4.jpg

マラガの海賊たち

「レベル90以上の者と会うのは久しぶりだ」

「…」

「一杯付き合わないか?」

「今は人を探している」

「我々はそれもお得意だぞ」

「彼のIDは“シティハンター”なんだ。
 彼とはグラナダ駅ではぐれてしまった」

「聞いたことがないIDだな…」

「…」

「簡単な仕事じゃないから、金がかかるぞ。
 金貨300だ。
 成功したら金貨1000枚の報奨金を頂く」

「…」
1000h_20190103154535345.jpg

「シティハンターを見つけたら、どこに送り込めば良いのか?」

「アルハンブラ宮殿だ」

「OK、任せてくれ」

「乾杯だ!」
1000hh.jpg

ジヌは支払って海賊たちを仲間にします。
そして“エマ”と再会

1000k_20190103154533cc3.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

ゲームでもアライアンス(同盟関係)を組んだジヌとジョンフンです。
心情的にはジヌがとても頼りにする秘書なので、失踪して欲しくはないのですが…。
なお、
このARゲームの欠陥でもあるのですが、PC(player character)は一端倒されても(敵も味方も)、同じ姿で再度出現することです。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

アルハンブラ 第9話(4) 消えた仲間

winter g
(2019.01.06)

アルハンブラ宮殿の思い出 第9話(4) 消えたプレイヤー

…ヒジュが一緒ではなかったが、
これからの彼女の旅はとても過酷な時間だが、
我々にとっても過酷なものだった。

…我々の飛行機はまずバルセロナ。
グラナダへは夜行列だった。
セジュの1年前の行動を辿る旅だ。

944_201901041654166c9.jpg

バルセロナの駅には雷鳴と♪『アルハンブラ宮殿の思い出』
(ジヌとジョンフンにしか見えない敵の出現が待っています)

944a_20190104175948321.jpg

<前日のこと>
(ジヌがヒジュの工房に行くのが遅れた理由)

レストランでのランチョンミーティング

「反発せずに静かに話を聞くだけで良いからな」

「兄貴はそんなポーカーフェイスで、
 代表の座を狙っているのか?」

とジヌが話を持ち掛けているところに、
「アボ二ムとの約束なのでしょう?」

スジンも同席の予定だったのか?」

「アボ二ムからランチを一緒にと言われたわ」
944aa_2019010417594759b.jpg

チャ・ビョンジュン教授(会長)が来ます。

「アボ二ム…。
 まさか、彼らと一緒だとは…」

「ああ、ジヌを呼んだから、一緒にと誘ったんだ」

「…」
944b_20190104175946a97.jpg

「離婚訴訟は上手くいっているのか?」

「ええ。公表も近々です」
(ソンホ)

「難しいと思っていたが、どうやったのか?」

「よく知りません」
(ジヌ)

「何かの手口があったのだろうな。
 しかし、コ・ヘラのことを心配しないで済むとなれば、次のことだ」

「?」

「二人は縁をより戻さないか?」

「…」
944bb_201901041759455df.jpg

「…」
944c_20190104175944c7f.jpg

「これはビジネスランチではなくて、
 教授の個人的な思い付きだったようだ」

「ア~ッシ」

「これからの俺の人生は兄貴次第だ。
 もう一度信じる」

「だからゲームどころじゃないと言ったんだ」

「今の俺の一番の関心はグラナダだ。
 セジュを探し出すことが俺のファイナルタスクだ」
944d_20190104175943074.jpg

工房に向かう途中にスジンからの電話

「アボ二ムは一度だって子供を抱いてはくれず、
 ずっと私を憎んでいたわ」

スジンからの電話はアボ二ムを信じてはいけない
教授はジヌのことにも信頼を置いていないからとの警告でした

「アボ二ムは自分のプライドと名誉のことしか考えてはいないわ。
 それに、アボ二ムはあなたがヒョンソクを殺したと思っているわ」
944dd_20190105011634718.jpg

バルセロナ駅構内

…我々はこれがヒョンソクの最後の旅となることを祈っていた。

しかし、暫くするとヒョンソクが現れます。
売店で買い物をしていたジョンフンが駆けつけます。

944e_20190105011633bca.jpg

一発で倒します。

944ee_201901050116321e1.jpg

「銃を試す良い機会だと思っていました」
944f_20190105011631f82.jpg

コンパートメント

「4人分のチケットを買っていますから、我々だけです」

「…」

「狭いコンパートメントなので、チャ・ヒョンソクも現れないでしょう。
 ビールを買って来ます」

「…」
944ff_2019010501163090a.jpg

グラナダ駅

…眠ることはできなかった。
グラナダに近づくにつれて、興奮というよりも神経質になった。
セジュはどこから連絡を取ってくるのだろうかと…。
何のイメージも湧かなかった。

944g_201901050116290f2.jpg

到着するやいなやヒョンソクが現れ、ジヌは一撃。
しかし、また同時にジヌとジョンフンの前に敵が出現します。

944gg_201901050144323ac.jpg

先に下車したジョンフンの敵はアラゴンの戦士とその矢

944kk_20190105014429c42.jpg

ジヌには下車寸前にテロリスト

944k_2019010501443034b.jpg

ジョンフンは助けを求めますが、ジヌもテロリストからトイレを包囲されています

944m_2019010501442844f.jpg

ジョンフンはアラゴンの戦士に囲まれます。

944n_201901050144270c5.jpg

停車中の列車が動き出し、ARゲームの画面には“仲間を失った”…。
電話に出ないジョンフン

また現れたテロリストですが、ジヌの目の前で弾丸がフリーズ

944pp_20190105014824b4d.jpg

列車がグラナダ(区域)を出てしまったためにゲームが中断されたからです。
しかし、ジョンフンの行方は…?

「!」
944p_201901050148254ac.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

ARゲームに参加したプレイヤーがクリティカル・ダメージ(致命傷)を受けると、ヒョンソクやマルコのように現実にも死んでしまいました。
恐いゲームです。
この(狂った)プログラムの欠陥を理解したジヌですから、焦ります。

先日書いた(KJS)「狂ったAR(拡張現実)ゲーム」の問題点と疑問②に相当するのか?
http://jumong007.blog133.fc2.com/blog-entry-3893.html

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

アルハンブラ第9話(3) ラブモーション

アルハンブラ宮殿の思い出 第9話(3) グラナダ出撃の前~ラブモーション

ジヌに聞かれたプロポーズの話

「ミンジュには何を話したのですか?
 変なことばかり言っているんです」

「私は彼女には何も言ってはいない。
 ミンジュの目を見て思いつかなかったのか?」

「本気で話をしているのですか?」

「きっと希望的観測だろうな」

「…」

「遅くなって申し訳ない。急用ができて遅くなった。
 ミアネヨ」

「…」

「飛行機に送れないためにも長話ができない」
933aa_20190104163606999.jpg

「セジュは?」

「セジュに会うためにグラナダに行く」

「セジュがいるの?」

「まだ不確かでもあるが、確かめるために行くことにした。
 連絡を受けたからだ」

「本当に連絡があったのですか?
 証拠を見せて下さい」

「電話やEメールではないから、見せることはできない」

「では…?」

「セジュはゲームを通じて、セジュのIDでメッセージを送って来た」

「…」

「セジュから“グラナダに来い”とのメッセージだったから、
 何はともあれ、
 どこにいるのかも分からないがグラナダに行く」

「…」

「セジュに会ってから、君に電話するからここで待っていて欲しい」

「なんてことを言い出すのですか?
 セジュが生きている証拠を見せると言ったじゃないですか?」

「そうなのだが、ここでは見せることが不可能だからだ。
 ヒジュさんがコンタクトレンズを装着しないと無理だ」

「…?」

「私の下で働いている者を紹介するから、そこで見ていて欲しい」

「私を飛行機から降ろし、今度は何をするつもりなのですか?」

「時間がないんだ。
 セジュに会うためには48時間でクエストを終えないといけないんだ。
 もう12時間も失った。
 名刺の彼が説明してくれる」

そこに入って来たのはサンボム
いきなりジヌを殴り倒します

「!」
933b_2019010416360572a.jpg

「グラナダで見た時から嫌いだった!」

「…」

「ヒジュに大金を払い、ずっと看病させていた」

「止めなさい!」
(ヒジュ)

「今度はどんな手口で彼女を詐欺に掛けるのか?!」

また殴ろうとすると、ジヌは杖をサンボムに付きつけて
「私のことを嫌っているは知っているが、ここまでだ。
 俺は空港に急がないとならない」

「飛行機だと?!」

「もうそこまでだ。
 君はヒジュさんの家族みたいな振りをしているが…」
933bb_20190104163603279.jpg

さらに殴りかかるサンボムに、
「俺は食事の時間以外は“剣”を扱っている。
 これ以上掛かってくると、怪我するぞ」

「…」

「俺は現実の世界では戦いは好まない」
933c_20190104163602d37.jpg

ハルモニが入って来て、ジヌの首の傷を見て、
「血が出ているわ!
 いったいあんたは何をしたの?!」
933cc_20190104163559c5f.jpg

「帰りなさい!あんたの家に帰りなさい!
 お客様を怪我させておいて…。
 ここの家に甘えるのもいい加減にしなさい!」

「これには説明が必要なんだ。
 ハルモニが知らないことがたくさんあるんだ」

「もちろんだわ!とにかく帰れ!」
933d_2019010416453326f.jpg

ジヌはジョンフンに電話

「ホテルに立ち寄る時間がないから、
 荷物を空港に運んでいてくれ」

「…」

「服は?
 必要な物だけで良い」

ヒジュはバンテージを出して

「座って下さい」

「時間がない」

「とにかく座って下さい。血が出ています」

「私は大丈夫だ」

「座ってください。また人の話を聞かないのですか?」

「…」

「強がらないでください。
 いつも高飛車ですよね?なぜですか?」

「…」

「たったの5分だけです」
933dd_20190104164532053.jpg

「友達は帰ったのか?」

「帰ったでしょうね」

「何なのかな?
 家族でもないのに家族だと思っている。
 君は許嫁なのか?」

「…」

「そうなのか?」

「あっちの方を向いて下さい」
933e_2019010416453106a.jpg

「私は彼を認めない。
 それに、戦いの仕方も知らない」

「“剣”を使えることは自慢にはならないわ。
 子供じみているわ」

「ともかく、彼のことは認めない。
 賢く考えてくれ」

「私はサンボムのことをそんな相手だとは一度も認識していません」

「…」

「しかしあなたがそう考えるなら、私も考えてみます」

「は~、いつも私の気持ちとは反対のことを言い出すようだ」

「…」
933ee_20190104164530346.jpg

「結婚相手を探すのはそんなことじゃない。
 私のようにはなってはいけない」

「…」

「あのギターはヒジュさんが製作中だったのか?
 いくらくらいなのか?」

「心配は要らないわ」

「どれくらいの値打ちなのか?
 私が注文する。特別注文したい」

「…」

「お断りなのか?お客様を選ぶのか?」

「…」

「私の希望は断たれたのか…?
 ギターを買う価値もない男なのか…?」

涙をジヌの背中に落とすヒジュでした。

933f_2019010416452953a.jpg

「なぜ涙を?」

「自分でも分からないわ」

「…」

「あなたは、セジュを見つけるためにクエストゲームを行って来たわ。
 そして、セジュに連絡ができるほどのレベルにまで達したようだわ。
 代表だけがセジュとコンタクトができるのよ。
 私がグラナダに行っても役には立たないわ。
 見ることすらできないからだわよね。
 だからここで待ちます。
 そして、あなたのことをモニターします」

「…」

「それしか、私がセジュを見ることができないからです。
 そういうことなのでしょう?」

「…」
933ff.jpg

「私のことをまだ正気だとは思っていないか?」

「ええ、そうだと思うけど、あなたを信じます」

「…」

「信頼します。そしてあなたの連絡を待ちます」
933g_201901041654218ba.jpg

「なぜ私を信じるのか?詐欺師なんだろう?」

「でなければ、私は悲しむだけだわ」

「私はまた騙しているのかもしれない」

「騙されないように頑張るわ」

「…」

「は~、何てことかしら、チンチャ…
933gg.jpg

「それはいつもの私のセリフだ」

「あなただけのセリフではありません」

「あ~、チンチャ!」

「…」

「なぜ私の人生に現れたのですか?」

「…」

「どうして憎むことすらできないのですか?」

「…」
933h_20190104165419fbd.jpg

「…」

「…」

「…」
933hh.jpg

タクシーが来て、ここまで…。

# ちょっと小憎らしい演出なのですが、ドアを開け閉めする音で二人のラブモーションが止まりました。
家には二人の他にはハルモニしかいませんので、ハルモニは二人の話を聞いていたのでは…?

「…」
933k_2019010416541743c.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

「どうして憎むことすらできないのですか?」
…とても婉曲的な言葉ですが、とても素敵な深い意味の言葉だと思います。
(ここはパク・シネの演技に感涙でした)

ジヌはヒジュの涙に何度か心を惹かれました。
(第6話の終りのシーン:YouTube より↓)
https://www.youtube.com/watch?v=UMpFI9ui4nc

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

週末の夜の放送を前に

al hanbur palace

『アルハンブラ宮殿の思い出』
今日と明日の夜、残すところ2話で放送が終了します。

1.まずは先に書いた記事(KJS↓)の中から問題点と疑問点
(1)
http://jumong007.blog133.fc2.com/blog-entry-3893.html
(2)
http://jumong007.blog133.fc2.com/blog-entry-3903.html

211mm_20190119003050026.jpg

(狂ったゲーム)

問題点と疑問①
レベル5までクエスト(探求)を続けると、キャラクターとの会話ができるようになる一方、
コンタクトレンズ(ポータルサイト)を外してもログインの状態が続くこと。
これはプレイヤーの頭脳にARゲームが侵入してしまうためなのか?
(# これはレベル5以下でも起きました:第13話)

問題点と疑問②
最大の問題点は、プレイヤー間の対戦でクリティカルなダメージを受けて倒されたプレイヤーが現実にも死んでしまうこと。
これは、
検死医の解説などに鑑み、痛みなどの過大なストレスにより心臓麻痺や脳溢血を起こすからではないか?

問題点と疑問③
現実に死んでしまった人がARゲームのプレイヤーが再登場できるならば、
他のプレイヤーにとっては亡霊のようにつきまとわれること。
際限ない亡霊との戦いはゲームを完了させるレベル100まで続くのか?
前半のチャ・ヒョンソクと中盤のマルコ・ハンは、それぞれがジヌとセジュを悩ませます。

spain1.jpg

次のようにARゲーム『アルハンブラ宮殿の思い出』の欠陥と謎をまとめておきます。

2.今週末の放送を前に

<大きな欠陥>

大きな問題点は、ARゲームの圏外に脱出するか、Jワンホールディング社のゲーム用サーバーをシャットダウンしない限り、ARゲーム『アルハンブラ宮殿の思い出』からは抜け出ること(ログアウト)ができないこと。

(ゲームマスターはセジュ)
211bbb_2019011900163677a.jpg

「あの人がどこにいるのか知っているの?」

「知らない」
1499_201901180201055a0.jpg
(第15話の予告から)

<PC(player character)の特徴>

(亡くなった3人のこと)

・レベル5
(スマートレンズなしでも、剣で敵と戦います)
①チャ・ヒョンソク(ワンワード代表)
ジヌとの決闘を前にワイン2本を空けていましたので、
心臓麻痺が死因か?

・レベル50以上
(スマートレンズなしで、拳銃で戦います)
②ソ・ジョンフン秘書
極度な恐怖とストレス以外には他の死因が考えられません。

211nn_20190119003049a27.jpg

・レベル90以上
(スマートレンズなしで、ライフルで戦います)
③マルコ・ハン
麻薬中毒患者なので、これも心臓麻痺が原因か?

(ヒジュとチャ・ビョンジュン教授のこと)

・レベル1
(自分で自由にログイン・ログアウトできます)
④チョン・ヒジュ
武器は一切持たず、NPC(non player character)の“エマ”を見ただけ。
1445b_20190119002725ed7.jpg

・レベル2
(スマートレンズを外しても敵が出現)
⑤チャ・ビョンジュン教授
息子ヒョンソクが現れて、剣で切られる恐怖を知ります。
1322aa_2019011900352764c.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

ARゲームのエンディング

ジヌのクエストは続き、レベル100に達します。
そこでアルハンブラ宮殿の正義の門に描かれている“天国の門の扉の鍵”(黄金の鍵:アイテム)をゲットできました。

(エマに手渡すシーン)
1444g_201901190027247d7.jpg

黄金の鍵で黄金の箱を開くのでしょうか?
中には何が入っているのでしょうか?

(ドラマのタイトルの映像より)
gold box

ジヌは“最後の物語を知りたい”との言葉を残しています。
その後は誰もジヌとは連絡が取れなくなります。
しかし、予告を見る限りではヒジュがジヌを涙で迎えるようです。
そして、
ゲームの謎はジヌとセジュの会話によってすべてが解かれると思います。

週末が楽しみなのですが、もうひとつの期待は“マラガの海賊たち”のファンクションです。
NPCとしては、まだ何も活躍はしていません。
ジヌから貰った手付金だけで協力関係が終わるのは寂しい気がします。

# 第15話と第16話の視聴メモは今度の週末にアップします。
333d_20190119003048c39.jpg

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

アルハンブラ第9話(2) 確信

sikuramen2.jpg

アルハンブラ宮殿の思い出 第9話(2) ゲームマスターからの伝言~ジヌの確信

セジュはマルコの攻撃から逃れ、バルセロナからグラナダに向かいました。
(姉・ヒジュが経営するホステルボニータでジヌと会うためでした)

しかし、グラナダに近づくと、♪『アルハンブラ宮殿の思い出』と雷鳴
現れたのはマルコ
セジュも銃を出しますが、撃たれます。

(#) 腕を撃たれて逃げ出すセジュの言葉に、
「どうして死んだ奴が蘇るのか…?」

900k_2019010414415651c.jpg

ジヌの推理は続きます

列車は朝の8時にグラナダに到着

…セジュは銃撃戦で負けたのだろうか?
そうであれば、
ヒョンソクとマルコと同様に遺体で発見されたはずだ
しかし、セジュは消えた。
つまり、銃撃をかわして生きて逃げたと考えられる。

(ドラマの最初に戻って)

セジュはレベル94でグラナダ駅に降りる。
腕に銃弾を受けています。
列車が発車したあと、ホームで見た銃を持った青年がセジュでした。

…あの時は見えなかっただけで、セジュは駅にいたはずだ。

900kk_2019010414415549b.jpg

# ここから第8話のラストシーンに繋がります

舞い降りたのはメッセンジャーの“タカ”
レベル90と“黒騎士の剣”

…このゲームに引き込まれる理由を理解することに1年かかった

900m_20190104144154dba.jpg

鷹が運んだゲームマスター(セジュ)からの伝言

…“グラナダでの秘密のクエスト:あなただけが扉を開けることができる。
 ただし、時間の制限がある。”

900mm_2019010414415397a.jpg

ジョンフンが朝になってやって来ました。

「わ~、代表。
 ここはまるでキリングフィールドですね…」

「お前のレベルはいくつなのか?」

「レベル48です」
900mmm.jpg

ジヌはジョンフンにピストルを差し出すのですが、銃はレベル50以上でしか使えません。

「銃を使えないと一緒にはグラナダに行けない。
 あと5時間でレベルを2ノッチ上げろ。
 飛行機の時間までにレベルアップしてくれ」

「“飛行機”ですか?」

「今日、グラナダに行く。
 チョン・セジュを探すためだ」
900n_20190104144150375.jpg

他方、ヒジュはジヌを信じて、飛行機から降りていました

「あれ?なぜまた帰って…?」

「時間が掛かり過ぎて、疲れると思って降りたわ」

「え?!なんてことを…?
 航空券は払い戻して貰ったの?
 きちんとキャンセルしてから降りるべきだったわよ。
 お金の無駄使いだわ」

「注文のギターの製作に間に合わないかもしれないと思ったからだわ」

「アイゴ~、まったく理解できないわ」
900nn_20190104151321231.jpg

ジヌからの連絡は“家で待つように”でしたから…。

2時18分

ジヌに連絡が取れないので、ギターの製作

4時5分ころ

「…」
922_201901041513205a6.jpg

6時40分過ぎ

ミンジュからの電話でした

「YDにが潜在能力があるって認められたわ」

「オンニに叱られたいの?
 あの人の時間を邪魔してはいけないわよ。
 いったい誰が電話番号を盗んだの?!
 また代表に会いに行くつもりなの?」

「アジョシには会わないの?」

「え?」
922a_20190104151319272.jpg

「アジョシはオンニに会うためにスペインに飛んだわよ。
 たった一人だったのかしら?」

「いや、家に来ると言っていたわよ」

「あ~、本当に?」

「なぜ知っているの?」

「アジョシがなぜオンニに会いに来るのか知っている?」

「…」

「ヒントを出そうか?」

「え?!」

「プ…で」

「“プ”?」

「プの後は2音節の言葉だわ。
 アンニョン!ひひひ!」
922aa_20190104151318f78.jpg

メール

…“P”で始まり“E”で終わる単語だわ。

「いい加減にしなさい!」

「怒っているの?」

「冗談を言っている場合じゃないのよ。
 オンニは今、真剣だわ。
 アジョシがなぜグラナダに行く途中で家に立ち寄るのかが分からないのよ」

「プロポーズだわ」

「え?!」
922b_2019010415131668d.jpg

「アジョシはオンニにプロポーズに来るのよ」

「は~、いったい何を言っているの?」

「これは知らなかった振りをしてね!
 アジョシはついにシングルになったのよ」

「…」

「きっと指輪を買ったに違いないわ。
 わ~お~」

「何言っているの?
 ここに指輪を持ってプロポーズに来るわけなの?」

というところでジヌ

922bb_2019010415131586f.jpg

「…?!」

「指輪を買うべきだったのか?」

「…」

「ア~ッシ!
 まさかそんなことを思っていたとは考えなかった…」

「…」

「じゃあ、買ってこようか?」

「…」

「中に入って下さい!」

「ちょっと待ってくれ。少なくともブーケを買ってくる」

「もう中に入っているじゃないですか?!」

「…」
929aa.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

(#) 腕を撃たれて逃げ出すセジュの言葉に、
「どうして死んだ奴が蘇るのか…?」

これは、セジュが設計したARゲームソフトにはなかったことのようです。
ゲームマスターのセジュが
つまり、プログラムに入り込んだマルコ・ハンの仕業だったのだと思います。

詳細の仕掛け(マルコか?)は分からずとも、ゲームを“最後までクエストしない限りログアウトできない”
ジヌは、こんな欠陥を知った上で、ヒジュのグラナダ行きを止めたのだと思います。

# さて、次(↓)のようにARゲームとミステリーラインへの疑問を並べました。
いよいよ、今夜と明日の夜で『アルハンブラ宮殿の思い出』の放送終了となります。
どれくらい先の予想が当たっているでしょうか?
第15話と第16話の視聴記録は今度の週末にアップすることにして、
今夕は再度疑問のまとめと期待をアップします。
(1)
http://jumong007.blog133.fc2.com/blog-entry-3893.html
(2)
http://jumong007.blog133.fc2.com/blog-entry-3903.html

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

アルハンブラ第9話(1) プロポーズ

アルハンブラ宮殿の思い出 第9話(1) プロポーズしませんか?

グラナダに行く必要はないとのジヌからの電話が入り、戸惑うヒジュ

「…」
900_20190104134824839.jpg

「生きていることがなぜ解ったのですか?」

「メッセージを受け取ったからだ」

「どこで生きているのですか?」

「こっちに来てくれ。話はそれからだ」

「電話で話してください」

「電話では話ができない」

「もう飛行機の中です」

「出ることができないのか?」

「ちょっと待って下さい。また嘘なのでしょうか?
 グラナダに行ってはならない理由があるとでも?」

「ただ、行く必要がないと言っているだけだ。
 無駄な時間とエネルギーを使うことはないからだ」

「…」

こちらにいる方が早く会える
900a_20190104134823fce.jpg

電話を切ります…。

「…」
900aa_20190104134822990.jpg

YD事務所への所属を熱望するミンジュはJワンホールディング社を訪れて、ジヌに推薦を求めていました。

(秘書の前でもダンスの練習)
900b_201901041348214d2.jpg

「オンニはどうでしたか?
 行きましたか?」

「行く必要はないと言ったが、頑固だった」

「なぜですか?」

「オンニは俺のことを信用していないから、
 俺の言葉には反論ばかりだ」

「なぜ信用を失ったのですか?」

「いいさ。俺の方が追いかけるさ」

「アジョシもグラナダに行くのですか?」
900bb_2019010413482081a.jpg

「大切なことがあるからさ」

「何のことかしら?」

「君が知る必要はない」

「オンニにプロポーズするのですか?」

「…?!」

「もう離婚したから、オンニにプロポーズするのじゃないのですか?
 できるでしょう?」

「?!」

「当たりでしょう?」

「君の頭の中の構造を知りたい。いったい何を考えているのか?」

「それです。コ・ユラの離婚届だわ」

「?!」

「さっき、ちらりと覗いたのよ~ん」

「はっ!」

「コ・ユラのサインを見たわ。後はアジョシがサインするだけだわ」

「?!」

「よくやったと思います。私も安心しました」

「?!」
900cc_20190104135653be2.jpg
離婚届にはユラの事務所のノ・ヨンジュンのメモが付いています。
…法務部から署名入りの書類を送りますが、コ・ユラはまだ納得していないことをお伝えします。
気を付けて下さい

「記事にはいつなるのですか?記事を早く読みたいです」

「…」

「どうしたのですか?」

「あきれている」

「なぜですか?」

「俺は簡単には驚かない人間だが、君にはマイッタ」
900c_20190104134819ceb.jpg

秘書を呼んで、
「連れて行ってくれ」

「え?!YDにですか?もう話をしたのですか?」

「推薦してくれと君が言うからだ」

「アジョシ~、本当に…。
 アジョシのこと、本当にとても好きです」

「…」

「私のタイプなんです!」

「単なる推薦だけだ。
 君が下手なダンスを見せると、私の評判にも傷が付くぞ。
 頑張れ!」

「勿論です」
900d_201901041356525f8.jpg

「早く行け」

「アジョシ~、本当にコマスミダ。
 アジョシのプロポーズも上手く行きますように!
 ファイティン!」
900dd_20190104135651fb7.jpg

ジヌはサインします。

900e_20190104135650178.jpg

ジヌのグラナダ行きの準備

パク・ソンホは、
「またグラナダに行くのか?
 ゲームのためか?」

「これは重要な仕事上のミッションだ。
 クエストを続けるためだ。
 変に思われるかもしれないが、重要なことだ」

チェ・ヤンジュには、
「新しく開発したアイテムをくれ。武器じゃない」

「これは金貨1000枚の価値がある高価な栄養剤です」

「…」

「これはロウソク用のライターですが、
 火炎放射器の役割をします」

「新しいアイテムは全部送ってくれ」

「ええ」
900ee_20190104142026457.jpg

ジヌが考え続けていたセジュの足取り

…セジュは誰に怯えていたのか?
ヒョンソクの部下なのだろうか?
マルコのゴロツキ仲間なのか?
これからはますます困惑することになるだろう。

(マルコから大金を掴む話を聞いているシーン)

「…」
900ff_20190104142024a42.jpg

(セジュが対戦相手のマルコを倒して、ジヌの電話番号を知るシーン)

900f_201901041420252dc.jpg

…マルコ(レベル92)の影に怯えていたと思う。
セジュは私よりももっと怯えていたのだと思う。
マルコのレベルがヒョンソクよりも高かったからだ。

900g_201901041420231a5.jpg

(バルセロナから電話するセジュ)

「ヌナ、会いたい」

「え?」
900gg_20190104142022fc7.jpg

(ジヌに電話するセジュ)

…セジュはあの夜、私に救いを求めていたようだ。
きっと私の会社の専門家が問題を解決してくれると思っていただろう。

900h_2019010414202135f.jpg

駅の構内までマルコに追い詰められるセジュでしたが、列車が発車して助かります。

900hh_20190104143738cd6.jpg

(このシーンとジヌの推理はつづきます)

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

# 中学生のミンジュの直観は正解のようです。
しかし、
年齢を重ね、経験を積んでいるジヌにとっての“結婚観”は大人のものですから、
結婚は“easy come easy go”であって、離婚は簡単ではない。
結婚後の生活、心身の状態はまだまだ未知の世界ですからね。
結婚により、何が精神状態に影響するのかは未知。
こんなことは古今東西の老若男女や王室にもあったことですよね。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

アルハンブラ第8話(4) 鷹は舞い降りた

899z.jpg

アルハンブラ宮殿の思い出第8話(4) 鷹は舞い降りた~マスターからの使者

ソウル・Jワンの役員会議室

877bb.jpg

会議の前に教授とソンホ

「ジヌはまだ仕事に来ていないのか?」

「この2日間は出ていません」

「ゲームしているからだろう?」

「…、はい」

「あいつのお陰で新しいソフトの発売予定が遅れた。
 会社を混乱させている。
 それなのにゲームなのか?困ったことだ…」

「発売は延期ですが、開発はさらに進めるようにとの指示でした。
 自分でまずゲームを完了するためだと思います」

「なぜ頑固なのか?」

「ジヌはゲームのソフトに問題を見つけたようです。
 ジヌだけのことではなく、
 ゲームの最中に2人の者が失踪しているからだとのことです」
877c.jpg

レベル88

877cc.jpg

ジヌはゲームを極めようとしています。

877d.jpg

ソンホはヤンジュから聞いています

「代表は参加プレイヤーの中では第3位のレベルですが、
 すぐにでもトップに立つ勢いです。
 トップの二人はこの1年間もゲームには参加していません」

「…」

「モニター画面をご覧ください。
 この3人だけがレベル80以上で、
 マスター、マルコ、マルコは誰だか知りませんが、
 3位が代表の順です」

「誰が“マスター”なのか?
 チョン・セジュのことか?」
877dd.jpg

ソンホと教授

「ジヌの考えでは、
 息子のヒョンソクはゲームによって殺されたということなのか?」

「…」

「事故でもなく、病気でもなく、ジヌのためでもなかったと言うのか?」

「最初はジヌにも分からなかったようですが、
 徐々に事態を認識し始めたようです。
 なにか変な現象が生じているようで、
 これはジョンフンも参加して解ったようです。
 したがって、今朝ジヌに会いました。
 ジヌが言うにはヒョンソクにも会えるとのことです」

さらにジヌは「“シティハンター”との同盟関係を切ることが不可能」、
とのプログラムになっていることが分かり、ソンホがゲームに参加することすら危険だと判断しています。

「ヒョンソクに殺されたいなら、同盟関係を結ぼう」

「…」

「私の言葉を誰も信じてはくれないだろうが、
 ゲームに入り込んだ者だけが理解できることだ。
 代表としての社命でもあるが、
 兄貴には参加して欲しくない」
877ee.jpg

「自分の言葉を証明することができないと言うのだな?」

「ええ。その気もないようです」

「社運を賭けたプロジェクトなのに、
 “証明する気がない”と言うのか?」

「そういうことで…」

「1年間も掛けて治療した結果が出ないなら、代
 表の座を降りてもらう」

「え?!」

「代表を降りる理由はメンタルの病気で、
 正常な判断が不可能だということだ」
877f.jpg

この間にジヌはレベル90

877ff.jpg

「…」
877g.jpg

ヒジュはグラナダに向かおうとしています

「ルシアがオンニを結婚式の付き添い(bridesmaid)として招待したのよ」
しかし、ヒジュは家族を心配させないためで、セジュを探しに行くことにしていました。

877gg.jpg

サンボムとヒジュ

「信じるなと言っただろう?」

「…」
877h.jpg

サンボムは、
「噂を知っているだろう?
 ユ代表はチャ代表を殺したから本来は監獄ゆきだ。
 それを“狂ってしまった”ということで逃れている。
 お金持ちのやりそうなことだ」

「…。それでもじっとしてはいられないわ」
877hh.jpg

グラナダに向かうヒジュ

877k.jpg

既に機内なのですが、
まずはサンボムから「俺も明日、グラナダに行く」の電話。
次いでミンジュからは

「アジョシのオフィスに来ているわ。
 明日がオーディションなんだけど、
 アジョシはプロダクションのオーナーの友達なのよ」

「!
 どうして電話番号がわかったの?」

「だって、オンニの携帯にはアジョシの番号が残っていたわよ」
877kk.jpg

「どうぞお二人で…」とミンジュはスマホをジヌに。

877m.jpg

「家族にはコンタクトしないでと言った筈です!」

「いや、俺は誰にも連絡していない。
 しかし、ミンジュが連絡して来た。
 俺は訪問もしていない。
 君が禁止したからだ。
 しかし、ミンジュが会社のオフィスに来た」

「…」

「セジュの件はジョンフンから連絡することになっている。
 しかし、今はここにいないから、言っておく」

「では?
 …セジュからの連絡があったのですか?」

「可能ならば、すぐに飛行機から出るんだ。
 グラナダに行ってもセジュには会えない。
 俺だけが探し出せる」

「…」

「セジュは生きていると明言したはずだ。
 それを証明する」

「…」

「そうして欲しいならば…」
877mm.jpg

レベル90に達したジヌがゲットしたアイテムは“鷹”でした。
鷹が舞い降ります。

877n.jpg

ゲームマスターのセジュがプログラムした字幕には、
…特別アイテムを発見した。
…マスターからのメッセンジャーが現れた。

「!」
master1_201812310325148cd.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

イノライフエンタメニュースより

ドラマ『アルハンブラ宮殿の思い出(原題)』でヒョンビンが、1年前逃げるように離れたグラナダに戻る。

スペイン・グラナダで発現した奇異な魔法は、この1年間ジヌを狂った世界の中で生きるようにした。
チャ・ヒョンソク(パク・フン)がミステリーな死の後、ゲームの中のNPC(Non-player Character、ユーザーにクエストやアイテムを提供する仮想のキャラクター)で復活して絶えずジヌ(ヒョンビン)を攻撃して、さらに実際の苦痛まで与えるヒョンソクに追われる1日1日がまるで戦争のようだったため。

ところが第8話で、ジヌと同盟を結んだソ・ジョンフン(ミン・ジヌン)がNPCであるヒョンソクが見え、彼の攻撃に苦痛を感じるようになり状況は変わった。
自分1人でなく2人が狂ったとすればゲームが狂っていると確信した。
一緒に失踪した後、生死を分からなかったセジュ(EXOチャンヨル)が生きているという希望を伝えたこの日の放送のエンディングは、視聴者の気がかりを最も強力に爆発させた。

今日放送される予告映像でヒョンビンは、「今日グラナダへ行くのだ。 チョン・セジュを探しに」と、J1ホールディングスの研究チーム長チェ・ヤンジュ(チョ・ヒョンチョル)に「特殊アイテムを準備しなさい」と指示する姿などは、まだ公開されなかった“秘密クエスト”の内容とセジュの行方が関係していると予想される。

製作スタッフは「今夜放送される『アルハンブラ宮殿の思い出』第9話からは消えたセジュとゲームのミステリーを解くためのジヌの話をはじめ、その間きちんと積み重ねた多様な手がかりが姿を表わす予定」と、明らかにした。

『アルハンブラ宮殿の思い出』第9話は韓国で29日午後9時、tvNで放送される。
end 8
(バルセロナの駅)

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

アルハンブラ第8話(3) ポゴシッポソヨ

sidareume_20181203102628719.jpg
(枝垂れ梅:2018.12.31)

アルハンブラ宮殿の思い出 第8話(3) ポゴシッポソヨ~会いたかったです

ヒジュの帰りが遅いので、ミンジュはジヌに電話

…帰っている途中だ。5分ほどだから、鍵は開けておいてくれ。

そして、運転手に背負われてヒジュは帰宅

「雨に濡れて熱を出したようだ」
822d_2019010119534204a.jpg

運転手を下に待たせて、ミンジュに、
「注射を打って貰った」

「ホル…」

「ハルモニが心配していたかな?」

「一緒に出掛けたことは話していません。
 オンニの態度が変だったからです」

「なぜ?」

「オンニはアジョシに会って喜んでいると思っていたのに、
 車を追いかけるし、一緒に出ていくし…」

「それを聞いたらオンニは怒るだろうな。
 オンニは俺のことを嫌っているから」

「チ~ッ」
822dd_201901011953366b6.jpg

漢江の岸辺
(車の中でのこと)

ジヌはこれまでのことをマルコの写真を見せて、セジュとの関係と他殺の可能性を説明。

「もっと早く失踪の届を提出していれば見つかったかもしれないわ。
 なぜ教えてくれなかったのですか?」

「マルコが死の直前にセジュに会っていることが分かったからだ。
 もし行方不明の届けを出していたら、警察が二人の関係を疑う。
 そしてセジュが殺人容疑者になったかもしれない」
822ee_2019010119532473f.jpg

「届けは出せなかった。
 そして、我々でセジュの足取りは消した」

「弟が誰かを殺したと言うのですか?」

「分からないが、可能性はある」

「…」

「セジュは死んではいないと思う。隠れているんだ」

「そんなことは信じられない」
822e_20190101195330f36.jpg

目を覚ましたヒジュ

「大丈夫かな?」

「ええ。大丈夫です。
 書類には目を通しました」

「警察以上にセジュのことを追跡する」
833_20190101205642114.jpg

「これまでの努力は理解できました。
 しかし、…。
 感謝ですが、私も黙ってはいられません」

「…」

「私も、失踪の届は出さなかった方が良かったと思います。
 でも私なりに何か手段を取らないといけません。
 黙ってはいられないからです」

「…」

「それに代表には…」

「…」

「帰って下さい。
 もう家には来ないで下さい。連絡もしないで下さい」
833aa_201901012056409df.jpg

「あなたが正気ならば…」

「…。そうしよう」

「…」

「ジョンフンには、
 何か新しい事実が見つかったら連絡を取るように伝えておく」
833a_20190101205641ad5.jpg

「感謝します。アンニョンヒガセヨ」

「…、セジュは生きている。
 心配し過ぎてもいけない」

「それは根拠のない、仮定に基づくだけのことです。
 資料を読む限りでは何の希望もありません」

「しかし、絶望する必要はない。
 証拠はないものの、俺は生きていることを確信している。
 できる限りのことを続けるとだけしか言えなかった」

「…」

「確かに…、セジュを発見してからここを訪問するべきだった。
 そうは考えてはいたが…」
833b_20190101205639ead.jpg

「じゃあ、なぜここに来たのですか?」

「…」

「なぜ今日来たのですか?」

「…。どうだろうか…?
 君に会いたかったからだと思う

「!」

「元気で…」

「…」
833bb_201901012056386bd.jpg

「おやすみ…」

「今度はいつ来るのですか?」

「どうだろうか…」

「来ないのですか?」

「いや来ないとは決めていないが、
来ることができなそうな状態だ」
833c_20190101205637f86.jpg

ジヌは運転手を返して、再び対決の場所(廃校の跡)に…。

833cc_20190101210448e5a.jpg

そこにEメール。
…ノ・ヨンジュン(コ・ユラのマネジャー)です。
いただいた資料はどうも引っ掛けられたようです。

「…」

(ジヌは昼間に電話を入れていました

「ようやくユ・ジヌから電話入ったぞ」
833d_20190101210447400.jpg

「久しぶりですね。直接連絡があるなんて感激です」

「これからソウルにいることにしたが、
 ユラがずっと看病してくれたなんて、聞いただけで驚いた。
 あんな馬鹿げた嘘を言っても、怖くないのかな?」

「彼女は、どんな嫌なことでも直接話をしたいと願っていますよ」

「…」

「これがコ・ユラさんの愛です。可愛いでしょう?」

「では、お前ら二人が米国で何をしていたのかの写真を公表しようか?」

「え?!ちょ、ちょっと待って…」

「資料を送付したから、すぐにでも到着するだろう」
833dd_2019010121044573a.jpg

そう言って、「今週中にも離婚が成立するように準備している。時間が掛かり過ぎている」と。

ノ・ヨンジュンからのEメールには、
…ユラが落胆しています。何をするか心配です。
慎重に検討してから連絡します。

「…」
833e_201901012104443fc.jpg

# 写真は、おそらくミスター“A”が盗撮したものでしょう。
ようやく離婚が成立しそうです。

(ユラとマネジャーのことが写されていました)
877_2019010121113664f.jpg

…これまでは、ずっと偽の涙と言い訳だらけの涙を見てきた。
しかし、また会えるならばヒジュには言いたいことがあった。

833f_20190101210443ef1.jpg

…私がグラナダ駅で見た彼女の涙、

(第6話の終りのシーン↓)
https://www.youtube.com/watch?v=UMpFI9ui4nc
Ailee (에일리) - Is You (알함브라 궁전의 추억 OST Part 3 _ Memories of The Alhambra OST Part 3)

…看病してくれた時に見た涙はこれまでにないものだった。

877b.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

(Kstyle Newsより)
ヒョンビンがパク・シネに、EXO チャンヨルの失踪を明かした。

韓国で23日に放送されたtvN「アルハンブラ宮殿の思い出」では、ユ・ジンウ(ヒョンビン)がチョン・ヒジュ(パク・シネ)にチョン・セジュ(EXO チャンヨル)の失踪を明かすシーンが描かれた。

チョン・セジュと一緒にいたマルコが殺された状態で発見され、失踪届けを出すとチョン・セジュが殺人の容疑者になるかもしれないと話した。

するとチョン・ヒジュは「失踪届けは出さない方がいいと思います。なんか手を施さないと。遅くなり過ぎたけど何もしないわけにはいきません」と話した。
続いて「そして代表はもうこの家から出て行ってください。もう二度と来ないでください。連絡もしないでください。もし良心があるなら」と伝えた。
しかし、
セジュを探す前に自身の元を訪れた理由を聞くと、彼は「会いたかったからです」と答え、彼女をときめかせた。

元記事配信日時 : 2018年12月23日22時06分
記者 : キム・ジナ

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村

アルハンブラ第8話(2) 狂ったゲーム

fuyuno mi
(2019.01.01)

アルハンブラ宮殿の思い出 第8話(2) 狂ったゲーム

「ヒジュや!
 ジヌさんが帰ると言っているわよ!」

「ちょっと待って!すぐに行くから…」

ヒジュは追いかけますが…

「アジョシは帰ってしまったわ」
800hh_201901010830246a7.jpg

(ジヌからのメール)
…また次に話をしよう。
この番号に連絡ください。

「どこに帰るのですか?
 また逃げ出すのですか?また私の前から逃げるの?!」

「…」
800k_20190101083018455.jpg

「どうして逃げ出したのか、その理由が分かったわ!
 あなたは詐欺師だわ。
 代表なんかではないわ!」

「…」

「嘘を糊塗できないから逃げ出したのですよね!
 本当はセジュのことを心配してはいなかったのですよね?!
 あなたのような詐欺師と出会って悲しいわ!」

「…」
(ジヌは電話を切りました)
800kk_20190101083012850.jpg

ジヌは戻って来て
「乗ってくれ。家の中では話ができない」

「…」

「家族には知られたくはないだろう?」
800m_20190101083006c6a.jpg

(運転手)
「エアコンの温度を上げます…」

「タオルはあるか?」

「はい」

「要りません」
(ヒジュ)

「風邪ひくぞ」

「要らないわ。
 どこに行くのですか?」

「静かなところだ。雨の中では話はできない。
 Eメールで説明すれば良かったかもしれないが、
 メールでは正しく理解してもらえないと思った」

「また、冗談を始めるの?
 どうしてそんなことが言えるの?
 私の弟は1年も行方不明なのです。
 あなたは嘘ばかりです。正気なのですか?」

「正気になるまで、俺の人生は混乱ばかりだった。
 必死だったから、他の人の気持ちを考えることをしなかった。
 申し訳ないが、これまでの俺の人生だ」

「…」

ジヌは酒も出しますが、
「一杯飲んでみないか?体が温まる…」

「…」

「これも要らないか…?」

「…」
822_2019010119344395b.jpg

ソンホに呼び出されたジョンフン

「正直に言え。
 ユ代表のためなら、嘘はかえって問題だぞ!」

「嘘は何も言ってはいません。事実だけです」

「…」

「本当にチャ代表を見たんです」

「は~」
822a_20190101193437459.jpg

「血まみれで、剣を手にしていたんです。
 衣服は亡くなった日に着ていたままです」

「…」

「だから、今ではユ代表がどれほど怖かったのかが理解できます」

「は~、まるで…。いつからなのか?」

「1か月前です。
 代表の味方をしたかったから、同じ体験をしたかったのです」

「…」

「米国に行ってからの代表の身体は悪くなるばかりでした。
 死ぬのではないかと思いました。
 だから、ソウルに帰るのも止めませんでした。
 代表はソウルに帰国した後の方が良かったと思います。
 ほとんど1か月、毎日が戦闘でした」

ジョンフンは「黙って待ってばかりではいけない」とヤンジュに相談して、ジョンフン独自のアカウントを作って貰って、ゲームに参加する決心をしました。
ログインのアカウント名は“シティハンター”

822aa_20190101193431971.jpg

戦いの最中でチャ・ヒョンソクを見かけ、ジヌを救おうとしましたが、逆に腕を切られます。
助けたのはジヌでした。

822bb.jpg

「代表!私はまだレベル4なので、
 助けて下さい」

「自分だけでもコントロールできないのに、
 なぜ助けることができるのか?」

こうして“ジヌ”と“シティハンター”が同盟を結びました。
…戦いの成果は分けることができる。
武器の交換も可能

822b_20190101193426293.jpg

「本当に刀傷を負った痛みが走りました。
 本当です」

「…」

「他にはNPCはいませんでした」

「ジヌと1年間も一緒だと、同じ幻想を見るようになったのだな」

「は~…。そう言うのですか…?
 ではどうぞお好きなように考えて下さい」

「…」

「私も同じように、ユ代表は正気ではなかったと思い込んでいましたが、
 今ではまったく正気だと思っています」

「…」

「何の変りもありません」
822c_201901011934147bc.jpg

ソンホはジヌがARゲームの公開を延期するようにと主張した理由が分かったようです。
(ただし、まだ半信半疑

(回顧)
「ショーケースもキャンセルしてくれ」

その際は、販売を促進したいソンホと意見が食い違いました。

「分かってくれ!
 俺が狂っているのではなくて、ゲームが狂っているからだ

「…?!」
822cc_201901011948151ca.jpg

にほんブログ村テレビブログ韓国ドラマへ
1週間のランキング@“にほんブログ村”

# 『ハイド、ジキルと私』で見せたハン・ジミンとヒョンビンのケミストリーは、実のカップルでもおかしくないと思わせるものでした。
また、今回のパク・シネとヒョンビンを見ると、
『ドクターズ』でのパク・シネの時よりも、ここでは女優パク・シネの成熟度を感じています。
演技が上手い!
闊達で強気な面は過去と同じ「動」でも、内面から湧き出る「静」の部分が感涙を呼びます。
ヒョンビンは常に「静」を演じていますが、男優ヒョンビンの生の魅力が女優の演技力を引き上げているのかもしれません。
中学生のミンジュと同じ目線かもしれませんが…。

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ
1週間のランキング@にほんブログ村
プロフィール

ユーモン

Author:ユーモン
ドラマは たくさんのことを 教えてくれます

最新記事
最新コメント
王朝用語・脚本家など
ドラマと映画・感想など

openclose